完全週休二日制は嘘だった…入社後の正しい対処法&騙されない転職のコツ

完全週休二日制は嘘だった…入社後の正しい対処法&騙されない転職のコツ

この記事では、「完全週休二日制と聞いていたけど、嘘だった…」と悩んでいる人に向けて、

『完全週休二日制の正しい意味』や、『嘘だった時の対処法』などをお伝えしていきます!

入社する会社に求める条件として、完全週休二日制を上げる人はたくさんいます。

仕事ばかりではなく、プライベートを充実させるためにも、週に2日はしっかり休みたいものでしょう。

しかしながら、「完全週休二日制と聞いていたのに、週に1日しか休みがない…」と困っている人がいるのも事実です。

この記事を最後まで読めば、完全週休二日制が嘘だった時の対処法が分かり、希望通りの条件で働けるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 完全週休二日制の意味を今一度確認したい
  • 労働条件で騙された時の対処法を知りたい
  • 騙されずに転職する方法を教えてほしい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

そもそも完全週休二日制の意味は?週休二日制との違い

佐々木

まずは、完全週休二日制の意味についてお伝えします!

週休二日制との違いもお伝えするので、今一度正しい意味を理解していきましょう!

完全週休二日制の意味

完全週休二日制の意味は、週に2日は絶対に休めるという就業制度のことです。

必ず週に2日は休める制度なので、土日が休みの場合や平日1日と土日どちらから休みの場合などもあるでしょう。

稀なことですが、万が一週に2日休めなかった場合は、長期休暇などを利用して休日日数を調整する会社もあります。

佐々木
「完全」という言葉が示すとおり、完全週休二日制の会社に入れば、週に2日は必ず休みが貰えます!

完全週休二日制と週休二日制の違い

完全週休二日制と週休二日制の違いは、言葉がよく似ていますが意味は異なります。

完全週休二日制は、お伝えした通り、1週間の中で必ず2日休みがある制度です。

一方で、週休二日制の場合は、毎週2日休みがあるとは限りません。

週休二日制は、月に1週以上週休2日があれば、問題ない就業制度になっています。

そのため、必ず週2日休みが約束されている完全週休二日制とは異なるので、注意しておきましょう!

佐々木

言葉は似ていますが、制度の内容は異なります!

自分の会社がどちらに当てはまるのか、確認してみましょう!

次の章では、完全週休二日制でも嘘にならないケースをお伝えします!

完全週休二日制でも嘘にならない4つのケース

佐々木

それでは、完全週休二日制でも嘘にならないケースをお伝えします!

自分の働き方が、次のケースに当てはまらないか確認してみましょう!

嘘にならないケース
  1. 祝日が休みになるケース
  2. 休日手当が出るケース
  3. 管理職の人のケース
  4. 振替休日・代休があるケース

それぞれのケースについてお伝えします!

ケース1:祝日が休みになるケース

祝日が休みになり、本来休みの曜日が出勤になるのは問題ありません。

「祝日を休みにするから、今週の土曜日は出勤してほしい」なんてことはよくあるものです。

完全週休二日制でも、必ず土日連続で休みにする必要はありません。

佐々木
祝日が休みになって、結果的に週2日休みになるのであれば、嘘にはなりません。

ケース2:休日手当が出るケース

万が一、週1日休みになってしまった時に、休日出勤手当が出る場合も嘘にはなりません。

休日出勤手当は、休みが1日減ってしまった分、いつもより多めに給料を出すというものです。

また、休みの日にも種別があり、状況によって休日出勤手当ての額が変わってきます。

佐々木
参考までに、法定休日と法定外休日の説明を掲載しておきます!
法定休日と法定外休日
  • 法定休日

法定休日は労働基準法で定められた「週1回または4週4回」の休日のことです。
法定休日における時間外労働に関しては、割増率35%以上の休日手当が支給されます。

  • 法定外休日

法定外休日は労働基準法で定められた「1週40時間の労働時間」の規定により設けられる、法定休日以外の休日のことです。
法定外休日における時間外労働に関しては、割増率25%以上の休日手当が支給されます。

ケース3:管理職の人のケース

管理職の社員の場合、週に2日休みがなくても嘘にはなりません。

理由としては、管理職は労働基準法が適用されないため、規定された方がないからです。

法律がないため、各会社で決められたことがルールになります。

したがって、管理職の場合は、会社独自のルールがない場合は、週に2日休みがなくても嘘にはならないのです。

佐々木

実際、管理職と一般社員では、仕事の量や責任感も違うので、多様な働き方が会社に求められてくるでしょう!

ケース4:振替休日・代休があるケース

振替休日や代休が取れるのであれば、嘘にはなりません。

「今日出勤した代わりに、明日は休みね」といった形で、振替の休日を用意してくれる会社もあるでしょう。

振替休日や代休があれば、結果的に休日の日数自体に変化はないので、完全週休二日制の制度を守っていると言えます。

佐々木
結果的に週2日休みがれば、振替という形でも問題ありませんよ!

佐々木
以上が、完全週休二日制でも嘘にならないケースです!
嘘にならないケース
  1. 祝日が休みになるケース
  2. 休日手当が出るケース
  3. 管理職の人のケース
  4. 振替休日・代休があるケース
ゆり
これらのケースであれば、完全週休二日制と言っても嘘にはならないんですね!
佐々木

そうなんです!

これらのケースに当てはまる会社はたくさんあるので、自分の労働状況を今一度確認してみましょう!

次の章では、求人に完全週休二日制と書いているのに嘘が多い理由をお伝えします!

求人に完全週休二日制と書いているのに嘘が多い理由

佐々木

それでは、求人に完全週休二日制と書いているのに嘘が多い理由をお伝えします!

求人に書いてあることと異なってしまう理由を理解していきましょう!

嘘が多い理由
  1. 求人票はあくまで募集の目安だから
  2. 求人を出した時と状況が変わっているから

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:求人票はあくまで募集の目安だから

求人票に書かれているのは、人材を募集する時の目安であって、内容を約束するものではないという考え方があります。

実際入社すれば、休日の日数以外にも、仕事内容や給与、配属先など、求人票の内容と多少変わってくるものが出てくるでしょう。

求人票は、募集の目安であって、細かい条件は実際に入社する一人ひとりの状況によって変わってくるものです。

そのため、全員が求人票に書いてある条件で働けるとは限らないのです。

佐々木
求人票はあくまでも目安なので、内容を鵜呑みにするのではなく、応募時や面接時に必ず条件を確認すべきですよ!

理由2:求人を出した時と状況が変わっているから

求人を出した時期から、ある程度時間が経っていれば、会社の状況も変わっています。

そのため、求人票に記載していた労働条件と異なる働き方を求められる場合もあるでしょう。

違法にも見えますが、労働基準法では週に1回、4週で4回の休みがあれば問題ないので、その範囲内であれば違法にはなりません。

佐々木
たとえ嘘をついていても、労働基準法を満たしていれば、違法ではない事を知っておきましょう。

佐々木
以上が、求人に完全週休二日制と書いているのに嘘が多い理由です!
嘘が多い理由
  1. 求人票はあくまで募集の目安だから
  2. 求人を出した時と状況が変わっているから
ゆり
こう言った理由があるから、完全週休二日制に関する嘘が多いんですね!
佐々木

そうなんです!

ただ嘘をつかれたまま、黙って働き続けるのも苦しいと思うので、正しい方法で対処することが大切ですよ!

次の章では、完全週休二日制が嘘だった時の正しい対処法をお伝えします!

完全週休二日制が嘘だった時の正しい対処法

佐々木

それでは、完全週休二日制が嘘だった時の正しい対処法をお伝えします!

嘘をつかれたモヤモヤ感をスッキリさせるためにも、正しい対処法を理解しておきましょう!

正しい対処法
  1. 会社の上司と話し合いを行う
  2. ハローワークに相談してみる
  3. 見切りをつけて転職活動を始める

それぞれの対処法についてお伝えします!

対処法1:会社の上司と話し合いを行う

まず考えるべきことは、会社の上司と話し合いを行うということです。

いつも一緒に働いている直属の上司に、労働条件についての不満を相談してみましょう。

日頃からしっかりと仕事をしているのであれば、ある程度上司も要望を聞いてくれるかもしれません。

会社や部署にとって重要な存在になれているのであれば、要望も通りやすいでしょう。

佐々木
要望を通すためにも、日頃から真面目に働くことは大切ですよ!

対処法2:ハローワークに相談してみる

ハローワーク経由で就職や転職した場合は、ハローワークでも苦情を受け付けてくれます。

相談することで、ハローワークの人が会社に対して何らかの働きかけを行ってくれるでしょう。

実際、苦情が多い会社の求人はハローワークで扱えなくなるため、会社側も不手際がないように対応してくれます。

ハローワーク経由で入社した会社であれば、ハローワークに相談して、動いてもらいましょう。

佐々木

実際、ハローワークには数多くの相談が集まっています。

同じような悩みを抱えている人はたくさんいるので、遠慮せず相談すべきですよ!

対処法3:見切りをつけて転職活動を始める

今の会社に見切りをつけて、転職先を探すのも一つの手段です。

会社側が変わる雰囲気がないのであれば、無理して頑張らず、別の良い環境で働いた方が良いでしょう。

もちろん、転職にはそれなりのリスクもついてくるので、簡単に決めず、慎重に判断することをおすすめします。

一度、労働条件で失敗しているからこそ、次の転職先は内定が出ても即決せず、慎重に内部事情などを確認すべきですよ!

佐々木

早めに見切りをつけることも大切です!

まずは、どんな転職先の候補があるか転職サイトを見てみるのも良いでしょう。

おすすめの転職サイト

佐々木
以上が、完全週休二日制が嘘だった時の正しい対処法です!
正しい対処法
  1. 会社の上司と話し合いを行う
  2. ハローワークに相談してみる
  3. 見切りをつけて転職活動を始める
ゆり
こういった方法で対処すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

モヤモヤ感をスッキリさせたいなら、自分の状況に合わせて、お伝えした対処法を選んでみてください!

次の章では、優良企業に転職するコツをお伝えします!

求人の嘘に騙されない!優良企業に転職するコツ

佐々木

それでは、求人の嘘に騙されず、優良企業に転職するコツをお伝えします!

お伝えするコツを知っておけば、転職の成功率が格段に上がりますよ!

求人の嘘に騙されることなく、優良企業に転職したい人は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします!

転職エージェントは、求人紹介をはじめ、応募書類の添削、面接対策、企業との年収交渉などをサポートしてくれる転職サービスです。

転職のプロとして、これまでの豊富な経験を活かし、あなたが気になっている求人が本当に良い会社かどうかを教えてくれます!

万が一、求人票が嘘の可能性がある場合には、より良い条件で働ける優良企業の求人を紹介してくれるでしょう!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、優良企業への転職に成功できる可能性が高いんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、完全週休二日制の会社で働いている人の体験談を紹介します!

完全週休二日制の会社で働いている人の体験談

佐々木

ここから、完全週休二日制の会社で働いている人の体験談を紹介します!

完全週休二日制を実現できている人は、どのような働き方や生活ができているのか参考にしてください!


佐々木
以上が、完全週休二日制の会社で働いている人の体験談です!
ゆり
完全週休二日制の会社で働けている人は、休養がしっかり取れますし、プライベートも充実していますね!
佐々木

そうなんです!

週2日は休みが確定しているので、プライベートの予定も入れやすくなっていますよ!

次の章では、労働条件で騙されないために活用すべき口コミサイトについてお伝えします!

労働条件で騙されないために活用すべき口コミサイト

佐々木

それでは最後に、労働条件で騙されないために活用すべき口コミサイトについてお伝えします!

労働条件で騙されないためには、実際に働いた経験がある人の評判をチェックすべきですよ!

本当に完全週休二日制かどうかも含め、良い会社かどうかを確かめたい場合は、実際に働いた経験のある社員の口コミを確認することをおすすめします!

口コミサイトには、求人票には載っていないような内部事情が書かれていることが多々あるので、転職を決める前に、必ずチェックすべきです。

佐々木
次の2つの口コミサイトは、たくさんの声が集まっているので、

登録して、あなたが気になる会社に対する投稿を検索してみましょう!

おすすめの口コミサイト
佐々木

情報収集の一環として口コミサイトを利用するのはありです!

働いたことのある社員の評判や口コミは、入社前の安心材料になりますよ!

完全週休二日制の会社で働きたいなら、正しい方法で転職を!

佐々木

今回は、完全週休二日制と聞いていたけど、嘘だったと悩んでいる方に向けて、

完全週休二日制の正しい意味や、嘘だった時の対処法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 完全週休二日制と週休二日制では意味が異なってくる
  • 会社に見切りをつけて転職活動を始めるのもあり
  • 優良企業に転職したいなら、転職エージェントを活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!