転職エージェントおすすめランキング13選

31歳で転職は遅い?厳しい現実を逆に利用する戦術&男女別の成功事例

この記事でお伝えすること
  • 31歳の転職で求められるポイント
  • 31歳の転職を成功させるためのポイント
  • 31歳におすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『31歳の転職ってもう遅い…?』

『31歳でも未経験職種に転職できるの?』

…と思っていませんか?

この記事では、31歳ならではの転職事情を始め、転職を成功させるためのポイント実際に転職した人の体験談などを紹介していきます!

この記事を読めば、31歳のあなたが転職すべきか分かり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

31歳で転職は厳しい?本当に転職すべきか判断するためのポイント

佐々木
まず31歳の皆さんにお伝えしたいのが…

転職を成功させるには、余裕をもって計画的に転職活動を進めることが大切ということです!

これは、31歳だけでなく30代全般に言える話です。

計画的に転職活動を進めるために、まずは本当に転職すべきかしっかり判断しましょう!

佐々木
転職すべきか判断するためのポイントは、次の通りです!
転職すべきか判断するポイント
  • 30代後半から40代以降のキャリアプランを設計する
  • 結婚や出産など将来起こる人生のイベントを考慮する
  • 本当に転職がベストか他の問題解決策も検討する
  • 結婚しているなら夫婦で話し合い転職の意思を共有する

それでは1つずつ詳しく説明していきます!

ポイント1|30代後半から40代以降のキャリアプランを設計する

31歳の転職では、事前に30代後半以降のキャリアプランを考えておくことが大切です。

なぜなら、キャリアプランによって転職の方法や考えるべきことが変わってくるからです。

キャリアアップを目指す人は、これまでの社会人経験で得たスキルや実績を活かして、転職成功に繋げましょう。

未経験職種へ転職したい人は、「年収が下がっても未経験職種へ挑戦したいか」など難しい面があることも考慮して計画を立てましょう。

佐々木
キャリアプランだけでなく、ライフプランについても併せて考えてみましょう

ライフプランによって、働き方が変化することもありますよ!

ポイント2|結婚や出産など将来起こる人生のイベントを考慮する

30代は結婚や出産など人生が大きく変化する時期でもあるため…

男女ともにライフイベントを考慮して転職先を決めましょう

なぜなら、ライフイベントによって働き方を変えざるを得ない場合があるからです。

独身だと、毎日の残業や休日出勤は自分の都合で行うことが出来ますが、結婚したり子供が出来ると、家庭の時間が生じます。

そのため、仕事内容やキャリアップだけで転職先を選ぶと、家庭の時間が取れないなど仕事と家庭の両立が難しくなってしまいます。

佐々木
結婚によって引っ越しが必要だったり、出産によって休職が必要な場合もあるので、

転職を無駄にしないためにも、ライフイベントについてよく考えましょう!

ポイント3|本当に転職がベストか他の問題解決策も検討する

転職を考え始めた時は、本当に転職することがベストなのかをしっかり検討しましょう!

なぜなら、転職をしなくても問題解決する場合があるからです。

一時的な感情で転職したいと思っている場合や、今の会社内での交渉によって解決する場合があります。

まずは、転職したいと思ったきっかけを考え、その問題を解決する方法がないのか追求してみましょう。

佐々木
給与や福利厚生について不満がある人も、上司や人事に相談することで解決することもありますよ!

自分で考えることに不安がある人は、転職エージェントを利用してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『doda』
    求人数と実績が豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

ポイント4|結婚しているなら夫婦で話し合い転職の意思を共有する

結婚している場合はパートナーに相談し、夫婦できちんと話し合うことが大切です!

なぜなら、転職によって家庭の生活が変化する場合があるからです。

転職すると、労働時間や休日、給与などが変わる可能性があります。

場合によっては、正社員スタートではないことも考えられます。

また夫婦で相談すると、本当に転職したいのかハッキリ見えることもあるので、転職の意思は共有しましょう!

佐々木
パートナーの理解を得られると、転職に対する意欲を保ちやすくなりますよ!

佐々木
ここまで、転職すべきか判断するポイントについてお伝えしてきました。

まとめると次の通りです!

転職すべきか判断するポイント
  • 30代後半から40代以降のキャリアプランを設計する
  • 結婚や出産など将来起こる人生のイベントを考慮する
  • 本当に転職がベストか他の問題解決策も検討する
  • 結婚しているなら夫婦で話し合い転職の意思を共有する
ゆり
ありがとうございます!

直近のことだけでなく、将来的なことも考える必要があるんですね…!

佐々木
おっしゃる通りです!

年齢が上がると転職難易度も上がるので、転職に失敗しないためにも将来のことを考えましょう!

次は、31歳が転職する際に求められるスキルについて紹介します!

31歳が転職する際に求められるスキル・キャリアとは

佐々木
31歳が転職する際に求められるスキルなど、転職前に知っておくべきポイントをお伝えします!

このポイントを知ることで、計画的に転職活動を進める心構えが出来ますよ!

31歳の転職で知っておくべきポイントは、次の通りです!

31歳が知っておくべきポイント
  • 20代に比べて転職のハードルが高くなる
  • 即戦力としての経験やスキルが求められる
  • ポテンシャルが考慮されるのは残りわずか

それぞれ詳しく見てみましょう!

ポイント1|20代に比べて転職のハードルが高くなる

31歳から急にハードルが高くなる訳ではありませんが、年齢が上がるほど転職のハードルが高くなることは事実です!

なぜなら、年齢が上がると求人数が少なくなると共に、即戦力としてのスキルを求められるからです。

20代のうちはポテンシャルが重視されますが、30代以降は即戦力やこれまでの経験が重視されます。

そのため、年齢が上がるほど企業側の要求するスキルが高くなるのです。

また、求職者側の要求する条件も徐々に上がっていくため、自分の求める条件の求人が少ないことも考えられます。

佐々木
求める条件の優先順位を考えること、早めに行動を始めることが大切ですよ!

ポイント2|即戦力としての経験やスキルが求められる

30代になると、即戦力としての経験やスキルが求められます。

なぜなら、企業側は研修を行わずとも会社に馴染み、仕事で力を発揮してもらうことを望んでいるからです。

30代前半はこれまでに培ってきた実績・経験・スキルを見られますが、30代後半になるとマネジメント能力なども重視されます。

佐々木
31歳は「ポテンシャル」と「即戦力」の両方を評価される時期なので…

今のうちに転職することをオススメします!

ポイント3|ポテンシャルが考慮されるのは残りわずか

ポテンシャルが考慮されるのは30代前半までです。

なぜなら、ポテンシャルは30代前半で大きく下がるため、30代後半では考慮されないからです。

31歳は、まだポテンシャルが考慮される時期でもあるので、転職するなら今がチャンスです!

ポテンシャルと言っても意欲だけではなく、組織への適応力や自主性、職業観や自己理解の深さなどが見られてます。

佐々木

未経験転職や環境ががらっと変わる転職を考えている人は…

ポテンシャルをアピール出来るうちに転職活動を行うことをオススメします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『doda』
    求人数と実績が豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
ここまで、31歳が転職する際に知っておくべきポイントについてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

31歳が知っておくべきポイント
  • 20代に比べて転職のハードルが高くなる
  • 即戦力としての経験やスキルが求められる
  • ポテンシャルが考慮されるのは残りわずか
ゆり
20代に比べて、転職の難易度は上がってるんですね…。
佐々木
おっしゃる通りです!

しかし、31歳は十分転職出来る時期なので、手遅れにならないうちに行動しましょう!

先延ばしにするほど、転職の難易度は上がりますよ!

次に、31歳で転職した人の実例を見てみましょう!

【男女別】転職体験談に学ぶ成功者と失敗者の違い|未経験職種への転職例アリ

佐々木
それでは、実際に31歳で転職した人の口コミを紹介します!
ゆり
未経験転職に成功してる人もいますが、20代での転職に比べると難しいと感じている人が多いようですね…。
佐々木
そうですね。20代はポテンシャル重視の転職ですが、30代はスキル重視になります。

そのため、企業側が見ているポイントも異なり、今までの転職より難しいと感じる人が多いようです。

しかし、しっかりと対策をしておけば問題ありませんよ!

対策に不安がある人は、転職エージェントを利用することをオススメします!

自分に合った求人の紹介だけでなく、選考書類の添削や面接対策も行ってくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『doda』
    求人数と実績が豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

次に、31歳の転職で失敗しないために知っておくべきことをお伝えします!

31歳で転職に失敗しないための知っておくべきこと

佐々木
31歳で転職に失敗しないために、これからお伝えすることを頭に入れておきましょう!

効率よく転職活動を行い、転職成功率を上げましょう!

まずは、31歳の転職難易度についてお伝えします!

31歳の転職は20代よりも厳しい!

前の章でもお伝えしましたが、31歳の転職は20代よりも厳しいです。

なぜなら、20代よりも経験が重視され、即戦力を求められるからです。

今までの経験や、転職先の企業で即戦力として働けることを伝えるために、20代よりも自分を売り込む力が必要になります。

自分のアピールポイントを客観的にみるためにも、1人で転職活動を行わずフィードバックを受けることが大切です。

転職の成功率を上げるために「転職エージェント」のサポートを利用すべき

転職の成功率を上げるためには、転職エージェントを利用すべきです!

なぜなら、転職エージェントは無料で利用でき、求人の紹介や面接対策などのサポートをしてくれるからです。

具体的には、次のようなサポートが受けられます。

転職エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉

転職エージェントは、企業の内情や面接の傾向を把握しているので、効率的に転職活動を進められますよ!

佐々木
転職エージェントについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、31歳におすすめの転職エージェントをお伝えします!

【状況・タイプ別】31歳におすすめの転職サイト・エージェント12選

佐々木
ここでは、私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

転職エージェントは、自分のキャリアや状況に応じて選ぶことが大切です!

今回はタイプ別におすすめを選んだので、自分に合った転職エージェント見つけてくださいね!

おすすめの転職エージェントは次の通りです!

おすすめの転職エージェント

◎全ての31歳におすすめ

◎年収500万円以上の31歳におすすめ

◎31歳の女性におすすめ

◎キャリアに自信がない31歳におすすめ

ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『doda』と『マイナビエージェント』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
ゆり
わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木
そうですね!最低でもdodaとマイナビですね!

実際、転職に成功した31歳のほとんどは、転職エージェントを利用しているので、

悩んでいるなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

30代におすすめの転職エージェント、複数登録に関して詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、転職エージェントを使っても上手くいかなかった場合の手段について紹介します!

31歳が転職エージェントを使っても上手く行かなかった時の残りの全手段

佐々木
転職エージェントを使って上手く行かなかった時は、他の方法で転職活動を行いましょう!

万が一、転職先が見つからなかった場合は、次の3つの手段の活用をオススメします!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う

それでは1つずつ見ていきましょう!

手段1|転職サイトを使う

転職エージェントで求人紹介を断られた場合、転職サイトを使って自分で求人を探し応募することをおすすめします。

転職サイトを使う場合、求人案件数が多い方が自分に合う求人に出会える確率が上がるため、

業界最大手の『リクナビNEXT』が一番おすすめです!

リクナビNEXT 【公式】https://next.rikunabi.com
佐々木

リクナビNEXTには、業界を問わず数多くの求人が掲載されているので、

希望条件を絞って検索をかければ、良い条件の転職先がすぐに見つかりますよ!

手段2|公的支援サービスを使う

公的支援サービスの例として、具体的に3つのサービスを紹介します!

1.ハローワーク

ハローワーク

【公式】https://www.hellowork.go.jp/

ハローワークは、厚生労働省が運営している就職支援・雇用促進のためのサービスです。

ハローワークを使っても就職難と言われている現在で、20代よりは若干求人数は減りますが、36歳であればまだ応募できる求人案件はあるでしょう。

佐々木
ハローワークについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

2.ジョブカフェ

ジョブカフェ

※下記の厚生労働省のサイトに、全国各地のジョブカフェのサイトリンクが掲載されています。

【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

ジョブカフェは、厚生労働省と経済産業省の支援で運営されている、求職者の能力向上と就業促進を目的としたサービスです。

求人案件は中小企業が中心で、人材確保を解決したい中小企業と、求職者のネットワークを構築するという狙いもあるサービスをです。

3.サポステ

サポステ

【公式】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステは、厚生労働省の委託を受け、若者自立支援中央センターが運営しているサービスです。

働くことに不安を持つ方や保護者からの相談に対応し、パソコン講座やストレスマネジメント講座などの専門的な講座に加え、

社会人としての基礎力を身につけるワークショップなども開催しています。

各種支援プログラムを通じて、自立そして就職までのトータルサポートを行っている、30代でも利用可能なサービスです。

手段3|出身校のキャリアセンターを使う

意外と見落としがちですが、自分の出身校のキャリアセンターも転職活動では活用できます

キャリアセンターを在学中に活用した人もいると思いますが、実は多くの場合、卒業生でも利用することが可能です。

「出身校名 キャリアセンター」と検索すれば情報が出てくる場合がほとんどなので、一度検索し担当者に問い合わせてみましょう。


佐々木
ここまで、転職エージェント以外の転職手段についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

転職エージェント以外の手段
  1. 転職サイトを使う
  2. 公的支援サービスを使う
  3. 出身校のキャリアセンターを使う
ゆり
転職エージェント以外にも、転職の時に使える手段はあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

しかし、これらのサービスは転職エージェントで上手くいかなかった場合のみオススメする方法なので、

まずは転職エージェントを利用してみましょう!

迷ったら登録すべき2社

最後に、31歳の転職でよくある質問にお答えしますね!

31歳の転職でよくある質問【Q&A】

佐々木
31歳の転職でよくある質問に答えました!

これらの回答も参考にして、転職活動をしてみてくださいね!

質問1|31歳女性の転職はやっぱり厳しいの?

20代に比べると、31歳の転職はやや難しくなります

31歳の転職は、男女ともに即戦力や専門性が求められることが多いことが要因のひとつです。

特に人気の事務職などは求人数が少ないことに加え、経験者の求人が多くなるため転職の難易度が上がります。

また、企業側は転職後すぐに働くのが困難にならないかを気にしており、面接時にプライベートな質問をすることがあります

企業の不安を取り除くためにも、仕事とプライベートを両立させる意思を伝えることをオススメします!

佐々木
女性に寄り添ったサポートがある転職エージェントを知りたい人は、次の記事をご覧ください!

質問2|31歳が転職先に求めた一番の理由は?

リクナビNEXTが行った調査によると、30代前半の転職先の会社を決めた理由の1位は「仕事内容」で36.5%した。

続いて2位が「自分の成長」で20.4%でした。

この結果から、満足できる仕事に毎日取り組むことが、結果的に自分の成長や給与へ繋がると考えている人が多いことが伺えます。

(引用:リクナビNEXT

質問3|31歳の転職活動はどれくらいの期間がかかる?

およそ3ヶ月を目安に考えておきましょう。

リクナビNEXTが30代前半の方向けに実施したアンケートでは、以下のように6割の方が3ヶ月以内に転職活動を終えています

ただし、キャリアに自信のない方や未経験の職種にチャレンジする方は積極的に応募をしないと

なかなか選考が通らず長引く可能性があるため、注意してくださいね!

佐々木
転職までの期間を明確に定め、早めの行動を心がけて動くことが大切です!

質問4|31歳で転職するなら資格があった方が良いですか?

気にする人が多い内容のひとつですが、基本的に資格は必要ありません!

業務に強く結びついている資格なら、即戦力としてのアピールポイントにもなりますが、それ以外はほとんど役に立ちません

資格を取るよりも、自己分析をしっかりと行い、自分に合う企業を探したうえで書類や面接の対策を行う方が有効です!

佐々木
企業によっては、入社後に資格を取った方が評価される場合もあるので…

資格取得よりも対策を重視すべきです!

質問5|31歳で2回目・3回目の転職でも回数は問題ない?

結論から言うと、転職は2回目までが有利です!

なぜなら、2回目までの転職は成功率が高いからです。

ここで、dodaが行なった調査結果を見てみましょう。

引用:doda

このデータから、3回目以降は転職成功率が下がることが分かります。

採用担当者も、転職3回目以上は過去の転職理由などを気にするようです。

転職回数が多くても、転職理由がキャリアアップのためなど、明確な理由であれば問題ありません。

佐々木
今後のことも考え、闇雲に転職をすることがないよう、よく考えて行動しましょう!
おすすめの転職エージェント
  1. 『doda』
    求人数と実績が豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

質問6|31歳の転職でも年収は上げられる?

結論から言うと、31歳の転職でも年収は上げられます!

リクナビNEXTの調査によると、年収が上がったと回答した人は46.6%、下がった人は37.6%、変化が無かった人は15.8%でした。

この結果から、転職によって年収は上がるか下がるかハッキリする場合が多いことが分かります。

今まで残業が多かった会社から、定時退社できる会社に転職すれば、基本給が同じでも年収は下がることになります。

年収だけに囚われず、ライフプランやキャリアプランを考慮して働き方を考えましょう!

質問7|31歳高卒、正社員未経験、スキルなしでも狙える業種はあるの?

31歳高卒・正社員未経験・資格なしだと、転職を狙える業種は限られてきますが、しっかり探せば必ず転職先は見つかります。

実際、転職サイトを見ると、次の業種は未経験の30代でも応募できる求人が複数あります。

30代未経験でも応募できる業種の例
  • 営業サポート
  • 法人営業
  • 不動産物件の賃貸仲介
  • 接客・販売スタッフ
  • 配送スタッフ・輸送ドライバー
  • ホテルフロントスタッフ

このように未経験転職できる職種はありますが、難易度が高いことも事実です。

30代の転職は即戦力が求められるので、未経験職種だとしても受け身の姿勢ではなく、自ら学ぶなど自主的に行動しましょう

佐々木

ほかにも、数多くの業種で30代の高卒、正社員経験なし、資格なしでも応募できる求人がありますよ!

今すぐ実際の求人が見たい方は、『リクナビNEXT』で求人を見てみましょう!

求人が見たい方はこちら

未経験職種の転職について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

質問8|31歳から公務員を目指すのはもう遅いですか?

31歳であっても公務員への転職は可能です。

しかし、公務員試験の受験資格を30歳までとしている自治体が多いのも事実です。

そのため、これから勉強を始めて転職をするのは難易度が高いといえるでしょう。

30代の社会人の人が公務員への転職を狙うには、主に次の方法があります。

公務員に転職する方法
  • 一般枠
    試験を受けて公務員になるルート。公務員への就職を希望している学生がいる中で採用を勝ち取る必要あり。
  • 民間経験者枠
    民間企業経験者を自治体の業務活かしたい時の採用ルート。自治体によっては高倍率・ハイレベルになる可能性あり。

どちらも簡単な方法ではありませんが、31歳でも公務員になって安定を手に入れるチャンスはあります

佐々木
インターネットで「自治体名+採用」と検索すれば、採用情報が出てくる場合もあるので、確かめてみることをおすすめします!

質問9|31歳で転職して入社後馴染めないことはある?

この問題は、職場環境や性格によっても大きく変わりますが、多くの人は新しい環境に馴染めています!

リクナビNEXTが行ったアンケートを見ると、30代前半で転職した3/4の人は、「ハンディを感じたことはない」と回答しています。

ハンディに感じる人は、若い同僚へコンプレックスを抱いていたり、自分の体力の衰えなどを感じているようです。

佐々木
ハンディを感じても、時間が解決してくれる問題も多くあります。

抱え過ぎない程度に、馴染めるよう努力をしていきましょう!

質問10|31歳の転職で成功した人はどれくらいいるの?

リクナビNEXTの調査によると、転職に成功したと思っている人は43.4%という結果になりました。

成功したと答えた人の転職活動を見てみると、転職に何を求めているかが明確な人がほとんどでした。

転職に求める「成功」は人によって異なるので、自分にとっての成功が何かをよく考え、ベストを尽くしましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『doda』
    求人数と実績が豊富!
    【公式】https://doda.jp/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

31歳の転職活動を失敗しないために、まずはプロに相談しよう!

佐々木
ここまで、31歳の転職についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 31歳は将来のことを考えたうえで転職を決めるべき
  • 20代に比べると転職難易度は上がっているが、可能性は十分にある
  • 転職エージェントを使うことで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

将来のこともよく考えながら、転職活動を進めていきたいと思います!

佐々木
はい!頑張ってくださいね!

それでは、最後にもう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしますね!

おすすめの転職エージェント

◎全ての31歳におすすめ

◎年収500万円以上の31歳におすすめ

◎31歳の女性におすすめ

◎キャリアに自信がない31歳におすすめ

ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

どの転職エージェントも良さそうで迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『doda』と『マイナビエージェント』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
佐々木
皆さんの転職が成功することを祈っています!

他にも転職エージェントについて知りたい人は、次の記事を参考にしてくださいね!