20代の転職は何回まで大丈夫?平均転職回数&企業が持つ印象を解説

20代の転職は何回まで大丈夫?平均転職回数&企業が持つ印象を解説

「20代の転職回数は何回まで大丈夫なの?」

「転職回数が多くても、採用してもらうコツはある?」

このような疑問を持っている人に向けて、『20代の転職回数の平均』や、『転職回数が多い人が内定を勝ち取るコツ』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、転職回数が多くても転職できる方法が分かり、今持っている悩みを解消できますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

20代の転職回数の平均は?年齢別多いと思われる回数

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、20代の平均転職回数についてお伝えします!

自分の転職回数が、平均以上かどうか確認してみましょう!

20代の平均転職回数

転職エージェントの佐々木
佐々木

具体的に、エン・ジャパンが行った退職者に対するアンケート結果で、

20代の転職回数に関するデータが出ているので紹介します!

20代のデータを見ると、39%の人が1回転職経験があり、13%の人が2回転職しているとなっています。

そのため、約半数の人が転職回数1回か2回と回答しており、20代の平均転職回数は1,2回言えます。

また20代の間で、一度も転職していない人が4割近くいるのも事実です。

以前と比べて、転職することが活発になっていますが、一つの会社に残って実績を積み上げている20代の人もたくさんいるのです。

転職希望者のゆり
ゆり
20代の平均転職回数は、1回か2回なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

ただし20代といっても、年齢によって転職回数に関する印象は変わってきます!

次に20代前半と20代後半に分けて、転職回数による印象をお伝えします。

20代前半で転職回数2回以上なら多い

20代前半の場合、転職回数が2回以上なら多い印象を持たれます。

実際、大卒で就職した人が20代前半で2回転職していると、1社の在籍期間が1年前後となります。

1社目は、就職活動が上手くいかなかったという理由が考えられますが、2社目も転職していると、企業側はあまり良い印象を持ちません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
20代前半で2回以上転職していると、会社選びに失敗しただけでなく、本人に何か問題があると思われがちです。

20代後半で転職回数3回以上なら多い

20代後半の場合は、3回以上転職していると転職回数が多い人と見られます。

実際、先ほどお伝えしたエン・ジャパンの転職回数に関するアンケートでも、20代で3回以上転職している人はかなり少数派です。

今29歳で3回目の転職をしたとしても、大卒の人であれば1社あたりの在籍期間は2年前後なので、決して長く働いているとは言えません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
20代のうちに自分に合う仕事を見つけないと、30代に入っても同じように転職を繰り返してしまう可能性がありますよ。
転職希望者のゆり
ゆり
年齢によっても、転職回数が多いかどうかの印象が変わってくるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

20代前半か後半かで、企業側が持つ印象は大きく変わりますよ!

次の章では、具体的に転職回数が多い20代が企業に思われることをお伝えします!

転職回数が多い20代が企業に思われる4つのこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転職回数が多い20代が企業に思われることをお伝えします!

企業側が持つ印象をしっかりと把握しておきましょう!

企業が持つ印象
  1. 何事も長続きしない人と思われる
  2. 人間関係の構築が下手な人と思われる
  3. 協調性がない人と思われる
  4. 仕事のスキルが低い人と思われる

それぞれお伝えします!

印象1:何事も長続きしない人と思われる

転職回数が多い20代は、何事も長続きしない人と思われてしまいます。

実際、仕事は楽しいことだけではありませんが、少々辛いことや嫌なことを乗り越えてこそ、一人前の社会人になれるものです。

しかし、1,2年働いただけで転職を繰り返していると、少し嫌なことがあればすぐに辞めてしまうという印象を持たれます。

長続きしない印象を持たれると、働いてもすぐに辞めてしまうかもしれないので、採用を敬遠されてしまうことが多いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
企業側はコストを割いて採用活動を行っているので、すぐに辞める可能性がある人は、採用を敬遠されることが多いです。

印象2:人間関係の構築が下手な人と思われる

転職回数が多い20代は、上手に人間関係を構築できない人という印象を持たれることもあります。

実際、転職理由の上位に人間関係の問題は入ってくることですが、少なからず転職者側にも何か問題があるのではと思われがちです。

もちろん、セクハラやパワハラなど、やむを得ない理由で転職しているのであれば、企業側も気持ちを理解してくれます。

しかし「上司と相性が合わなかった」「社内で馴染めなかった」といった人間関係の転職理由なら、転職者本人の問題かもと警戒されることが多いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木

人間関係に問題があると見なされると、採用しても自社の社員と揉める可能性があると考えられてしまいます。

印象3:協調性がない人と思われる

転職を繰り返している人は、協調性がない人とも思われます。

実際に協調性がない人は、結果的に会社での居心地が悪くなり、転職を繰り返してしまいがちです。

一人だけ会社の方針に従わず、周りの人と同じように働けない場合、組織の和を乱す存在になってしまいます。

企業側から見ても、会社全体の生産性に悪影響を及ぼす可能性があるため、採用したくないと思うものです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
協調性がない人をきっかけにトラブルが起きることは多々あるので、採用を敬遠されてしまうでしょう…。

印象4:仕事のスキルが低い人と思われる

転職回数が多い人は、仕事のスキルが低いとも思われます。

単純に仕事のレベルは、勤続年数が長くなるにつれて、業務の範囲が広がっていくものです。

しかし転職を繰り返していると、仕事の経験値が少なく、スキルが身についていないと判断されてしまいます。

20代は若さでカバーできる部分もありますが、前職での経験を語っても、スキルが足りていないと、企業側から見て魅力的な人材には見えません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職前の職種は大事ですが、勤続年数が短いと、スキルが身についていないと見なされます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職回数が多い20代が企業に思われることです!
企業が持つ印象
  1. 何事も長続きしない人と思われる
  2. 人間関係の構築が下手な人と思われる
  3. 協調性がない人と思われる
  4. 仕事のスキルが低い人と思われる
転職希望者のゆり
ゆり
転職回数が多いと、こういった印象を持たれるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

実際、企業側は転職回数が多い20代にあまり良い印象を持ちません…。

ただ20代だから出来ることもあるので、今の仕事に満足していないなら、違う道を探すのも悪いことではありませんよ!

次の章では、転職回数が多くても、20代で様々な仕事に挑戦すべき理由をお伝えします!

転職回数が多くても20代で様々な仕事に挑戦すべき理由

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転職回数が多くても、20代で様々な仕事に挑戦すべき理由をお伝えします!

転職回数が多くて不利な場合でも、20代のうちに転職した方が良い結果をもたらすこともありますよ!

様々な仕事の挑戦すべき理由
  1. 20代のうちに自分に合う仕事を探した方が良い
  2. 20代であれば転職先の選択肢が多い
  3. 転職回数を気にしない企業が増えている

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:20代のうちに自分に合う仕事を探した方が良い

この先のキャリアを考えた時に、20代のうちに自分に合う仕事を探した方が良いです!

新卒の頃は、仕事について分からないことだらけですが、数年社会人として働けば、ある程度仕事のことが理解できます。

また転職したいと思うのは、単純に会社が合わなかっただけでなく、仕事を経験して視野が広がり、他の仕事に興味が沸いてきた証とも言えます。

無理して仕事を続けるよりも、この先のキャリアを考え、20代のうちに自分に合う仕事を模索するのは間違いではありません!

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職して実務を経験することで、その仕事の良し悪しが分かることもあります!

不満を感じながら働き続けるよりも、一歩踏み出した方が将来は明るいかもしれませんよ!

理由2:20代であれば転職先の選択肢が多い

20代であれば、転職先の選択肢が多いことも、転職した方が良い理由の一つです!

実際、20代の若手であれば、たとえ業界未経験者でもポテンシャルを期待して、積極的な採用を行っている企業はたくさんあります。

しかし30代以降になれば、教育に時間を割けられないことや、ある程度の年収を用意しないといけないので、未経験から転職するのは難しくなります。

年齢が上がるごとに、転職先の選択肢は少なくなってくるので、迷っているなら、選択肢が多い20代のうちに行動することをおすすめします!

転職エージェントの佐々木
佐々木
20代は圧倒的に応募できる求人が多いですし、他の世代よりも選考に通過できる確率が高いですよ!

理由3:転職回数を気にしない企業が増えている

以前は一つの会社で定年まで働き続けることが当たり前でしたが、今は終身雇用が絶対という会社は少なくなっています。

実際、ベンチャー企業や外資系企業では、実力主義の制度を取り入れている場合が多く、

たとえ転職回数が多くても、スキルが高ければ採用してもらうことが可能です。

一つの会社で長年同じ業務を続けた人よりも、様々な会社に属して幅広い業務を経験した人の方が、柔軟性や対応力に優れていると評価する企業もあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職回数は関係なく、これからどう働いていきたいのかといった熱意を重視する企業は増えていますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職回数が多くても、20代で様々な仕事に挑戦すべき理由です!
様々な仕事の挑戦すべき理由
  1. 20代のうちに自分に合う仕事を探した方が良い
  2. 20代であれば転職先の選択肢が多い
  3. 転職回数を気にしない企業が増えている
転職希望者のゆり
ゆり
こういった理由があるからこそ、20代のうちに転職すべきなんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

転職回数が多いことを不安に感じると思いますが、それ以上に不満を持ちながら働き続けることは大変です!

将来振り返った時に、後悔しないためにも今動くべきと言えますよ!

次の章では、転職回数が多い20代の人が内定を勝ち取るためのコツをお伝えします!

20代で転職回数が多くても内定を勝ち取るためのコツ

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、転職回数が多い20代の人が内定を勝ち取るためのコツをお伝えします!

次のコツを意識すれば、転職回数が多くても内定を貰える確率が高まりますよ!

内定を勝ち取るためのコツ
  1. 将来のキャリアプランを整理する
  2. ポジティブな転職理由を考える
  3. 履歴書や職務経歴書に一貫性を持たせる
  4. 面接で長く働きたいことをアピールする
  5. 転職エージェント経由で転職する

それぞれのコツについてお伝えします!

コツ1:将来のキャリアプランを整理する

まずは、将来のキャリアプランを整理するのが大切です!

これまでの経歴を振り返りつつ、将来的にどんな仕事をしたいのか、どんな社会人になりたいのかを考えてみましょう。

将来のキャリアプランを整理することで、本当に今転職すべきなのか、転職するならどんな業界を狙うべきなのかが見えてきます。

闇雲に転職するのは危険なので、キャリアプランをしっかりと整理してから転職活動に入るべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
30歳になった時、35歳になった時、40歳になった時など、

将来どんな生活をしていたいかよく考えて、キャリアプランを立てるのが大切です!

コツ2:ポジティブな転職理由を考える

企業が持つ不安を解消するために、転職回数が多い人は、ポジティブな転職理由を考えるべきです!

実際に転職回数が多い人は、なぜ転職を繰り返しているのか面接で必ず質問されます。

その時に、「給料が低かった」「上司が苦手だった」など、ネガティブな理由を伝えても、企業側は良い印象を持ちません。

なぜなら、同じようにネガティブな理由を作って、また転職すると思うからです。

「身に付けたいスキルを磨く会社に入るために転職した」「周りの人と協力してできる仕事をするために転職した」など…

前向きな転職であることが伝わる理由を用意するのが大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
たとえネガティブな転職理由を持っていても、本音のまま素直に伝える必要はありません!

ネガティブな転職理由は、ポジティブに変換して、前向きな転職であることを伝えましょう!

コツ3:履歴書や職務経歴書に一貫性を持たせる

履歴書や職務経歴書を書く歳に、一貫性を持たせることも大切です!

一貫性のないキャリアを記載していると、「何がしたくて転職しているんだろう」と企業の採用担当者に思われてしまいます。

反対に、転職回数が多くても一貫性があるキャリアを積んでいれば、「自主性を持っている」「やりたい方向性が決まっている」とプラスの評価をされる可能性があります。

嘘を書くことはいけませんが、これまで行ってきた業務を通して、一貫して学べたことを一度考えてみることをおすすめします!

転職エージェントの佐々木
佐々木

たとえ異業種への転職を行っていても、学びたいと思っていたスキルを磨けていたなら特に問題はありません!

キャリアの一貫性が伝わるように、仕事を通して得たスキルは何があるかなど、自己分析をして見つけ出すことをおすすめします!

リクナビNEXTの『グッドポイント診断』を活用すれば、気軽に自己分析を行えるので、自分の強みを見つけ出すためにも一度活用しておきましょう!

グッドポイント診断や自己分析に関しては、次の記事を参考にしてください!

コツ4:面接で長く働きたいことをアピールする

面接時には、とにかく長く働きたいことをアピールするのが大切です!

転職回数が多い人は、「またすぐ辞めるのでは」という印象を持たれがちなので、しっかりとアピールして企業の不安を払拭する必要があります。

そのため、応募した理由、入社後やりたいことなど、応募した会社でなければならない熱意を伝えるべきです。

長く働きたい熱意が伝われば、たとえ転職回数が多くても、必要な人材だと思ってもらえますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

短期間で辞める人を採用したい会社はありません!

今度こそ長く働くという思いを持って、企業の担当者に熱意を伝えるべきです!

コツ5:転職エージェント経由で転職する

転職する時の方法として、転職エージェント経由で転職することをおすすめします!

転職エージェントを活用すれば、求人紹介を行ってくれるだけでなく、応募書類の添削や面接対策、内定後の給与交渉など、様々なサポートを行ってくれます。

また、担当者するキャリアアドバイザーが企業の担当者とやりとりを行い、その中で転職者のことをアピールしてくれるのです!

これまでの経歴を考えた上で、最適な求人を紹介してくれるので、内定を勝ち取れる確率は非常に高くなりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

様々なサポートを受けられる分、一人で転職先を探すよりも、圧倒的に効率よく転職できます!

実際、転職に成功した9割の人は転職エージェントを活用していますよ!

転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職回数が多い20代の人が内定を勝ち取るためのコツです!
内定を勝ち取るためのコツ
  1. 将来のキャリアプランを整理する
  2. ポジティブな転職理由を考える
  3. 履歴書や職務経歴書に一貫性を持たせる
  4. 面接で長く働きたいことをアピールする
  5. 転職エージェント経由で転職する
転職希望者のゆり
ゆり
こういったコツを意識すれば、内定を貰える確率が高くなるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

転職回数が多くても決して諦める必要はありません。

しっかり準備していけば、必ず内定を勝ち取れますよ!

次の章では、20代におすすめの転職エージェントを紹介します!

転職回数が多くても安心!20代が使うべき転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、20代におすすめの転職エージェントを紹介します!

数ある転職エージェントの中でも、20代の転職に最適なのは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に◎
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『ワークポート』
    交渉力があり書類選考通過率が高い
    【公式】https://www.workport.co.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でも、どれも良さそうで迷ってしまいますね…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

より多くの求人を見たり、相性が合う担当者に出会うためにも、

転職エージェントは1社ではなく、複数社に登録すべきですよ!

そのため、迷ったら『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』に登録しておくことをおすすめします!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

各転職エージェントの詳細や複数登録に関しては、次の記事でも詳しく説明しています!

次の章では、20代で複数回転職した人の体験談を紹介します!

【転職回数別】20代で複数回転職した人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、20代で複数回転職した人の体験談を紹介します!

転職回数ごとの体験談をまとめてみました!

転職回数1回の20代の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、転職回数1回の20代の体験談です!

転職回数2回の20代の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、転職回数2回の20代の体験談です!

転職回数3回の20代の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、転職回数3回の20代の体験談です!

転職回数4回以上の20代の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
最後に、転職回数4回以上の20代の体験談です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、20代で転職した人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
転職回数が多くても、結果的に転職した良かったと思っている人が多いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

転職する時は不安でも、働き出してから転職して良かったと思うことはよくあります!

なので転職回数が多いというだけ諦めず、やりたい仕事があるなら挑戦すべきですよ!

20代は転職回数が多くても明確な転職理由があれば問題ない!

佐々木

今回は、転職回数が多くて不安な20代に向けて、

20代の転職回数の平均や、転職回数が多い人が内定を勝ち取るコツなどをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 20代の転職経験者のうち平均転職回数は1,2回
  • 転職回数が多くても20代で様々な仕事に挑戦するのは良いこと
  • 転職エージェント経由で転職すれば内定を勝ち取りやすい
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめの転職サイト
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に◎
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『ワークポート』
    交渉力があり書類選考通過率が高い
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!