不景気・不況時に転職活動すべき?|賢い心構え&狙うべき業界を紹介

不景気・不況時に転職活動すべき?|賢い心構え&狙うべき業界を紹介

この記事では、「不況時の転職について」疑問を持っている人に向けて、

『不況時に転職する心構え』や、『不況に強い業界』などをお伝えしていきます!

不況の時に転職するのであれば、より戦略的に行動する必要があります。

この記事を最後まで読めば、不況時の正しい転職方法が分かり、いち早く転職先を見つけられますよ!

この記事がおすすめな人
  • そもそも不況時に転職すべきか知りたい
  • 不況でも転職活動を乗り越える方法を知りたい
  • 不況に強い転職先を教えてほしい
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

そもそも世の中が不景気の今、転職すべきなの?

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、そもそも不況や不景気の時に転職すべきかお伝えします!

迷っている人は、不安を解消するためにも転職すべきか、あらためて考えてみましょう。

少し前のリーマンショックや新型コロナウイルスの影響など、世の中は不景気が続いています。

そんな不況の中で、転職活動をするのは不安がかなりあると思いますが、転職したい意思が強いなら積極的に動くべきです!

実際、採用に消極的になっている企業が多いことは事実ですが、不況の影響をそれほど受けず、人材の雇用を積極的に行っている企業もあります。

また、不景気に伴って、転職を避ける人も増えているので、不況時の転職活動では、ライバルが減るというメリットもあります!

転職希望者のゆり
ゆり
不況でも、転職したい意思が強いなら、積極的に転職先を探すべきなんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

不況でなかなか人材を獲得できないと嘆いている会社もたくさんあるので、

入社できれば、かなり大切に扱ってもらえることもありますよ!

実際に、次のような口コミの投稿もありました!

行動し続けて良かった

100年に一度と言われている今の不況ですが、それでも転職には成功できました。世の中の状況に惑わされることなく、意思をしっかり持って行動し続けて良かったです。

実際、求人の数は少なかったです。ただ諦めずに自分の希望に合う求人を探し続け、なんとか2ヶ月で転職先を見つけました!既に新しい会社で働いていますが、転職希望者もかなり少なかったようで、「絶対辞めないで!」と職場のみなさんが優しく接してくれるので働きやすいです。

転職相談:28歳・男性

転職エージェントの佐々木
佐々木

世の中が不景気であっても、決して転職できない訳ではありません。

人手不足な会社もたくさんあるので、自分のスキルや経験を上手く活かせば、即戦力として活躍できるかもしれませんよ!

次の章では、不景気や不況時に転職するメリット・デメリットをお伝えします!

不景気・不況時に転職するメリット・デメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不景気・不況時に転職するメリット・デメリットをお伝えします!

不景気だからこその良し悪しを確認しておきましょう!

不景気・不況時に転職するメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、不景気・不況時に転職するメリットをお伝えします!

転職するメリット

  • 入社できれば大切に扱ってもらえる
  • ライバルが少ない傾向がある

まずメリットとして考えられることは、先ほどもお伝えした通り、大切に扱ってもらえる可能性が高いことです。

不況時に転職してくれる人材は貴重な存在になるので、待遇を良くするなどして働きやすい環境を作ってくれる企業が増えています。

また、ライバルが少ないのもメリットです。

不景気の時は転職を避ける人も増えるので、内定をもらえる確率が高くなります!

転職希望者のゆり
ゆり
大切に扱ってもらえることや、ライバルが少なくなるというメリットがあるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

不況時だからこそ、転職者が得られるメリットもあるんですよ!

不景気・不況時に転職するデメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、不景気・不況時に転職するデメリットをお伝えします!

転職するデメリット

  • 大幅な給与アップが期待できない
  • 採用人数が少ない企業が多い

不景気の中で転職しても、大幅な給与アップはなかなか期待できません。

他の人が真似できないような特別なスキルを持っている人は別ですが、経営が苦しい状態の企業もたくさんあるので、好条件の求人は少なくなります。

また、求人の数だけでなく、各企業の採用人数が少なくなるのも、不況時のデメリットです。

景気が良い時は、10人〜20人程度の採用を行っていた企業でも、1人〜3人など採用人数が少なくなる傾向があります。

転職希望者のゆり
ゆり
大幅な給与アップが見込めなかったり、採用人数が少ない企業が増えるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

条件面で多少我慢しないといけない部分も出てくるので、あらかじめデメリットを理解しておきましょう。

次の章では、不景気・不況時の転職活動に関する心構えと準備についてお伝えします!

不景気・不況時の転職活動に関する心構えと準備

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不景気・不況時の転職活動に関する心構えと準備についてお伝えします!

景気が悪い時だからこその賢い戦略を理解していきましょう!

転職活動の心構えと準備
  1. 過去の不況から雇用の変化を学ぶ
  2. 不景気が自分にどれほど影響するか考える
  3. いつでも環境を変えられる準備をしておく
  4. 転職先が決まってから退職する

それぞれお伝えしていきます!

心構え1:過去の不況から雇用の変化を学ぶ

まず、最初に過去の不況の歴史から、雇用の変化について学ぶことが大切です。

特に知っておいてほしいのが、リーマンショック以降における日本の雇用の変化についてです。

リーマンショックによる不景気で、雇用がどう変化したかを知ることで、どんな風に自分の会社やキャリアに影響があるかを予測できます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、リーマンショック前後における完全失業率と求人倍率の推移のデータをご覧ください。
転職エージェントの佐々木
佐々木
上記のグラフから読み取れることをまとめてみたので、確認してください!
グラフから読み取れること
  • リーマンショック後、急激に失業が増え雇用が減っている
  • リーマンショックから約1年経てば、雇用は安定してくる
  • リーマンショック前の数値に戻るには約5年かかっている

リーマンショックの時のように、コロナ不況でも、直近1年間の雇用情勢は厳しいものになることが予測できます。

失業者は増えていくのに、働き口が少ない状況が続くでしょう…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
徐々に、景気は回復していくと考えられますが、

コロナ前の状況に戻るには、約5年くらいの期間が必要になることを想定しておくべきです。

心構え2:不景気が自分にどれほど影響するか考える

不景気や不況の影響が、自分にどれほど影響するのかも、冷静に判断する必要があります。

社会的に大きな影響が出る不景気は、会社の経営者やビルのオーナーにだけ悪影響が出る訳ではなく、国民一人ひとりに影響があるものです。

そのため、「どんなのダメージを受けるのか」「今の会社に影響はあるのか」「悪影響を受けた場合どうすべきなのか」など、

自分自身で判断できる力を身につけておくべきです。

自分で判断できるようになるためには、とにかく情報収集を行うことが大切です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
テレビのニュースや新聞をチェックすることはもちろん、

経営者のリアルな事情に耳を傾け、自分で正しい情報を持っておくことが大切になります!

心構え3:いつでも環境を変えられる準備をしておく

世の中が不景気の時には、いつでも環境を変えられるように、万全の準備をしておくことが大切になってきます。

リストラや派遣切り、会社の倒産など、不景気や不況の時に、こうした知らせは突然やってくるものです。

いつ不測の事態になっても慌てないように、国や会社に自分を守ってもらうのではなく、

「自分の生活やキャリアは自分で守る」というスタンスを持っておきましょう。

誰でもいますぐ出来ることは、自分の雇用が今よりも守られる会社を探しておくことです。

実際に転職するかどうかは、内定が出てから判断するので良いので、まずは会社探すための行動を起こすことが大切になってきます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職活動は、どんなに早くても1ヶ月ほどかかり、人によっては半年ほどかかる場合もあります。

そのため、早め早めに行動を始めることをおすすめします。

心構え4:転職先が決まってから退職する

環境を変えられる準備をするといっても、転職先が決まる前に、今の会社を辞めるのは危険です。

退職してから転職活動をしても、不況の影響でなかなか転職先が見つからず、失業期間が長引いてしまうリスクがあります。

実際、貯金を切り崩しながら、苦しい生活を強いられる人もいるので、絶対に勢いで今の会社を辞めてはいけません。

転職先から内定が出た上で、今の会社と比較し、安心して働ける会社であれば、実際に転職するようにしましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職先選びは慎重に行うべきです!

焦ると冷静な判断ができないので、今の仕事を続けながら、心に余裕を持った状態で転職活動を進めましょう。


転職エージェントの佐々木
佐々木

以上が、不景気・不況時の転職活動に関する心構えと準備です!

転職活動の心構えと準備
  1. 過去の不況から雇用の変化を学ぶ
  2. 不景気が自分にどれほど影響するか考える
  3. いつでも環境を変えられる準備をしておく
  4. 転職先が決まってから退職する
転職希望者のゆり
ゆり
これらのことを意識して、転職活動を進めれば良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

不況だからこその難しさがあるので、心構えや準備は非常に大切ですよ!

次の章では、不景気・不況に強い業界を紹介します!

知っておくべき!不景気・不況に強い業界一覧

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不景気・不況に強い業界を紹介します!

景気に影響されず、安定した生活を手に入れたい人は参考にしてください!

不況に強い業界
  1. 生活に関わる業界・仕事
  2. 生命に関わる業界・仕事
  3. 娯楽に関わる業界・仕事

それぞれの業界についてお伝えします!

業界1:生活に関わる業界・仕事

不況に強い業界でまず考えられるのは、普段の生活に欠かせないインフラ分野の業界です。

生活を支えている業界は、人々が生きていく上で欠かせない仕事であるので、簡単に不況の影響を受けません。

電気やガス、日用品、食品・飲料など、生活に欠かせないインフラ分野の仕事はたくさんあります。

たとえ不況でも、インフラ分野の仕事は生活に欠かせないので、ほとんどの会社が業績が落ちることはありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
インフラ分野の仕事は、無くなれば多くの方が最も困る分野とも言えるので、

不況でもあまり関係なく仕事をすることができます!

具体的に、生活に関わる業界は次のようなものがあります!

生活に関わる業界の例
  1. 石油業界
  2. 電力・ガス業界
  3. 消費財・日用品業界
  4. 食品・飲料業界
  5. JR・私鉄業界
  6. 陸運・物流業界

業界2:生命に関わる業界・仕事

次に不況に強い業界として考えられるのは、生命に関わる分野の仕事です。

具体的には、病院や保険、介護などに関わる仕事が生命に関わる仕事に当てはまります。

どんな状況になっても、最も大切なのは人の命です。

病院や保は、人の命を守るものであり、生きていく上で誰もがお世話になるものなので、世の中がどういう状況になっても、安定して仕事があります。

転職エージェントの佐々木
佐々木

持病を持っている人は、世の中が不況だろうが関係なく、病院を利用するので、

医療や介護の仕事はどんな時でも忙しいものです。

具体的に、生命に関わる業界は次のようなものがあります!

生命に関わる業界の例
  1. 医薬品業界
  2. 生保・損保業界
  3. 介護業界

業界3:娯楽に関わる業界・仕事

もう一つ不況に強い業界として挙げられるのは、娯楽に関わる業界です。

娯楽は無くても生きていけると思われがちですが、娯楽があることによって、人々のストレスは保たれています。

実際、多くの人が娯楽施設でストレス解消をしており、生きる活力を見出している人もいます。

全員に必要な訳ではありませんが、娯楽に関わる業界の仕事も、たとえ不況でも、人々が健康に生きていくために欠かせるものではありません。

転職エージェントの佐々木
佐々木
パチンコなどの娯楽施設は、不況でも多くの人が訪れており、業界全体としてそれほど不景気の影響を受けていません。

具体的に、娯楽に関わる業界は次のようなものがあります!

娯楽に関わる業界の例
  1. 通信・携帯電話業界
  2. ITサービス業界

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不景気・不況に強い業界です!
不況に強い業界
  1. 生活に関わる業界・仕事
  2. 生命に関わる業界・仕事
  3. 娯楽に関わる業界・仕事
転職希望者のゆり
ゆり
生活・生命・娯楽に関わる業界が、不況に強いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

この3つの業界の仕事は、世の中の状況がどうあれ、人々の生活には欠かせない業界です!

各仕事の詳しい詳細について知りたい方は、次の記事をご覧ください!

なお、次の業界・仕事は不況の影響を受けやすいと言われています。

そのため、安定した生活を手に入れたい方は、転職を避けておいた方が良いでしょう。

不況に弱い業界
  1. 地方銀行
  2. 自動車販売会社
  3. 人材派遣会社
  4. 飲食店
  5. 旅行会社
転職エージェントの佐々木
佐々木
これらの業界や仕事では、不況になれば一気に利益が落ち、倒産する会社もたくさん出てきています…。

次の章では、不景気・不況時に活用すべき転職エージェントについてお伝えします!

不景気・不況時に活用すべき転職エージェント

佐々木

それでは、不景気・不況時に活用すべき転職エージェントを紹介します!

戦略的に転職活動を進めるためにも、転職エージェントは必ず活用すべきですよ!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに、不況の影響を受けにくいかつ、あなたに向いてる仕事を紹介してくれます!

様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、不況に強くて自分に合う仕事を見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、不景気や不況時に転職した人の体験談を紹介します!

【男女別】不景気・不況時に転職した人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、不景気や不況時に転職した人の体験談を紹介します!

男女別に紹介していくので、転職成功者の体験談を見ていきましょう!

不景気・不況時に転職した男性の体験談

不景気・不況時に転職した女性の体験談


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、不景気や不況時に転職した人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
景気が悪くても、転職に成功できている人はいるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

戦略的に転職活動を進められれば、必ず転職先は見つかりますよ!

次の章では、不景気・不況時に転職の面接で気をつけるべきことをお伝えします!

不景気・不況時に転職の面接で気をつけるべきこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、不景気・不況時に転職の面接で気をつけるべきことをお伝えします!

面接で好印象を与えるためにも、しっかり確認しておきましょう!

面接は、転職活動では必ず乗り越えなければならない大きな壁です。

不景気になれば、採用人数を少なくする企業も増えるので、より内定を貰うのが難しくなります。

また、教育に費用をかける余裕が無くなる会社も出てくるので、より即戦力になれるかチェックされます。

そのため、単に働く意欲をアピールするだけではなく、これまでの経験から、具体的にどういった形で会社に貢献できるかを上手くアピールすべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
一例として、どういったことをアピールすべきか記載しておきます!
アピールすべき内容の例
  • 新規営業に関するトークスクリプトを作成した経験がある
  • 同じ部署のメンバー約20人のディレクション経験がある
  • 新人の教育係として数十名の社員を一人前に育てたことがある
  • 新規プロジェクトの立ち上げメンバーとして仕事をしてきた
  • 社内の美化担当として、社員が働きやすい環境を作ってきた
転職エージェントの佐々木
佐々木

世の中の不景気は、転職活動にも大きな影響を与えます。

採用人数が少ない会社も多いので、内定を勝ち取るためには、正しい対策をして面接に臨む必要があるでしょう!

転職エージェントを活用すれば、面接対策のサポートも行ってもらえます!

各業界や企業に合わせた形の対策を行ってくれるので、面接を通過できる確率がグッと高くなりますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントの佐々木
佐々木
面接で自分をアピールするコツや面接対策について知りたい方は、次の記事をご覧ください!

世の中が不景気でも、転職したい意思があるなら動くべき!

佐々木

今回は、不況時の転職について疑問を持っている方に向けて、

不況時に転職する心構えや、不況に強い業界をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 不況でも転職したいなら、積極的に転職活動を進めるべき
  • 過去の不況から雇用の変化について理解を深めておくべき
  • 不景気だからこそ、転職エージェントを上手く活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職相談してみます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!