転職エージェントおすすめランキング13選

仕事にやりがいを感じない…会社辞めて転職するのはあり?対処法と実例を紹介

仕事にやりがいがない

この記事では、「仕事にやりがいを感じない…」という人に向けて、

『仕事のやりがいの意味』や『仕事にやりがいを感じない時の対処法』をお伝えしていきます!

仕事にやりがいを感じない理由は人それぞれありますが、その感情は多くの人が抱えている悩みなんです!

仕事にやりがいがない人の体験談

20歳 女 社会人 独身です。

仕事にやりがいを感じれない、つまらない、飽きてしまいます。

高卒でなんとなくで決めてなんとなくで受かった会社に勤めています。

朝起きて憂鬱な気分のまま仕事へ行って
気分が乗らないせいか仕事が途中で飽きてしまいます。それでも仕事終わりまできちんと仕事をしてきますが、これで良かったのかと毎日考えてしまいます。

出典:Yahoo!知恵袋

ゆり
実際に、仕事へのやりがいで悩んでいる人はいるんでうね…
佐々木
そうなんです…

この記事を最後まで読むことで、仕事にやりがいを感じない時にするべきことが全て分かるようになりますよ!

この記事を読んでほしい人
  • 仕事にやりがいがなくて悩んでいる
  • 仕事にやりがいがない時の対処法を知りたい
  • そもそも「やりがい」って何?と思っている
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

そもそも仕事のやりがいって?

ゆり
そもそも仕事のやりがいって何なんですかね?
佐々木

仕事のやりがいとは、「楽しく働けているか」に置き換えられます。

そして「仕事にやりがいがない人」は、まず自分にとって楽しく働ける状態とは何かを考えることが大切です。

というのも、仕事に楽しさを感じる状態が何なのかをしっかり定義しないと、

やりがいのない状態を解決する方法を考えることができないからです。

例えば「成長を感じられること」に仕事の楽しさを感じるとわかったら、「未経験でチャレンジングな職種に転職してみる」などの解決策が考えられます。

実際にエン転職の調査では、やりがいを感じる理由top3は「感謝の言葉をもらうこと」「仕事の成果を認められること」「目標を達成すること」でした。

仕事やりがい エン転職 図2

出典:エン転職

人それぞれ楽しさを感じるポイントは異なりますが、自分自身のやりがいを考えることで、解決策が見えてきますよ!

仕事にやりがいを感じない時の5つのサイン

佐々木
この章では、仕事にやりがいを感じない時の5つのサインを紹介していきます。

自分に当てはまるサインがあるかどうか見てみましょう!

5つのサイン
  1. 朝起きて会社に行くのが辛い
  2. 会社でのコミュニケーションが楽しくない
  3. 向上心がない
  4. 他の仕事が魅力的に感じる
  5. 仕事中に早く帰宅することばかり考えてしまう

それでは1つずつ説明していきますね。

サイン1|朝起きて会社に行くのが辛い

仕事にやりがいがある人は、朝会社に行くことが楽しいはずです。

もし朝起きて会社に行くことが辛いと感じているのであれば、仕事にやりがいを感じていないサインかもしれません。

サイン2|会社でのコミュニケーションが楽しくない

また、会社でのコミュニケーションが楽しくないと感じている場合、仕事にやりがいを感じていない可能性があります。

一般的に、仕事は1日の3分の1を占めます。

その仕事でのコミュニケーションが楽しくないと感じると、仕事のやりがいのなさにも繋がってしまうんです。

サイン3|向上心がない

仕事で結果を出し、自分の成長を感じている人は楽しく働いている傾向があります。

毎日仕事が退屈に感じているのであれば、仕事にやりがいを感じていないサインかもしれません。

サイン4|他の仕事が魅力的に感じる

最初はやりがいを持っていた仕事でも、月日が経つにつれて段々と慣れてきます。

仕事に慣れてくると、友人の知人の仕事の方が魅力的に感じてしまうかもしれません。

魅力的に感じているということは、自分の仕事にやりがいを持てていないサインかもしれませんね。

サイン5|仕事中に早く帰宅することばかり考えてしまう

仕事中に頻繁に他の事を考えてしまう場合、仕事にやりがいを感じていない可能性があります。

業務にやりがいを感じていれば、考えることとしての優先順位が高いはずなので、他の事を頻繁に考えることは少ないからです。


以上が仕事にやりがいを感じない時の5つのサインです。

もう一度まとめると次のとおりです!

5つのサイン
  1. 朝起きて会社に行くのが辛い
  2. 会社でのコミュニケーションが楽しくない
  3. 向上心がない
  4. 他の仕事が魅力的に感じる
  5. 仕事中に早く帰宅することばかり考えてしまう
ゆり
どれも一度は考えたことがありますね…
佐々木

そうですよね。仕事を続けていれば、誰しも一度は感じるでしょう。

ただ、やりがいのない状態が続くリスクが存在するので、次の章で詳しく説明していきますね。

やりがいはいらないは嘘?今の仕事を続けるリスク

ゆり

実は先日仕事にやりがいがないことを、学生時代の友人の相談したんです。

すると「お金をもらうために働いているんだから、やりがいなんて必要ないよ」と言われました…

これって本当ですか?

佐々木

いえ!やりがいは必要です!

やりがいは必要ないという意見も確かによく聞きますが、私は反対です。

なぜなら、やりがいがなくただ漠然と仕事を続けることにはリスクがあるからです。

やりがいなく今の仕事を続けるリスクは、次のようなことが考えられます。

今の仕事を続けるリスク
  1. 自分の成長につながらない
  2. 仕事でミスしたり精神的に辛くなる
  3. チーム全体のモチベーションを下げる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

仕事を続けるリスク1:自分の成長につながらない

やはり目標や目的を持って仕事をすることは大切です。

ただ漠然と何も考えずに仕事をこなしているだけでは、自分の成長にはつながらないでしょう。

何か違う夢があるなら他の道に進んだ方がいいですし、成長したいという意欲があるのならイキイキと働ける環境に移動すべきです。

ただ毎日が過ぎていき、気づけば30歳、40歳、50歳と歳を重ねていくだけの危険性もあります…

仕事を続けるリスク2:仕事でミスしたり精神的に辛くなる

やりがいを感じていないと、やはり仕事に対して身が入っていきません。

そうなると集中力が途切れ、仕事でミスをしてしまうこともあるでしょう…

ミスして上司に怒られ、「なんで私はこの仕事をしてるんだろう」とどんどん精神的に辛くなる可能性もあります。

もちろんどんな人でもミスはしますが、やりがいのない仕事でミスしてもただ辛いだけです。

ミスした翌日、仕事に行きづらくなる可能性もあるので追い込まれる前に行動を起こしましょう。

仕事を続けるリスク3:チーム全体のモチベーションを下げる

あなたがやりがいを感じていなくても、やりがいを持って働いているチームのメンバーもいます。

会社に出社していれば、基本何人かで仕事をするので、一人やりがいを持っていない人がいればチーム全体のモチベーションを下げる可能性もあります…

あまりに他のスタッフとのモチベーションの差があれば、あなたの居場所はどんどんなくなっていくでしょう。

やりがいがないと気づけていることは決して悪いことではありません。

他のスタッフに影響ができる前に、仕事を変えた方があなたにとっても今の会社にとっても、お互いのためかもしれません。


以上がやりがいがないまま今の仕事を続けるリスクです。

もう一度まとめると次の通りです!

今の仕事を続けるリスク
  1. 自分の成長につながらない
  2. 仕事でミスしたり精神的に辛くなる
  3. チーム全体のモチベーションを下げる
ゆり

やっぱりやりがいって必要ですね。

しかも自分だけじゃなく、チームの足を引張ちゃう可能性もあるなんて…

佐々木

そうですね…やりがいがないことで苦しんでいる人は多くいらっしゃいます。

そこで次の章では、やりがいを感じていない時に試してほしいことを紹介していきます!

仕事にやりがいがない時に試してほしい8つのこと

佐々木
この章では、仕事にやりがいがない時に試してほしいことを紹介していきます!

自分に必要な対処法を実践して、やりがいのない状況を変えましょう!

※タップすると対処法の内容に飛びます。

8つの試してほしいこと

自分一人で出来る対処法

  1. 休みを取って仕事から離れてみる
  2. 仕事以外に充実感を感じることを見つける
  3. 自分の得意なことを考えてみる
  4. 自分にとっての「やりがい」を見つける
  5. 人生の目標を定める
  6. 今の会社に見切りをつけて転職する

周りの人も関わる対処法

  1. 会社の先輩や上司に相談する
  2. 部署異動の希望を出してみる

それでは1つずつ見ていきましょう!

自分一人で出来る対処法

1.休みを取って仕事から離れてみる

佐々木
休みを取って仕事から離れてみることは、仕事にやりがいを感じていない時の対処法の1つです。

というのも、やりがいが感じられないのは、

単純に精神や肉体に疲れが溜まっているだけかもしれませんからです。

「休む=やりがいがない」というわけではないので、気持ちを新しくするために1週間程度の休むを取ることをおすすめします!

2.仕事以外に充実感を感じることを見つける

仕事にやりがいを感じていない場合は、趣味やプライベートを充実させることを考えてみましょう!

「仕事=人生」ではないため、仕事以外の点で人生を充実させる方法を見つけることで、「金銭を稼ぐために仕事を頑張ろう!」となるかもしれません。

3.自分の得意なことを考えてみる

佐々木

自分の得意なことを考えることで、仕事へのやりがいに繋がる可能性があります。

というのも、自分にしかできないことや自分が得意なことを考えてスキルアップを目指せば、

任される仕事の幅も増えて仕事のやりがいに繋がるかもしれないからです。

そのため、一度自分が得意なことをじっくりと考えてみるのも良いでしょう。

4.自分にとっての「やりがい」を見つける

もしかしたらやりがいがないのは、自分からやりがいを見つけようとしていないことが原因かもしれません。

次の例のような「自分なりのやりがい」を見つけることで、人生の充実に繋がる可能性があるんです!

やりがいの例
  • お礼や感謝の言葉をもらうこと
  • 仕事の成果を認められること
  • 目標を達成すること
  • 仕事をやり遂げること
  • 自分の成長を感じること

一度自分の人生を振り返って、どのようなときにやりがいを感じられたかを考えてみましょう。

5.人生の目標を定める

佐々木
「今の仕事にやりがいを感じられない…」という人は、5年後や10年後の長い期間での目標を考えてみましょう!

目の前の仕事だけ見ているとやりがいを感じないこともありますが、長期的な視点で考えると達成のために今するべき手段が見えてくるでしょう。

そのため、人生の長期的な目標を持つことで、目の前のやりがいを得ることができるかもしれません!

6.今の会社に見切りをつけて転職する

佐々木
転職することを逃げと考える方もいますが、決してそうではありませんよ!

なぜなら、やりがいがない仕事をダラダラ続けていると、

精神的に疲弊するリスクだけでなく、職場で評価されなくなり人間関係の問題が発生する可能性もあります。

また、次のような状況では、たとえ仕事内容や福利厚生に恵まれていても、いつか限界がきてしまいます。

限界が来る可能性のある状況
  • 仕事で夢や目標を叶えられない
  • 何気なく毎日を過ごしていて将来が不安
  • 職場の人と意見が合わず居場所がない

実際に退職理由のアンケートを取ると、「やりがいがない」は必ず上位に上がっています。

また、反対に離職率が低い会社にアンケートを取ると「やりがいがある」という声が多数上がってきます。

仕事を選ぶときは、仕事内容や福利厚生に目がいきがちですが、実はそれ以上に働く上でやりがいは重要なことなんです…

ゆり
確かにやりがいがあれば、仕事ってしんどくても頑張れるもんですよね…
佐々木

そうなんですよね。

だからこそ、やりがいがないと感じているなら、早めに見切りをつけて転職することは正しい選択なんです!

転職活動の具体的な方法はこちら

周りの人も関わる対処法

1.会社の先輩や上司に相談する

佐々木
仕事にやりがいが感じられない場合は、本音で上司に相談してみましょう!

というのも、上司にも同じ経験があるかもしれないからです!

同じ経験がなくとも、もし今まで他の人の相談を受けていたなどあれば、今の会社でできる対処法を考えてくれるかもしれません。

そのため、会社の先輩である上司に相談することをおすすめします!

2.部署異動の希望を出してみる

佐々木
今の部署でやりがいを感じていないのであれば、

部署移動の希望を出してみることも1つの対処法です!

異動願いを出す際は、ネガティブな理由よりもポジティブな理由の方が、前向きな希望だと捉えてもらえます。

そのため、「やりがいを感じていない」とは伝えずに、「新しい部署で◯◯のスキルを身につけたい」のようなポジティブな理由を伝えましょう!


仕事にやりがいを感じていない時に試してほしいことは以上です。

ここでもう一度まとめると次の通りです!

8つの試してほしいこと

自分一人で出来る対処法

  1. 休みを取って仕事から離れてみる
  2. 仕事以外に充実感を感じることを見つける
  3. 自分の得意なことを考えてみる
  4. 自分にとっての「やりがい」を見つける
  5. 人生の目標を定める
  6. 今の会社に見切りをつけて転職する

周りの人も関わる対処法

  1. 会社の先輩や上司に相談する
  2. 部署異動の希望を出してみる
ゆり
ありがとうございます!

これらの対処法を試してみれば、やりがいを感じることができそうです!

佐々木
いいですね!

ただ、もし転職を検討している場合は、一度考えてほしいことがあるので、

次の章で詳しく説明していきますね。

今すぐに仕事を辞めるのは危険?現状を打開するための賢い方法

佐々木
ただしすぐに辞めるのは危険です!まずは転職に向けて次の3つのことを考えましょう。
辞める前に考えるべきこと
  1. 有給休暇を取得して心身を休める
  2. 友人に相談して客観的な意見を求める
  3. 辞めたい理由・原因を自己分析する

1つずつ紹介していきますね!

辞める前に考えること1:有給休暇を取得して心身を休める

有給休暇が余っていれば、まずは取得して心身を休めましょう。

そもそも、労働者には有給休暇を取得する権利があります。
法律上でも勤続年数によって、有給休暇の付与日数が定められており、必ず活用すべきです。

1日仕事のことを考えずゆっくり休めば、疲れが癒され転職したいという思いもなくなるかもしれません。

しかし、もし休んでも辞めたいという思いが変わらなければ、転職に向けて準備を始めるべきです。

辞める前に考えること2:友人に相談して客観的な意見を求める

会社を辞めたいと悩んでいる人は、焦りや苛立ちもあり転職について冷静に考えられない可能性もあります。

そのため、気心の知れている友人に相談して、自分の悩みの原因や解決策を聞いてみることはおすすめです。

ここで重要なのは相談相手を間違えないこと。
例えば、会社の同僚や家族に相談すると、引き止められて辞められなくなる可能性もあります…

あなたに寄り添って客観的にアドバイスをくれる友人が相談するならベストです。

辞める前に考えること3:辞めたい理由・原因を自己分析する

仕事を辞めたい理由を自己分析することは大切です。

残業時間が長いことをはじめ、職場環境に対する不満、仕事内容に対する不満、そもそも働くこと自体が嫌だなど…

もし転職する場合でも、面接で「前職をやめた理由」について質問されることはよくあります。

そのため、転職する前に現状何が不満で仕事を辞めたいのかをじっくり分析しておきましょう。


佐々木
以上が仕事を辞める前に考えるべきことです。
辞める前に考えるべきこと
  1. 有給休暇を取得して心身を休める
  2. 友人に相談して客観的な意見を求める
  3. 辞めたい理由・原因を自己分析する
ゆり

なるほど!

焦って転職先を探すのではなく、退職前にやるべきことがあるんですね!

佐々木

おっしゃる通り、現職を続けながら転職に向けて出来ることをやるべきです。

それでは次は今の会社で働きながら、どうやって転職活動を成功させるか?をお伝えしていきますね。

やりがいのない仕事を辞めるなら、在職中に転職活動をするべき!

佐々木
この章では、在職中に転職活動をして、やりがいのない仕事を変えましょう!

次の4つのポイントを実践することで、転職に成功して仕事にやりがいのない状況から抜け出すことができますよ!

転職の際のポイント
  1. 転職エージェントを活用する
  2. 向いている職種・将来やりたいことを自己分析する
  3. 企業の口コミ情報をチェックする
  4. 現職を円満に退職する

1つずつ見ていきましょう!

ポイント1. 転職エージェントを活用する

佐々木
「仕事が辛くて辞めたい…!」「転職したい!」と思ったら、まずは転職エージェントに相談するのがおすすめです!
ゆり
あの…

転職エージェントってなんですか…?

佐々木
転職エージェントとは、

登録すると求人案件の紹介や面接対策、年収交渉まで、全て無料でサポートしてくれる転職サービスです。

転職サイトやハローワークでは、1人で転職活動を進める必要がありますが…

転職エージェントを使えば、自分一人ではできない面接の対策や、悩み相談などを行ってくれるので、転職活動を効率的に進められるんです!

具体的に、転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
転職エージェントのサービス内容
ゆり
えっ!

こんなに転職サポートをしてくれるんですね!

佐々木
そうなんです!

また、転職エージェントしか保有していない独占求人や非公開求人も紹介してくれるため、

ホワイト企業の案件も見つけやすいんです!

優良求人の数が多く、丁寧なサポート体制が魅力の大手転職エージェントは以下の3社です。

おすすめ転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    特徴:業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
この3社がおすすめなんですね!
佐々木
その通りです!

自分に合った求人案件やキャリアアドバイザーと出会うためには、3社すべての登録がおすすめですよ!

ただ、3社の登録が面倒だと感じる人は、最低でも『リクルートエージェント』に登録をして、転職相談をしましょう!

リクルートエージェントは、求人案件数が業界No.1で転職実績が豊富なので、希望の求人が見つかりますよ!

さらに、自分の年齢、状況に特化した転職エージェントやもっと知りたい場合は、次の記事もご覧ください!

年齢や状況に特化した転職エージェントを使えば、自分に合った転職エージェントを利用できますよ!

ポイント2. 向いている職種・将来やりたいことを自己分析する

転職活動では、自分のやりたいことや向いている職種を把握することが非常に重要です。

そこで、リクナビNEXTが提供する『グッドポイント診断』がおすすめです。

グッドポイント診断は無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!

ポイント3. 企業の口コミ情報をチェックする

口コミサイトを使って社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選

  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!

ポイント4.現職を円満に退職する

現職を円満に退職する流れは、以下の3ステップにまとめられます!

退職の3ステップ
  1. 退職交渉
  2. 退職届の提出
  3. 退職の手続き

それぞれの段階で、大事なポイントがあるので、退職する前に確認しておきましょう!

円満に退職する全ステップは、こちらをご覧ください。


以上が転職に成功するためのポイントです。

もう一度まとめると次の通りです!

転職の際のポイント
  1. 転職エージェントを活用する
  2. 向いている職種・将来やりたいことを自己分析する
  3. 企業の口コミ情報をチェックする
  4. 現職を円満に退職する
ゆり
ありがとうございます!

現職に円満に退職してから自己分析や企業口コミをチェックし、転職エージェントに企業の紹介をしてもらえばいいんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

すべて実践することで、納得できる転職をすることができますよ!

仕事にやりがいがないなら、まずは現状を変える行動をすべき!

佐々木
今回は、仕事にやりがいを感じていない人に向けて、やりがいの意味や具体的な対処法をお伝えしてきました。

要点を整理すると、次の通りです!

まとめ
  • やりがいは職場環境や仕事に対する熱量が関係している
  • やりがいのない仕事を続けるにはリスクがある
  • やりがいの軸は「評価」「報酬」「将来」の3つ
  • やりがいがないなら見切りをつけて転職するのもあり
  • すぐに辞めずに現職を続けながら転職活動をするのがおすすめ
  • 転職に失敗しないためにもエージェントを使うべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識して、やりがいのない状況を変えてみます…!

佐々木
いいですね!

転職して環境自体を変えることで、状況を解決できる可能性があるため、

最後にもう一度転職エージェントをまとめておきますね!

おすすめのエージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    特徴:業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
どの転職エージェントに登録すればいいか悩みますね…
佐々木
そうですよね。

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが、

面倒だと感じる方は最低でも『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
やりがいのある仕事に出会えることを願っています!