転職エージェントおすすめランキング13選

歯科衛生士辞めたい…辞める理由5選&辞めてよかった人の体験談

歯科衛生士辞めたい…辞める理由5選&辞めてよかった人の体験談

この記事では、「歯科衛生士をやめたい…という人に向けて、

『歯科衛生士を辞めたいと思う理由』や、『転職の方法』などをお伝えしていきます!

歯科衛生士として働いている人の中には、このまま無理をしながら働き続けて良いのかと不安を感じる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、歯科衛生士から転職を成功させる方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 歯科衛生士をやめたい
  • 歯科衛生士の状況が知りたい
  • 歯科衛生士に疲れた
記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

歯科衛生士を辞めたい人は多い?知っておくべき離職率の高さ

佐々木
結論から言うと、歯科衛生士の離職率は高いです!

なぜなら、そもそも歯科衛生士の人材が不足しているため、一人に掛かる仕事量が多く…

様々な問題が生じやすいからです。

実際に、日本歯科衛生士会が行った調査によると、4人に3人が転職を経験しており、2回以上転職している人は半数を超えています。

このように、歯科衛生士を辞めたいと思っている人は多いので…

少しでも歯科衛生士を辞めたいと思っているのであれば、すぐに行動してみることをおすすめします!

次に、歯科衛生士を辞めたい理由を紹介します!

歯科衛生士を辞めたい…よくある辞める理由5選

佐々木
それでは、歯科衛生士を辞めたい理由をお伝えしていきます!

次の5つの理由を見ることで、自分が歯科衛生士を辞めたい理由も明確になってきますよ!

歯科衛生士を辞めたい理由
  1. 職場の人間関係に疲れた
  2. 院長の考えに付いていけない
  3. 仕事内容に不満がある
  4. 福利厚生が無い
  5. 給与・待遇面に不満がある

1つずつ見ていきましょう!

理由1|職場の人間関係に疲れた

歯科衛生士や歯科助手は女性が多い職場のため、マウンティングやいじめのようなことも少なくありません。

中には、勤務歴が長いスタッフがボス的な立場になってひそかに権力を握っていたり、嫌いなスタッフを退職に追い込むケースもあるようです。

また、個人経営の歯科医院の場合は雇用主である歯科医との相性に加え、パワハラやセクハラを受ける場合もあります。

このような人間関係に我慢できなくなり、歯科衛生士を辞めたいと考える人は多いです。

理由2|院長の考えに付いていけない

歯科医師は個性が強かったり、開業して経営者になった責任感から厳しい態度になっている場合もありますが、度が過ぎている人が多いのも事実です。

具体的に、次のような行動はパワハラやモラハラに当てはまります。

パワハラ・モラハラの例
  • 人前で怒鳴る
  • 人格否定などの暴言や罵倒
  • 八つ当たりされる
  • 挨拶や質問を無視される
  • 物理的に不可能な量や理不尽な内容の仕事を指示される
  • ボディタッチが多い
  • 私的な誘いをしてくる

このような院長の下では働きたくないと思いつめ、辞めたいと思う人が多いです。

理由3|仕事内容に不満がある

年々歯科医院の診療スタイルが変化していることもあり、一人にかかる仕事量が多くなっています。

そのため、必然的に歯科衛生士の勤務時間が長くなり、拘束時間が増えています。

また、人件費の節約や多忙を理由に、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手の仕事がきちんと分類されていないことも多いです。

このように、拘束時間が伸びているうえに、自分が行う仕事以外も請け負う必要が出てきています。

理由4|福利厚生が無い

歯科医院では社会保険が適用されていないため、健康保険や厚生年金が完備されていない場所が多いです。

なぜなら、個人経営の歯科医院は、社会保険の加入規定に当てはまらないからです。

そのため、年金はそれぞれ国民年金に加入し、健康保険は歯科医師組合が運営している「歯科医師国保」に加入することが多いです。

また、福利厚生もほとんど無く産休や育休も取りづらいので、結婚や出産を機に退職する人も多いです。

理由5|給与・待遇面に不満がある

業務量に対して給料が見合っていない、サービス残業が多いなど、給与や待遇面に不満がある人も多いです。

法人の歯科医院や保健センター・大学病院などの大きな組織は、福利厚生が充実し給与も高めですが、労働条件が厳しいことも多いです。

そのため、規模の大きさによるメリット・デメリットを知らないと、想像とのギャップが生じてしまいます。


佐々木
ここまで、歯科衛生士を辞めたい理由をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

歯科衛生士を辞めたい理由
  1. 職場の人間関係に疲れた
  2. 院長の考えに着いていけない
  3. 仕事内容に不満がある
  4. 福利厚生が無い
  5. 給与・待遇面に不満がある
ゆり
このような理由で、歯科衛生士を辞めたいと思う人が多いんですね…!
佐々木
そうなんです!

少しでも歯科衛生士を辞めたいという気持ちがあるなら、

これまでの経験を活かして転職するという手もありますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、実際に歯科衛生士を辞めた人の体験談を見ていきましょう!

歯科衛生士を辞めてよかった!転職に成功した人の事例

佐々木
それでは実際に、歯科衛生士を辞めてよかった人の体験談を紹介します!

実際の成功例を見ることにより、より鮮明に転職のイメージができるはずです!

ゆり
歯科衛生士からの転職を成功させている人は多いんですね!

皆さん転職して良かったと思ってそう…!

佐々木
そうですね!

この体験談を読んで、少しでも転職したいと思った人は…

転職エージェントに登録して行動を始めることをオススメします!

次に、歯科衛生士からの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

失敗を最小限に抑えて、歯科衛生士から転職を成功させる方法

佐々木
失敗を最小限に抑えて、プログラマーからの転職活動をするためには…

転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえます!

転職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く混ざっていたり、求人サイトは1人で就活を進める必要があるのでブラック企業を見極めにくかったりします。

転職エージェントについて

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的に転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

就職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

おすすめ就職エージェント6選

佐々木
私がおすすめする就職エージェントを紹介します!

次の就職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの就職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  6. 『デンタルWORKER』
    歯科衛生士に特化したエージェント
    【公式】https://dental-worker.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、歯科衛生士を穏便に辞めるコツをお伝えします!

歯科衛生士を辞めたい必見!穏便に辞めるコツ

佐々木
実際に転職活動がうまく進み、転職先が決まれば次は歯科衛生士を辞めなければなりません。

退職する際は、その意思をしかっりと伝える必要があります!

ゆり
引きとめられそうで、なかなか退職したいって言い出せなくて…。
佐々木
そうですよね…。

実際、歯科衛生士が退職の意思を伝えて、引きとめられることは多いんです…。

初めにお伝えしましたが歯科衛生士は離職率が高いので、上司もできるだけ退職者を出したくないものです…。

そのため、院長によっては引きとめが凄まじい場合もあるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動することが大切です!

佐々木
そこで、スムーズに医療事務を退職をするために、次の2点を意識しましょう!

この2点を意識することで、効率的に医療事務を辞めることができますよ!

効率的に、医療事務を辞める方法
  1. 絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  2. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

方法1|絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職することが広まると「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられる可能性があります..。

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、

これまで積み上げてきた信頼関係など全てをぶち壊すことになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

方法2|直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

佐々木
直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、医療事務を退職するといった方法もあります。

これからお伝えする注意点に気を付けて、退職手続きを進めましょう!

退職届を送付して退職する場合は、2週間後の日付で、退職理由を「一身上の都合」と書きましょう。

これまで仕事で使っていたマニュアルや資料は横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

また、添え書きとして次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

会社によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないという場合もあるので、注意が必要です。

このような事態を防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

やむを得ない事情がある場合は、このようなサービスを利用してみましょう。

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合、3〜5万円がサービス利用料の相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って、利用することをおすすめします。


ゆり
自分から上司に退職を伝える方法以外にも、辞められる方法はあるんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ基本的には円満退職がベストなので、自分から直接伝えることをオススメします!

退職届を送付や退職代行サービスの利用は、どうしても辛い時に限って活用してくださいね。

実際退職する段階になったら、次の記事を参考に退職手続きを行うとスムーズに進められますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、歯科衛生士を辞めた後におすすめの転職先について説明します!

歯科衛生士を辞めた後におすすめの転職先

佐々木
それでは、歯科衛生士を辞めた後におすすめの転職先を紹介します!

歯科衛生士の資格を活かした仕事と、未経験でも活躍できる仕事を紹介するので、

「自分が今後どのように働いていきたいか」を考えるきっかけになりますよ!

おすすめの転職先
  1. 診療所以外の歯科衛生士
  2. 歯科関係の企業
  3. 営業職
  4. 介護職

それでは1つずつ紹介していきます!

転職先1|診療所以外で歯科衛生士として働く

歯科衛生士の仕事よりも今の職場に問題があると思っている場合は、無理に異業種への転職はせず、別の場所へ転職しましょう!

なぜなら、歯科医院は病院ごとに職場環境が違うため、病院を変えれば問題が解決することもあるからです。

病院以外にも、保健所や企業、介護施設などで働いている歯科衛生士は多いですよ!

転職先2|歯科関係企業で働く

歯科衛生士の経験を活かしたい人は、歯科関係の企業がおすすめです!

なぜなら、歯の予防に関わる企業は歯科衛生士の経験や知識を活かしやすいですし、企業からも重宝されるからです。

その中でも、企業側は営業職を求めています!

歯科衛生士の経験を活かすことで、より深い商品説明やアフターフォローが出来るので評価にも繋がりやすいでしょう!

転職先3|営業職

お客様や取引先と接したり、やりがいのある仕事をしたい人は営業職がおすすめです!

営業職は、事務やマーケティングなど幅広い要素を兼ね備えた仕事のため、経験しておくことで今後のキャリアに幅広い選択肢を持つことが出来ます!

未経験転職の中では人気の職種のため、採用の難易度は少し上がりますが、転職エージェントを利用すれば問題ないでしょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職先4|介護職

人を支援する仕事がしたい人は、介護職がおすすめです!

業界的に需要が増え人材不足なこともあり、転職しやすい職業です。

ケアマネージャーは介護や生活支援を必要とする人が、自立した生活を送れるようなサポートを行います。

資格が必要な職種もありますが、会社が資格取得支援をしてくれる場合も多いので、キャリアアップもしやすいです!


佐々木
ここまで、歯科衛生士を辞めた後におすすめの転職先をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

おすすめの転職先
  1. 診療所以外の歯科衛生士
  2. 歯科関係の企業
  3. 営業職
  4. 介護職
ゆり
ありがとうございます!

歯科衛生士を活かした転職先もあるんですね!

佐々木
そうなんです!

少しでも歯科衛生士を続けたい気持ちがあるなら、資格を活かせる仕事を探すことをオススメします!

転職後に後悔しないように、よく考えてみてくださいね!

次に、歯科衛生士を辞める前によく考えるべきことをお伝えします!

歯科衛生士を辞める前によく考えるべきこと

佐々木

それでは最後に、歯科衛生士を辞める前によく考えるべきことをお伝えします。

転職の準備をきちんとすることで、スムーズに転職活動を行えますよ!

まず、歯科衛生士を辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。

辞める前に準備するべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う

それぞれ詳しくみていきましょう。

準備1|次の職場でやりたいことを明確にする

実際に転職届けを出す前に、まずんな仕事に転職するのかを明確にしておくことが大切です。

焦って転職先を決めると、転職を繰り返す結果になるリスクもあります。

次の仕事が漠然としている場合は、資格を活かすかどうかという点から考えてみましょう!

佐々木

焦って転職先を決めて、転職を繰り返して今後のキャリアに影響してしまった人もいます。

準備2|応募先が求めていることを理解する

応募先が求めていることを理解することも大切です。

応募先が求めていることを理解せずに転職活動を進めてしますと、思うように転職活動が進まないこともあります。

佐々木

実際に、自分一人で応募先が求めていることを理解するのは難しい場合が多いです。

転職を成功させる為にもプロのエージェントを利用することをおすすめします。

準備3|プロに相談して転職先のリサーチを行う

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

プロのエージェントに相談しながら転職先のリサーチを行いましょう!

リサーチする項目
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

職種だけではなく、どんな条件・待遇で求人を探すのかを決めておくと、より自分に合った求人を探しやすいです。

佐々木

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木
ここまで、歯科衛生士を辞める前によく考えるべきことをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

辞める前に準備するべきこと
  1. 次の職場でやりたいことを明確にする
  2. 応募先が求めていることを理解する
  3. プロに相談して転職先のリサーチを行う
ゆり
この3つは、事前に準備しておくと良いんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

この3つを行うことで、自分が理想とする転職先を見つけやすくなりますよ!

歯科衛生士を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

佐々木
この記事では、歯科衛生士を辞めて転職を成功させるための方法などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 歯科衛生士は離職率が高い仕事である
  • 少しでも辞めたいならすぐ行動に移すべき
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの就職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  6. 『デンタルWORKER』
    歯科衛生士に特化したエージェント
    【公式】https://dental-worker.com/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に就職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

就職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!