転職エージェントおすすめランキング13選

金融業界に強い転職エージェントおすすめ9選とプロが教える注意点

金融業界に強い転職エージェントおすすめ9選とプロが教える注意点

この記事でお伝えすること
  • 金融業界に強い転職エージェント9選
  • 金融業界への転職でエージェントを活用すべき理由
  • 転職エージェントを利用するときの注意すべきポイント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

金融業界で転職を考えいている人の中には…

「金融に特化したおすすめの転職エージェントってあるの?」

「金融業界でキャリアアップしたいけど、なかなか条件のいい職場が見つからない…」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ゆり
今の職場より条件のいい職場…なかなか一人では見つけられないですよね…
佐々木
そうですよね…

私も同じ悩みを抱えた金融業界志望の方から転職相談をたくさん受けてきました。

もし間違った転職活動をしてしまうと…

「なかなか希望にあった職場を見つけられず、転職活動が進まない…」

「転職できたけど、給与が下がりキャリアアップとは言えない…」

といったことになる危険性も…

ゆり

それは避けたいですね…

スムーズに転職を成功させる方法はあるんですか?

佐々木

はい!もちろんあります!

金融業界の転職活動のコツを把握しておけば、転職に成功できる可能性がグッと高まりますよ!

この記事では、これまで500人以上の就職を成功に導いた私が、プロの経験を元に…

金融業界で転職を成功させるために、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

最後まで読むのが面倒な人は...
「早くおすすめの転職エージェントを知って、転職を進めたい!」という人は、次の4ステップをおすすめします。
◎転職成功までの4つのステップ

  1. 転職者全員におすすめの『リクルートエージェント』dodaに一気に登録する
  2. エージェントとの面談前に『グッドポイント診断』で自分の強みを把握しておく
  3. 各エージェントから連絡が来たら、対面か電話でアドバイスを受ける
  4. 相性の良さそうな担当者を選んで、内定までサポートを受ける

【目的別】金融業界に強い転職エージェント9選

佐々木
ここからはおすすめの転職エージェントについてお伝えさせていただきますね。

ここで大事になってくることは…

転職エージェントは得意分野がそれぞれ異なるので、あなたの希望や状況にあったエージェントを選ぶことが重要です。

まずは、全ての方におすすめのエージェントのうち最低2社には登録して、別の目的の中からあなたの希望に合ったエージェントを数社選び相談してみましょう。

(1)金融業界への転職を目指す全ての方におすすめ

佐々木
まず金融業界への転職を目指す全ての方におすすめの転職エージェントを紹介します。

エージェントを紹介する前に補足しておくと…

金融業界の転職では現在のキャリアに関係なく、複数のエージェントを利用しましょう!

ポイント

金融業界の転職で複数のエージェントに登録するべき理由

  1. 求人は限られているため、紹介窓口を多く確保するべきだから
  2. 優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえる可能性が高くなるから

もしあなたが1社にしか登録しなかった場合…

知らずのうちに優秀とはいえないエージェントに転職活動を頼って、損してしまうおそれがあります。

「希望の条件には合わない求人ばかり紹介される…」

「連絡が返ってくるのが遅い」

と、転職が遠回りになるリスクも…。

ゆり
それでは、実際に複数のエージェントでキャリア面談を受けて…

自分に合う担当者と出会うしかないんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

これから紹介する3社は、現在のキャリアに関係なく、金融業界への転職を考えている全ての方におすすめできる転職エージェントです。

それでは早速ご紹介していきますね!

1.『リクルートエージェント』|求人数に拘りたい人向け

リクルートエージェント 『リクルートエージェント』は、規模・実績ともに業界No.1の転職エージェントです。

実際に金融・保険業界の公開・非公開求人数を合わせると7,000件以上あり、他社と比べても圧倒的な求人数を持っています。

また、単に求人数が多いだけでなく、累計で40万人以上の転職成功実績があることからも、転職を成功させているノウハウも豊富にあるのが特徴です。

2.『doda』|転職業界No.2で求人の質量ともに安定!

doda

『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

金融業界の求人数を調べてみると、1589件の公開求人があり、学歴や職歴を問わない金融業界の求人案件も取り扱っています。

業界No.2という立場にあり、『リクルートエージェント』を追い越すために、求人の質や量にこだわって運営しています。

3.『コトラ』|金融業界の転職に特化したプロフェッショナル

コトラ

『コトラ』は、金融業界に特化した転職エージェントです。

専門性を活かした金融業界への転職はもちろん、プロのコンサルタントがあなたの希望にあった転職先の紹介し、多くの方の転職を成功に導いています。

また、他社にはない金融業界の深い知見も持っているので、専門性の高い面接対策などを受けることも可能です。

佐々木
以上が、金融業界への転職を志す全ての方におすすめの転職エージェントです。
ゆり
この3つが金融業界への転職を目指す全ての方におすすめの転職エージェントなんですね!
佐々木
はい!

最低でもこの3つのうち、リクルートエージェントdodaには必ず登録しておきましょう!

それではこれからは目的別におすすめの転職エージェントを紹介していくので…

上の2社に加え、あなたに合った目的から数社のエージェントに登録しましょう!

(2)金融系専門職へ転職して、キャリアアップしたい方におすすめ

佐々木
次は、金融系専門職へ転職して、キャリアアップを目指したい方におすすめの転職エージェントです!

1.『JACリクルートメント』|ハイクラス向けの転職エージェント

JACリクルートメント 『JAC Recruitment』は年収500万〜1200万円のハイキャリア向けや外資系金融業の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

そのため、現在のキャリアに自信があり、年収が500万円以上の金融業界の方は相談してみましょう。

2.『ビズリーチ』|ヘッドハンティング型のハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ

ビズリーチ』はヘッドハンティング型の転職サービスです。

金融業界の求人を見ても、年収1000万円や1500万円のクラスの案件が多く、管理職やマネージャーの募集が数多くあります。

公開求人数も3033件と数多くあるので、キャリアアップにつながる転職先が必ず見つかるでしょう!

3.『コトラ』|金融業界の転職に特化したプロフェッショナル

コトラ

先ほども紹介しましたが、『コトラ』は金融業界でのキャリアアップにもおすすめのエージェントです。

金融業界の高い専門知識を持っているので、ハイクラス案件でも手広くサポートを行ってもらえます。

これまでに培った金融業界での転職サポート実績を活かして、キャリアアップできる転職先の紹介が可能です。

佐々木
以上が、キャリアアップしたい方におすすめの転職エージェントです。
キャリアアップしたい方におすすめ

(3)外資系金融への転職を希望している方におすすめ

佐々木
次に金融業界の中でも、『外資系』への転職を希望している方におすすめの転職エージェントを紹介します。

1.『JACリクルートメント』|ハイクラス向けの転職エージェント

JACリクルートメント

先ほども紹介しましたが、『JAC Recruitment』は外資系金融業の求人に強みを持っています。

外資系金融企業に条件を絞っても、131件の求人数を持っており、世界を舞台に活躍できる転職先の紹介が可能です。

JACのサポートを受けて転職を成功させれば、スキル次第では”アジア・パシフィック統括”といったポジションを獲得できる可能性もあるでしょう。

2.『ロバート・ウォルターズ』|外資系・日系グローバル企業への転職なら

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、世界28ヵ国の主要都市にオフィスを構える外資系・日系グローバル企業に強い転職エージェントです。

これまで、バイリンガル・スペシャリストの転職において、優れた信頼と実績を築き上げてきました。

幅広い職種のスペシャリストを求める企業が、質の高いプロフェッショナルを採用するために活用しており、金融業界をはじめ、さまざまな外資系の求人案件を保有しています。

3.『クライス&カンパニー』|外資系の中でも30代マネージャークラスの転職に強い

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、外資系の中でも30代マネージャークラスの転職に強いエージェントです。

年収800万〜4000万円レベルの転職や、30代で企業のコア人材として活躍されている方に活用されています。

外資系金融の求人では、アナリスト、M&Aコンサルタント、デューデリジェンスなど、専門性の高い案件を数多く保有しています。

佐々木
以上が、外資系金融に強い転職エージェントです。

(4)金融業界から別の業界へ転職したい場合におすすめ

佐々木

この記事を読んでいる人の中には、いま金融業界で働いていて、別の業界に転職したいと考えている人もいるでしょう。

そこで、次は金融ではなく別の業界に転職したい方におすすめの転職エージェントを紹介します。

1.『リクルートエージェント』|業界No. 1の転職エージェント

リクルートエージェント リクルートエージェントは、規模・実績ともに業界No. 1の転職エージェントです。

業種業界を問わず膨大な数の求人案件を保有していることはもちろん、実績豊富なキャリアアドバイザーがあなたの希望やスキルに合った転職をサポートしてくれます。

一般の転職サイトには公開されていない非公開求人を、なんと10万件以上も保有しています。

2.『doda』|転職業界No.2でどの業界でも求人の質量ともに安定!

doda

『doda』は業界No.2のパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営する転職エージェントです。

公開求人数においては、業界No. 1のリクルートエージェントよりも多く保有しており、質量ともにこだわりを持って運営しています。

「条件は、今よりいい会社。以上。」というキャッチフレーズのもと、多くの転職者をサポートしています。

3.『パソナキャリア』|サポートが充実!初めて転職する方にオススメ

パソナキャリアパソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

パソナキャリアはサポート体制は業界No. 1と言われているため、手厚い転職サポートを受けたい人におすすめです。

また、他社と違い、官公庁受託実績が豊富にあり、社会貢献にも力を入れていることからも、サポート体制に定評があります。

実際に、業界ごとに専門コンサルタントがいて、質の高いキャリア面談を受けることができます。

佐々木
以上が金融から別の業界に転職したい方におすすめの転職エージェントです。
別の業界に転職したい方におすすめ

(5)未経験から金融業界への転職を目指す方におすすめ

佐々木
次に、未経験から金融業界への転職を目指す方におすすめの転職エージェントを紹介します。

1.『パソナキャリア』|サポートが充実!未経験でも安心

パソナキャリアパソナキャリア』は人材派遣領域でトップクラスの『パソナグループ』が運営している転職エージェントです。

先ほども紹介しましたが、パソナキャリアはサポート体制は業界No. 1と言われているため、未経験からでも金融業界への転職を数多く成功させてきた実績があります。

もちろん、金融業界に特化したコンサルタントも在籍しているので、転職前に業界専門のアドバイスを受けることが可能です。

2.『リクルートエージェント』|未経験可の求人数も業界No. 1

リクルートエージェント リクルートエージェントは、規模・実績ともに業界No. 1の転職エージェントです。

金融業界未経験からでも転職可能な案件を数多く保有しており、あなたに合った最適な転職先を紹介できます。

あなたのスキルや経験を客観的に分析しながら、現在の転職市場の動きを伝え、あなたの強みを活かせるように転職のサポートを行っています。

3.『ウィルハーツ』|金融業界に特化したエグゼクティブ・サーチ&転職エージェント

ウィルハーツ

ウィルハーツは、金融業界に特化した転職エージェントです。

金融の非公開求人を数多く保有しており、スペシャリスト向けから未経験でも応募できる案件まで幅広く紹介することが可能です。

ウィルハーツのコンサルタントは、全員が金融機関出身のため、高い専門知識を活かした転職サポートを行っています。

佐々木
以上が未経験から金融業界への転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。
ゆり
たくさん紹介していただきありがとうございます!
佐々木

はい!この中から先ほどお伝えした複数のエージェントに登録することが転職を成功させるコツです!

金融業界に特化していない大手転職エージェントにも登録すべき理由

ゆり
気になったのですが、金融に特化したエージェントだけに登録すれば十分じゃないですか?

金融専門のエージェントの方が専門知識もあるしサポートも丁寧そうですし…

佐々木
良い質問ですね!

実際に、多くの転職志望者からそのような相談を受けます。

しかし、あなたが転職活動で失敗したくなければ、

必ず大手の総合転職エージェントにも登録すべきなんです!

総合エージェントを使うべき理由
  1. 優良求人と出会える可能性が高くなる
  2. 選考通過率を上げるノウハウが充実

理由1:優良求人と出会える可能性が高くなる

大手の総合転職エージェントは大手の優良求人を数多く保有しています。

それゆえ、金融業界の上場企業や福利厚生が充実した優良企業が見つかりやすいです。

なので、金融業界に転職をする際も、必ず大手の転職エージェントに登録しましょう!

より良い求人と出会える可能性が必然的に高くなりますよ。

理由1
優良求人と出会える可能性が高くなる

理由2:選考通過率を上げるノウハウが圧倒的に充実している

大手転職エージェントは「選考を通過するためのノウハウ」が圧倒的に充実しています。

これは日本全国に拠点があり、豊富な転職実績をもつ大手転職エージェントならではのメリットです。

金融に特化した転職エージェントだけではノウハウやサポート面で不安が残るため、

大手転職エージェントを併用して、職種に左右されない転職ノウハウを手に入れましょう!

理由2
選考通過率を上げるノウハウが充実
ゆり
なるほど!

たしかに、それなら金融に特化したエージェントだけじゃなくて、

大手の転職エージェントにも登録した方がよさそうですね!

佐々木
そうですね。

転職活動の遠回りを避けるためにも大手の転職エージェントを上手く併用しましょう!


金融業界に強いおすすめ就職エージェントは以上となります!

佐々木
ここでもう一度おさらいしておきましょう!
おすすめの転職エージェント

全ての方におすすめ

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. コトラ

キャリアアップしたい方におすすめ

  1. JACリクルートメント
  2. ビズリーチ
  3. コトラ

外資系金融を目指す方におすすめ

  1. JACリクルートメント
  2. ロバート・ウォルターズ
  3. クライス&カンパニー

別の業界を目指す方におすすめ

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. パソナキャリア

未経験の方におすすめ

  1. パソナキャリア
  2. リクルートエージェント
  3. ウィルハーツ
ゆり
ありがとうございます!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

佐々木
もし迷われているようでしたら、上の★マークをつけた…

リクルートエージェント、doda、コトラの3社に登録をしておけば間違いないですよ!

金融業界への転職でエージェントを活用すべき理由

佐々木
ここで改めて、金融業界への転職でエージェントを活用すべき理由をまとめておきます。
転職エージェントを活用すべき理由
  1. 転職サイトだけでは分からない金融業界の情報を教えてもらえる
  2. 金融業界の非公開求人を紹介してもらえる
  3. サポートがあるので未経験でも金融業界への転職ができる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由1:転職サイトだけでは分からない金融業界の情報を教えてもらえる

今回紹介したエージェントの中には、金融業界出身のキャリアアドバイザーも数多く在籍しており、

転職サイトだけでは分からない、業界の深い情報を知ることができます。

転職をするときには不安なことも多いので、仕事を始める前に業界のことや職場のことを知れるのは大きなメリットになるでしょう。

理由1

転職サイトだけでは分からない金融業界の情報を教えてもらえる

理由2:金融業界の非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは非公開の求人案件を大量に保有しています。

重要なポストの求人や内部情報を知られたくない企業は、転職エージェントだけに求人案件を伝え、有力な人材の獲得を目指しています。

非公開求人の中から、あなたにぴったりな求人情報を紹介してもらえるのは大きなメリットです。

理由2

金融業界の非公開求人を紹介してもらえる

理由3:サポートがあるので未経験でも金融業界への転職ができる

転職エージェントを使えば強力なサポートを受けることができます。

先ほど説明した通り、金融業界に精通したアドバイザーも多くいるので、

専門性の高い面接対策を受けることも可能です。

未経験でも金融業界の情報をサポートによって得られるので、面接では企業側にも好印象を与えることができるでしょう。

理由3

サポートがあるので未経験でも金融業界への転職ができる


ゆり

なるほど!

今の仕事や経験を問わず全ての方が転職エージェントを活用した方が良さそうですね!

佐々木

仰る通りです!

それではもう一度おさらいしておきましょう。

転職エージェントを活用すべき理由
  1. 転職サイトだけでは分からない金融業界の情報を教えてもらえる
  2. 金融業界の非公開求人を紹介してもらえる
  3. サポートがあるので未経験でも金融業界への転職ができる

金融業界への転職でエージェントを最大限活用するポイント

ゆり
理由も分かったところで、早速登録!!!ですかね…
佐々木

登録!といきたいところですが…少し落ち着いていきましょう。

これから転職エージェントを最大限活用するポイントをお伝えしていきますね!

転職エージェントの活用法
  1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
  2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  3. 素早い連絡を心がける
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
  7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
  9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

大前提として、転職エージェントに対しては、学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

その内容に齟齬があった場合や、虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう。
活用法1
学歴・職歴・スキルを正直に伝える

活用方法2.エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!
活用法2
エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

活用方法3|素早い連絡を心がける

担当キャリアアドバイザーとは、スピーディーなやり取りを心がけて、メールの返信はなるべく早く行いましょう。

なぜなら、連絡の素早さが選考の合否に関わることがあるからです。

特に以下のシーンでは、素早い連絡が大切です。

素早い連絡が必要なシーン
  1. 担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整
  2. 企業との面接日程調整

1.担当キャリアアドバイザーとの初回面談の日程調整

初回面談の日程調整が遅れると、その間に求人環境が変わって、希望の会社の求人が埋まってしまう可能性があります。

そのため、担当者との初回面談の日程調整はなるべく早く行うべきです!

2.企業との面接日程調整

企業との面接日程調整が遅れると、マイナスのイメージを企業に与えてしまいます

なぜなら、企業はあなたを「ビジネスでの対応力が低い。弊社への志望度も低いのでは?」と思ってしまうからです。

マイナスイメージを避けるためにも、面接の日程調整はスピーディーに連絡しましょう!

活用法3
素早い連絡を心がける

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲を見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲を伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

佐々木
連絡をしていないと、サポートが後回しになってしまう場合があるので注意しましょう。

また、連絡を密に取り合えば、新しい求人案件を紹介してもらいやすくなりますよ!

活用法4
2週間に1度は連絡して意欲を見せる

活用方法5|推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまりエージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、駄目なアドバイザーが書く推薦文は、経歴をそのまま写しているだけのケースもあります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、問題ありません!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。
活用法5
推薦文は必ず自分の目で確認する

活用方法6|面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

なぜなら転職エージェントは、面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので、あなたが面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれるからです。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず報告すべきですよ!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
活用法5
面接後にはすぐに担当者に連絡する

活用方法7|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録することは必須です!

複数登録についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理しているエージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、エージェント側にも利益になるような記載をしましょう
活用法7
担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

活用方法8|口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って若手社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている若手社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!
活用法8
口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する

活用方法9|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを伝えましょう。

そうすると、エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思いフォローが手厚くなります。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っています。

転職エージェントの報酬の仕組み

つまり、人材を紹介できないと売上につながらないんです…

佐々木
そのため、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!
活用法9
複数の転職エージェントを利用していることを伝える

ゆり
まずは誠意を持って転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

それではもう一度、おさらいしておきましょう!

転職エージェントの活用法
    1. 学歴・職歴・スキルは正直に伝える
    2. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    3. 素早い連絡を心がける
    4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
    5. 推薦文は必ず自分の目で確認する
    6. 面接後にはすぐに担当者に報告する
    7. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    8. 口コミサイトも併用して若手社員の評判を確認する
    9. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
    佐々木
    これだけの活用方法を押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    まとめ|転職エージェントを活用して金融業界への転職を成功させよう

    今回は、金融業界への転職に関してお伝えさせていただきました。

    紹介した通り、金融業界でキャリアアップを図りたい人はもちろん、未経験でも挑戦できる仕事がたくさんあるので、この記事を読んだ多くの人に転職を目指していただければと思います。

    そのためにも、まずは最初のワンステップとして…

    今回紹介したオススメの就職エージェントから最低3社は登録をして、試しに就職のプロからアドバイスをもらってみてくださいね。

    おすすめの転職エージェント

    全ての方におすすめ

    1. リクルートエージェント
    2. doda
    3. コトラ

    キャリアアップしたい方におすすめ

    1. JACリクルートメント
    2. ビズリーチ
    3. コトラ

    外資系金融を目指す方におすすめ

    1. JACリクルートメント
    2. ロバート・ウォルターズ
    3. クライス&カンパニー

    別の業界を目指す方におすすめ

    1. リクルートエージェント
    2. doda
    3. パソナキャリア

    未経験の方におすすめ

    1. パソナキャリア
    2. リクルートエージェント
    3. ウィルハーツ
    ゆり
    ありがとうございます!

    ただ、どれも良さそうで迷ってしまいますね…

    佐々木
    もし迷われているようでしたら、上の★マークをつけた…

    リクルートエージェント、doda、コトラの3社に登録をしておけば間違いないですよ!