JR東日本に転職できる!中途採用向けの求人情報&転職成功のコツ【2020】

JR東日本に転職できる!中途採用向けの求人情報&転職成功のコツ【2020】

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「JR東日本に中途採用で転職したい!」と思っている人に向けて、

『JR東日本の採用情報』や、『転職に成功するための方法』などをお伝えしていきます!

日本を代表する大手鉄道会社のJR東日本に転職したいと思っている人はたくさんいます。

JR東日本に転職して、キャリアアップを実現したり、夢だった電車の運転士になりたいなど、転職する目的は様々です。

しかしながら、中途採用で内定を勝ち取るには、ライバルが多い分、戦略的に転職活動を行う必要があるでしょう。

この記事を最後まで読めば、JR東日本への転職に成功するコツが分かり、夢を実現できる可能性が高くなりますよ!

この記事がおすすめな人
  • JR東日本に中途採用で転職する方法を知りたい
  • JR東日本の求人に関して詳しく知りたい
  • JR東日本に関する内情に関する口コミを知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

転職する前に知っておくべき!JR東日本の特徴

佐々木

まず初めに、JR東日本の特徴をお伝えします!

ここでは要点だけをまとめたので、具体的な説明を読む前に目を通しておいてください!

JR東日本の特徴

佐々木
それでは、JR東日本の特徴をお伝えします!
項目特徴
企業規模鉄道業界の最大手、主力の鉄道事業が営業利益の約7割を誇る
事業計画将来の人口減少を見据え、不動産事業や海外事業の拡大を推進中
企業風土良くも悪くも固い雰囲気があり、現場ほど上下関係が厳しい
平均年収平均年収は710万円で同業の中では高く手当も手厚い
残業時間平均残業時間は10〜20時間だが、一部サービス残業もあり
勤務体制泊まり勤務など肉体的にもハード、土日勤務もあり
ゆり
JR東日本には、こういった特徴があるんですね!
佐々木

はい!

転職を狙っているなら、JR東日本ならではの特徴をしっかりと理解しておくべきですよ!

JR東日本に転職する際のポイント

佐々木
次に、JR東日本に転職する際のポイントをお伝えします!
転職する際のポイント
  1. 常に募集している訳ではないが、中途採用は随時募集している
  2. 募集している形態は、エリア職と総合職に大別される
  3. どちらの職種も専門職ポジションでの採用がほとんど
  4. 非公開求人で採用活動を進めることもある
ゆり
JR東日本は、専門職ポジションでの採用がほとんどで、非公開求人を出すこともあるんですね!
佐々木

そうなんです!

専門性が求められるほか、非公開求人を出すこともあるので、

常に最新情報をチェックし、正しく転職活動を進める必要がありますよ!

次の章では、JR東日本の事業内容や事業計画についてお伝えします!

JR東日本の事業内容や事業計画について

佐々木

それでは、JR東日本の事業内容や事業計画についてお伝えします!

ホームページにも書かれている情報を整理してお伝えするので、基本情報をしっかり理解していきましょう!

JR東日本の基本情報

佐々木
JR東日本の基本情報は、次の通りです!
社名東日本旅客鉄道株式会社
設立1987年4月1日
資本金2,000億円
株式上場東京証券取引所市場第一部
発行済株式総数3億8,182万2,200株
社員数53,200人(2019年4月1日現在)
本社所在地東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
事業内容旅客鉄道事業、貨物鉄道事業、旅客自動車運送事業、索道業、旅行業、倉庫業、駐車場業、広告業、図書・雑誌の出版業、金融業等
ゆり
JR東日本の正式名称は、東日本旅客鉄道株式会社なんですね!
佐々木

そうなんです!

JR東日本は、数多くの鉄道会社の総称であり、略称として用いられている言葉なんですよ!

JR東日本の基本情報

JR東日本の事業内容の詳細

佐々木
次に、JR東日本の事業内容の詳細についてお伝えします!

JR東日本は1987年に設立され、鉄道業界の最大手企業として、1都1県で5つの新幹線と約70に及ぶ在来線を運営しています。

単に鉄道の運行・運営だけでなく、駅ナカや駅前の不動産、ホテル、広告業など、幅広い事業を展開しています。

佐々木
具体的には、次のような形で各事業を展開しています!
事業具体的な事業内容
運輸業鉄道事業とモノレール鉄道業、バス事業、車両製造事業を展開
駅スペース活用事業駅の売店「KIOSK」、コンビニエンスストア「NewDays」、エキナカ商業施設「エキュート」などの店舗展開
ショッピング・オフィス事業ルミネ・アトレ・エスパル・MIDORIなど、さまざまなタイプのショッピングセンターを展開
その他Suica 電子マネーをはじめ、ホテル運営、広告代理業、清掃整備・駅業務運営業、クレジットカード事業など
ゆり
鉄道の運行だけでなく、JR東日本はさまざまな事業を展開しているんですね!
佐々木

そうなんです!

鉄道だけでなく他の部分でも、多くの方の生活にJR東日本が関わっているんですよ!

JR東日本の事業内容

JR東日本のトップメッセージと事業計画

佐々木

それでは、トップメッセージと事業計画についてお伝えします!

具体的に、中長期計画「グループ経営構想V 〜限りなき前進〜」の内容を抜粋して紹介します。

JR東日本は、「グループ経営構想V 〜限りなき前進〜」において、「地域に生きる。世界に伸びる。」というコンセプトワードを掲げています。

このコンセプトワードには、地域社会の一員として、地域の皆さまとともにあるべき未来を考え、元気な地域を築くため、自らの使命を果たし、

課題解決に向けて「私たちだからでできること」を実行するというメッセージが込められています。

また、持っている可能性を花開かせるため、外の世界に目を向け、新たな一歩を踏み出し、世界に果敢に踏み出していくことも込められています。

佐々木
JR東日本は、今後も事業の拡大をしていく方針で、

中長期的にも安定した業績が見込まれるため、転職先に安定性を求める人にはおすすめです!

次の章では、JR東日本の採用情報・募集要項についてお伝えします!

転職希望者必見!JR東日本の採用情報・募集要項

佐々木

それでは、JR東日本の採用情報や募集要項についてお伝えします!

どのような人材を募集しているかを把握するために、しっかり確認していきましょう!

JR東日本の採用職種

佐々木

ここでは、JR東日本の採用職種についてお伝えします!

確認したところ、現在JR東日本の公式サイトでは中途採用の募集を行っていませんでした。

ただ、毎年のように採用活動は行っているので、参考までに前回の募集職種を紹介しておきます!

職種担当業務・ポジション
エリア職メンテナンス(線路/土木)
列車制御システム・エネルギー・情報通信
車両
機械設備
土木(建設工事)
建築
駅・乗務員
国際事業
技術事務・事業用地管理
総合職国際事業
研究開発
営業・事業企画
IT
輸送・車両
機械設備
線路・土木構造物
建設プロジェクト
建築
列車制御システム・エネルギー・情報通信
法務

エリア職は、鉄道事業領域を中心に、現場で経験を積んだ後、現場管理者や企画部門で、鉄道事業の領域で勤務することになります。

また総合職は、現場だけでなく「本社・支社の企画部門」や「鉄道以外のグループ会社」などで勤務することになるでしょう。

佐々木

現状、公式サイトで中途採用の募集は出ていませんが、随時募集が行われるため、

JR東日本に転職したい人は、こまめに情報収集しておくことをおすすめします!

JR東日本の採用職種

JR東日本の平均年収

佐々木
次に、JR東日本の社員の平均年収をお伝えします!

会社四季報のデータによると、JR東日本の社員の平均年収は次のようになっています。

平均年収
社員の平均年収:715万円(平均年齢39.4歳)

JR東日本の給与は、同業他社の中では高い位置にあり、さまざまな手当が手厚いのも特徴です。

たとえば、泊まり手当てや緊急呼び出して当てなどの他に、「都市手当」という制度も用意しています。

都市手当は、給与に対して23区内で15%、その他首都圏で10%以下の手当がつくため、

首都圏で勤めている人の方が、地方より年収が150万円近く高くなる場合もあります。

さらに、福利厚生面も手厚くなっており、社宅・住宅補助・扶養手当はもちろん、JR東日本全域のフリーパスや新幹線割引も用意されています!

ゆり
JR東日本に転職できれば、高収入かつ手厚い手当を実現できるんですね!
佐々木

そうですね!

特に首都圏での勤務を希望している方は、年収アップできる可能性が高いですよ!

JR東日本の平均年収

JR東日本の労働環境

佐々木
ここでは、JR東日本の残業や休日出勤など、労働環境に関することをお伝えします!

JR東日本の平均残業時間は、月10〜20時間程度です。

これは、同業界の企業と比較して少ない残業時間となっています。

また、緊急事態が発生しない限り、基本的に休日出勤はありません。

しかしながら、部署によっては週末にイベントや社員旅行が頻繁に開催されており、仕事とプライベートの時間が分けにくいこともあるようです。

ゆり
JR東日本は、残業時間も少ないですし、休日出勤もほとんど無いんですね!
佐々木

そうですね。

ただし、職種によって勤務時間や勤務形態が変わってくるので、面接時にしっかり確認することをおすすめします!

JR東日本の人材戦略部からのメッセージ

佐々木
ここでは、JR東日本の人材戦略部からのメッセージを紹介します!

人財戦略部の担当部長中川氏は、求職者に向けて次のようなメッセージを述べています!

求職者向けメッセージ
◎会社の成長は、社員一人ひとりの力

「変革2027」を実現させ、グループの成長を確実なものとするのは社員一人ひとりの力です。

私たちは、鉄道という社会インフラを担う企業グループの一員として、人々の生活を支えるという社会的責任への使命感と、現状にとどまることなく「変革」に挑み続ける意欲に溢れた多様な人材を求めています。

「人物本位、実力本位の採用を行い、人材をじっくり育て、一人ひとりの能力をしっかりと開花させていきたい」というのが、当社の人材に対する基本姿勢です。

◎どこまで、行けるか。

少子高齢化や技術革新の加速化など、かつてないスピードで社会環境が大きく変わりゆく中で、社員の急速な世代交代など、当社グループの内部環境においても大きな変化の時を迎えています。

これまでの延長線上で発想・行動していたのでは、グループの成長・発展は望めません。

“どこまで、行けるか。”

私たちは、この変化をチャンスと捉え、新たな時代を見据え、限りない可能性を信じてこれからも様々な挑戦をし続けます。

ぜひ、JR東日本グループを舞台に、私たちと一緒に新しい時代を切り拓き、自らの可能性を試してみませんか。

このメッセージから、現状の枠組みに捉われず、意欲的に挑戦し続けられる人材を求めていることが分かります!

また、社員の急速な世代交代など、社内の体制の変化の時期でもあるため、実力次第では即戦力として活躍できるかもしれませんよ!

佐々木
他の鉄道会社と比べて、活躍している中途社員も多いので、肩身の狭い思いをすることはほぼ無いでしょう!
JR東日本の人財戦略部メッセージ

次の章では、転職エージェントにある具体的なJR東日本の求人情報を紹介します!

中途採用も狙える!JR東日本の求人情報

佐々木

ここから、JR東日本の求人情報をお伝えします!

気になる求人があった人は、登録して話を聞いてみましょう!

実際、大手転職エージェントでJR東日本の求人情報を調べたところ…

公開されている中途採用向けの求人は、現在ありませんでした。

どちらかと言えば、新卒採用を強化しており、時間をかけて自社で社員を育成する風土があるため、中途の採用人数は少ないと考えられます。

佐々木
ただし、JR東日本のグループ会社の求人はいくつかあったので、参考までに紹介しておきます!

JR東日本メカトロニクスの求人 リクルート

JR東日本ビルテックの求人 doda

リクルートエージェントやdodaに、JR東日本のグループ会社の公開求人がありました。

グループ会社からJR東日本への異動はほぼありませんが、安定性を求めている人は、

JR東日本という大手企業のグループ会社ということで、転職先の候補に挙げても良いでしょう!

グループ会社の求人は随時更新されているため、少しでも気になる方は、とりあえず転職エージェントに登録しておくことをおすすめします!

佐々木
転職エージェントに登録しておけば、条件の良い求人が出た時に、素早く連絡してもらえますよ!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、JR東日本に関する評判や口コミについてお伝えします!

JR東日本に関する評判・口コミまとめ

佐々木

それでは、JR東日本に関する評判や口コミについてお伝えします!

JR東日本の内情を知るためにも、実際に働いた経験のある人の評判や口コミをよくチェックしておくべきですよ!

各項目ごとの評判や口コミをお伝えします!

1:年収・福利厚生に関して

佐々木
年収や福利厚生に関する口コミは、次のようなものがありました!
年収や福利厚生に関して
  • 年収は同業の中では高めで、手当が手厚いのも嬉しい
  • 給与は年功序列で上がるが、昇級試験に合格できるかが重要
  • 福利厚生がとにかく手厚く、JR東日本全域のフリーパスも貰える

年収は同業の中で高めの設定になっており、様々な手当が手厚いのがJR東日本の特徴です。

給与を上げるためには、昇級試験に合格する必要があります。

目安としては、20代で400〜500万円、30代(主任)で500〜600万円、40代(助役)で1,000万円程度まで上がります。

また、福利厚生は非常に手厚く、JR東日本のフリーパスや新幹線の割引制度などは、社員に非常に人気の制度です。

佐々木
給与や福利厚生に関する満足度は高いので、不満の声は少なくなっています!

2:仕事のやりがい・スキルアップに関して

佐々木
仕事のやりがいやスキルアップに関しては、次のような口コミがありました!
仕事のやりがい・スキルアップに関して
  • 車両を運転している時に、日本経済を支えている実感がある
  • ルールが徹底されているので、迷うことなく働ける
  • 異業種で活躍できる専門性は身につけられない

電車が異常なく安全に運行している時や、時刻通りに出発できている時に、仕事のやりがいを感じるという声がありました!

ただし、ルーティンワークが多い分、モチベーションの維持が難しく、他の仕事で活かせるスキルが身につかないという意見もありました。

実際そういった社員の声から、モチベーションを維持するために、海外留学制度や各種研修を実施して、会社として対策を打っていることも事実です。

佐々木

やりがいを感じることは多々ありますが、若干モチベーションの維持が難しい環境もあるようです。

3:人間関係・社内の雰囲気に関して

佐々木
人間関係や社内の雰囲気に関する口コミは、次のようなものがありました!
人間関係・社内の雰囲気に関して
  • 良くも悪くも古い考えが残っている会社で、お役所的な雰囲気がある
  • オフィス勤務は優しい人が多いが、現場は上下関係が厳しい傾向がある
  • もともと男社会なので、女性社員向けの設備が不十分なことがある

人間関係や社内の雰囲気に関しては、お役所のような固い風土があるという声が多くなっています。

部署別では、オフィス勤務は優しい上司が多く穏やかな雰囲気ですが、駅などの現場では、上下関係が厳しい傾向があるようです。

また、縦割り組織でもあるので、部署間の風通しがあまり良くないという声もありました。

しかし、部署内で完結する仕事が多くなっているので、業務上はそれほど支障はないようです。

佐々木
首都圏では、女性社員向けの設備も充実しているようですが、

地方ではまだまだ整備されていない環境もあるようです。


佐々木
以上が、JR東日本に関する評判や口コミです!
ゆり
JR東日本には、良い評判や悪い口コミがたくさん集まっているんですね!
佐々木

そうなんです!

働いたことのある社員の評判や口コミは、入社前の安心材料になるので、よく確認しておくべきですよ!

ほかにも、評判や口コミが見たい方は次の口コミサイトを活用してみましょう!

おすすめ口コミサイト

次の章では、JR東日本への転職に成功するための方法をお伝えします!

JR東日本への転職に成功するための方法

佐々木

それでは、JR東日本への転職に成功するための方法をお伝えします!

結論からお伝えすると、JR東日本に転職したい人は「転職エージェント」を使うべきです!

転職エージェントは、求職者の希望に合わせて、転職活動のすべてをサポートしてくれるサービスです。

転職のプロとして、これまでの経験をもとに、最適なアドバイスをしてくれるので、上手く活用すれば有利に転職活動を進められます。

具体的に、転職エージェントがおすすめな理由として次の3つが考えられます。

おすすめな理由
  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 企業に特化した対策が受けられる
  3. 年収交渉をしてもらえる

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用ページに掲載していない、「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人は、事業の戦略上表立って募集はできないが、こっそりと人材を募集したい時に、企業が転職エージェントに依頼する求人です。

給与やポジションなど、ハイクラス向けの求人が多数あることが、非公開求人の特徴となっています。

実際、大手転職エージェントであれば、JR東日本の非公開求人を保有している可能性は高いです!

佐々木
もし非公開求人が無くても、

転職エージェントの担当者から、あなたのことをJR東日本に売り込んでもらうことも可能ですよ!

非公開求人について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!

理由2:企業に特化した対策が受けられる

転職エージェントは、これまで数多くの転職者と企業を繋いでおり、各企業の内部事情や選考に関する情報を蓄積しています。

具体的には、過去に選考を通過できた人と落ちた人の特徴、面接でどのような質問をされたかなど、他では知ることができないデータを持っています。

過去の経験をもとに、各企業に合わせた模擬面接を行ったり、的確な志望動機や自己PRを一緒に考えてくれるでしょう。

佐々木
応募書類の作成や面接を受ける前に、JR東日本の情報をたくさん教えてくれるので、

他の転職者よりも有利になりますよ!

理由3:年収交渉をしてもらえる

年収交渉を行ってくれることも、転職エージェントの大きな魅力です。

年収交渉は、個人では行いにくく、交渉の余地すらないことがほとんどです。

最終面接まで進めば、その場で入社同意書を書かされることもありますし、個人ではどのタイミングで交渉すべきか難しいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、内定が出た後、入社するかどうかは転職エージェントが企業に伝えます。

そのため、最終的な返事をする前に、転職エージェント経由で年収交渉をしてもらうことが可能です!

佐々木
少しでも良い条件でJR東日本に転職したいなら、転職エージェントを使うべきですよ!

転職エージェントの年収交渉について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!


佐々木
以上が、転職エージェントがおすすめな理由です!
おすすめな理由
  1. 非公開求人を紹介してもらえる
  2. 企業に特化した対策が受けられる
  3. 年収交渉をしてもらえる
ゆり
非公開求人を紹介してもらえたり、年収交渉をしてもらえるから、転職エージェントがおすすめなんですね!
佐々木

そうなんです!

転職活動のすべてをサポートしてくれるので、非常に心強い存在になりますよ!

次の章では、実際に登録すべき転職エージェントを紹介します!

中途採用を狙う人が登録すべき転職エージェント

佐々木

それでは、JR東日本に転職したい人が登録すべき転職エージェントを紹介します!

ここでお伝えする転職エージェントは、JR東日本の求人を保有している可能性が高いですよ!

JR東日本への転職を希望している人に向けて、ここでは次の条件に合う転職エージェントをピックアップしてみました!

ピックアップした条件
  • JR東日本の求人(非公開を含む)を持っている可能性が高い
  • JR東日本の求人を提案できる力とデータベースがある
  • 転職活動のサポートが充実している

実際に、この3つの条件に当てはまる転職エージェントは次の5社となっています!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職エージェントを上手く使いこなすコツをお伝えします!

転職エージェントを上手く使いこなすコツ

佐々木
それでは最後に、転職エージェントを上手く使いこなすコツをお伝えします!

転職の成功率を上げるためには、活用法を知っておくのが必須ですよ!

上手く使いこなすコツ
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれのコツについて詳しく説明していきます。

コツ1:複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントに登録し、そのことを担当者に伝えましょう。

転職エージェントは、転職希望者が入社する際に、企業側から紹介報酬を受け取っているため、

自社経由で人材を紹介し、はじめて売上につながります。

そのため、複数利用していることを伝えると、自社経由で転職に成功してほしいことから、

転職エージェント各社のフォローが手厚くなる可能性が高いんです!

転職エージェントの報酬の仕組み
佐々木
転職エージェントに登録した後、担当者に複数利用していることを伝えましょう!

コツ2:学歴・職歴・スキルを正直に伝える

学歴・職歴・スキルに嘘をつくのは辞めましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記憶されるからです。

内容に虚偽が確認された場合、求人が紹介してもらえなくなるケースがあります。

佐々木
学歴・職歴・スキルは正直に伝えて転職活動を進めましょう!

コツ3:細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守りましょう

また、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、

より一層、親身になってあなたの転職をサポートしてくれるので、結果的に転職に成功する確率が上がります。

反対に、担当者と良い関係を築けないと、紹介先の企業と良い関係が築けないと判断される可能性もあるので注意しましょう…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係をつくりましょう!

コツ4:2週間に1度は連絡して意欲の高さを見せる

定期的に転職エージェントに連絡を入れて、転職の意欲の高さを伝えるのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲が高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは、日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼でアピールしましょう。

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です。

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があります…。

佐々木
しっかり転職意欲の高さをアピールすることが、転職成功への近道ですよ!

コツ5:担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出しましょう!

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

佐々木
念のため、担当変更依頼のメール例もお伝えしておきますね!
メール例文

メールタイトル:先日のお礼 及び ご相談

◯◯さま

お世話になっております。
先日、キャリア面談をしていだいた◯◯と申します。

先日から◯◯さまにはご丁寧にご対応していただいておりますが、転職を成功させるためにも、是非、他の方のご意見も積極的に取り入れたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております◯◯業界に詳しいキャリアアドバイザーの方にもご相談したいです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

メール作成のポイント
  • 連絡先と名前で求職者を管理している転職エージェントが多いので、冒頭では名前のみを名乗ればOKです!
    (→細かい自己紹介などはいりません)
  • 「転職を成功させるためにも…」という文言を入れて、転職エージェント側にも利益になるような記載をしましょう

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

だからこそ、複数の転職エージェントに登録して、相性の良い担当キャリアアドバイザーと出会いやすくするのがおすすめなんですよ!

佐々木
相性の良いキャリアアドバイザーと出会って転職に成功するためにも、

おすすめの転職エージェント2社に登録してみましょう!

複数登録のメリットについてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

転職エージェントおすすめ2社
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

コツ6:推薦文は必ず自分の目で確認する

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書と一緒に、あなたの推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

つまり、転職エージェントが「こんな良い方がいるので面接を実施していただけませんか?」と「あなた」を売り込んでくれるんです。

ただ、あなたの転職に対してやる気が無いキャリアアドバイザーは、経歴をそのまま写して推薦文を提出している場合があります。

そのため、「推薦文を共有して頂けませんか?」と連絡をして確認しましょう!

「面接対策の一環として、推薦文を把握したい」
「客観的に自分の経歴がどう映るのか知りたい」

などの理由を添えれば、必ず共有してくれますよ!

佐々木
アドバイザーに良い推薦文を書いてもらい、まずは書類選考の通過を目指しましょう。

コツ7:面接後にはすぐに担当者に報告する

面接後は、すぐに面接の内容や感想を転職エージェントに報告しましょう!

転職エージェントは、企業の採用担当者と面接後に必ず連絡を取ります。

面接内容を共有することで、面接でアピールしきれなかった面をフォローしてくれますよ。

面接後のフォローで合否が変わることもあるので、必ず面接内容を報告すべきです!

佐々木
転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

佐々木
以上が、転職エージェントを上手く使いこなすコツです!
上手く使いこなすコツ
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
ゆり
誠意を持って、転職エージェントとやり取りをすれば良さそうですね!
佐々木
そうですね!

これだけのコツを押さえておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

JR東日本に中途採用で転職したい人はプロに相談すべき!

佐々木

今回は、JR東日本に中途採用で転職したいと思っている方に向けて、

JR東日本の採用情報や、転職に成功するための方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • JR東日本は、専門職の採用がほとんどで非公開求人の場合もある
  • JR東日本は、同業他社と比べて給与が高く、手当も非常に手厚い
  • 中途採用でJR東日本に入社したいなら、転職エージェントを使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたがJR東日本への転職に成功できるよう応援しています!