転職エージェントに見捨てられる?無視される原因&対処方法4選

転職エージェントに見捨てられる?無視される原因&対処方法4選

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
Twitter(@sasaki_recruit)

この記事では、「転職エージェントに見捨てられた…?」と悩んでいる人に向けて、

『転職エージェントに見捨てられる原因』や『転職エージェントを上手く活用する方法』などをお伝えしていきます!

転職エージェントに登録したものの、見捨てられるなど上手く活用できずに悩んでいる人は多いです。

少しでも早く原因を明らかにし、転職エージェントを有効活用するためにも適切な対策方法を取っていきましょう!

この記事を最後まで読めば、転職エージェントに見捨てられる原因が分かり、今ある不安が解消されますよ

この記事がおすすめな人
  • 転職エージェントに見捨てられる原因が知りたい
  • 転職エージェントを見捨てられたときの対処方法が知りたい
  • 転職エージェントを上手く活用したい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

そもそも転職エージェントに見捨てられることはある?

佐々木
結論から言うと、転職エージェントに見捨てられることはあります。

なぜなら、転職エージェントはボランティアでは無いので、

意欲が低い人はサポート対象外と見なされるからです。

具体的に次のような場合は、転職エージェントに見捨てられたと言えるでしょう。

見捨てられた状況
  • そもそも連絡がこない
  • 求人の紹介数が少ない
  • 返信が遅い
  • 要望に応えてくれない
  • 「紹介できる求人がない」と言われた

このように見捨てられないためにも、対策をしっかり行っていきましょう!

それでは、転職エージェントに見捨てられる人の特徴から見ていきます!

転職エージェントに見捨てられる人の特徴8選

佐々木
それでは、転職エージェントに見捨てられる人の特徴を紹介します!

次の8つの特徴を知っておくことで、転職エージェントから見捨てられなくなりますよ!

見捨てられる人の特徴
  1. 連絡が遅い
  2. 時間やマナーに対して意識が低い
  3. 転職意欲が低い
  4. 希望条件が高い
  5. 転職理由が曖昧
  6. 職務経歴書など必要書類の内容が薄い
  7. 転職成功の可能性が低い
  8. 転職エージェントが自分に合ってない

1つずつ見ていきましょう!

特徴1|連絡が遅い

転職エージェントの連絡を無視したり、連絡が遅い人は見捨てられる可能性が高いです。

なぜなら、転職エージェントから送られてくる求人メールは担当者が自力で探しているため、労力が無駄になると思われるからです。

そのため、連絡が遅い人はサポートする価値が無いと判断されるため、見捨てられるのです。

特徴2|時間やマナーに対して意識が低い

時間やマナーに対しての意識が低い人は、とても印象が悪いので相手にされなくなるでしょう。

なぜなら、ビジネスマナーがなっていない人は入社後にトラブルになるリスクがあると思われるため、選考にも通りづらいからです。

具体的には、次のような人が当てはまります。

印象が悪いと思われる人
  • 連絡なしに遅刻する
  • 忘れ物が多い
  • 服装が相応しくない
  • タメ口など敬意が無い
  • バックレる
  • 期日を守らない

このような人は紹介先企業にも迷惑がかかるので、転職エージェントも企業に紹介したいと思わないでしょう。

特徴3|転職意欲が低い

自分の要求をハッキリと伝えず、転職に対しての意識が低い人は、サポートをする価値が無いので見捨てられます。

なぜなら、転職エージェントは求職者の転職が成功して始めて利益が生まれるため、転職意欲が低い人をサポートしても意味が無いからです。

具体的には、次のような人が当てはまります。

意識が低いと思われる人
  • どこでも良いと言いながらも紹介した求人に全く応募しない
  • 紹介された求人を断った理由を伝えない
  • 今の職場の不満や転職先への希望を伝えない
  • 自分の経歴や考えを隠す

このような人は、転職エージェントがサポートしたくても情報が無いので、最終的に見捨てられるでしょう。

特徴4|希望条件が高い

自分の身の丈を考えず高い希望条件を提示すると、紹介できる求人が無いため連絡が来なくなります。

なぜなら、転職エージェントの求人紹介は仕事であるため、採用される可能性がある求人しか紹介をしないからです。

実際、自分のスキルや経験が薄いのに希望条件が高い場合は、転職エージェントからの求人紹介が無いことが多いです。

また、転職エージェントからの忠告を無視し続けている人も同様に考えられ、見捨てられることが多いです。

特徴5|転職理由が曖昧

転職理由が曖昧な人も、転職エージェントに見捨てられやすいです。

なぜなら、転職エージェントでは、求職者の転職理由や勤務条件などを詳しくヒアリングしたうえで、求人を探して紹介するからです。

そのため、転職理由が曖昧だと求職者が何をしたいのかが明確にならず、求職者と求人をマッチング出来ないため放置されてしまうのです。

また、選考に進んだ際も転職理由は重視されるため、転職理由を明確にできていない人は転職活動もスムーズに進まないでしょう。

特徴6|職務経歴書など必要書類の内容が薄い

職務経歴書などの必要書類の内容が不十分だと、転職意欲が低いと思われます。

なぜなら、転職エージェントでは求職者のレジュメのデータをチェックしており、その内容も含めて求人を紹介しているからです。

また、必要書類を埋めない限りは求人に応募することは出来ないので、本気で転職活動を行う気が無いと判断されるのです。

登録した段階では多少内容が薄くても問題ありませんが、面談を進めているにもかかわらず、一向に必要書類を埋めない場合は見捨てられる可能性が高いです。

特徴7|転職成功の可能性が低い

年齢や経歴から見て転職成功の可能性が低い場合も、転職エージェントに見捨てられる傾向にあります。

若いうちは意欲が重視されるため問題ありませんが、30代を過ぎると徐々に経歴が重視されるようになります。

年齢や経歴のほかにも、離職期間が長かったり、転職回数が多いことも転職の成功率に関わってきます。

このように、転職の転職確率が低い人も見捨てられやすいのです。

特徴8|転職エージェントが自分に合ってない

転職エージェントの審査基準に満たない場合、紹介できる求人がないという理由で見捨てられます。

転職エージェントには求人全般を扱っている総合型のほかに、業種や年齢に特化した特化型があります。

総合型の転職エージェントで連絡がこない場合は、自分に原因がある可能性が高いですが、

特化型の転職エージェントから連絡がこない場合は、そもそも転職エージェントが自分に合っていない可能性があります。

具体的には、24歳の人が30代に特化した転職エージェントに登録しても、自分のスキルが足りないために紹介できる求人が無いのです。

この場合、転職エージェントの審査基準に満たないと判断され、見捨てられることになります。


佐々木
ここまで、転職エージェントに見捨てられる人の特徴についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

見捨てられる人の特徴
  1. 連絡が遅い
  2. 時間やマナーに対して意識が低い
  3. 転職意欲が低い
  4. 希望条件が高い
  5. 転職理由が曖昧
  6. 職務経歴書など必要書類の内容が薄い
  7. 転職成功の可能性が低い
  8. 転職エージェントが自分に合ってない
ゆり
ありがとうございます!

このような人は転職エージェントで見捨てられる可能性が高いんですね…!

佐々木
そうなんです!

しかし、これらは自分の意識次第で改善できるポイントばかりなので、心配しすぎないでくださいね!

次の章では、転職エージェントに見捨てられる原因を状況別に紹介します!

転職エージェントに見捨てられる原因とは?状況別に紹介!

佐々木
それでは、転職エージェントに見捨てられる原因を見ていきましょう!

自分の状況に合った理由を知ることで、対策方法も分かりますよ!

1つずつ説明していきます!

状況1|転職エージェント登録後に連絡がない場合

佐々木
まずは、転職エージェント登録後に連絡がない場合の原因を見ていきましょう。

登録後は大きな問題で放置されることはあまり無いので、確認ポイントを把握しておきましょう!

見捨てられる原因
  1. 登録できているかを確認する
  2. 紹介できる求人がない
  3. 情報の記入漏れがあり優先度を下げられている
  4. 新規の求職者に手が回らない

1つずつ見ていきましょう!

原因1|登録できているかを確認する

登録後に連絡が来ない場合は、そもそも転職エージェントに登録できていない可能性があります。

転職エージェントの会員登録は簡単に行えますが、ネットの接続状態の不備などによって登録が完了できていない場合があります

登録手続きが完了していれば、登録完了メールが届いているはずなので、一度メールが届いているか確認しましょう。

届いていない場合は、放置されているのではなく登録が出来ていないだけなので、再度登録を行いましょう!

原因2|紹介できる求人がない

登録した転職エージェントで自分が希望する求人を扱っていない場合、紹介できる求人がないため見捨てられる場合があります。

多くの転職エージェントでは、紹介できる求人が無くても「紹介できる求人がない」と連絡を行います。

しかし、利益重視の転職エージェントの場合、そのまま見捨てることもあります。

また、業界や年齢に特化した転職エージェントの場合は、特化部分以外の求人を扱っていないため、サービス対象外ということで見捨てられる可能性が高いです。

どちらの場合も、良いサポートを受けられない可能性が高いので、別の転職エージェントを利用することをおすすめします。

原因3|優先度を下げられている

登録情報の不備がある場合、「必要情報が無い」「転職意欲が低い」と思われて優先度が下がり、連絡がこない場合があります。

現在は、不備があると登録できない転職エージェントが多いので珍しいパターンと言えますが、中小エージェントや個人のエージェントではあり得ます。

原因4|新規の求職者に手が回らない

登録が完了しているものの転職エージェント側から連絡が来ていない場合は、担当者が多忙で新規の求職者に手が回っていない場合があります。

なぜなら、転職エージェントは1人で多くの求職者を担当しているからです。

このような場合は、転職エージェントに「登録が完了しているのに連絡が来ない」と問い合わせてみましょう。

担当者の連絡先が分かる場合は直接連絡し、今後の対応の流れやスケジュールまで聞いてみることをオススメします。

これでも連絡が来ない場合は、別の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

状況2|初回面談後に連絡がない場合

佐々木
次に、初回面談後に連絡が無い場合の原因を見ていきましょう!

面談後に連絡が無い場合は、自分の対応が悪いこともあるので、よく確認してください!

見捨てられる原因
  1. 紹介求人がないと判断された
  2. 人間的に問題があると判断された
  3. 転職の意欲が低いと判断された
  4. 多忙で連絡が漏れている

1つずつ見ていきます!

原因1|紹介求人がないと判断された

面談後に連絡がこない場合は、希望条件にあった求人が無いことが考えられます。

なぜなら、自分の経歴と希望条件がかけ離れている場合や、希望条件があまりにも多すぎる場合は紹介できる求人が無いからです。

面談時に「紹介できる求人があればご連絡します」と言われている場合などは、求人を紹介してもらえる可能性が低いと考えましょう。

このような場合は、希望条件を見直して自分から連絡するか、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

原因2|人間的に問題があると判断された

面談前後の自分の対応が悪かったことで、人間的に問題があると判断された可能性もあります。

なぜなら、マナーが悪い人と転職活動を進めると、トラブルをもたらされる可能性が高くなるからです。

転職エージェントは企業と転職希望者を繋ぐことが仕事ですが、転職希望者のマナーが悪ければ自分たちの信用問題にも関わるため、見捨てるケースが多いです。

マナーが悪いと思われる人
  • 約束の時間を守らない
  • ドタキャンする
  • 高圧的な態度で接する
  • 最低限のマナーも出来ていない

このような行動に思い当たる節があるならば、自分の態度を改め、社会人としてもマナーを身に付けてから出直しましょう。

一度このような態度を取ってしまうと、その転職エージェントでは対応してくれない場合が多いので、別の転職エージェントを利用しましょう。

原因3|転職の意欲が低いと判断された

転職エージェントは転職の意欲が高い人を優先してサポートするため、転職の意欲が低いと判断されて見捨てられている可能性があります。

なぜなら、転職エージェントは同時に何人もの転職希望者のサポートを行っているため、転職の可能性が高い人からサポートするからです。

具体的には、次のような人は意欲が低いと思われます。

意欲が低いと思われる人
  • 履歴書など必要書類を提出しない
  • 転職エージェント任せで自分で動かない
  • 転職の理由が「なんとなく」

この場合、サポートを後回しにされているだけの可能性が高いので、意欲を見せて自分から連絡を行えば、優先度が上がる可能性もあります。

原因4|多忙で連絡が漏れている

自分から連絡しているものの担当者から連絡が来ない場合は、担当者が多忙で連絡をし忘れている場合もあります。

なぜなら、転職エージェントは一人で複数人の求職者を担当しているため、状況によっては業務量が多く手が回らないからです。

この場合は意図的に放置している訳では無いので、自分から確認をすることで状況をすぐに教えてくれるでしょう。

求職者には何の責任も無いので、マイナス思考になる必要はありませんよ!

状況3|企業の選考待ち状態で連絡がない場合

佐々木
次に、企業の選考待ち状態で連絡がない場合の原因を見ていきましょう!

選考待ち状態で連絡が無い場合は、先方に原因がある場合が多いので、理由を知っておきましょう!

見捨てられる原因
  1. 企業からの連絡が遅い
  2. エージェントからの連絡が漏れている

1つずつ見ていきます!

原因1|企業からの連絡が遅い

選考待ち状態で連絡がこない場合は、選考先の企業から連絡が来ていない可能性が高いです。

一度担当者に連絡して、企業側に確認してもらいましょう。

企業側からの連絡が遅れている理由として考えられるのは、次の通りです。

企業側からの連絡が遅れる理由
  1. 面接担当者が人事に連絡を怠っており、人事が合否を把握していない
  2. チームや上司と合否を検討しており、まだ結論が出ていない
  3. 他の候補者の面接を終えてから結果を出したいため、意図的に保留している

選考にかかる時間は企業によって全く違うので一概には言えませんが、早くて1日、遅くても1週間で連絡が返ってくることが多いです!

状況を把握するためにも、まずは自分から連絡してみることをオススメします!

原因2|エージェントからの連絡が漏れている

担当者には連絡が来ているものの、担当者が求職者に連絡をし忘れている場合もあります。

なぜなら、転職エージェントは一人で複数人の求職者を担当しているため、状況によっては業務量が多く手が回らないからです。

この場合はただ忘れているだけので、自分から確認をすることで状況をすぐに教えてくれるはずです!

求職者には何の責任も無いので、マイナスに考える必要はありませんよ!

状況4|転職エージェントと連絡が付かなくなった場合

佐々木
次に、転職エージェントと連絡が付かなくなった場合の原因を見ていきましょう!

この場合は自分の行動で改善される場合が多いので、理由を知ることで安心して行動できますよ!

見捨てられる原因
  1. もう一度希望条件を見直す
  2. 新しい求人がないかを問い合わせる
  3. 担当者を変える

それぞれ見ていきます!

原因1|もう一度希望条件を見直す

高望みしているのかも!

転職エージェントと連絡が付かなくなった場合は、もう一度希望条件を見直してみましょう!

なぜなら、自分の経歴と希望条件がかけ離れている場合や、あまりにも高望みしている場合は紹介できる求人が無いからです。

面談時に「紹介できる求人があればご連絡します」と言われている場合などは、求人を紹介してもらえる可能性が低いと考えましょう。

このような場合は、希望条件を見直して自分から連絡するか、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

原因2|新しい求人がないかを問い合わせる

転職エージェントから連絡がこない場合、自分から新しい求人はないか問い合わせをしてみましょう!

なぜなら、連絡がこない場合はサポートの優先度を下げられている可能性があるからです。

自分から求人を問い合わせることで、転職の意欲が高いことをアピールできます!

問い合わせは、メールより電話の方が早く反応をもらえるのでオススメです。

原因3|担当者を変える

あまりにも連絡が付かない場合は、担当者を変更しましょう!

小さい転職エージェントの場合は、担当者変更を受け付けてくれない場合もありますが、事情を話すことで対応してくれる可能性もあります。

連絡が付かなければ、転職活動を進めることも出来ないので、自分のためにも行動することをオススメします!

状況5|自分の行動に問題がある場合

佐々木
最後に、自分の行動に問題がある場合の原因を見ていきましょう!

この場合は自分が改善する必要があるので、原因を知ることで改善できますよ!!

見捨てられる原因
  1. 身の丈に合わない希望を出した
  2. 面談や面接をドタキャンした
  3. 転職エージェントへの返信が遅い
  4. 転職する気を見せない
  5. 他社で内定をもらったと話した
  6. 登録が完了していない

1つずつ確認していきましょう!

原因1|身の丈に合わない希望を出した

自分のスキルや経歴に合わない希望を出した場合、自分を客観視できない人だと思われて見捨てられることがあります。

経歴が浅いのに、年収1000万円以上、残業は絶対に嫌などの条件を出していると、理想ばかりが高い人だと思われます。

原因2|面談や面接をドタキャンした

転職エージェントの面談をドタキャンした場合、社会人としてのマナーが無いと思われ、見捨てられる可能性が高いです!

転職エージェントは企業と転職希望者を繋ぐことが仕事ですが、転職希望者のマナーが悪ければ自分たちの信用問題にも関わるため、

トラブルをもたらす可能性が高い人を見捨てるケースが多いです。

思い当たる節があるならば、自分の態度を改め、社会人としてもマナーを身に付けてから出直しましょう。

一度このような態度を取ってしまうと、同じ転職エージェントでは対応してくれない場合が多いので、別の転職エージェントを利用しましょう。

原因3|転職エージェントへの返信が遅い

転職エージェントへの返信が遅い場合、転職への意欲が低いと思われるので放置されやすいです。

転職エージェントも人間なので、求職者の対応が遅ければ自分の対応も遅くなります。

こまめに連絡をしたり登録情報を更新することで、転職への意欲を見せられるでしょう!

原因4|転職する気を見せない

転職する気を見せない場合、サポートに値しない人材と捉えられて見捨てられます。

なぜなら、転職エージェントは同時に何人もの転職希望者のサポートを行っているため、転職の可能性が高い人からサポートするからです。

具体的には、次のような人はやる気が無いと思われます。

やる気が無いと思われる人
  • 履歴書など必要書類を提出しない
  • 転職エージェント任せで自分で動かない
  • 転職の理由が「なんとなく」

やる気が無いと、転職活動を始めても一向に内定をもらえないので、転職エージェントの利益に繋がりません。

この場合、サポートを後回しにされているだけの可能性が高いので、意欲を見せて自分から連絡を行えば、優先度が上がる可能性もあります。

原因5|他社で内定をもらったと話した

転職エージェントを複数利用している場合、他社で内定をもらったと話したことで見捨てられることもあります。

なぜなら、転職エージェントは求人先企業に求職者を紹介することで利益を得ているからです。

そのため、自分の会社で内定が成立する可能性を低い人は、サポートの優先度を下げることが多いのです。

転職活動を円滑に続けたい場合は、他社で内定をもらったことは秘密にしておきましょう!

原因6|登録が完了していない

登録後に連絡が来ない場合は、そもそも転職エージェントに登録できていない可能性があります。

転職エージェントの会員登録は簡単に行えますが、ネットの接続状態の不備などによって登録が完了できていない場合があります

登録手続きが完了していれば、登録完了メールが届いているはずなので、一度メールが届いているか確認しましょう。

届いていない場合は、放置されているのではなく登録が出来ていないだけなので、再度登録を行いましょう!


佐々木
ここまで、転職エージェントに見捨てられる原因についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

ゆり
ありがとうございます!

状況によって、見捨てられる原因って違うんですね…!

佐々木
おっしゃる通りです!

転職エージェント側が悪い場合だけでなく、自分が原因の場合もあるので、原因を知ることが大切です!

問題が解決しない場合は、担当者や転職エージェントを変更することをオススメしますよ!

次に、転職エージェンに見捨てられた時の対策方法を紹介します!

転職エージェントに見捨てられた時の対策方法

佐々木
それでは、転職エージェントに見捨てられた時の対策方法を見ていきましょう!

次の対策方法を実践することで、再び転職エージェントからのサポートを受けられるようになりますよ!

見捨てられた時の対策方法
  1. 自分からコミュニケーションを取る
  2. 職務経歴書や希望条件を見直す
  3. 担当者変更をする
  4. 転職エージェントを変える

1つずつ説明していきます!

方法1|自分からコミュニケーションを取る

転職エージェントに見捨てられた場合は、自分からコミュニケーションを取りましょう!

なぜなら、転職は求職者個人の問題なので、受け身でいると転職する気が無いと判断されるからです。

転職エージェントは同時に何人ものサポートを行っているため、常に誰かのために動いています。

そのため、ただ待っているだけで全てを行ってくれるほど余裕は無いのです。

自分からコミュニケーションを取れば、転職エージェントも意欲を感じ取ってサポートをしてくれますよ!

方法2|職務経歴書や希望条件を見直す

自分から連絡を取っているのに連絡が無い場合は、職務経歴書や希望条件を見直しましょう!

なぜなら、職務経歴書の内容が薄かったり、希望条件が多すぎることが考えられるからです。

職務経歴書や履歴書は空欄なく埋められているか、希望条件は多すぎたり好条件ばかりを並べていないかなど、客観的に見直すことが大切です。

それでも連絡が無い場合は、紹介できる求人が無いということなので、自分に合った別の転職エージェントに登録することをオススメします!

方法3|担当者変更をする

あまりにも連絡が付かない場合は、担当者を変更しましょう!

なぜなら、転職成功にはどこの転職エージェントを使うかよりも、自分と相性のいい担当者に出会えることが大切だからです。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

小さい転職エージェントの場合は、担当者変更を受け付けてくれない場合もありますが、事情を話すことで対応してくれる可能性もあります!

連絡が付かなければ、転職活動を進めることも出来ないので、自分のためにも行動することをオススメします!

方法4|転職エージェントを変える

転職エージェントから見捨てられた場合は、転職エージェントを変えるのも良いでしょう!

転職エージェントに放置されるのは、転職エージェントと自分の希望条件が合わないなど、相性によるものがほとんどです。

また、転職エージェントによってサポートの質は異なるため、転職エージェントを変えれば問題なくサポートを受けられる可能性も大いにあります!

ですので、1度放置されたからと諦めず、転職エージェントを変更したり複数社利用することで、自分と相性の良い担当者が見つかりますよ!


佐々木
ここまで、転職エージェントに見捨てられた時の対策方法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

見捨てられた時の対策方法
  1. 自分からコミュニケーションを取る
  2. 職務経歴書や希望条件を見直す
  3. 担当者変更をする
  4. 転職エージェントを変える
ゆり
ありがとうございます!

このような行動をとることで、再びサポートを受けられるんですね!

佐々木
その通りです!

見捨てられたからと諦めず、自分の行動を見直したり、

気持ちを切り替えて別の転職エージェントを利用すれば、問題なくサポートを受けられますよ!

次に、見捨てられた場合にオススメの転職エージェントを紹介します!

見捨てられたなら、別の転職エージェントを利用しよう!

佐々木
見捨てられないためには、自分に合った転職エージェントを使うことが大切です!

なぜなら、自分に合った転職エージェントを利用することで…

紹介できる求人が増えるので見捨てられることが少なくなるからです!

状況別にオススメの転職エージェントを紹介するので、自分に合った転職エージェントを選びましょう!

おすすめの転職エージェント

◎ニート・フリーターにおすすめ

◎20代・第二新卒におすすめ

◎30代~40代におすすめ

◎女性におすすめ

◎年収500万円以上におすすめ

ゆり

ありがとうございます!

この中から、自分に合った転職エージェントを選ぶと良いんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、複数社に登録することも大切です!

併用する転職エージェントは「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」の登録をおすすめします!

複数社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

各転職エージェントに関する情報や複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次に、見捨てられた人が転職エージェントを有効活用するコツを紹介します!

見捨てられた人が転職エージェントを有効活用するコツ

佐々木
それでは、見捨てられた人が転職エージェントを有効活用する方法を見ていきましょう!

次の7つのコツを実践することで、転職エージェントから手厚いサポートを受けやすくなりますよ!

エージェントを有効活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する

それぞれの方法について詳しく説明していきます!

活用方法1|複数の転職エージェントを利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用している場合は、その旨をしっかりと伝えましょう!

そうすると、転職エージェントは「他社ではなく自社経由で転職させたい!」と思い、フォローが手厚くなります。

なぜなら、転職エージェントの仕組みとして、転職希望者が入社する際に紹介報酬として企業側から手数料を受け取っているからです。

è»¢è·ã‚¨ãƒ¼ã‚¸ã‚§ãƒ³ãƒˆã®å ±é…¬ã®ä»•çµ„ã¿

つまり、人材を紹介できないと売上に繋がらないので、転職エージェントは自社経由で転職をしてもらいたいと思うのです。

佐々木
このような背景から、複数登録していることを伝えると、サポートが手厚くなることが多いんですよ!

複数登録について知りたい人は、次の記事をご覧ください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

活用方法2|学歴・職歴・スキルを正直に伝える

転職エージェントでは、学歴・職歴などを正直に伝えましょう!

なぜなら、登録情報やキャリアアドバイザーとのやり取りは、すべてデータとして記録されるからです。

嘘をつくと、登録時の情報や前回の利用時のデータの内容など、辻褄が合わない部分が出てきます。

このような虚偽の報告がバレると、要注意人物と見なされ、求人の紹介を受けにくくなってしまいます。

また、採用後に発覚した場合は、経歴の詐称として懲戒解雇の対象になりかねないので、注意が必要です。

佐々木
自分に最適な求人を紹介してもらう為にも、自分の情報は正確に伝えましょう!

活用方法3|細かい約束を守り、メールは素早く返信する

書類の提出など細かい約束はきちんと守り、メールの返信もなるべく早く行うよう心がけましょう。

丁寧に対応することで、担当キャリアドバイザーからの信頼を得ることができ、結果的に自分の転職成功に繋がります

反対に、担当キャリアアドバイザーと良い関係を築けないと、「紹介先の企業と良い関係が築けない」と判断される可能性も…。

佐々木
丁寧な対応を心がけて、全力でサポートしてもらえる関係を作りましょう

活用方法4|2週間に1度は連絡して意欲の高さを見せる

登録後、転職エージェントから連絡が来たらすぐに対応し、その後は最低でも2週間に1度は連絡をしましょう!

なぜなら、転職エージェントによっては、転職する意欲の高い人ほどサポートの優先度が上がる可能性があるからです。

転職エージェントは日々多くの求職者とやり取りをしているため、定期的な依頼をすることですぐに転職したい意欲があると判断されます!

また、スカウトメールを依頼した際も、マメに連絡を入れると効果的です!

エージェント側は「転職希望者から連絡がない=他社経由で転職が決まった」と判断する傾向があるので気を付けましょう。

佐々木
連絡を怠ってしまうと、自分の条件に合った求人があっても、紹介が後回しにされてしまいます

希望の求人を見つけるためにも、こまめに連絡を取るようにしましょう!

活用方法5|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

担当のキャリアアドバイザーに不満がある場合は、担当者の変更を依頼しましょう

なぜなら、転職成功にはどこの転職エージェントを使うかよりも、自分と相性のいい担当者に出会えることが大切だからです。

実際、相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木
担当者の変更を依頼することで、転職への意識が高いとみなされ…

手厚いサポートが受けられる場合もありますよ

変更依頼の方法・複数登録について知りたい人は、次のページを参考にしてください!

活用方法6|推薦文は必ず自分の目で確認する

企業へ応募する際に、担当者が作成してくれる推薦文は、必ず自分の目で確認しましょう

推薦文は、担当者によって精度の高さが変わってくることがあるからです、

あまり優秀ではない担当者の場合は、経歴をそのまま写すだけなどひどいケースもあります…。

推薦文を見せてもらう時は、「面接対策のため」「客観的に見た自分の経歴を知りたい」といった理由を伝えましょう。

佐々木
推薦文は企業へ自分をアピールするために、とても役立つものです。

早く内定を得るためにも、より良い推薦文を書いてもらえるようにしましょう!

活用方法7|面接後にはすぐに担当者に報告する

企業での面接が終わったら、なるべく早く担当者に報告しましょう

転職エージェントは面接後に企業の採用担当者と連絡を取るので…

求職者が面接でアピールしきれなかった面をフォローしたりフィードバックをもらうことができます。

そのためにも、面接後はすぐに担当者に連絡し、面接内容や感想を正直に伝えましょう!

面接後のフォローで合否が変わることもあるので必ず報告すべきです。

佐々木
転職エージェントは、求職者の味方です!

面談の状況を伝えることで、求職者の魅力がしっかりと伝わるようにフォローしてくれますよ!

転職エージェントの面接後のフォローに関してもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。


佐々木
ここまで、転職エージェントを放置せず有効活用する方法をお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

エージェントを有効活用する方法
  1. 複数の転職エージェントを利用していることを伝える
  2. 学歴・職歴・スキルを正直に伝える
  3. 細かい約束を守り、メールは素早く返信する
  4. 2週間に1度は連絡して意欲を見せる
  5. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  6. 推薦文は必ず自分の目で確認する
  7. 面接後にはすぐに担当者に報告する
ゆり
このように、転職エージェントを活用するといいんですね!

なんとなく利用するよりも効果的に利用できる気がしました!

佐々木
良かったです!

どのよう気持ちで転職エージェントを使うかによって、転職成功への道のりが変わってきます!

ぜひ意欲的に利用して、転職成功に繋げてくださいね!

人気の優良求人は早い者勝ち!

見捨てられても、他の転職エージェントを活用して転職を成功させよう!

佐々木

今回は、転職エージェントに見捨てられると悩んでいる人に向けて、

転職エージェントに見捨てられる原因や転職エージェントを上手く活用する方法などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • やる気が無い人は転職エージェントから見捨てられる
  • 転職エージェントに見捨てられても対策方法はある
  • 見捨てられたら別の転職エージェントを利用するのもアリ!
ゆり
ありがとうございます!

見捨てられる原因や見捨てられた時の対策方法など、疑問が解決されました!

佐々木
良かったです!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎ニート・フリーターにおすすめ

◎20代・第二新卒におすすめ

◎30代~40代におすすめ

◎女性におすすめ

◎年収500万円以上におすすめ

ゆり

ありがとうございます!

この中から、自分に合った転職エージェントを選ぶと良いんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、複数社に登録することも大切です!

併用する転職エージェントは「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」の登録をおすすめします!

複数社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談をしてみます!

佐々木
あなたの転職が成功するように祈っています!