HSP気質な看護師の体験談|仕事で辛い点&最適な職場の選び方を紹介

「今看護師だけど、HSP気質だし向いてない気がする…」

「HSPの私でも看護師として問題なく働ける?」

このような悩みや疑問を持っている人に向けて、『HSP気質の看護師の体験談』『HSPの人ならではの職場の選び方』などを解説します!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、HSP気質でも看護師として活躍する方法が分かり、今持っている悩みを解消できますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

HSP気質でも看護師として活躍できる理由

転職エージェントの佐々木
佐々木

まずは、HSP気質でも看護師として活躍できる理由をお伝えします!

HSPで悩んでいる人も多いですが、実は看護師にとって重要な素質を持っている場合もありますよ!

看護師として活躍できる理由
  1. 患者様の小さな変化に気づける
  2. 誠実な対応ができ職場で信頼を得やすい
  3. 観察力がある後輩の指導に向いてる
  4. 危機管理能力があり管理者として働ける

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:患者様の小さな変化に気づける

HSP気質の看護師は、細かいことに敏感なので、患者様のちょっとした変化にすぐに気づくことができます。

患者様の言動をはじめ、身体の動きや表情など、何気ないことからいち早く異変を感じ取れるのは、看護師として大きなメリットです。

実際患者様の中には、自分が思っていることをなかなか口に出せない人がたくさんいます。

HSP気質の看護師は、変化に気づきやすい分気持ちにも寄り添えるので、患者様と信頼関係を構築しやすいです!

理由2:誠実な対応ができ職場で信頼を得やすい

HSPの看護師は、誠実な対応ができ職場で高い評価を得やすいです。

患者様の変化に気づきやすいだけでなく、一緒に働く看護師や医者にも配慮して仕事ができるので、自然と職場で信頼を勝ち取れます。

人の役に立ちたいという思いが人一倍あるので、周りの人の協力して仕事を進めるのも得意です。

さまざまなことに気づき、誠実に対応できる分、難しい仕事でも信頼できる看護師として任されることが多いですよ!

理由3:観察力がある後輩の指導に向いてる

HSP気質な看護師は、観察力が優れています。

そのため、後輩看護師の指導においても力を発揮しやすい一面を持っています。

ただ看護の知識や技術を教えるだけでなく、後輩が困っていることをよく観察した上で、相手の気持ちに立って指導することが可能です。

困っていることや悩んでいることにいち早く気づけるので、後輩にとっても相談しやすい先輩と言えるでしょう!

理由4:危機管理能力があり管理者として働ける

HSP気質な人は、危機管理能力が高いので管理者の素質も高いです。

細かな観察と周りへの気配りなど、さまざまなことを想定しながら、普段から職場全体を見て働けています。

万が一の事態を想定した働き方ができるので、職場の安全を守るために管理者として早め早めの行動をとることが可能です。

困っていることにも気づけるので、一緒に働く看護師たちが働きやすい環境づくりにも大きく貢献できるでしょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、HSP気質でも看護師として活躍できる理由です!
看護師として活躍できる理由
  1. 患者様の小さな変化に気づける
  2. 誠実な対応ができ職場で信頼を得やすい
  3. 観察力がある後輩の指導に向いてる
  4. 危機管理能力があり管理者として働ける
転職希望者のゆり
ゆり
こういった理由があるから、HSPでも看護師として活躍できるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

HSPの人は、あらゆることに敏感で、物事を深く考えたり、他人に共感できる傾向があるので、

実は看護師として働く上で、必要な能力を兼ね備えているんですよ!

次の章では、実際にHSPを持ちながら看護師として働く人の体験談を紹介します!

HSPを持ちながら看護師として働く人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、HSPを持ちながら看護師として働く人の体験談を紹介します!

実際に看護師として活躍している人の事例を見て、働き方を考えてみましょう!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、HSPを持ちながら看護師として働く人の体験談です!
転職希望者のゆり
ゆり
HSPでも看護師として活躍している人がたくさんいるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

苦労することもありますが、HSPだからこそ仕事で役に立つこともたくさんあるんですよ!

次の章では、HSPの人が看護師の仕事で辛いと感じがちな点をお伝えします!

HSPの人が看護師の仕事で辛いと感じがちな点

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、HSPの人が看護師の仕事で辛いと感じがちな点をお伝えします!

役立つこともたくさんありますが、その反面辛いと感じがちな点があることも把握しておきましょう。

仕事で辛いと感じがちな点
  1. 苦手な仕事を頼まれても断れない
  2. 急変対応で自分のペースを乱される
  3. 人との関わりが多い分疲れてしまう
  4. 患者様に感情移入して辛くなる

それぞれについてお伝えします!

辛い点1:苦手な仕事を頼まれても断れない

HSPの人は、頼まれたことを断るのが苦手な傾向があります。

そのため、主任や医者に仕事を頼まれた時、手が空いていないのに「分かりました、やります」と引き受けてしまう人が多いです。

結果的に、苦手な仕事や許容範囲以上の仕事を抱えてしまい、勤務時間内に処理できずパンクしてしまうこともあります。

周りの人に助けを求めたい時でも、他の人の負担を考えると気が病んでしまい、ヘルプを求められない人が多いです。

辛い点2:急変対応で自分のペースを乱される

HSP気質な人は、自分の仕事のペースを乱されるのが苦手で、急な予定変更にストレスを感じがちです。

そのため、患者様の急変対応が続くと、ある程度想定していたことでも疲れ切ってしまう人もいます。

また他の看護師と協力して業務を進めるときに、息が合わなければ、自分のページを守れないのでストレスを感じてしまいます。

急変患者が多い急性期病院や、看護師の数が多い総合病院は、HSP気質な人には不向きな環境かもしれません。

辛い点3:人との関わりが多い分疲れてしまう

HSP気質な看護師は、患者様や周りの看護師の変化に気づき、細かい配慮ができる分、気を使いすぎて疲れやすいです。

ちょっとした言動の意味を必要以上に深く考えすぎ、さまざまなことに敏感に反応してしまうので、何かとストレスを溜めてしまいます。

観察力や共感力が強い分、周りに不機嫌な人がいると「自分のせいかも」と勘違いして、萎縮してしまうこともあります。

看護師として働く以上、どの環境でもたくさんの人と関わらないといけませんが、自分なりに息抜きができる時間を作るべきです。

辛い点4:患者様に感情移入して辛くなる

HSPの看護師は、必要以上に患者様に感情移入して辛くなりがちです。

困っている人を放って置けないHSPな人だからこそ、患者様と話をしていく中で、気持ちが入り込んで一緒に悲しくなってしまうのです。

病院にくる患者様は、基本的に困っている人や辛い人ばかりなので、たくさんの人に感情移入し、心が疲れ切ってしまうこともあります。

感情を切り替えるのも苦手なので、悲しい気持ちを引きずり、次の業務に集中できないこともあります。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、HSPの人が看護師の仕事で辛いと感じがちな点です!
仕事で辛いと感じがちな点
  1. 苦手な仕事を頼まれても断れない
  2. 急変対応で自分のペースを乱される
  3. 人との関わりが多い分疲れてしまう
  4. 患者様に感情移入して辛くなる
転職希望者のゆり
ゆり
こういった点は、HSPだからこそ看護師の仕事で辛いと感じがちなんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

活躍できる可能性が高い反面、若干苦労する点もあるので、しっかりと自分と向き合って仕事をするのが大切ですよ。

次の章では、看護師として働くためにHSPの人がやるべきことをお伝えします!

看護師として働くためにHSPの人がやるべきこと

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、看護師として働くためにHSPの人がやるべきことをお伝えします!

若干ある働きづらさを解消するために、次の4つのことを意識すべきです!

HSPの人がやるべきこと
  1. HSPである自分の特性を理解する
  2. HSPだからこそ貢献できることを探す
  3. 自分なりのストレス解消法を考える
  4. 悩みを相談できる相手を作る

それぞれについてお伝えします!

やるべきこと1:HSPである自分の特性を理解する

まず、HSPである自分の特性を理解することから始めましょう!

HSPといっても、人それぞれ特性が異なるので、これまでの出来事を振り返り、自分について深く知るべきです。

物事に対してどのように捉える傾向があり、何に対して敏感で、何にストレスを感じるかを考えるのでポイントです。

自分の特性が見えてきたら、素直に苦手なことを認め、苦手なことをできる限り遠ざけられる環境で働くことをおすすめします。

やるべきこと2:HSPだからこそ貢献できることを探す

HSPだからこそ苦手なことを理解した上で、自分なりに看護師として貢献できることも考えるべきです。

お伝えした通り、看護師はHSP気質でも活躍できる可能性が高いので、自分の特性から職場にもたらすメリットを考えてみましょう!

職場で貢献できる部分を考えれば、自分自身のことを認められるようになり、自己肯定感が高まっていきます。

他の人にない自分自身の強みをどんどん活かせば、職場で唯一無二の存在になれるかも知れませんよ。

やるべきこと3:自分なりのストレス解消法を考える

看護師として活躍するためには、自分なりのストレス解消法を持つことも大切です。

HSPの人は、周りの言動、職場内の雰囲気などの外部刺激から、他の人以上にストレスを感じがちです。

ストレスを溜め込みすぎると、心や体に負担がかかり、いずれ爆発してしまう恐れもあるので、程よく疲れた自分を癒すようにしましょう。

仕事とプライベートをしっかり分けたり、睡眠や休息をたっぷり取ることをおすすめします。

やるべきこと4:悩みを相談できる相手を作る

自分の悩みを相談できる相手を作っておくことは、どんな仕事をする上でも大事なことです。

家族や友人をはじめ、職場の同僚など気軽に話ができる人が一人いれば、困っているときにお互い支え合えるので、心に余裕を持てるようになります。

看護師の場合、「看護roo!」「ナース専科」など、悩みを相談できる掲示板がインターネット上にあります。

同じような悩みを持っている人と出会えたり、解決策を教えてもらえるので、悩んだときには利用すべきですよ!

おすすめのお悩み掲示板
  1. 『看護roo!』
    ナースをハッピーにするためのメディア
    【公式】https://www.kango-roo.com/
  2. 『ナース専科』
    看護師・看護学生のための情報サイト
    【公式】https://nurse-senka.jp/

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、看護師として働くためにHSPの人がやるべきことです!
HSPの人がやるべきこと
  1. HSPである自分の特性を理解する
  2. HSPだからこそ貢献できることを探す
  3. 自分なりのストレス解消法を考える
  4. 悩みを相談できる相手を作る
転職希望者のゆり
ゆり
こういったことを意識して、看護師として働くのが良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

働きづらさを少しでも軽減するための努力をするのが大切ですよ!

次の章では、HSPでも働きやすい看護師の職場環境についてお伝えします!

HSPでも働きやすい看護師の職場環境とは

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、HSPでも働きやすい看護師の職場環境についてお伝えします!

これから看護師になる人や転職を考えている人は、次のような職場を選ぶことをおすすめします!

働きやすい職場環境
  1. 少人数で同じ人と仕事ができる職場
  2. 業務内容や患者様の変化が少ない職場
  3. 看護師の資格が活かせる病院以外の職場

それぞれの職場環境についてお伝えします!

働きやすい環境1:少人数で同じ人と仕事ができる職場

HSP気質な人にとって最適な環境は、少人数かついつも同じ人と仕事ができる職場です。

人が多く、看護師同士のコミュニケーションが活発な職場は、気を使うことが多く、何かと敏感なHSPの人には不向きです。

看護師の仕事である以上、完全に一人で業務を行うには難しいですが、できる限り他者との接点が少ない環境を選ぶことをおすすめします。

小規模クリニックや夜勤のみの働き方であれば、関わる人がいつも同じ場合もあるので、慣れている人と働ける分、苦労しない場合もありますよ。

働きやすい環境2:業務内容や患者様の変化が少ない職場

業務内容や患者様の変化が少ない職場は、HSPの看護師に最適な環境です。

具体的には、慢性期病院や回復期病院、療養施設などが考えられます。

患者様の変化が少なければ、日々のルーティン業務に集中できるので、落ち着いて黙々と仕事をこなしていけます。

反対に、目まぐるしく患者様の入退院があり、なかなか予定通りに業務が進められない職場は、ストレスを感じることも多くHSPの人には不向きです。

働きやすい環境3:看護師の資格が活かせる病院以外の職場

看護師として活躍できる職場は、病院だけではありません。

産業看護師や保育園看護師、高齢者向け施設など、さまざまな場所で看護師資格を持っている人材を求めています。

病院特有の緊張感や雰囲気に苦手意識がある人は、看護師として病院以外への勤務を選択肢に入れることもおすすめです!

看護師という国家資格を活かせる環境は、病院以外にもたくさんありますよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、HSPでも働きやすい看護師の職場環境です!
働きやすい職場環境
  1. 少人数で同じ人と仕事ができる職場
  2. 業務内容や患者様の変化が少ない職場
  3. 看護師の資格が活かせる病院以外の職場
転職希望者のゆり
ゆり
こういった環境を選べば、HSPの看護師でも働きやすいんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

HSPだからこそ、慎重に職場を選ぶことが大切ですよ!

次の章では、HSPの人が看護師資格を活かして適職を探す方法をお伝えします!

HSPの人が看護師資格を活かして適職を探す方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、HSPの人が看護師資格を活かして適職を探す方法をお伝えします!

次の方法で慎重に仕事を探すことで、看護師資格を活かせて自分に合う職場が見つかりますよ!

適職を探す方法
  1. 自己分析を丁寧に行う
  2. 仕事に求める希望条件を整理する
  3. 口コミサイトで内部事情を調べる
  4. 転職エージェントに相談する

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:自己分析を丁寧に行う

自己分析を丁寧に行い、自分の性格を把握すれば、どんな職場が合うか分かり求人選びの軸を定めやすくなります!

特にHSP気質がある人は、自分の強みや弱みをしっかり理解した上で仕事を選ばないと、入社後に人との関わりで苦労しがちです。

自己分析の方法としては、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を活用することをおすすめします!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

転職エージェントの佐々木
佐々木

グッドポイント診断を使えば無料で本格的な診断が行え、自分の強みや向いてる職場がわかりますよ!

方法2:仕事に求める希望条件を整理する

自分に合う仕事を見つけるために、希望条件を明確に整理することをおすすめします!

HSPとしての強みが活かせたり、弱みを気にすることなく働けることはもちろんですが、職場環境だけでなく労働条件も大切です。

給料、勤務時間、勤務地、業務内容など、求めることを洗い出してみましょう。

全てを叶えるのは難しい場合もあるので、優先順位を決めて、特に譲れない条件を守れる仕事を選ぶべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
希望条件をしっかり整理できていれば、求人選びで悩まなくなるので、スムーズに転職活動を進められますよ!

方法3:口コミサイトで内部事情を調べる

気になる求人があった時は、口コミサイトを使って実際に働いた経験がある人の評判を確認しましょう。

口コミサイトを使うことで、ホームページや求人票に記載されている情報や制度が、本当かどうかを調べられます。

実際、求人情報には良い点だけを取り上げている企業もたくさんあるので、口コミサイトを使って内情を確認することは大切です。

入社後、想像と違ったということにならないよう、口コミサイトを使って情報収集を丁寧に行うべきです!

転職エージェントの佐々木
佐々木
口コミサイトは「ナース専科」「転職会議」を使うことをおすすめします。
おすすめ口コミサイト2選
  1. 『ナース専科』
    看護師・看護学生のための情報サイト
    【公式】https://nurse-senka.jp/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/

方法4:転職エージェントに相談する

適職を探すためには、転職エージェントを活用することをおすすめします!

転職エージェントは、ただ求人を紹介するだけでなく、キャリア相談から自己分析のサポート、応募書類の添削まで様々なサポートを行ってくれます。

転職のプロとして、悩みに寄り添ってサポートしてくれるので、HSPでも無理なく働ける最適な仕事を紹介してもらえますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
転職エージェントの具体的なサポートについては、次の記事で説明しています!
転職エージェントの佐々木
佐々木
看護師資格を活かして転職したいなら、次の転職エージェントを使うべきです!
おすすめの転職エージェント

◎総合型

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

◎看護師特化型

  1. 『ナース人材バンク』
    各地域の看護師事情に詳しい担当者が在籍
    【公式】https://www.nursejinzaibank.com/
  2. 『看護のお仕事』
    全国12万件を超える求人数
    【公式】https://kango-oshigoto.jp/
転職希望者のゆり
ゆり

ありがとうございます!

でも、どれも良さそうで迷ってしまいますね…。

転職エージェントの佐々木
佐々木

より多くの求人を見たり、相性の良い担当者と出会うためにも、転職エージェントは1社ではなく複数社に登録すべきです!

もし迷ったら、総合型の『リクルートエージェント』と看護師特化型の『ナース人材バンク』に登録しておきましょう!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『ナース人材バンク』
    各地域の看護師事情に詳しい担当者が在籍
    【公式】https://www.nursejinzaibank.com/

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

各転職エージェントについては、次の記事で詳しく説明しています!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、HSPの人が看護師資格を活かして適職を探す方法です!
適職を探す方法
  1. 自己分析を丁寧に行う
  2. 仕事に求める希望条件を整理する
  3. 口コミサイトで内部事情を調べる
  4. 転職エージェントに相談する
転職希望者のゆり
ゆり
これらの方法で適職を探すのが良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

自分に合う仕事を見つけるためにも、転職エージェントには早めに登録しておくことをおすすめします!

HSP気質な看護師は繊細だからこそ患者様に寄り添える!

転職エージェントの佐々木
佐々木

今回は、HSP気質なことに悩んでいる看護師に向けて、

HSP気質の看護師の体験談や、HSPの人ならではの職場の選び方などをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • HSP気質な人は看護師として活躍できる素質を持っている
  • HSPでも看護師として活躍している人はたくさんいる
  • 業務内容や患者様の変化が少ない職場はおすすめ
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめの転職エージェント

◎総合型

  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『パソナキャリア』
    サポートが手厚いので不安な方に
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

◎看護師特化型

  1. 『ナース人材バンク』
    各地域の看護師事情に詳しい担当者が在籍
    【公式】https://www.nursejinzaibank.com/
  2. 『看護のお仕事』
    全国12万件を超える求人数
    【公式】https://kango-oshigoto.jp/
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

『リクルートエージェント』『ナース人材バンク』に登録しておくことをおすすめします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談をしてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!