転職エージェントおすすめランキング13選

市役所職員の仕事が辛い、辞めたい…市役所からの転職先4社&成功例

市役所職員の仕事が辛い、辞めたい…市役所からの転職先4社&成功例

この記事でお伝えすること
  • 市役所職員を辞めたい理由8選
  • 市役所職員からの転職体験談
  • 市役所職員から転職を成功させる方法
  • 市役所職員からの転職でおすすめの業界
佐々木
こんにちは!

転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人は…

『市役所職員の仕事が辛い…辞めたい』

『市役所職員から転職ってできるの』

…と悩んでいませんか?

この記事では、市役所職員を辞めたい理由や、おすすめの転職先などを紹介していきます!

この記事を読めば、市役所職員から転職を成功させる方法がわかり、今持っている迷いをなくして行動に移せますよ!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

過去30日間の登録者数588人!

市役所職員(地方公務員)の仕事が辛い…市役所を辞めたい理由8選

佐々木

この章では、市役所を辞めたい理由を見ていきます!

辞めたい理由を見れば、今の仕事を客観的に見つめ直すことができますよ!

市役所を辞めたい主な理由は、次の8つです!

市役所を辞めたい理由
  1. 将来性のなさ
  2. 古い体質の組織・人間関係
  3. 給料面が不満
  4. 残業時間が長い
  5. 責任が大きい
  6. 楽しく働きたい(環境を変えたい)
  7. うつ病の症状
  8. クレームが辛い

それでは、順番に見ていきましょう!

辞めたい理由1|将来性のなさ

佐々木
1つ目の理由は、将来性のなさです。

市役所職員は、安定性が高く将来性の高い職業とされてきましたが、近年は公務員だからと言って将来性があるとは言えない時代です。

特に、市役所は少子高齢化によって税収が毎年減っており、自治体の出費が膨らむ一方です。

これからどんどん少子高齢化は悪化して行くので、市役所は将来性の観点で見るとおすすめできません。

辞めたい理由2|古い体質の組織・人間関係

佐々木
2つ目の理由は、古い体質の組織・人間関係の問題です。

市役所はまだ古い体制が残っている業界なので、飲み会が多かったり、女性の方は一方的にLINEをされたなど、セクハラ被害もあります。

また、理不尽なことも多く、議会では立場の高い人の意見が絶対です。

こう言った人間関係の問題に嫌気がさして、市役所を辞める人が一定数います。

辞めたい理由3|給料面が不満

佐々木
3つ目の理由は、給料面が不満な点です。

市役所職員の給料は、俸級制度で決められています。

そのため、いくら頑張っても自分が生涯で稼げる金額は決まっています。

また、残業が多い割には稼げないという点も辞めたい理由に繋がっています。

辞めたい理由4|残業時間が長い

佐々木

4つ目の理由は、残業時間が長い点です。

市役所職員は残業が無いイメージですが、実際はあります

近年、公民格差の問題もあり、公務員の数は減らされ続けています。

そのため、1人当たりの仕事量も増え、残業時間も増えてしまっています。

残業なしに憧れて市役所役員になった人にとっては、仕事を辞めたい理由の1つとなっています。

辞めたい理由5|責任が大きい

佐々木
5つ目の理由は、責任が大きい点です。

市役所職員の仕事は、国民の安全性やお金周りを守ったり、教育問題や介護問題など直接的に人の人生に関係する仕事を扱います。

そのため、責任感が強い人や社会人になりたてでやる気の高い人は、その重圧に耐えられなくなり仕事を辞めてしまう傾向にあります。

特に、市役所役員になる人は、真面目で責任感が強い人が多いので、最悪の場合はうつ病などのなってしまう人もいます。

辞めたい理由6|楽しく働きたい(環境を変えたい)

佐々木
6つ目の理由は、楽しく働きたいと言う理由です。

市役所職員になった人の中には、興味関心があったから就職したのではなく、安定性を求め市役所に就職した人は一定数います。

そのため、実際に働いて見るとやりがいを感じられず、業務が楽しくなくなり

「もっと興味のある分野に転職がしたい!」と思う人が増えてしまっています。

また、女性の場合はまだ幹部職員への登録率は少なく、女性の活躍できる社会とは言えません。

そのため、もっと自分が活躍できる、楽しく働ける業界への転職を考える人は多いです。

辞めたい理由7|うつ病の症状

佐々木
7つ目の理由は、うつ病になってしまう点です。

先ほども少し話したように、市役所の仕事は直接的に人の人生に関わる問題を取り扱います。

そのため、責任感が強い人はその重圧に耐えきれず、最悪の場合はうつ病になってしまいます。

辞めたい理由8|クレームが辛い

佐々木
8つ目の理由は、クレームが辛い点です。

市役所職員は、市民の税金で生活をしているので、その分クレームを言われる回数が多いです。

特に悪気はなくても、少しでも何か問題があるとクレームをつけられるので、精神的に病んでしまう人もいます。


市役所を辞めたい理由をまとめると、次の通りです!

市役所を辞めたい理由
  1. 将来性のなさ
  2. 古い体質の組織・人間関係
  3. 給料面が不満
  4. 残業時間が長い
  5. 責任が大きい
  6. 楽しく働きたい(環境を変えたい)
  7. うつ病の症状
  8. クレームが辛い
ゆり
市役所を辞めたい理由は、こんなに多いのですね…
佐々木

はい、その通りです。

市役所を辞めたい理由は人それぞれですが、

いずれの理由にせよ無理をして仕事を続けるのは体力的にも精神的にも危険なので、おすすめしません!

次の章では、実際に市役所から転職をした人の体験談を見ていきましょう!

市役所(地方公務員)から転職した人は意外と多い!市役所を辞めた後の例

佐々木

この章では、実際に地方公務員を辞めた人の例を見ていきましょう!

体験談を見ることで、より転職がイメージしやすくなりますよ!

◎地方公務員から転職をした人の声

ゆり
地方公務員から転職をした人は、意外に多いのですね!
佐々木

はい、そうなんです!

そのため、今の仕事が少しでも嫌だと感じるなら、転職を考えるのもありです!

次の章では、市役所からの転職を成功させる方法を説明します!

市役所からの転職、後悔しないためにまずはプロに相談!

佐々木
市役所からの転職活動を後悔しないものにするためには、転職エージェントの使用をオススメします。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的な転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 就職相談にのってくれる
  • あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
はい!転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

次に、市役所からの転職におすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめ転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/

これら5社の転職エージェントは、どれも豊富な求人を取り扱っていることはもちろん、優良企業の求人を数多く保有しています。

また業界でもサポートが充実していると定評のある転職エージェントばかりなので、市役所からの転職でも、

自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらうことができ、年収を下げない転職を実現できます!

ゆり
ありがとうございます! でもどれも良さそうなので、迷いますね…
佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

次の章では、市役所からの転職でおすすめの転職先を紹介します!

市役所(地方公務員)の経験を生かせる!市役所社員からの転職先おすすめ4選!

佐々木
市役所からのおすすめの転職先は、次の4つなります!
市役所からのおすすめの転職先
  1. IT業界
  2. 事務職
  3. 不動産業
  4. サービス業

それでは、順番に見ていきましょう!

おすすめの転職先1|IT業界

業界の将来性を重視するなら、IT業界がおすすめです!

IT業界は、将来性が非常に高い業界なので、将来を見据えて仕事をしたい人には向いている職業です。

年収約367万円
仕事内容
  • 主にPC系のハードウェアやソフトフェアの開発
  • ネット上にあるウェブサイトやアプリの制作
おすすめ
ポイント
  • スキルアップに比例して年収が上がる
資格なし
佐々木
未経験でも、IT技術を身に着ければ、正社員になることができます。

おすすめの転職先2|事務職

残業を避けたい人には、事務職がおすすめです!

また、事務職はエクセルやワードなどのスキルが身につくので、自身の情報処理能力を高めることができます。

年収約329万円
仕事内容
  • パソコンを使って書類の管理や作成をしたり、電話対応などを行う。
おすすめ
ポイント
  • パソコンのスキルが身につく
  • コミュニケーション能力が活かせる
資格なし
佐々木

事務職は1人1人別の仕事をこなすのではなく、チームとして業務を進めています。

そのため、コミュニケーション能力が活かせる職場でもあります。

おすすめの転職先3|不動産業

給料の面で考えると、不動産への転職がおすすめです!

年収を落としたくないのであれば、収入の高い不動産業界は外せません

年収約928万円
仕事内容
  • 不動産の仲介業
  • 土地・住宅の販売
おすすめ
ポイント
  • 給料が高い
  • 営業スキルが身につく
資格なし
佐々木
1件あたりの取引金額が大きく、やりがいのある仕事です!

おすすめの転職先4|サービス業

未経験からの転職でおすすめなのは、サービス業です。

サービス業は何か特別なスキルが必要な訳ではないので、転職難易度は低めです。

また、マーケティングスキルの取得などもできます!

年収約300万円
仕事内容
  • 飲食店や、量販店、旅館・ホテル・レジャー施設などにおいて、お客の対応などを行う仕事
おすすめ
ポイント
  • 接客が好きなら、経験を活かすことができる
資格なし
佐々木

外国人と接する機会にもなるので、語学を再開したい人にもオススメです。


市役所からのおすすめの転職先をまとめると、次の通りです!

市役所からのおすすめの転職先
  1. IT業界
  2. 事務職
  3. 不動産業
  4. サービス業
ゆり
以上の4つが、市役所からの転職でおすすめの職業なんですね!
佐々木

はい、その通りです!

自身の希望を満たせる転職先を見つけ、後悔のない転職をしましょう!

次の章では、地方公務員の辞め方から転職の流れまでを紹介します!

地方公務員の辞め方|退職の伝え方から転職までの流れ

佐々木

この章では、地方公務員の辞め方から、転職までの流れについて説明します。

転職の流れを理解することで、効率的に転職をすることができますよ!

まずは退職前に抑えるポイントを紹介します!

退職前に抑えるべきポイント6選

佐々木
地方公務員を辞める前に、押さえておくべきポイントは次の6つです!
退職前に抑えるべきポイント
  1. 就業規則を知っておく
  2. 退職の希望は余裕をもって伝える
  3. 上司に伝えるベストなタイミングとは
  4. 退職届の提出方法
  5. 残務処理や引き継ぎをして、円満退社を心がける
  6. 引き止めがしつこい場合は退職代行もアリ

それでは、1つずつ見ていきましょう!

1.就業規則を知っておく

就業規則は、労働条件や職場の服務規律を定めた、会社と労働者との間のルールブックのようなものです。

各企業によって内容は異なるため、必ず就業規則を事前に確認し、退職時のルールなどをチェックしておきましょう。

就業規則を確認していなければ、会社の都合のいいように退職日を決められたり、有給休暇の消化を認めてくれないなど、

あなたにとって不利に退職手続きを進められる可能性もあります…。

退職時のトラブルを避けるためにも、就業規則はあらかじめ確認しておきましょう。

2.退職の希望は余裕をもって伝える

退職の意思は、まず直属の上司に口頭で伝えましょう。

労働基準法では、2週間前までに伝えれば問題ないとなっていますが、

後任者の選定や業務の引き継ぎ期間を考慮して、1ヶ月前までに退職の旨を伝えるのがベストです。

もちろん、会社によって独自のルールがある場合もあるので、就業規則を確認は必須です。

有給休暇を取得する予定があるなら、その期間も考え、余裕を持って上司に伝えましょう。

3.上司に伝えるベストなタイミングとは

退職の旨を伝えるのは、出来れば業務時間外が理想です。

ただ、もし上司に誘われたとしてもお酒の席で伝えるのは絶対ダメです!

お酒が入っていると、引き止められるだけでなく、人によっては説教が始まる可能性もあります…。

また、時期に関しては年度末や繁忙期はなるべく避けて、退職日を設定するのがいいでしょう。

退職日に関しては、上司の希望を伝えつつ、相談しながら決めることをおすすめします。

4.退職届の提出方法

退職日を明記した「退職届」の提出のタイミングですが、基本的には就業規則に従う必要があります。

できる限り円満退社をするためにも、遅くても退職日の1ヶ月前には提出するのがベストです。

また、間違っても「退職願」と書いてはいけません。

退職願の場合、「まだ引き止める余地がある」という意味に受け取られる可能性があるので、必ず「退職届」と書きましょう。

退職理由は様々ありますが、どのような理由でも「一身上の都合」と記載します。

もし、退職届の書式やフォーマットが会社で決まっているなら、それを活用しましょう。

5.残務処理や引き継ぎをして、円満退社を心がける

自分が任されている業務があれば、退職日までに責任を持って終わらせる必要があります。

場合によっては、早出出勤や残業をしてでも終わらせるべきです。

また、引き継ぎに関しては、余裕を持って行いましょう。

誰が仕事を引き継いでも困らないようにするのがベストなので、仕事を分かりやすく整理しておく必要があります。

もし、仕事が残っていたり、引き継ぎがうまく出来なければ、退職後も会社から電話がかかってくる可能性があります…。

退職するのは自分の都合なので、できる限り会社に迷惑をかけることなく、円満退社できるよう心がけましょう。

6.引き止めがしつこい場合は退職代行もアリ

上司に退職の旨を伝えても、「考え直せ」「辞められたら困る」など、引き止めに合う可能性もあります。

人手不足に悩んでいる企業が多いので、上司もできる限り退職者を出したくないのです…。

しかし、退職の意思を固めたのであれば、いくら引き止められても自分の意思を貫き通す覚悟が必要です。

しっかりと自分の気持ちを曲げることなく、辞めることを伝えましょう。

佐々木
引き止めがしつこい場合には、「退職代行サービス」を活用するのもありです!

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

上司に辞めたい意思を伝える必要もなく、ストレスを抱えることなく退職できる画期的なサービスですが、

「本当に辞めたくて苦しい」「もう上司の顔は見たくない」などの場合に限って利用しましょう。


地方公務員を辞める前に、押さえておくべきポイントをまとめると、次の通りです!

退職前に抑えるべきポイント
  1. 就業規則を知っておく
  2. 退職の希望は余裕をもって伝える
  3. 上司に伝えるベストなタイミングとは
  4. 退職届の提出方法
  5. 残務処理や引き継ぎをして、円満退社を心がける
  6. 引き止めがしつこい場合は退職代行もアリ
佐々木
次に、転職をするうえでやっておいた方が良い3つの準備を紹介します!

転職するうえでやるべきこと3選

佐々木
地方公務員の仕事を辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。
準備すべきこと
  1. 地方公務員を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.地方公務員を辞めた時のリスクと向き合っておく

転職せず地方公務員として働き続ければ、0から実績を作る必要もなく、金銭的には安定した生活を過ごせます!

転職して他の業界に行けば、一からのスタートをきることになります。

転職先によっては、覚える仕事が多かったり、厳しい研修制度を取り入れているところがあることも頭に置いておきましょう。

2.プロに転職の相談をしておく

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります…

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

3.転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には、次の点に気をつけましょう!

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。


佐々木
以上が地方公務員の仕事を辞めるときに準備しておくべき3つのことです。
準備すべきこと
  1. 地方公務員を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う
ゆり
以上の3点を意識すれば良いのですね!
佐々木

はい、その通りです!

退職前の準備をきちんと行い、後悔のない転職活動をおくりましょう!

市役所職員を辞めたいなら、今転職しないと人生規模で後悔するかも…

佐々木

今回は、市役所職員から転職したい方に向けて、転職の方法についてお伝えしてきました。

要点を整理すると次の通りです。

まとめ
  • 市役所職員からの転職は可能
  • 実際に市役所職員からの転職を成功させた人はいる
  • 転職したいなら、プロに転職相談するべき
  • 転職に成功するには、エージェントを複数登録するべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
これらの転職エージェントがおすすめなんですね!

けど、どれも良さそう…

佐々木
どれにするか迷った場合は、転職エージェントの中でも実績が豊富な…

「リクルート」と「doda」の2社に登録しておけば間違いありません!

迷ったら2社に登録すべき
ゆり
わかりました!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
あなたが市役所職員からの転職に成功できることを応援しています!