転職エージェントおすすめ13選
571人の評判を比較してわかった厳選ランキング

正社員辞めたい人が考えるべき全要点|辞めてよかった例&賢い辞め方

正社員辞めたい人が考えるべき全要点|辞めてよかった例&賢い辞め方

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『正社員を辞めて、非正規雇用として働こうか悩んでいる…』

『残業多いし、責任も大きい…でも正社員を辞めて後悔しないか不安…

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

正社員から非正規雇用に、働き方を切り替えようかと考えています。

ボーナスはあるし、福利厚生は正社員の方がいいのですが、その分残業も多いので、家族との時間が作れず悩んでいます…

佐々木

正社員を辞めるかどうか悩まれる人はたくさんいますが、まず自分としっかり向き合うことが大切です!

今考えている悩みがどうなれば解決できるのか…じっくり考えて転職や退職の決断をしましょう。

そこで、今回は主に下記の点をお伝えしていきます。

この記事でお伝えすること
  • 正社員を辞めたい理由で多いものは何か
  • 正社員を辞めた人の体験談
  • 正社員を辞めるリスク
  • 正社員の賢い辞め方
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態をゼロにしましょう。

マイナス→プラスより、ゼロ→プラスの方が簡単です。

限界が来る前に、プロのアドバイザーに転職の無料相談をして、次の選択肢を探しておくことが保険になります。

佐々木

望ましいのは円満退職ですが、上司からの圧力や職場の雰囲気で、なかなか言い出せないという方もいると思います。

そういった方は「退職代行サービス」を検討してみるのもいいかもしれません。

退職代行サービスは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

基本的には円満退社がベストですが、本当に辛い時は活用してみましょう。

もし、「今すぐ正社員を辞めたくて苦しい」「もう上司の顔は見たくない」と悩んでいるなら、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

正社員を辞めたい理由で多いもの9選

佐々木

それでは、正社員を辞めたい理由について説明していきます。

正社員を辞めたい理由で多いものは、下記の9個になっています。

正社員を辞めたい理由
  1. 給料が低くて割に合わない
  2. 仕事内容が思っていたものと違った
  3. 人間関係が悪い
  4. 職場環境・社風が合わない
  5. 労働時間が長い・残業が多い・休日が少ない
  6. 理不尽な扱い・評価制度
  7. 仕事の責任の重さが辛い
  8. 出世争いがしんどい
  9. 単純に働くのがしんどくなった

それぞれの理由を詳しく確認していきましょう。

理由1:給料が低くて割に合わない

給料が低いという理由で、正社員を辞めたいと悩み人は非常に多いです。

上記のように、給料が割に合わないと、仕事に対するモチベーションも維持できないですよね…

仕事にやりがいがあっても、やはり対価として得られるお金の部分は、多くの正社員が悩むポイントです。

理由2:仕事内容が思っていたものと違った

仕事は、1日の中の大半の時間を費やすものです。

「仕事内容がどうしても好きになれない」「思っていた仕事と違った」という気持ちになれば、人生の貴重な時間を無駄にしているのでは?と焦りを感じてしまいます。

「あくまでも仕事はお金を稼ぐ手段」と割り切れるといいですが、好きでもない仕事は長続きはしません。

仕事内容が自分に合わないと、やりがいや満足度よりも「辞めたい」気持ちがどんどん強くなってしまうでしょう。

理由3:人間関係が悪い

人間関係も仕事を辞めたいと悩む大きな原因の一つです。

確かに、良好な人間関係を築くのは仕事を行う上で大切ですが、全員と気が合うことはなかなか難しいですよね。


なかには、人間関係で悩みすぎて「うつ病」になったり、仕事を休みがちになる人もいます。

理由4:職場環境・社風が合わない

職場環境や社風は、一個人で状況を変えることが難しいものです。

入社前には知らなかった部分が、働き始めるとどんどん見えてきて、「正社員になったけど、大丈夫なのかな?」と悩む人がたくさんいます。

体育会系のノリや新しいことに挑戦しない方針など、社風や職場の雰囲気から「自分の居場所はここじゃない」と悩み、正社員を辞めていく人もいるでしょう。

佐々木
社風が合わないと悩んでいる方に向けて、下記の記事も書いているので参考にしてください。

理由5:労働時間が長い・残業が多い・休日が少ない

入社前には考えてもいなかった、長時間労働…残業…休日出勤…仕事漬けの毎日が続けば、正社員を辞めたいと思うのも当然です。

いつも頭の中で仕事のことを考え、次第に付き合いが悪くなり友達も減っていく…そういった状況に陥っている人も少なくないでしょう。

長時間労働が続けば、体力的にも限界を感じ、「もっと働きやすい環境に転職したい」と思うものですよね…

理由6:理不尽な扱い・評価制度

精一杯取り組んだ仕事に対して、正当な評価が受けられないのは、仕事への意欲が下がる原因です。

また、他の正社員はそれなりの評価を得ているのに、自分だけが理不尽な扱いを受けていると、やりきれない気持ちになるでしょう。


「同期と比較されて嫌みを言われる」「やること全部否定される」など、理不尽な扱いや評価制度に悩む正社員の人もたくさんいます。

理由7:仕事の責任の重さが辛い

責任の重さに悩む正社員の人もたくさんいます。

重要な仕事を任されることは、すべての人にとって嬉しいわけではありません。

責任というプレッシャーで押しつぶされ、精神的に悩んでしまう人もたくさんいます。

理由8:出世争いがしんどい

出世争いが苦手な人もたくさんいます。

社内の競争ごとに出来る限り参加したくない。という思いで働いている人もいるでしょう。

出世争いが苦手な人は、周囲との温度差を感じ、自分のペースで黙々と仕事ができる環境へ転職することもあります。

理由9:単純に働くのがしんどくなった

仕事の何かが嫌というわけではなく、「そもそも働きたくない!」という人もいます。

「毎日昼まで寝たい」「好きなことだけして暮らしたい」「仕事のことを考えると蕁麻疹が出る」など…

最初のうちは意欲的に働いてたとしても、何かのきっかけで仕事に対するやる気がなくなし、働くのがしんどいと正社員を辞める人もいます。

もちろん、少しの休養を経て社会に復帰するケースが多いですが、一度働く意欲を失った気持ちはなかなか立ち直らず、転職を繰り返してしまうこともあるでしょう。


佐々木
以上が、正社員を辞めたい主な理由です。
正社員を辞めたい理由
  1. 給料が低くて割に合わない
  2. 仕事内容が思っていたものと違った
  3. 人間関係が悪い
  4. 職場環境・社風が合わない
  5. 労働時間が長い・残業が多い・休日が少ない
  6. 理不尽な扱い・評価制度
  7. 仕事の責任の重さが辛い
  8. 出世争いがしんどい
  9. 単純に働くのがしんどくなった
ゆり
社会の荒波に揉まれながら日々戦っていると、様々な悩みが出てくるものですよね…
佐々木

そうですね…上記の理由はほんの一部ですが、

正社員である以上何らかの悩みを抱えながら働いている人がたくさんいます。

次に、悩んだ結果、実際に正社員を辞めた人の体験談を紹介します。

正社員を辞めてよかった?辞めて後悔?体験談・事例まとめ

佐々木
正社員を辞めてよかった人、また後悔した人など様々な事例を紹介していきます。

正社員を辞めてよかった例

正社員を辞めて後悔した例

正社員から転職して辛さを解消した例

4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/26(日)11:05:54 ID :TsF
転職成功したよ
前職は月150時間残業だったけど残業代込みの年収に50万上乗せした年収で転職できた
仕事しながらの転職活動、しかも良いとこ見つかるまで2年くらいかかったけど
活動中は色々面接して雰囲気や給料とかの条件合わないところ全部断ってた
出典:2ch
22: 名無しさん@引く手あまた 2017/04/19 22:04:41.82 ID:J51FTq2Y0.net
福利厚生が申し分なくピカイチで、お給料もボーナスも中小に比べたら高い方なところで一時期働いてたけど…人間関係、仕事内容が酷すぎて転職。
給料、待遇は落ちたけど…今のところに転職出来て良かったって思える。
また中小でやることが多くて大変だけど、毎日楽しいし人間関係も良好。
お金も大切だけど、私的には人間関係と仕事内容が重要だったなって思ってます。
出典:2ch
ゆり
正社員から非正規雇用を選ぶ人もいれば、別の会社の正社員に転職する人もいるんですね!
佐々木

はい!正社員から転職や退職をして、様々な人生を歩んでいる人がいます。

正社員を辞めて後悔しないためには、辞める前にしっかり自分と向き合うことが大切ですよ!

辞める前に…まず自分と向き合うことが大切

佐々木
正社員を辞めたいと思っているなら、まず自分自身としっかり向き合いましょう。

会社の人や両親、兄弟、友人に正社員を辞めることを相談する人もいますが、まずは自分自身の気持ちを大切にしましょう。

どんなに親しい仲でも他人は他人です。

もし、相談相手を間違ってしまえば、自分にとって最適な選択肢を選ぶことができず、ますます悩みが深まってしまう可能性もあります。

ゆり

確かに、周りに相談しても基本的には引き止められますよね…

正社員を辞めたいって思っていても、結局周りの意見を聞いて流されてしまいそう。

佐々木

そうですよね…

もし、話をする中で感情的になってしまうと、自分にとって何が良いのか分からなくなってしまいます…

そのため、まずは論理的に自分と向き合うことが大事です。

自分と徹底的に向き合った上で、家族がいる人は家族を納得させる。信頼できる友人には、自分の気持ちを伝えてみる。という流れが理想です。

佐々木
実際どのように自分と向き合うべきなのか、次に説明していきます。

お金について困らない?

正社員と非正規雇用では、給与体系も大きく異なります。

正社員は、ほとんど月給制であり、年に数回の賞与があります。
一方、非正規雇用では、責任や仕事量も少ないため、正社員と比べて低賃金になる場合はほとんどです。

ある程度自由に使えるお金が保証されている正社員を辞めて、生活に不便は出ないか?購入済みの車や家のローンの支払いは滞りなく行えるか?など。

お金に関しては、特にしっかり向き合っておきましょう。

家族について困らない?

結婚して家庭を持っている人はもちろん、すでに退職した両親の面倒を見ている人など、自分が正社員を辞めることで、家族にも影響が出る人もいます。

ほとんどの人は、転職も見据えて正社員を辞めることを考えていると思いますが、もし仕事がすぐに見つからなければ、家族の生活が苦しくなります…

養っていく家族がいるなら、正社員を辞めることは慎重に考える必要があります。

次の転職先を決めてから今の会社を辞めるなど、無理のない転職方法を考えてみましょう。

体調について困らない?

正社員としてきつい仕事を行っていると、精神的にも肉体的にも疲労が溜まってきます。

体調面が万全でなければ、冷静な判断ができない場合もあるので、すぐに転職しても、同じように体調面に問題が出る可能性があります。

そのため、体調面が万全でないのであれば、まずは仕事から離れて少し休むことも大事です。

焦らず落ち着いてから、今後の仕事について考えることをおすすめします。

理想のライフスタイルは?

正社員を辞める前に、自分が求めているライフスタイルについて考えることも大事です。

自分がどんな生活を送りたいかを明確にすることで、次の仕事選びの重要なポイントになります。

例えば…

仕事選びの基準
  • 土日祝は絶対休みの仕事がいい
  • 仕事と家事を無理なく両立したい
  • 人と接せず、黙々と仕事がしたい
  • 在宅でできる仕事がしたい
  • ベンチャー企業で働きたい
  • 残業はできる限り少ない方がいい
  • 仕事よりもプライベートを第一に考えたい
  • 男女比の均等な環境で働きたい

など、自分の送りたい生活も踏まえ、仕事に対する理想を書き出してみましょう。

今、趣味の時間がもっと欲しいけど我慢しているなんてことはありませんか?

自分が求めているライフスタイルを知ることで、どういった仕事が自分に合っているか見つけることができます。

理想の働き方・やりたい仕事は明確?

正社員を辞めるのであれば、これまでの経験を踏まえて、理想の働き方ややりたい仕事を明確にしておきましょう。

何も考えず転職活動をしたり、辞めてダラダラ過ごしてしまうと、正社員を辞めたことを後悔してしまう可能性があります。

どの業界に進みたいのか、どういった業種の働き方がいいのか。などを考えておけば、正社員を辞めた後の行動が取りやすくなってきます。

後悔しないためにも、自分がやりたいことをハッキリさせておきましょう。

嫌なのは「正社員」じゃなくて、「今の会社の正社員」ではないか?

あなたが今正社員を辞めたいと思っているのは、もっと深く分析していけば「今の会社の正社員を辞めたい」という結論に至るのではないでしょうか?

正社員と一口に言っても、所属する会社、働く職場環境、上司や同僚によって、全く違う世界があります。

企業にはそれぞれ社風があり、社風に近い社員が自然と集まってくるので、自分の性格と社風が合わなければ、働きづらいと感じることは当然です。

大半の場合、今の会社の正社員を辞めたいだけで、違う会社に転職すれば、正社員として十分に働いていける可能性があります。

自己分析などをしっかり行って、理想の働き方ができる会社へ、正社員として転職することも考えてみましょう。

ゆり

確かにすぐに正社員を辞める。ってのは浅はかな考え方ですよね…

しっかり自分と向き合ってみます。

佐々木

自分と向き合う方法としては、『転職エージェント』を活用することもおすすめです!

自己分析の方法やあなたに合う業界など、これまでの経験をもとに最適なアドバイスを行ってくれますよ。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/

正社員を辞めて派遣・アルバイトで生活するリスク

佐々木
それでは次に、正社員を辞めて派遣やアルバイトで生活するリスクをお伝えします。
派遣・アルバイトで生活するリスク
  • 給料が低くなり、安定しない
  • 正社員に再就職は難しくなる
  • 正社員以上に、時間と労働力を切り売りすることになる
  • 年齢が高くなると、できる仕事が少なくなる
  • 年齢が高くなるほど、正社員との格差が広がる
  • 職場環境や人間関係がひどい可能性もある
  • 社会的な信用、世の中からの評価は低下する

それぞれのリスクに関して、詳しく見ていきましょう。

給料が低くなり、安定しない

正社員を辞めると、給料が低くなる可能性は大いにあります。

派遣やアルバイトは、基本的に固定給ではないですし、賞与もないので安定感は正社員に比べると劣っています。

「自分がやりたい仕事なら、給料が低くても我慢できる」という人なら問題ないですが、「これ以上給料が低ければ、生活できない」と思う人は大変です。

派遣やアルバイトになることで、どれくらいの収入になるのか、あらかじめ調べておきましょう。

正社員に再就職は難しくなる

正社員から一度派遣やアルバイトになると、再度正社員になりたいと思っても、転職することが難しくなります…

キャリアの一貫性がないと見られたり、年相応のスキルがないと判断され、「採用してもまたすぐに辞めるのではないか?」と思われる可能性もあります。

「もう正社員疲れたな…」と思い、正社員を辞めることを考えている人もいると思いますが、戻ることの難しさをしっかりと分かった上で、退職する決断をしましょう。

正社員以上に、時間と労働力の切り売りをすることになる

正社員は責任感のある重要な仕事を任されることがありますが、派遣やアルバイトのほとんどは、時間と労働力の切り売りのような仕事しか与えられません。

成長や出世を見込めることは少なく、ただただ毎日同じような仕事を繰り返し行うことになるでしょう。

黙々と行う業務に嫌気がさし、正社員の時の方が良かった…と後悔する人もたくさんいます。

自分の働く意欲や手に入れたいスキルなどを踏まえて、正社員を辞めても、理想的に働ける環境を探す必要があるでしょう。

年齢が高くなると、できる仕事が少なくなる

若手の間は、非正規雇用の仕事がすぐに見つかりますが、年齢が高くなると仕事を探すだけでも難しくなります。

企業側としては、求めているスキルを持っていなければ、長く働ける可能性が高い若い人材を採用したいのは当然のことです。

今は人手不足の企業も多いので、ある程度採用条件の年齢にも幅を持っているとこが多いですが、同じタイミングで若手が募集していると、若手が優先的に採用される可能性が高いことを理解しておきましょう。

年齢が高くなるほど、正社員との格差が広がる

正社員に比べて、非正規雇用は年収が低いことがほとんどです。

若手の頃はそれほど差がなくても、30代、40代と年齢が高くなるにつれ、格差はどんどん開いていきます。

今はなんとか生活できていても、将来お金がないのは非常に辛いことです…

非正規雇用では、退職金もないため、早い段階から老後のために貯金をしていく必要もあります。

ただ、今の生活がギリギリで貯金なんてできない…となってしまう可能性もあるでしょう。

職場環境や人間関係がひどい可能性もある

職場環境や人間関係がひどい会社はどこにでもあり、雇用形態を問わず、様々な人が苦しんでいます。

どの業界でも、人間関係に疲れて仕事を辞めたり、転職を考える人が多いのも事実です。

派遣やアルバイトとして働いていると、正社員と違って「楽な仕事をしている」と見下してきたり、差別的な扱いをする人とも働かなければならない可能性もあるでしょう…

もちろん、すべての職場が悪い環境ではないので、転職するならしっかりと職場環境や人間関係に問題がないか見極める必要があります。

社会的な信用、世の中からの評価は低下する

正社員であれば、社会的な信用を得ることは可能です。

しかし、非正規雇用になれば「安定していない」と見なされ、周囲からの信用は低下するでしょう。

実施に、ローンの審査に通りにくく、家を借りたり、車などの大きな買い物をする時には、たくさんの人が苦労しています。

また、未婚の人は相手によっては結婚しにくくなるなど、非正規雇用ならではの様々な苦労があります。


佐々木
以上が、派遣やアルバイトで生活するリスクです。
派遣・アルバイトで生活するリスク
  • 給料が低くなり、安定しない
  • 正社員に再就職は難しくなる
  • 正社員以上に、時間と労働力を切り売りすることになる
  • 年齢が高くなると、できる仕事が少なくなる
  • 年齢が高くなるほど、正社員との格差が広がる
  • 職場環境や人間関係がひどい可能性もある
  • 社会的な信用、世の中からの評価は低下する
ゆり
大変な部分も多いですが、正社員ならではの良さもありますよね…
佐々木

そうですね…実際、正社員を辞めて後悔している人が多いのも事実です。

非正規雇用になることは、上記で紹介したようなリスクがあることも頭に入れておきましょう。

辞める前に、気軽に優良ホワイト求人を探してみては?

佐々木

ここまで、正社員を辞める理由や非正規雇用のリスクをお伝えしてきましたが、

正社員を辞める前に、優良企業の求人を探してみることもおすすめです!

正社員を辞めたいと悩み、ストレスが限界に近づいているなら、自分の心や身体を守るためにも、早く今の仕事をやめるべきです。

苦しい思いをしながら仕事を続け、限界を超えてしまうと「うつ病」や「自律神経失調症」になってしまう可能性もあります…

本当に限界を迎えた時には既に手遅れ…なんてこともあるので、早めに仕事を辞める準備をしておきましょう。

佐々木

ただし、正社員を辞めるリスクとも向き合っておくべきです!

上記で説明した通り、一度正社員を辞めてしまうと、就職しずらくなってきます…

ゆり

確かにリスクと向き合うことは大切ですね。

正社員を辞めると就職が難しくなるし…どうするのがベストな選択なんでしょうか?

佐々木

もし、正社員を辞めたい理由が、今の仕事や職場の人間関係にあるのであれば、

転職して環境を変えることで、理想の働き方を手に入れられる可能性があります!

人によって選ぶべき選択肢は変わってきますが、今の仕事に対する悩みは転職すれば解決する可能性が大いにあります。

もし、「他社であれば正社員として働けそう」と思うのであれば、転職エージェントに相談することをおすすめします!

転職エージェントは、あなたが理想の働き方を手に入れるために様々なサポートを行ってくれるので、転職するなら必ず活用すべきものです。

具体的な転職エージェントのサポート内容は…

転職エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 非公開求人を紹介してくれる
  4. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  5. 面接日程を調整してくれる
  6. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

はい!

転職のプロがサポートを行ってくれるので、効率よく転職活動が行えますよ!

反対に、転職エージェントのサポートを受けず、一人で転職活動を行うのは危険です。

ハローワーク・転職サイト・直接応募など、転職では様々な媒体を活用できますが、自分一人の転職ノウハウや業界知識だけで転職するのは、かなりハードルが高いです。

実際に、一人で転職活動を進めると…

転職の失敗例
  • なかなか優良求人が見つけられない
  • 自分に合っていない会社に応募してしまう
  • 現職が忙しく効率よく転職活動が行えない
  • ブラック企業に入社してしまう
  • ノウハウ不足で不採用になる
  • 面接に落ち続け転職する意欲がなくなる
佐々木
一人で転職活動を行うと、上記のように失敗してしまう可能性が高くなります…
ゆり

もし失敗すれば、何のために転職したか分からなくなりますし、

時間を無駄にしないためにも、転職エージェントを使うべきですね。

佐々木

おっしゃる通りです。

実際に、転職エージェントを使って転職した人の事例を見てみましょう。

転職エージェントを使って転職した人の事例

ゆり

口コミを見ても、とりあえず転職エージェントに登録してみた方が良さそうですね!

実際、どの転職エージェントがおすすめなんですか?

佐々木
私のおすすめは下記の転職エージェントです!

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

◎全ての人におすすめのエージェント

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

◎20代の方におすすめのエージェント

  • 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね!
佐々木

はい!優良求人を見つけるコツは、3社以上に登録してより多くの求人に出会うことです。

実際に転職成功者の9割は、平均3社のエージェントに登録しています!

もし、3社に登録するのが面倒という方がいれば、ひとまず業界最大手の『リクルートエージェント』に登録しておけば間違いありませんよ!

佐々木

もちろん登録して、やっぱり転職しないという結論でも大丈夫です!

まずは気軽に登録して、魅力的な職場があるか、非公開求人も含めて紹介してもらいましょう。

正社員の仕事を辞めたい人必見!賢い辞め方

佐々木
それでは最後に、正社員を辞めたい人に向けて、賢い辞め方を紹介します。

就業規則を知っておく

就業規則は、労働条件や職場の服務規律を定めた、会社と労働者との間のルールブックのようなものです。

各企業によって内容は異なるため、必ず就業規則を事前に確認し、退職時のルールなどをチェックしておきましょう。

就業規則を確認していなければ、会社の都合のいいように退職日を決められたり、有給休暇の消化を認めてくれないなど、あなたにとって不利に退職手続きを進められる可能性もあります…

退職時のトラブルを避けるためにも、就業規則はあらかじめ確認しておきましょう。

退職の希望は余裕をもって伝える

退職の意思は、まず直属の上司に口頭で伝えましょう。

労働基準法では、2週間前までに伝えれば問題ないとなっていますが、後任者の選定や業務の引き継ぎ期間を考慮して、1ヶ月前までに退職の旨を伝えるのがベストです。

もちろん、会社によって独自のルールがある場合もあるので、就業規則を確認は必須です。

有給休暇を取得する予定があるなら、その期間も考え、余裕を持って上司に伝えましょう。

上司に伝えるベストなタイミングとは

退職の旨を伝えるのは、出来れば業務時間外が理想です。

ただ、もし上司に誘われたとしてもお酒の席で伝えるのは絶対ダメです!お酒が入っていると、引き止められるだけでなく、人によっては説教が始まる可能性もあります…

また、時期に関しては年度末や繁忙期はなるべく避けて、退職日を設定するのがいいでしょう。

退職日に関しては、上司の希望を伝えつつ、相談しながら決めることをおすすめします。

退職届の提出方法

退職日を明記した「退職届」の提出のタイミングですが、基本的には就業規則に従う必要があります。

できる限り円満退社をするためにも、遅くても退職日の1ヶ月前には提出するのがベストです。

また、間違っても「退職願」と書いてはいけません。退職願の場合、「まだ引き止める余地がある」という意味に受け取られる可能性があるので、必ず「退職届」と書きましょう。

退職理由は様々ありますが、どのような理由でも「一身上の都合」と記載します。もし、退職届の書式やフォーマットが会社で決まっているなら、それを活用しましょう。

残務処理や引き継ぎをして、円満退社を心がける

自分が任されている業務があれば、退職日までに責任を持って終わらせる必要があります。

場合によっては、早出出勤や残業をしてでも終わらせるべきです。

また、引き継ぎに関しては、余裕を持って行いましょう。

誰が仕事を引き継いでも困らないようにするのがベストなので、仕事を分かりやすく整理しておく必要があります。

もし、仕事が残っていたり、引き継ぎがうまく出来なければ、退職後も会社から電話がかかってくる可能性があります…

退職するのは自分の都合なので、できる限り会社に迷惑をかけることなく、円満退社できるよう心がけましょう。

引き止めがしつこい場合は退職代行もアリ

上司に退職の旨を伝えても、「考え直せ」「辞められたら困る」など、引き止めに合う可能性もあります。

人手不足に悩んでいる企業が多いので、上司もできる限り退職者を出したくないのです…

しかし、退職の意思を固めたのであれば、いくら引き止められても自分の意思を貫き通す覚悟が必要です。

しっかりと自分の気持ちを曲げることなく、辞めることを伝えましょう。

佐々木
引き止めがしつこい場合には、「退職代行サービス」を活用するのもありです!

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

上司に辞めたい意思を伝える必要もなく、ストレスを抱えることなく退職できる画期的なサービスですが、「本当に辞めたくて苦しい」「もう上司の顔は見たくない」などの場合に限って利用しましょう。

仕事辞めたいけど言えない…会社を辞められない理由別の対処法と例 仕事辞めたいけど言えない…会社を辞められない理由別の対処法と例

おわりに|正社員を辞めたいなら、自分と向き合い、行動に移そう

今回は、正社員を辞めたい方に向けて、正社員の退職理由、実際に辞めた人の事例、辞める前に考えるべきことなどをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 給与・仕事内容・人間関係など…正社員を辞める理由は様々ある
  • 正社員を辞めてよかった人、後悔した人など、様々な事例がある
  • 正社員を辞める前には、まず自分としっかり向き合うことが大切
  • 正社員を辞めて、非正規雇用として働くのはリスクもある
  • 正社員を辞める前に、転職エージェントに相談するのはおすすめ
  • もし他社の正社員に転職したいなら、エージェントの活用は必須
  • 実際に転職成功者のほとんどがエージェントを利用している
  • 正社員を辞める前に、賢い辞め方を理解しておくべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎全ての人におすすめのエージェント

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

◎20代の方におすすめのエージェント

  • 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
ゆり

このエージェントがおすすめなんですね!

どれも良さそうですが、まず登録すべきなのはどのエージェントですか?

佐々木
とりあえず1社に登録するなら、業界最大手の『リクルートエージェント』に登録しておけば間違いありません!
ゆり
はい!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
はい!転職して、あなたの悩みが解決できることを願っています!