今の仕事が向いてない?10の判断基準&辞める前に考えるべきことを解説

今の仕事が向いていないと悩む人へ!向き不向きの判断方法&5つの解決策

「今の仕事が向いていない…

「上司に仕事に向いていないと言われて悩んでる…」

このような悩みを解決するために、『仕事の向き不向きの判断基準』や、『向いていないと思った時の解決策』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、仕事が自分に向いているかを判断でき、今の悩みを解消する方法が分かりますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

仕事が向いていない?向き不向きを判断する10の質問

佐々木

それでは早速、仕事の向き不向きを判断する方法をお伝えします!

次の質問に答えることで、自分の本当の気持ちが見えやすくなり、向き不向きの判断がしやすくなりますよ!

向き不向きを判断する質問
  1. プライベートを楽しく過ごせているか
  2. 仕事でやりがいや楽しさを感じているか
  3. 出来ないことと向いていないことを混同していないか
  4. 上司を見て3年後・5年後の自分を想像できるか
  5. 仕事で成長を感じられるか
  6. 仕事の進め方を変えられるか
  7. 他の仕事と比べてどう感じるか
  8. 周りから向いていないと言われているか
  9. 自分の性格と仕事内容や環境は合っているか
  10. 精神的に追い込まれていないか

それぞれの質問を見ていきましょう!

質問1|プライベートを楽しく過ごせているか

仕事だけに目を向けるのではなく、プライベートについて考えるのも大切です!

仕事が終わってからの時間や休日に、仕事のことを考えず、プライベートを満喫できているでしょうか。

休みの日でも仕事のことを考えていたり、家持ち帰って仕事をしている人は、大切なプライベートの時間を仕事に奪われています…。

プライベートの時間に上手くストレス発散ができていないと、仕事に対してもなかなか前向きになれないでしょう。

佐々木
プライベートが充実している人は、多少忙しくても仕事を頑張れる傾向がありますよ!

質問2|仕事でやりがいや楽しさを感じているか

日々の仕事でやりがいや楽しさを感じているか考えてみましょう!

仕事をやり遂げて達成感があった、誰かに褒められて嬉しかったなど、些細なことでも構いません。

楽しそうに仕事をしている人でも、常に楽しいわけではなく、何かのタイミングでやりがいを感じたり、メリハリを持っています。

やってよかったと思える場面を思い出すことで、自分に向いている仕事やポジションが明確になっていきます!

佐々木
まずはマイナス面は考えず、自分が仕事に対してポジティブになれることを考えてみましょう!

質問3|出来ないことと向いていないことを混同していないか

仕事が向いていないと思うのは、仕事が出来ないことやスランプが原因の思い込みの場合があります。

「向いていない」という言葉は、今の仕事から目を背ける言い訳として使いやすい言葉なので、

自分がどのような意味を込めて使っているか振り返ることが大切です。

上手くいかない原因を環境のせいにしていないか、自分の行動に原因はないか、できない言い訳にしていないか考えてみましょう。

このとき、出来ることに目を向ければ前向きに考えられる場合は、思い込みやスランプの可能性が高いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
原因や対策を考えて行動しても、状況が改善されない場合は、向いていないと言えるでしょう。

質問4|上司を見て3年後・5年後の自分を想像できるか

今と同じ環境でずっと仕事を続けていけば、数年後には今の上司のような存在になる可能性が高いです。

後輩を指導している自分の姿や、チームリーダーとして部署をまとめている自分など、将来の自分の姿を想像してみましょう。

もし、上司になっている自分の姿が想像できないのであれば、今の仕事は向いていないかもしれません。

佐々木

自分の将来の姿を想像することは非常に大切です!

今の仕事でこれから先も活躍を続けているのか考えてみましょう。

質問5|仕事で成長を感じられるか

成長を感じられると仕事への意欲が増すため、成長を感じられるか成果を出せているかを振り返りましょう!

成長速度が早い仕事は、自分の能力や性格を活かせているので、向いている仕事と言えます!

一方、周りと比べて明らかに成長できていない場合は、向いていない可能性があります。

一度、自分が成長出来ていない原因を考え、自分に問題があるのか環境などの外的要因なのかを振り分けてみましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
上司の指導方法が自分に合っていないなど外的要因が多いなら、仕事ではなく環境が向いていないと言えます!

質問6|仕事の進め方を変えられるか

仕事が向いていないと思うには、何かしらのきっかけがあるので、具体的に向いていないと思うポイントを振り返りましょう!

いつも同じミスをしていたり、上司に怒られてしまう場合、仕事の進め方を見直すことで解消できる可能性があります!

そのため、自分がコントロール出来る範囲に仕事の進め方を変えられる部分があるなら、まずは仕事の進め方を変えて取り組むことをおすすめします!

また、中には手を抜いて仕事をしていることが、やる気の出ない原因になっている人もいるので、

目の前の仕事に意欲的に取り組めるように、仕事の進め方を見直してみましょう!

佐々木
仕事の進め方を改善するだけで、仕事に対する考え方が大きく変わる可能性もありますよ!

質問7|他の仕事と比べてどう感じるか

仕事が向いていないと感じるのは、自分の求める理想の仕事と現実のギャップを表している可能性があります。

「残業ゼロ・高給与・楽で楽しい仕事」といった理想を描いているなら、理想を高く求めすぎているかもしれません。

自分の理想と現実のギャップから、仕事のモチベーションがわかないなら、やりたくない他の仕事と今の仕事を比べてみましょう。

佐々木
やりたくない仕事と比較すれば、いかに今の仕事が恵まれているか気づくかもしれませんよ!

質問8|周りから向いていないと言われているか

周りの人からの評価も一つの判断基準なので、周り向いていないと言われたことがあるか振り返りましょう!

自分では今の仕事が向いていないと思っていても、意外と周りの人は高く評価している場合もあります。

向いていないと言われたことがある場合、言われたときに反発心が湧いたなら、仕事に意欲的に取り組んでいるなど向上心がある証拠なので、今の仕事は向いてると言えます!

判断しづらい場合は、自分の性格や人柄をよく知っている家族や友人に相談してみるのも良いでしょう!

佐々木
自分自身の感情だけで判断せず、周りの人の意見も取り入れると、より判断しやすくなりますよ!

質問9|自分の性格と仕事内容や環境は合っているか

仕事内容や職場の環境が自分の性格に合っていない場合、悩みとして浮き上がりやすいので、今の職場が自分に合っているか確認しましょう!

例えば、過程を大事に自分のペースで仕事を進めたい人にとって、教育制度が整っておらず、成果だけが重視される体育会系の会社は辛い環境と言えます。

このように、自分の性格に合っていない環境だと、成果を上げることが出来ません。

仕事が向いていないと決めつける前に、自分の性格や価値観と、仕事内容や職場環境が合っているか確認してみましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
環境が原因の場合は、仕事が向いていないのではなく、環境が向いていないと言えます!

質問10|精神的に追い込まれていないか

向いていないと思い込んでいるだけで、実際は精神的に追い込まれて、マイナス思考になっている場合もあります。

努力しているのに叱られる、ノルマが多くプレッシャーを感じているといった場合は、ストレスがかかり精神的に追い詰められている可能性が高いです。

辛い気持ちが強い場合は、一度仕事から離れてゆっくり休むことをオススメします。

向き不向きはそのあとにもう一度考えましょう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
つらい気持ちのまま向き不向きを考えると、冷静な判断ができず、向いていないという結論が出てしまいますよ。

佐々木
ここまで、仕事が向いているか向いていないかを判断する方法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

向き不向きを判断する質問
  1. プライベートを楽しく過ごせているか
  2. 仕事でやりがいや楽しさを感じているか
  3. 出来ないことと向いていないことを混同していないか
  4. 上司を見て3年後・5年後の自分を想像できるか
  5. 仕事で成長を感じられるか
  6. 仕事の進め方を変えられるか
  7. 他の仕事と比べてどう感じるか
  8. 周りから向いていないと言われているか
  9. 自分の性格と仕事内容や環境は合っているか
  10. 精神的に追い込まれていないか
ゆり
これらの質問に答えながら、判断するのが良いんですね!
佐々木

そうですね!

仕事が向いていないと思ってしまうことは多々ありますが、その場の感情で退職や転職を考えるのではなく、

しっかりと正しい判断方法を試して、自分自身と向き合うことをおすすめします!

次の章では、仕事が向いていないと思うきっかけについてお伝えします!

仕事が向いてない、辞めたいと思ってしまうきっかけ

佐々木

それでは、仕事が向いていないと思うきっかけについてお伝えします!

自分自身の感情を振り返りながら、きっかけについて考えてみましょう!

向いていないと思うきっかけ
  1. 些細なミスを何度もしてしまった
  2. 周りとの能力の差を感じた
  3. 毎朝仕事に行きたくないと思う
  4. そもそもやりたい仕事じゃない
  5. 周りの人から向いていないと言われた

それぞれのきっかけを見ていきましょう!

きっかけ1:些細なミスを何度もしてしまった

小さなミスを毎日のように繰り返してしまうと、自己否定的になってしまう場合があります。

ミスは多かれ少なかれ誰でもやることですが、些細なミスが重なれば、仕事に向いていないと思ってしまうでしょう。

一度ならまだしも何度もミスを繰り返す人は、同僚への迷惑も考え、強い罪悪感に襲われることもあります。

きっかけ2:周りとの能力の差を感じた

同僚や部下に追い越されたり、いつも周りの足を引っ張っていることで、仕事に向いていないと感じることもあります。

同じ仕事でも向き不向きがあるように、仕事に慣れるまでの時間は人それぞれバラバラです。

焦る気持ちも分かりますが、まずは落ち着いて少しでも自分が成長できる方法を考えましょう。

きっかけ3:毎朝仕事に行きたくないと思う

毎朝起きた時や家を出る時に仕事に行きたくないと思う人は、仕事に対してのネガティブな思いが強くなっています。

職場での人間関係が上手くいっていない、重要な仕事を任されてプレッシャーを感じているなど…

仕事に行きたくないと感じる理由はさまざまですが、まずは自分の感情を整理してみるのが大切です!

佐々木
なぜ仕事に行きたくないと思っているので、具体的に書き出してから改善方法を考えましょう。

きっかけ4:そもそも、やりたい仕事じゃない

今の仕事が第一志望ではなかったり、なんとなく今の仕事を選んだ人は、やりたい仕事をしているわけではないので、今の仕事に対して否定的なりがちです。

日々の仕事で達成感ややりがいを感じていないと、この仕事は向いていないと思いやすいです。

どのようなことであれば達成感を感じられるか、今の現実とのギャップを考えてみるのが良いでしょう。

また、本当にやりたいことは何かを真剣に考え、今の仕事を続けるか、転職するかを考えることも大切です!

佐々木
働くうちに仕事が好きになる場合もあるので、広い視野で考えてみることをオススメします!

きっかけ5:周りの人から向いていないと言われた

自分の中では特に問題ないと思っていても、周りの人に向いていないと言われたことがきっかけになる場合もあります。

特に直属の上司から言われると、心に大きく響き、その言葉が頭から離れないケースもあります…。

しかし、上司は教育上の観点から向いていないという言葉をかけることがあるので、本質を見極めることが大切です!

佐々木

上司が感情的に言っているだけなら、気にしなくても良い言葉なので、上手く聞き流しましょう。


佐々木
以上が、仕事が向いていないと思ってしまうきっかけです!
向いていないと思うきっかけ
  1. 些細なミスを何度もしてしまった
  2. 周りとの能力の差を感じた
  3. 毎朝仕事に行きたくないと思う
  4. そもそもやりたい仕事じゃない
  5. 周りの人から向いていないと言われた
ゆり
仕事に向いていないと思うきっかけって、たくさんあるんですね…。
佐々木

そうなんです。

きっかけは人それぞれ違いますが、多くの場合は些細なことから徐々にネガティブな感情が強くなっていきます。

気持ちをコントロールするためにも、まずは自分自身のきっかけを振り返っておきましょう!

次の章では、仕事が向いていないと言われた時の解決法について説明します!

仕事が向いてないと感じるのは甘え?正しい8つの解決策

佐々木

それでは、今の仕事が向いていないかもと思った時の解決策をお伝えします!

仕事が向いていないと感じるのは甘えではなく、誰もが一度は感じる悩みです。

解決法を知ることで、次に取るべき行動が分かり、今ある悩みから解放されますよ!

正しい解決策
  1. 仕事に向いてないと思う理由を書き出す
  2. 上司に相談して部署を異動する
  3. 同僚や友人など身近な人に相談する
  4. 少しの間仕事を休んでリセットする
  5. 一度成果を出すことに集中してみる
  6. 向いていないと言われても気にしない
  7. 仕事が向いていない理由を考える
  8. 自分が何をしたかったか初心に戻って考える

それぞれの解決策についてお伝えします!

解決策1:仕事に向いてないと思う理由を書き出す

自分を客観的に見るためにも、一度仕事に向いていないと思う理由を紙に書き出してみましょう。

思っていることを書くことで、自分の考えが整理でき、紙に書いた理由を見ることで客観的に自分が見えてきます。

理由を書き出した後は、原因が自分にあるのか、職場にあるのか、対処法はあるかなどを考えてみましょう!

佐々木

自分自身が過ごしやすい職場環境には、どうすればなるのか考えてみましょう。

解決策2:上司に相談して部署を異動する

仕事が向いていないと感じる原因に、業務内容や職場の人間関係が関連しているなら、部署異動をおすすめします。

今持っている悩みや不満を、上司や人事部に相談し、部署異動が可能かどうか確認しましょう。

部署が変われば、業務内容や関わる人も変わってくるので、今の状況を改善できる可能性は高いでしょう。

佐々木
すぐに異動できなくても、半年後や一年後に異動できる場合もあるので、

なるべく早く希望を伝えることをおすすめします!

解決策3:同僚や友人など身近な人に相談する

仕事に対する悩みを持っているなら、自分一人で抱え込まず、身近な人に相談することをおすすめします。

実際、相談する相手も同じような悩みを抱えている場合もありますし、アドバイスや解決策を一緒に考えてくれるかもしれません。

悩みが深くなれば、自分の気持ちを整理するのが難しくなりますが、誰かに相談することで、気持ちが楽になることはよくあります。

佐々木
悩みを相談するだけで、自分が本当にどうしたいのかが分かる場合もありますよ!

解決策4:少しの間仕事を休んでみる

仕事に向いていないという気持ちと同時に、仕事に行きたいないと思っているなら、休んでみるのも一つの手段です。

一定期間仕事と離れて、遠くに旅行に行ったり、趣味や好きなことに没頭する時間を作るのも良いでしょう。

リラックスできれば、改めて仕事の悩みを向き合うことができ、新しいアイディアが浮かんでくるかもしれません!

佐々木

心や身体が無理をしている可能性もあるので、ゆっくり休むことは大切ですよ。

解決策5:一度成果を出すことに集中してみる

一度、仕事に対して真剣に向き合い、成果を出すことに集中してみるのも大切です。

すでに退職や転職の意思を固めている人もいると思いますが、転職するにも何かしらの実績やスキルは必要です。

スキルがない状態で転職しても、希望のポジションや業務内容を任せてもらえない可能性があるでしょう。

佐々木

転職するまでの準備期間と割り切って、全力で今の仕事に取り組んでみるのも良いでしょう!

解決策6:向いていないと言われても気にしない

会社の上司や同僚に、今の仕事が向いていないと言われるとかなりのショックを受けると思いますが、

言われたことを真に受ける必要はありません!

その意見は、その人が思う「仕事が向いている人の姿」を基準とした意見に過ぎないので、他の人から見れば向いているということもあり得ます。

そのため、仕事が向いていないと言われても必要以上に落ち込む必要はないですよ!

佐々木

上司や同僚からの意見は、あくまで1つのアドバイスに過ぎないので、

本当に向いているか向いていないかは自分の目で判断するようにしましょう!

解決策7:仕事が向いていない理由を考える

今の仕事が向いていないと悩んでいるなら、仕事が向いていないと思っている理由を考えてみましょう!

今の気持ち向いていないと思う理由周りから向いていないと言われた時のことなど、幅広い視点で書き起こしてください。

紙に書くと、気持ちが整理されるだけでなく、自分のことを客観的に見やすくなります!

本当に向いていないのか、まだ解決策があるのか、環境が悪いのか、書き起こした内容から判断してみてくださいね!

転職エージェントの佐々木
佐々木
向いていない理由が曖昧なまま転職してしまうと、同じ問題で悩む可能性が高いので気をつけましょう!

解決策8:自分が何をしたかったか初心に戻って考える

今の仕事にやりがいを見出せない場合は、自分が何をしたかったか初心に返って考えてみましょう!

入社する時に何が決め手になっていたか、なぜその会社を選んだのか、どんな気持ちだったかなどを振り返ると良いです!

毎日仕事をしていると、やりたいことを出来ているのにも関わらず、それが当たり前になりマンネリ化している場合もあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
マンネリ化している時は、向上心も無くなんとなく仕事をしている場合が多いので、

今と入社時の仕事への姿勢もあわせて確認しましょう!


佐々木
ここまで、今の仕事が向いていないかもと思った時の解決策をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

正しい解決策
  1. 仕事に向いてないと思う理由を書き出す
  2. 上司に相談して部署を異動する
  3. 同僚や友人など身近な人に相談する
  4. 少しの間仕事を休んでリセットする
  5. 一度成果を出すことに集中してみる
  6. 向いていないと言われても気にしない
  7. 仕事が向いていない理由を考える
  8. 自分が何をしたかったか初心に戻って考える
ゆり
仕事が向いていないと思った時は、これらの解決策を試してみるのが良いんですね!
佐々木

そうですね!

すぐに出来る解決策ばかりなので、なるべく早く取り組み、悩みが小さいうちに解決できるようにしましょう!

次の章では、転職する際の注意点を説明します!

転職はリスクがある?向いていない仕事から転職する際の注意点

佐々木

転職をしてみたいけど、「リスクがありそうで出来ない」と考えている人は多いです。

確かに、転職に失敗すると仕事を失ってしまうことになりますが、

プロのサポートを受けることで転職活動を高い確率で成功させることができるんです!

ゆり
プロのサポートですか?
佐々木

はい、その通りです!

転職エージェントを活用すれば、転職のプロがあなたの転職を親身になってサポートしてくれます!

忙しいあなたに変わって様々なサポートを行ってくれるので、効率よく転職先を見つけることができますよ!

転職エージェントのサポートについて

佐々木
具体的に、転職エージェントは次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

これまでの経験をもとに、本当に向いている仕事は何かを見極め、最適な転職先を紹介してくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの就職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、向いていない仕事から転職する際のポイントを紹介します!

向いている仕事に転職するためのポイント

佐々木

最後に、向いていない仕事から向いている仕事に転職する際のポイントをお伝えします!

次のポイントを押さえることで、転職先選びの失敗を防ぐことが出来ますよ!

転職する際のポイント
  1. 何が向いてないのか理由を明確にする
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 積極的に情報収集をする
  4. 今の会社を基準に転職先を探す

それぞれのポイントについて詳しくお伝えします!

ポイント1:何が向いてないのか理由を明確にする

ただ単に今の仕事が向いていないから、といったネガティブな気持ちだけで転職活動を始めるのは危険です。

数ヶ月後にまた同じ思いで悩まないためにも、何が自分に向いていないのか明確にすることが大切です!

具体的には、自分がどんな環境にいれば前向きになれるか、また反対にどんな仕事や職場は嫌かを考えてみましょう。

佐々木

向いていない理由を考える時は、より客観的に考えるために、紙に書き出してみることをおすすめします!

ポイント2:徹底的に自己分析を行う

自己分析を徹底的に行い、自分の性格や特徴、強みや弱みを見つけることも大切です。

実際マイナビの調査でも、転職後の満足度が高い人の約40%が、「自己分析が一番大切だった」と回答しています。

マイナビニュースの記事
転職後の満足度が高い人ほど「自己分析」を大切にする傾向に
URL:https://news.mynavi.jp/article/20160101-a050/
佐々木
自己分析のやり方が分からない方は、

リクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」をやってみることをおすすめします!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果

気軽に1人でも自己分析ができるので、「自己分析のやり方が分からない…」という人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

ポイント3:積極的に情報収集をする

自己分析を徹底的にやっても、自分の知識や考えの範囲内で転職活動をすると、また同じような職場に入社してしまう可能性があります。

良い会社に転職したいなら、積極的に情報収集を行い、世の中にどのような仕事があり、どのような働き方があるのか知っておきましょう。

情報収集を行うためには、転職セミナーに参加したり、転職エージェントに相談するのが良いでしょう!

佐々木
さまざまな業界の転職事情を知ることで、自分に向いている仕事が見つかるかもしれませんよ!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

ポイント4:今の会社を基準に転職先を探す

転職先選びでは、仕事内容だけでなく、働く環境や人間関係も重要なポイントです。

面接では仕事に関する質問はもちろん、職場の雰囲気や年齢層、男女比なども質問してみましょう。

今の会社で給与面に不満があるなら、給与についても面接段階で質問すべきです。

気になることを一通り確認すれば、今の会社よりも良いか悪いか判断することをおすすめします。

佐々木
面接でしっかりと質問することで、仕事に対するモチベーションの高さを感じてくれる場合もありますよ!

佐々木
以上が、向いていない仕事から転職する際のポイントです!
転職する際のポイント
  1. 何が向いてないのか理由を明確にする
  2. 徹底的に自己分析を行う
  3. 積極的に情報収集をする
  4. 今の会社を基準に転職先を探す
ゆり
本気で転職するとなった時は、これらを意識して転職先を探すのが良いんですね!
佐々木

そうですね!

転職にはリスクがつきものなので、安易な気持ちで転職先を探すのではなく、

自分で出来ることは徹底的にやることをおすすめします!

今の仕事は向いてない…と悩んでいるなら早めに相談を!

佐々木

今回は、今の仕事が向いていない悩んでいる方に向けて、

仕事が向いていないと思うきっかけや、向いていないと思った時の解決策をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • やりがいや楽しさや、将来を想像して向き不向きを判断すべき
  • 部署異動をお願いしたり、一度仕事を休むのも正しい選択
  • 本当に向いていない仕事なら、早めに転職を考えるべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの就職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!