アマゾンに中途採用で転職!気になる平均年収や正しい転職方法を徹底解説

「アマゾンの転職難易度が知りたい!」

「アマゾンは中途採用で募集している職種は…?」

このような疑問を持っている人に向けて、『アマゾンの転職難易度』や『アマゾンに転職するための方法』などを紹介します!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、アマゾンの転職難易度が分かり、適切な対策をして選考に臨めますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

知っておくべき!アマゾンの特徴と中途採用のポイント

転職エージェントの佐々木
佐々木
まず、アマゾンの特徴をお伝えします!

ここでは要点だけをまとめたので、具体的な説明の前にまずは全体像を把握しておきましょう!

アマゾンの特徴

転職エージェントの佐々木
佐々木
それではアマゾンの特徴をお伝えします!
項目特徴
企業規模eコマースにおける世界的なリーディングカンパニー。日本事業のみで1.7兆円、すべての事業を含めると30兆円以上の売上を誇る。
事業展開ECサービスに加え、AWSなどのクラウドサービスや、AmazonPrimeのサブスクリプション事業など幅広く展開している。
平均年収平均約1,000万円、役職によってかなり差がある。
残業時間平均残業時間は約30時間と業界平均並み。
企業風土「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」を理念にしている。
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンには、こういった特徴があるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
はい!

転職を狙っているなら、アマゾンならではの特徴をしっかりと理解しておくべきですよ!

アマゾンに転職する際のポイント

転職エージェントの佐々木
佐々木

次に、アマゾンに転職する際のポイントをお伝えします!

転職のポイント
  1. エンジニア、マーケター、工場勤務など幅広い職種を募集している
  2. 職種によっては難易度が高く、前職での経験が重視される
  3. 外資系企業なのである程度の語学力を求められる
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンは、幅広いポジションで求人を募集しているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

一方で職種によっては求められる条件も多いので、

募集要項をチェックし、正しく転職活動を進める必要がありますよ!

次の章から、アマゾンの事業内容や事業計画について詳しくお伝えします!

アマゾンの基本情報|事業内容や事業計画について

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アマゾンの事業内容や事業計画についてお伝えします!

ホームページにも書かれている情報を整理してお伝えするので、基本情報をしっかり理解していきましょう!

アマゾンの基本情報
  1. アマゾンの会社概要
  2. アマゾンの事業内容の詳細
  3. アマゾンのトップメッセージと事業計画

1つずつ見ていきましょう!

アマゾンの会社概要

転職エージェントの佐々木
佐々木
アマゾンの会社概要は、次の通りです!
社名アマゾンジャパン合同会社
本社所在地〒153-0064
東京都目黒区下目黒一丁目8番1号
ARCO TOWER ANNEX
売上高2019年:1.7兆円
設立1998年9月
サービス開始:2000年
資本金非公開
従業員数非公開
代表者名職務執行者: ジャスパー・チャン
職務執行者 :ジェフ・ハヤシダ
運営統括責任者:Brian T. Olsavsky
事業内容EC事業
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンは、創業が1998年と比較的若い会社なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

しかし現在では世界的代表するECサービスとして、誰もが知る有名企業になっています!

アマゾンの企業情報

アマゾンの事業内容の詳細

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、アマゾンの事業内容の詳細についてお伝えします!

アマゾン、及びアマゾンジャパンは私達がよく知っている世界最大手のECサイト「Amazon.com」を運営していることで有名です。

一方で、企業や政府機関を顧客とするクラウドサービス「AWS」や、サブスクリプションサービス「AmazonPrime」も運営するなど、多岐にわたって事業展開をしています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、アマゾンの事業分野は次のものがあります!
Online Stores
(オンラインストア)
製品やデジタルメディアコンテンツを販売します。
小売インフラを通して、様々な消耗品や耐久消費財を消費者に提供しています。
Physical Stores
(実店舗)
アマゾンはリアル店舗も出店しています。
オンラインで注文したものを、実店舗から配送することもあります。
Third-party seller services
(サードパーティー・セラー・サービス)
販売事業者に向けに、アマゾンへの出店やマーケットプレイスへの参入を促進しています。
Subscription services
(サブスクリプションサービス)
『Amazon Prime』としてオーディオブック、デジタルビデオ、デジタル音楽、電子書籍など、その他AWS以外のサブスクサービスを提供しています。
AWS
(アマゾンウェブサービス)
世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームです。
世界中のデータセンターから 175 以上のフル機能のサービスを提供しています。
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンでは様々な事業を展開しているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

私達が普段使うオンラインショップだけではなく、多角的にサービスを展開しているんですよ!

アマゾンのトップメッセージと事業計画

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、トップメッセージと事業計画についてお伝えします!

ここでは、アマゾンの創業者であり現CEOであるジェフ・ベゾス氏の言葉を紹介します!

以下は2020年3月にAmazon社員に向けて送られたメッセージの一部抜粋です。

トップメッセージ

Amazonは、特に高齢者のような最も脆弱な立場にある方たちをはじめ、世界中の人々に極めて重要なサービスを提供しており、多くの人々は私たちを頼りにしています。

世界中の人々が、この危機に対する経済的な影響を感じており、残念ながら私自身も、事態が良くなる前に、当面は悪化していくと予測しています。

Amazonは、新たに10万人を雇用しようとしており、またストレスと不安があるこの時期に受注・配達業務に従事しているパートタイムの社員の皆さんの賃上げを実施しています。

現在、私は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と、Amazonが最良な役割を果たしていく方法について、すべての時間と思考を集中しています。

Amazonで働いている皆さんにも、Amazonが重要な役目を担い続けることを理解し、新しい支援の機会を探し続けていただきたいと思います。

世界中に支店を持つ、物流を代表する企業として一丸となって感染症に立ち向かう姿勢がうかがえます。

さらに、厳しい状況の中でも新規で10万人以上を雇用することを発表しており、今後もさらなる発展が予想されます。

また事業計画について、アマゾンジャパンの現社長ジャスパー・チャン氏は、「日本ではまだ浸透していない『AWS』のサービスや『リアル店舗』にも力を入れたい」と述べています。

これらはほとんど日本では手が付けられいない領域のため、今後もさらなる売上拡大が予想されます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
アマゾンは厳しい状況の中でも業績をのばしており、感染症による影響を受けにくい企業と言えるので、

転職先に安定性を求める人にはおすすめです!


転職エージェントの佐々木
佐々木
アマゾンの企業情報についてお伝えしました!
アマゾンの企業情報
  1. アマゾンの会社概要
  2. アマゾンの事業内容の詳細
  3. アマゾンのトップメッセージと事業計画
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンでは通販サイトだけでなく、様々な事業展開をしているんですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

どのような企業か知った上で転職活動に臨むことで、適切な対策がしやすくなるので、

企業情報を知っておくことは大切ですよ!

次の章では、アマゾンの採用情報・募集要項についてお伝えします!

転職者必見!アマゾンの採用情報・募集要項

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アマゾンの採用情報や募集要項についてお伝えします!

どのような人材を募集しているかを把握するために、しっかり確認していきましょう!

アマゾンの採用情報
  1. アマゾンの採用職種
  2. アマゾンの平均年収
  3. アマゾンの労働環境

1つずつ見ていきましょう!

アマゾンの採用職種

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここではアマゾンの採用職種についてお伝えします!

アマゾンでは、エンジニアから工場勤務まで積極的に中途採用で人材を募集しています。

誰もが知る世界屈指の大手企業なので、本社への転職難易度は非常に高くなっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
公式サイトを見ると、次の職種で人材をもとめているようです。

一部抜粋して紹介します。

職種業務内容
ビジネスディベロップメント
(事業開発)
新機能や新プログラムの企画開発や大規模なプロモーションなどにも関わりながら、持続的なビジネスモデルを確立する。
セールスセラーサービス部門:
品揃えをさらに増やしていくために新規販売事業者の開拓や販売サポート行う。
広告部門:
メーカーなどに対し購買に直結するインターネット広告やブランディング目的の広告ソリューション提案をする。
ビジネスインテリジェンス/ビジネスアナリスト
(データ分析)
専門的に高度なデータ分析を行い、各種改善を行う。
クリエイティブ・ディレクター制作、企画から運用までトータルで責任を持ち、ブランドイメージを担当する。
デザイナーウェブデザイナー、UX/UIデザイナー、ビジュアルデザイナーなどの職種があり、使いやすいサービスを構築する。
ソフトウェアディベロップメントエンジニア
(ソフトウェア開発)
日本ならではの習慣を踏まえた新たな機能開発や日々の改善などを行う。
マーケティングマネージャー新サービスや新ストアの認知度を高めるために、顧客セグメンテーションやターゲティング、ポジショニングといったマーケティング戦略の策定を行う。
HRビジネスパートナー
(部門担当人事)
組織開発、人材育成・配置、キャリア形成の機会、組織文化の醸成など、短期・中長期にわたるさまざまなHRソリューション担当する。
転職エージェントの佐々木
佐々木
グループ会社も含めて、数多くの職種を募集しています。

興味のある職種があったら公式サイトで募集要項をチェックしてみましょう!

アマゾンの採用職種

アマゾンの平均年収

転職エージェントの佐々木
佐々木
次に、アマゾンの社員の職種別平均年収をお伝えします!

Openworkのデータによると、アマゾンの社員の職種別平均年収は次のようになっています。

平均年収
  • 営業:1,148万円
  • マーケティング:1,261万円
  • バイヤー:1,202万円
  • マネージャー:1,208万円
  • オペレーション:753万円
  • 管理:911万円
  • 事務:632万円
  • エンジニア・SE:872万円

アマゾンの給与は、他の小売業界やIT業界と比較して高いと言えるでしょう。

また、外資企業のアマゾンはボーナスが無い代わりに、評価に応じて「Amazon.com」本社の米国株が支給されます。

アマゾンの株価は1株3,000ドル以上の高値で推移しており、支給される株数によって大きく年収に差があるようです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
上記に加え家賃手当や有給、さらに大企業ならではの福利厚生も充実してるんですよ!
アマゾンの平均年収
引用:Openwork

アマゾンの労働環境

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここでは、アマゾンの残業や休日出勤など、労働環境についてお伝えします!

アマゾンの平均残業時間は、月30時間程度です。

これは、同業界の企業と比較して平均的な残業時間となっています。

また、特別な事情がない限り、基本的に休日出勤はありません。

完全週休2日制で、そのほか長期休暇も取りやすい環境になっています!

転職エージェントの佐々木
佐々木
上記に加え、職種や部署によっては勤務時間が変わってくるので、面接前にしっかり確認することをおすすめします!

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、事前に知っておきたいアマゾンの企業情報についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

アマゾンの採用情報
  1. アマゾンの採用職種
  2. アマゾンの平均年収
  3. アマゾンの労働環境
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンには様々な職種があり、労働環境が良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

その中でも、前職での経験を活かすことが出来る職種を狙って応募することがおすすめです!

次の章では、具体的なアマゾンの求人情報を紹介します!

現段階で募集中のアマゾン中途採用の求人採用情報

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここから、現段階で募集中のアマゾン中途採用の求人情報をお伝えします!

2021年7月現在、募集されているアマゾン中途採用の職種は以下の通りです!

職種募集数
プロジェクト・プログラム・プロダクトマネジメント17名
サプライチェーン・トランスポーテーションマネジメント15名
オペレーション、IT&サポートエンジニアリング9名
フルフィルメント&オペレーションマネジメント6名
人事(HR)6名
ファシリティー・メンテナンス・リアルエステート4名
リーダーシップディベロップメント・トレーニング2名
マーケティング&PR2名
ビジネス&マーチャントディベロップメント1名
ビジネスインテリジェンス1名

アマゾンは新卒採用に加え中途採用も積極的に行っており、その中でも特にマーケター職やエンジニア職の人材が多く求められているようです。

一方、全ての職種の採用においてアマゾンが求める人物像である、

「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条を理解していることが前提として求められています。

一部抜粋して紹介します。

「Our Leadership Principles」
  • Customer Obsession
    リーダーはお客様を起点に考え行動します。お客様から信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。
  • Ownership
    リーダーにはオーナーシップが必要です。リーダーは長期的視点で考え、短期的な結果のために、長期的な価値を犠牲にしません。
  • Invent and Simplify
    リーダーはチームにイノベーション(革新)とインベンション(創造)を求め、同時に常にシンプルな方法を模索します。リーダーは状況の変化に注意を払い、あらゆる場から新しいアイデアを探しだします。
  • Are Right, A Lot
    リーダーは多くの場合、正しい判断を行います。 優れた判断力と、経験に裏打ちされた直感を備えています。 リーダーは多様な考え方を追求し、自らの考えを反証することもいといません。
  • Learn and Be Curious
    リーダーは常に学び、自分自身を向上させ続けます。新たな可能性に好奇心を持ち、探求します。

引用:「アマゾンジャパン公式サイト」

また、職種によっては応募条件として社会人経験5年以上や、ビジネス英語を扱えることなどの条件があるので、公式サイトで募集要項を確認しましょう。

自分の適性にあった職種があれば、対策をした上で応募してみましょう!

転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンは積極的に中途採用を行っているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

しかし、アマゾンは世界的な大企業で、実力者が求められているのでしっかりと対策を練って採用面接に望むのが臨ましいです!

また、アマゾンではグループ会社でも中途採用を募集しているので、気になる方は公式サイトでチェックしてみましょう。

情報は頻繁に更新されているので、自分に合う求人が出たタイミングを見逃さないことが大切ですよ!

いち早くアマゾンの求人情報を得るためにも、公式サイトを頻繁にチェックしたり、転職エージェントに登録するなどアンテナを張っておきましょう!

アマゾンの内部情報に関する評判・口コミまとめ

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、アマゾンの内部事情に関する評判や口コミについてお伝えします!

アマゾンの内情を知るためにも、実際に働いた経験のある人の評判や口コミをよくチェックしておくべきですよ!

アマゾンの評判・口コミ
  • 年収・福利厚生に関して
  • 仕事のやりがい・スキルアップに関して
  • 人間関係・社内の雰囲気に関して

各項目ごとの評判や口コミをお伝えします!

評判1|年収・福利厚生に関して

転職エージェントの佐々木
佐々木
年収や福利厚生に関する口コミは、次のようなものがありました!
年収や福利厚生に関して
  • 年収は基本的に高いが、株価に左右される側面もある。
  • 住宅手当や通勤手当、単身赴任手当などが充実している。
  • 活躍している人は長く残るように、活躍できない人は辞めやすい仕組みになっている。
  • 年収や福利厚生は非常に安定しているので仕事を高い水準でこなせる自信があるなら安心できる職場。

年収については、高く設定されています。

全員1~12までにレベル分けされており、自社株を受け取ることが出来るのはレベル4からです。

以下の図は、社員のレベルと相当する年収をまとめたものです。

年収は株価を含んだ金額になるので、時期によって変動する可能性があります。

レベル役職年収
レベル1~3契約社員/派遣/アルバイト~400万
レベル4~5正社員400~900万円
レベル6マネージャー900~1,200万円
レベル7シニアマネージャー1,200~2,200万円
レベル8ディレクター2,200~4,500万円
レベル10バイスプレジデント4,500万円
レベル11シニアバイスプレジデント不明
レベル12ジェフ・ベゾス不明

転職者は基本的にレベル5~7からの配属になるので、一年目から年収が1千万円を超えることもあるようです。

福利厚生は外資企業とはいえ住宅手当、有給など充実しています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
年収や福利厚生などの待遇はかなり好条件と言っていいでしょう!

評判2|仕事のやりがい・スキルアップに関して

転職エージェントの佐々木
佐々木
仕事のやりがいやスキルアップに関しては、次のような口コミがありました!
仕事のやりがい・スキルアップに関して
  • ビジネス規模が大きいので、世界に与える影響が大きいこと
  • 優秀な人が多い環境なのでいろいろな刺激がもらえること
  • クライアントによっては、経営課題に踏み込んだ業務ができること

世界を牽引するアマゾンに転職することができれば、影響力がありレベルの高い仕事に携わることができます。

一方で、研修の期間はほとんどなく、転職してすぐに現場に配属されるので向上心や他人から吸収する力は必要不可欠です。

しかし周りには優秀な人材が多い職場環境なので、成長を求める人にはおすすめできます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
アマゾンはやりがいと成長環境どちらも兼ね備えているといえるでしょう。

評判3|人間関係・社内の雰囲気に関して

転職エージェントの佐々木
佐々木
人間関係や社内の雰囲気に関する口コミをまとめると、次のような内容が多く見られました!
人間関係・社内の雰囲気に関して
  • 社員の仕事に対するモチベーションが非常に高く、やるべきことはすぐやる
  • 部署同士が取引先のような雰囲気があり、いい意味でドライ
  • 意思決定が非常に早い
  • 個人事業主が集まって一緒に仕事をしているイメージ

アマゾンの社員は仕事への熱意が高い反面、ドライな雰囲気があり、会社にアットホームな雰囲気を求める人には向いていないとの声もありました。

いわゆる私達が持つ「外資系」のイメージが強く、常に数字上での成果を求められます。

一方で中途入社の社員が多いこともあり、意見が言いやすい雰囲気はあるようです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
社員同士一丸となって頑張ろうと言うより、部署同士がライバルのような雰囲気があるようです。

以上が、アマゾンに関する評判や口コミです!

アマゾンの評判・口コミ
  • 年収・福利厚生に関して
  • 仕事のやりがい・スキルアップに関して
  • 人間関係・社内の雰囲気に関して
転職希望者のゆり
ゆり
アマゾンには、悪い口コミも少しあるようですが、良い評判がたくさん集まっているんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

働いたことのある社員の評判や口コミは、入社前の安心材料になるので、よく確認しておくべきですよ!

ほかにも、評判や口コミが見たい方は次の口コミサイトを活用してみましょう!

おすすめ口コミサイト
  1. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/
  2. 『openwork(旧:Vorkers)』
    【公式】https://www.vorkers.com/

次の章では、アマゾンへの転職に成功するための方法をお伝えします!

アマゾンへの転職を成功へと導くための正しい方法

転職エージェントの佐々木
佐々木
ここではアマゾンへの転職を成功に導く為の方法を3つ紹介します!

お伝えする方法をもとに選考対策をすることで、転職成功率が上がりますよ!

転職成功のための3つの方法
  1. 企業理念を理解した上で選考に臨む
  2. 外資企業ならではの選考対策をする
  3. アマゾンでなくてはいけない明確な理由を持つ

それでは見ていきましょう!

方法1|企業理念を理解した上で選考に臨む

Amazonの面接を受ける上では、企業理念である「Every day is still Day One」を理解しておくことが不可欠です。

なぜなら、企業理念を理解していることで、企業のビジョンとマッチングしている人物であることをアピールすることが出来るからです。

特に、「Every day is still Day One」で最も大切とされる、

「顧客の信用・信頼を掴み取ることを第一優先とし、獲得した信用・信頼を維持していくことを念頭に置ける人材」であることを伝えることがポイントです。

方法2|外資企業ならではの選考対策をする

外資企業であるアマゾンでは、日系企業にはないような独特の面接スタイルがあります。

例えば2次面接で行われる「STAR面接」です。

STAR面接とは、過去の行動例から応募者の人となりを掘り下げていく行動面接のことで、次の単語の頭文字を取ったものです。

STAR面接
  • S(Situation)…過去のある状況下において
  • T(Task)…どういった課題があり
  • A(Action)…どういう対処をし
  • R(Result)…どういう結果になったのか

このSTAR面接は、外資企業やコンサルティング会社の面接でもよく行われる方式です。

ですので、これまでの経験の棚卸しをし、売上や利益が前よりも何%改善したのかなど、定量的な情報を確認しながら質問に答えられる準備をしましょう。

これらは、『現段階で募集中のアマゾン中途採用の求人採用情報』で紹介した、

「Our Leadership Principles」に基づいて質問されることが多いのでよく読み込んでおきましょう。

方法3|アマゾンでなくてはいけない明確な理由を持つ

転職する際は、その企業でなくてはいけない理由をもつことは非常に重要です。

なぜなら、実際に「数ある企業の中からなぜアマゾン選んだの?」という質問をされている人は多く、

面接官はこの質問で転職志望者がアマゾンの社風に合うかを判断するからです。

このことから「なぜアマゾンで働きたいのか」「自分がアマゾンに転職することでどんなメリットが有るのか」などの理由を明確化しておきましょう。


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上がアマゾンへの転職を成功へと導く正しい方法です!
転職成功のための3つの方法
  1. 企業理念を理解した上で選考に臨む
  2. 外資企業ならではの選考対策をする
  3. アマゾンでなくてはいけない明確な理由を持つ
転職希望者のゆり
ゆり
人気企業への転職にはしっかりとした対策が必要なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

とくに倍率が高いアマゾンへの転職を考えているなら、転職エージェントなどのサポートを受けながら面接に望むといいでしょう。

次にアマゾンで働きたい人が登録すべき転職エージェントを紹介します!

アマゾンで働きたい人が登録すべき転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職の際に心強いのが転職エージェントのサポートです!

まずは転職エージェントを使ったほうがいい理由を解説します!

それではご説明します!

転職エージェントを使った方がいい理由

転職エージェントを使った方が良い理由には、大きく2つの点が上げられます。

理由1|企業に特化した対策を受けることが出来る

転職エージェントは、これまで数多くの転職者と企業を繋いでおり、各企業の内部事情や選考に関する情報を蓄積しています。

具体的には、過去に選考を通過できた人と落ちた人の特徴、面接でどのような質問をされたかなど、他では知ることができないデータを持っています。

このため過去の経験をもとに、各企業に合わせた模擬面接を行ったり、的確な志望動機や自己PRを一緒に考えてくれたりするでしょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木

応募書類の作成や面接を受ける前に、アマゾンの情報をたくさん教えてくれるので、

他の転職者よりも有利になりますよ!

理由2|年収交渉をしてもらえる

年収交渉を行ってくれることも、転職エージェントの大きな魅力です。

年収交渉は、個人では行いにくく、交渉の余地すらないことがほとんどです。

最終面接まで進めば、その場で入社同意書を書かされることもありますし、個人ではどのタイミングで交渉すべきか難しいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、内定が出た後、入社するかどうかは転職エージェントが企業に伝えるため、

最終的な返事をする前に転職エージェント経由で年収交渉をしてもらうことが可能です!

転職エージェントの佐々木
佐々木

少しでも良い条件でアマゾンに転職したいなら、転職エージェントを使うべきですよ!

転職エージェントの年収交渉について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職エージェントがおすすめする理由です!
転職希望者のゆり
ゆり
転職エージェントを活用することで、企業に特化した対策を受けることができるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

例えばアマゾンを志望しているなら、外資企業の面接に向けた対策をしてもらえますよ!

次にアマゾンで働きたい人が登録すべき転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント

転職エージェントの佐々木
佐々木

アマゾンへの転職を希望している人に向けて、ここでは次の条件に合う転職エージェントをピックアップしてみました!

ピックアップした条件
  • 非公開求人を含みアマゾンの求人を持っている可能性が高い
  • アマゾンの求人を提案できる力とデータベースがある
  • 転職活動のサポートが充実している
転職エージェントの佐々木
佐々木

実際に、この3つの条件に当てはまる転職エージェントは次の5社となっています!

おすすめの転職エージェント
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『iX転職』
    dodaの運営元パーソルが運営するハイクラス転職サービス
    【公式】https://ix-tenshoku.jp/
  3. 『エンワールドジャパン』
    外資企業の転職におすすめ
    【公式】https://www.enworld.com/
  4. 『ビズリーチ』
    スカウト制度で自分の市場価値に見合った優良求人と出会える
    【公式】https://www.bizreach.jp/
  5. 『キャリアカーバー』
    リクルートが運営するハイクラス転職サービス
    【公式】https://careercarver.jp/
転職希望者のゆり
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

転職エージェントの佐々木
佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」と「iX転職」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき
  1. 『JACリクルートメント』
    年収600万以上のハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  2. 『iX転職』
    dodaの運営元パーソルが運営するハイクラス転職サービス
    【公式】https://ix-tenshoku.jp/

◎複数に登録するべき理由

  1. 優秀で相性のいい担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントの佐々木
佐々木

面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、転職エージェントを上手く使いこなすコツをお伝えします!

転職エージェントを上手く使いこなすコツ

佐々木
この章では、転職エージェントを最大限活用するためのポイントをお伝えします。

これから紹介する3つのポイントを抑えておけば、より有利に転職活動を進められますよ!

転職エージェントの活用法
  1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
  2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
  3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

それぞれの活用方法について、詳しく説明していきます。

活用方法1|エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う

佐々木
エージェントとの初回面談におけるあなたの目標は、「担当者から優良な企業を引き出すこと」です。

そのためには、面談前に自己分析を行って、「あなた自身について」担当者にしっかり伝えることが重要です。

なぜなら転職エージェントは、数多くの求人の中から、応募者に最適な求人を選んでいるので…

あなた自身のことを深く理解できないと、あなたに合った優良求人を紹介できないからです。

佐々木
最適な求人を紹介してもらうためには、面談前の自己分析が必須ですよ!

「自己分析のやり方がわからない…」という人は、まず無料で使える『グッドポイント診断』を試してみるのがおすすめです!

自己分析は「グッドポイント診断」を使うのがおすすめ

『グッドポイント診断』は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「あなたの強み」を分析してくれます。

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、担当者との面談時に、あなた自身のことをスムーズに伝えられます。

そのため、担当キャリアアドバイザーは、あなたに合った求人紹介と、転職活動のサポートをしやすくなるんです。

佐々木
グッドポイント診断での結果は、面談だけでなく選考時にも参考になりますよ!

活用方法2|担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する

サポートやフォロー対応に違和感があれば、担当キャリアアドバイザーの変更依頼を出すのも一つの手です。

相性の良くないキャリアアドバイザーとの転職活動はなかなか上手くいきません。

担当変更は悪いことではないので、合わないと感じたら勇気を出して変更希望の意志を伝えてください。

担当キャリアアドバイザーの変更が厳しい場合は、他社の転職エージェントを頼るのもOKです。

佐々木

相性の良いキャリアアドバイザーと出会うためにも、担当者を変更したり複数の転職エージェントに登録することは必須です!

担当者変更についてもっと知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

活用方法3|口コミサイトも併用して社員の評判を確認する

応募したい企業が出てきたら、口コミサイトを使って社員からの評判を確認しましょう

これは、企業のホームページや求人票に記載されている制度などが、実際に使われているのかどうかを確認するためです。

求人情報に載っている情報の中には…良い点だけを取り上げている場合もあるので、実際に働いている社員の口コミをチェックしましょう!

口コミサイトは「Openwork」と「転職会議」を使うことをおすすめします。

おすすめ口コミサイト2選
  1. 『Openwork(旧Vorkers)』
    企業のリアルな情報を知ることができる
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    幅広い企業に対しての口コミを掲載
    【公式】https://jobtalk.jp/
佐々木
入社後に想像と違ったということにならないよう、情報収集はしっかり行いましょう!

ゆり
転職エージェントへ登録した後も、自分から積極的に動いていく必要があるんですね!
佐々木
そうですね!

転職を成功させるためにも1つずつ進めていきましょう。

それではもう一度、活用方法をまとめておきますね。

転職エージェントの活用法
    1. エージェントとの初回面談前に、自己分析を行う
    2. 担当キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は変更する
    3. 口コミサイトも併用して社員の評判を確認する
    佐々木
    これらの活用方法を知っておけば、かなり効率よく転職活動が進められますよ!

    また、「そもそも転職エージェントって何?なんで無料なの?」「転職エージェントに登録した後の利用の流れは?」と疑問がある人はこちらの記事を見てみてくださいね。

    アマゾンに中途採用で転職したい人はプロに相談すべき!

    転職エージェントの佐々木
    佐々木
    今回は、アマゾンに中途採用で転職したいと思っている方に向けて、

    アマゾンの採用情報や、転職に成功するための方法をお伝えしてきました!

    まとめると次の通りです!

    まとめ
    • アマゾンは様々な職種で中途採用の求人を募集している
    • アマゾンの待遇は非常に良く、社員の満足度も高い
    • 中途採用でアマゾンに入社したいなら、転職エージェントを使うべし
    転職希望者のゆり
    ゆり
    ありがとうございます!
    これらを意識すれば良いんですね!
    転職エージェントの佐々木
    佐々木
    はい!
    最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。
    おすすめの転職エージェント
    1. 『JACリクルートメント』
      年収600万以上のハイキャリア向け
      【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    2. 『iX転職』
      dodaの運営元パーソルが運営するハイクラス転職サービス
      【公式】https://ix-tenshoku.jp/
    3. 『エンワールドジャパン』
      外資企業の転職におすすめ
      【公式】https://www.enworld.com/
    4. 『ビズリーチ』
      スカウト制度で自分の市場価値に見合った優良求人と出会える
      【公式】https://www.bizreach.jp/
    5. 『キャリアカーバー』
      リクルートが運営するハイクラス転職サービス
      【公式】https://careercarver.jp/
    転職希望者のゆり
    ゆり
    ありがとうございます!

    でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

    転職エージェントの佐々木
    佐々木
    そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

    迷ったら、最低でも「JACリクルートメント」と「iX転職」の2社に登録しましょう!

    迷ったら2社に登録すべき
    1. 『JACリクルートメント』
      年収600万以上のハイキャリア向け
      【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
    2. 『iX転職』
      dodaの運営元パーソルが運営するハイクラス転職サービス
      【公式】https://ix-tenshoku.jp/

    ◎複数に登録するべき理由

    1. 優秀で相性のいい担当者と出会いやすい
    2. より良い求人案件を見つけやすい

    人気の優良求人は早い者勝ち!

    転職希望者のゆり
    ゆり
    わかりました!

    早速登録して、転職の相談してみます!

    転職エージェントの佐々木
    佐々木
    あなたがアマゾンへの転職に成功できるよう応援しています!