評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

不動産営業辞めたい…不動産からの転職成功方法と残業少ないホワイト企業の内定事例

不動産業界からの転職

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『長時間で身体がもたない…不動産から転職したいな…』

『ノルマも厳しいし、不動産営業に向いてないのかな…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

入社した不動産が思っていたよりもブラック企業で悩んでいます…

体育会系の雰囲気も、ちょっと私には合わないので、他業界への転職を考えています。

佐々木

不動産の営業職は、激務と言われており、非常に離職率の高い仕事です…

あまりのブラックっぷりに、入社してすぐに辞めたいと悩む人がたくさんいるほどですからね…

そこで、今回は主に下記の点をお伝えしていきます。

この記事でお伝えすること
  • 不動産を辞めたい代表的な理由
  • 不動産からの転職でおすすめの業種・業界
  • 不動産を辞めて転職を成功させる方法
  • 不動産から転職した人の体験談
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態をゼロにしましょう。

マイナス→プラスより、ゼロ→プラスの方が簡単です。

限界が来る前に、プロのアドバイザーに転職の無料相談をして、次の選択肢を探しておくことがあなたの保険になります。

この一歩が、きっと未来のあなたを救います。

不動産業界から他業種への転職・再就職はできる?

佐々木

実際、不動産業界は体育会系の風潮もあり、営業職には厳しいノルマが課せられ、

毎日終電ギリギリまで仕事をしている社員の人がたくさんいます…

ゆり

ですよね…私も毎日終電まで働き、駅までダッシュしています…

休みも月3日あればいいほうって感じです…

佐々木

その生活を続けると、本当に身体を壊してしまいますね…

転職することを視野に入れて、早めに行動したほうがいいでしょう。

不動産の社員の平均年収と他業種の平均年収の差

佐々木
また、不動産の営業職で給料に不満を抱えている人もたくさんいます。

実際、不動産の営業職の平均年収は373万円です。他業種全体の平均年収は425万円なので、約50万円ほど不動産の給料は平均より低いということになります。

ゆり

こんなに働いているのに、給料はこれだけ?って思うこともありますね…

まあ、もっと営業成績を残せばいいのかもしれませんが…

佐々木

成績を残せば給料が上がったり、賞与を得られますが、

向き不向きはあるので、一概に全員が希望の給与を得られることは難しいですからね…

ゆり

そうですよね…

他業種の年収を見ても、やはり転職するのも正しい選択なのかなと思います。

佐々木
転職する目的は様々ありますが、給与面の不満をなくすためというのも、正しい理由の一つですからね。

不動産から他業種への転職はできる

ゆり
これまで正社員経験は不動産だけですが、他業種に転職できるもんなんですかね?
佐々木

はい!他業種への転職はもちろん可能です!

特に、不動産からの転職の場合、コミュニケーション能力やマネジメント能力が重視されるでしょう。

不動産の仕事で培ってきた、コミュニケーション能力やマネジメント能力は、どんな仕事でも活かせる武器です。

例えば、お客様に賃貸契約をしてもらうためのセールストーク、物件の管理業務など、何気なく行ってきた仕事で貴重なスキルを得られています。

佐々木

また、一般的に25歳を過ぎると、未経験での転職は厳しいと言われますが、

不動産で働いた経験があれば、30代でも転職は可能です!

例えば、人手不足の不動産に勤務していた人は、効率よく業務をこなすための努力をしてきたり、協調性も持っているでしょう。

不動産業界だけでなく、今の世の中、多くの業界で人手不足に悩んでいる企業がたくさんあります。

不動産で人手不足のなか、業務に全うしてきた経験は、転職において大きなアピールポイントとなり、転職先でも活躍できる可能性が大いに高まるでしょう。

転職・再就職が上手くいかないのは戦略が間違っているかも

佐々木

なかには、もう既に不動産を辞めるために、転職活動に取り組んでいる人もいると思います。

しかし、転職活動は戦略的に行わなければなかなか上手くはいきません。

転職活動は、あなたという商品を面接官に売り込む機会です。

いくらあなたが魅力的な能力を持っていたとしても、面接官に伝わらなければ内定はもらえません。

履歴書や職務経歴書、面接での自己PR、志望動機などは、なんとなく考えるのではなく、しっかりと作り込む必要があるのです。

ゆり

なかなか自分のアピールポイントなんて思いつきませんし、

実際、面接当日になれば緊張して上手く話せないんですよね…

佐々木

不動産で学んだ、コミュニケーション能力、マネジメント能力は全てアピールポイントです。

どんな仕事にも活かせることなので、不動産での仕事を振り返り、話せるエピソードを用意しましょう。

まず、転職のプロに相談してみることが一番の近道

佐々木

もし、自分のアピールポイントや面接のことで悩んでいるなら、

「転職エージェント」に相談してみるのがいいでしょう。

転職エージェントは、転職のプロということもあり、他業種の仕事に対する豊富なノウハウを持っていることはもちろん、あなたに合ったサポートを実施してくれます。

求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策、志望動機や職務経歴書の添削など、様々なサポートを転職エージェトは行っています。

佐々木
転職を成功させるためにも、まずは登録して相談をしてみましょう。
おすすめの転職エージェント
  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

不動産を辞めたい…辞める理由7選

佐々木

率直に、不動産会社から内定をもらうことは簡単です。

特に、仲介業者、賃貸、管理部門は人手不足に悩んでいるので、運転免許さえあれば誰でもOKと考えている会社もあるほどです…

不動産は底辺?やばい業界の現実

入社の壁は非常に低い不動産業界ですが、仕事においては契約と売上が絶対です。

契約数や売上のノルマが達成できなければ、残業は当たり前、職場によっては休日がないこともあるでしょう…

物件の管理担当になっても、家賃対応、騒音やゴミ出しのクレーム対応など、きつい仕事がたくさんあります。

また、長年仕事を続けて管理職になったとしても、さらに過酷な現実が待っています…

宅建や資格の取得を強要され、独立しない限り永遠に長時間労働を抜け出すことはできません。

佐々木

実際、身体や心の限界で転職する人も多く、

3年も経てば、不動産の店舗で働いている人の顔ぶれは、ほとんど変わると言われています。

不動産を辞める理由7選

佐々木
それでは、実際に不動産を辞める理由をお伝えしていきます。
不動産を辞める理由
  1. 営業ノルマがきつすぎる
  2. 過酷な営業手法で精神的に限界
  3. 人手不足で業務が多すぎる
  4. 給料が安く生活が安定しない
  5. 労働時間が長くてハード
  6. 休みや自分の時間が少ない
  7. 怒鳴られたりクレーム対応が辛い
佐々木

細かい理由は、他にももっとたくさんありますが、

不動産の社員は、上記のような理由から辞めたいと考えています。

ゆり

私が辞めたい理由も含まれていますし、

一緒に働いている社員の人や既に辞めた人も、同じような理由で悩んでいましたね…

佐々木

職場環境にもよりますが、「人材の使い捨ては当たり前」「教育して育てる概念なし」

といった考えの不動産会社もありますからね…

不動産から転職するメリット

佐々木
それでは、不動産から転職して得られるメリットを、次にお伝えします。
不動産から転職するメリット
  1. 長時間労働から解放される
  2. 年収が上がる可能性がある
  3. 土日休みなど休日が増える
  4. 教育体制の整った環境で働ける
  5. 人手不足ではなく、余裕を持って働ける
  6. クレーム対応をする必要がなくなる
佐々木
不動産から転職するメリットは、上記のようなことが考えられます。
ゆり

全てを手に入れることは難しいかもしれませんが、

不動産からの転職で、こんなにも様々なメリットが得られるんですね!

佐々木

はい!いい転職先を見つけられたら、今の悩みがなくなるだけでなく、

将来への希望もどんどんわいてきて、仕事が楽しくなりますよ!

不動産からの転職先で、おすすめの業界・職種

佐々木
それでは不動産からの転職で、おすすめの転職先をお伝えしていきます。

基本的に、不動産からは幅広い業界への転職が可能ですが、今回は下記の職業に絞ってお伝えしていきます。

不動産からおすすめの転職先
  1. 営業職
  2. MR
  3. 事務職
  4. Web・IT企業
  5. 人材関係
  6. 教育関係
  7. 比較的ホワイトな同業他社へ

それぞれ詳しく確認していきましょう。

各業種業界の平均年収もお伝えしていくので、あわせてご覧ください。

おすすめの転職先1:営業職

他業界の営業職は、不動産での経験をフルに活かせるでしょう。

営業職は対人スキルが必須なので、不動産で培ってきたコミュニケーション能力は、大いに活用できるでしょう。

また、転職市場でも営業職の求人は非常に多く、転職のハードルも、比較的職種低いと言われています。

経営が安定しているメーカーなどの営業職になれば、労働時間を減らせますし、給料も安定するでしょう。

営業職の平均年収
  • 法人営業:452万円
  • 個人営業:425万円

引用元:doda

おすすめの転職先2:MR

MRは、医薬品メーカーの医薬情報担当者(医者や薬剤師向けの営業担当)のことを指します。

業界としても市場規模が大きく、高齢化社会によって今後も成長が見込まれる分野の一つです。

また、未経験からも転職できる業種であり、不動産で営業を経験してきたことを強みとして、転職できるでしょう。

特に、高給与かつ安定を求める転職者に、MRは人気の業種となっています。

MRの平均年収
  • MR:684万円

引用元:doda

おすすめの転職先3:事務職

不動産から事務職に転職する人は、非常に多いです。

事務職であれば、定時に帰れることはもちろん、土日が休みの会社も多いので、自分の時間を作れるというのが大きな転職のメリットでしょう。

また、事務職は一見地味で黙々と仕事をしているようですが、コミュニケーション能力が非常に必要な仕事です。

同じ事務職のメンバーはもちろん、他部署とも連携を取りながら仕事を進めるので、コミュニケーション能力は必須です。

不動産で培ってきたコミュニケーション能力は、事務所でもきっと活用できるでしょう。

事務職の平均年収
  • 一般事務:328万円
  • 営業事務:323万円
  • 秘書/受付:337万円

引用元:doda

おすすめの転職先4:Web・IT企業

Web業界は、比較的平均年齢が若いことも特徴ですが、未経験からでも挑戦できる仕事が多いのも魅力です。

例えば、記事を書いたり、編集業務をするWebライター、サイトを作ったり、システムのトラブルに対応するWebエンジニアなど、未経験OKの求人を出している企業がたくさんあります。

特に、不動産の経験を経て転職先を探している若者であれば、IT業界で活躍できる余地は十分にありますし、スキルが得られることはもちろん、給料アップも期待できるでしょう。

Web・IT業界の平均年収
  • プログラマ(オープン系・Web系):403万円
  • アプリケーション設計(オープン系・Web系):508万円
  • ITコンサルタント:655万円

引用元:doda

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職先5:人材関係

人材関係の大きな魅力は、給料の高さです。

もちろん給料が高い分、責任や仕事の質は問われますが、責任感や目的意識の高い人は向いていると言えるでしょう。

人材業界の営業職はきつい。なんて言葉も耳にしますが、不動産の営業をやってきた人であれば、十分活躍できます。

給与に不満を抱えながら不動産で働いている人には、おすすめの業界と言えるでしょう。

人材関係の平均年収
  • 人材サービス(営業職):413万円

引用元:doda

おすすめの転職先6:教育関係

塾や教室を運営する教育関係の仕事も、不動産から人気の転職先です。

教育関係は、不動産で培ってきたコミュニケーション能力やマネジメントスキルが活かせる業界で、やりがいを感じることも非常に多いと言われています。

デスクワークも多くなりますが、生徒に勉強を教えることもあり、メリハリを持って仕事ができるでしょう。

教育関係の平均年収
  • 学習塾の講師:368万円
  • 専門学校の教員:513万円

引用元:doda

おすすめの転職先7:比較的ホワイトな同業他社へ

未経験でも他業種へ転職可能ですが、同じ不動産業界に残るのも一つの選択肢です。

何より、これまでの不動産での経験を一番活かせるのは、同じ不動産業界です。

ただし、別の不動産に転職するなら、同じ失敗を繰り返さないためにも慎重に転職先を探す必要があります。

ただなんとなくではなく、しっかり自分の希望の条件を見つめ直し、不満なく働ける比較的ホワイトな不動産へ転職しましょう。

不動産の平均年収
  • 不動産の営業職:373万円

引用元:doda

佐々木
以上、不動産からおすすめの転職先です。
不動産からおすすめの転職先
  1. 営業職
  2. MR
  3. 事務職
  4. Web・IT企業
  5. 人材関係
  6. 教育関係
  7. 比較的ホワイトな同業他社へ
ゆり
不動産からこれだけの業種業界に転職できるんですね!
佐々木

はい!

不動産での貴重な経験は、様々な業界で活用できますよ!

不動産からおすすめの業界に転職した人の口コミ

佐々木
実際に上記で紹介した業種業界に転職した人の口コミをいくつかご紹介します。
ノルマに追われなくなった

不動産→営業職

3年前まで不動産で働いていましたが、今は都内にある大手メーカーで営業職をやっています。

不動産の頃はノルマに追われてばっかでしたが、今は余裕を持って働けています。

今もノルマはありますが、勤務時間に適した量のノルマですし、何より土日にしっかり休めていることが嬉しいですね。

確かに不動産で得たこともありますが、毎日終電まで働いたり、しっかり休養が取れないと、身体は持ちません。

身体も心も余裕ができ、営業成績もどんどん上がっています!

(31歳・ 男性・年収400万円台)出典:転職相談

未経験でも転職してよかった

不動産→Web・IT企業

私は今IT企業で、Webデザイナーの仕事をやっています。

前職は不動産で営業をやっていましたが、給料の安さから将来に対する不安も感じて転職しました。

IT業界は、未経験からの挑戦でしたが、もともとデザインに興味があったので楽しく働けています。

割と教育制度も整っている職場に転職できたので、未経験でもそれほど苦労はしませんでした。

不動産時代は、部署のマネジメントにも少し携わっていたので、仕事に慣れたら、今の会社でもマネジメントに挑戦しようと思っています!

(28歳・ 女性・年収300万円台)出典:転職相談

佐々木

不動産から転職する理由は様々ありますが、

自分の好きな仕事に出会えると、やりがいを感じながら働けますね!

また、転職できる業界が多い分、どこに転職すべきか迷われると思います。

それぞれの業界については、転職エージェントに詳しく話を聞いてみることをおすすめします。

あなたにとって最適な転職先を見つけるために、プロに相談してアドバイスをもらいましょう。

おすすめの転職エージェント
  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

不動産からの転職を成功させるための、たった一つの方法

佐々木

まず、転職を考えているのであれば、在職中に「転職エージェント」に相談をしましょう。

それがたった一つの転職を成功されるための方法です!

率直に転職成功者のほとんどは、転職エージェントを活用しています!

また転職エージェントは、サポートが他の転職方法よりも充実しているので、

忙しい不動産の仕事を続けながらでも、効率よく転職活動が行えるでしょう。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

なので転職エージェントを使えば、失敗の原因を未然に防ぐことが出来ますよ!

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
転職エージェントがいいのはよく分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントでは、転職に関するアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。
ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

不動産の方全員におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木

また転職エージェントは、「非公開求人」を数多く保有しています。

なので、登録しないと知れない求人情報もたくさんありますよ!

ゆり
サイトに公開されている情報だけではなく、非公開の案件もあるんですね!
佐々木
はい!エージェントによっても数は違いますが、実際約8割は非公開求人と言われています。

なかには、日本を代表する大手企業や幹部クラスの求人まで、魅力的な情報が多数ありますよ!

ゆり
絶対登録して、非公開求人はもちろん、多くの情報を聞くべきですね!
佐々木

はい!非公開求人は、早い者勝ちです。求人がなくなる前に情報を得ましょう。

転職にまだ本気でなくても、まずは相談だけでもOKなので、気軽に登録してみましょう!

不動産辞めてよかった!体験談&2chまとめ

佐々木
それでは、ここで不動産から転職を成功させた人の体験談を紹介します。

682名無し不動さん2018/11/08(木) 21:10:03.33ID:dwkNgRpK
マジで不動産の営業はきつすぎる…
今は別の業界で働いているが、転職して正解だったと心から思っている。
出典:2ch
佐々木
また、下記のような口コミもあります!
自分の時間が増えた

不動産→人材関係

不動産で働いていた頃、毎日残業は当たり前、特に月末は会社に泊まることもあったりと…本当に辛い日々でした。

このままでは自分は持たないと思い、転職を決意して、リクルートエージェントDODA就職shopに登録しました。

エージェントに相談すると、自分の悩みや転職で叶えたい希望を聞いてもらえて、スムーズに転職活動が行えました。

何より不動産の仕事が忙しかったので、私に変わって色々動いてくれたことは、本当に力になりましたね!

今は人材系の会社で働いていますが、不動産の頃と違い、自分の時間はかなり増えました。

(27歳・ 男性・年収400万円台)出典:転職相談

ゆり
転職に成功できた人は、不動産の頃の悩みから解放されて、楽しそうですね!
佐々木

そうですね!

正しい方法で転職活動を行えば、きっと転職に成功できますよ!

不動産からの転職でよくある失敗例

佐々木

もちろん、全員が不動産からの転職に成功しているわけではありません…

次に、不動産からの転職でよくある失敗例を確認しておきましょう。

転職に失敗する人の特徴として、「業界や職場への不満だけが転職理由になっている」ということがあります。

勤務時間や待遇、人間関係などの理由で転職を考えるのは、悪いことでありません。

しかし、業界や職場への不満といったネガティブな感情だけでなく、「転職後にどんなキャリアを歩みたいか」を考えることが大切です。

佐々木
転職後のキャリアを考える方法は、次のことを項目と向き合ってみることをおすすめします。
転職後のキャリアの考え方
  • そもそもなぜ転職したいと思っているのか
  • 転職先で活かせる自分の強みや経験は何か
  • 転職先の仕事でどういった成果をあげたいか
  • 転職先でどういった経験やスキルを得たいか
  • 10年後、どのような働き方をしていたいか

上記のような観点で自分と向き合えば、転職後のキャリアも少しずつ見えてきます。

しかし、なかなか一人で考えることは難しいので、転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの根幹に向き合って、転職活動を乗り越えるためのアドバイスを行ってくれるでしょう。

おすすめの転職エージェント
  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

不動産を辞める時に準備すべきこと

佐々木
それでは実際に、不動産を辞めるために準備すべきことをお伝えします。

不動産の仕事を辞めるときに準備すべきこと

まず、不動産を辞めるときには次の3つのことを準備しておきましょう。

準備すべきこと
  1. 不動産を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.不動産を辞めた時のリスクと向き合っておく

転職せず不動産で働き続ければ、リーダーや責任者になれることはもちろん、独立して自分の店舗を持つという道も見えてきます。

仕事を続ければ、給料が上がったり、スキルが身につくことは、不動産も他の業界も同じです。

転職して他の業界に行けば、一からのスタートとなり、不動産会社に入社した頃のように新人の状態から仕事を始めることになります。

転職先によっては、覚える仕事が多かったり、厳しい研修制度を取り入れているところがあることも頭に置いておきましょう。

2.プロに転職の相談をしておく

先ほどもお伝えしましたが、確実に転職を成功させるなら、転職のプロであるエージェントに相談するべきです。

無料で転職の相談ができるほか、あなたが知らない業界の知識や常識を伝えてくれたり、個別で面接対策も行ってくれます。

一人で転職活動を行うとなると、最適な転職先を選ぶことが難しいのはもちろん、全て自分で行う必要があるので、時間もかかります…

効率よく転職活動を行いたいなら、まずは在職中に、プロに転職の相談をしておきましょう。

3.転職先のリサーチを入念に行う

転職先が決まって入社をした後に「聞いてない」「知らなかった」となってしまえば、転職は失敗と言えます。

なので、事前に知りたいことを全てリサーチしておきましょう。

具体的には…

リサーチすべきこと
  • 残業や休日出勤はどれくらいあるのか
  • 転職サイトやネット上にある口コミをチェック
  • どんな形でキャリアアップしていけるのか
  • 何名くらいが働いていて、どんな職場環境か
  • 実家から通うべきか、賃貸を借りるべきか
  • 転勤になる可能性があるかどうか

とにかく入社してから後悔しないように、気になることは出来る限りリサーチしておくべきです。

会社のHPはもちろん、ブログ、転職サイトの口コミなどを見るのがいいでしょう。

また、知りたい内容によっては面接時に質問することもおすすめです。

佐々木
以上が不動産を辞めるときに準備しておくべき3つのことです。
準備すべきこと
  1. 不動産を辞めた時のリスクと向き合っておく
  2. プロに転職の相談をしておく
  3. 転職先のリサーチを入念に行う

不動産を円満に退職する方法

ゆり

ただ実際辞めるって決まった時に、上司に退職したいって言えるか不安なんですよね…

普段厳しい上司だし、引きとめられそうでなかなか言い出せないんですよね…

佐々木

そうですよね…

実際に、不動産で働いていた人が退職の意思を伝えたところ、下記のような引きとめにあうそうです。

引き止められるパターン
  • 待遇を見直すから考え直してほしい
  • 担当業務を変えるから続けてくれないか
  • 次の社員が見つかるまでは続けてほしい
  • 勤務時間を変えるから残ってくれないか
  • 他の部署に異動するのはどうか

上記のような引きとめはよくあるパターンです。

人手不足に悩んでいる不動産はたくさんありますし、上司もできるだけ退職者を出したくないのです…

なので、人によっては引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

絶対に上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

一人に退職の話をするとすぐに噂は広まります。

そのため、上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、印象が悪くなったり、同僚からも退職するまでの間、働きにくいと感じられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲の良い同僚がいても、絶対に上司に話をする前に退職の意思を伝えるのはやめておきましょう。

どうしても辛い時に使える、一言も話さずに会社を退職する方法

佐々木

また、直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、通勤定期、制服など会社からの支給品があれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり
店長に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木
はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスは、どうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

不動産から転職する人へ!志望動機・自己PRの書き方

ゆり
転職する上で避けては通れないと思うんですが、志望動機とか自己PRとか苦手なんですよね…
佐々木

確かに、志望動機や自己PRを苦手とする人は多いですね…

不動産から転職するなら、どんな志望動機や自己PRがいいのかお伝えします。

不動産から転職するときの志望動機としては、「中長期的なキャリア形成を意識した内容」がおすすめです。

例えば…

志望動機の例

不動産では物件管理を担当していましたが、ルーティーンワークが多い仕事だったので、様々な業務内容を経験して、スキルアップできる仕事に挑戦したいと思い転職を決めました。

志望動機の例

人手不足から一人ひとりの業務範囲が広く、専門性は高められないと思い転職を決めました。

私は、長期的に仕事を続けられる環境で、専門知識を身につけ、お客様の役に立ち会社に貢献したいと考えています。

あくまで例ですが、不動産では実現できないキャリアの在り方を、転職によって実現したいという形が理想的な志望動機です。

しかし、現状の不満を示しすぎるのもよくないので、程よく抑えることも大切です。

佐々木
それでは次に、不動産からの転職のパターン別に、志望動機の例を紹介します。

転職パターン1:不動産から他業種へ

志望動機の例

不動産→IT企業の管理職

管理職として貴社の事業に貢献したいと思い、求人に応募させていただきました。

前職では、不動産物件の管理を行っており、物件のオーナーとのやりとり、同僚や部下への指導など、人に何かを教えることを中心に業務を行ってきました。

業界は異なりますが、貴社の業務を通じてより深い専門性を高め、管理者として一人前の人材になりたいと思っています。

ITの知識はまだまだ勉強が必要ですが、まずは社員の方と積極的にコミュニケーションをとり、社内の雰囲気に打ち解けられたらと思っています。

転職パターン2:不動産から同業他社へ

志望動機の例

不動産→不動産

「お客様が幸せになる物件を提供する」という貴社の営業方針に魅力を感じ、求人に応募させていただきました。

前職の不動産では、接客態度や宅建などの知識の習得に務め、営業成績トップも獲得したことがあります。

今後は資格の取得も視野に入れて、よりお客様のニーズをしっかりと汲み取った接客をしていきたいと思っています。

前職で培った接客スキルを活かし、多くのお客様に「あなたに担当してもらってよかった」と思ってもらえる営業担当になりたいと思っています。

佐々木
自分の強み、そしてこれまでの経験を振り返って、志望動機や自己PRを考えてみましょう!

おわりに|不動産からの転職を成功させるなら、まずはプロに相談しよう

今回は、不動産から転職したい方に向けて、不動産からの転職でおすすめの業界や転職方法、転職に成功した人の体験談などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 不動産から他業種への転職は十分可能
  • 不動産から転職することで得られるメリットはたくさんある
  • 不動産からの転職に成功している事例は多数ある
  • 不動産から転職したいなら、まずは在職中にプロに転職相談するべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 不動産を辞めるリスクとも向き合っておくべき
  • 前職の不動産での経験を活かして、志望動機・自己PRを行うべき
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

不動産の方全員におすすめ

  • 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  • 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

キャリアに自信がない方におすすめ

ゆり
この4社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、転職の成功率をグッと高めるためにひとまず登録すべきです!

佐々木
また、キャリアに自信がない方は、「就職shop」「DYM就職」にも必ず登録すべきです!
佐々木
あなたが不動産から転職に成功できることを願っています!