転職エージェントおすすめランキング13選

給料が安いの基準は?少ない人の対処法5選&会社を上手に転職する方法

給料が安いの基準は?少ない人の対処法5選&会社を上手に転職する方法

この記事では、「給料が安いという基準が知りたい…!という人に向けて、

『給料が安いといえる基準』や『適切な転職方法』などをお伝えしていきます!

給料が安いと思うものの、本当に自分の給料が安いと言えるのか分からず悩んでいる人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、給料が安いと言える基準や、給料が少ない場合の対策方法が分かり、不安が解消されますよ!

この記事がおすすめな人
  • 自分の給料が安いか知りたい
  • 給料が安い原因が知りたい
  • 給料が少ない場合の対処方法が知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

過去30日間の登録者数671人!

給料が安い…と決めつける前に知るべき安い給料の判断基準

佐々木
まず初めに、給料が安いと決めつける前に知るべき、安い給料の判断基準について紹介します。

基準を知ることで、自分の給料が安いのかどうかを判断できるようになりますよ!

安い給料の判断基準
  1. 男女別の平均給料
  2. 学歴別の平均給料
  3. 地域別の平均給料
  4. 業種別の平均給料

1つずつ詳しく見ていきましょう!

判断基準1|男女別の平均給料

まずは、正規雇用者の男女別の月収を紹介します!

男女で平均給料に差があるのか、国税庁が行っている民間給与実態統計調査の結果をもとに見ていきましょう!

年齢男性女性
20〜24歳21.5万円21.0万円
25〜29歳25.1万円23.6万円
30〜34歳29.5万円25.4万円
35〜39歳33.2万円26.8万円
40〜44歳36.6万円28.3万円

参考:国税庁|平成30年分民間給与実態統計調査結果

このデータから、男性と女性では、初任給の時点ですでに差があることが分かります。

また、女性の場合は出産や育児・介護などで休職することがあり、長期勤務が出来ないことから昇給しづらいこともこの結果から分かります。

性別ごとにこの平均値を下回っている場合は、給料が安いと言えるでしょう。

判断基準2|学歴別の平均給料

続いて、学歴別の平均年収を男女に分けて見ていきましょう。

まずは、男性の学歴別平均年収です。

【学歴別平均年収(男性)】

年齢大卒・院卒高専・短大卒高卒
20〜24歳23.0万円20.7万円20.1万円
25〜29歳26.3万円23.6万円22.7万円
30〜34歳32.1万円26.6万円25.5万円
35〜39歳37.3万円29.7万円28.1万円
40〜44歳42.6万円33.1万円30.8万円

次に、女性の学歴平均年収です。

【学歴別平均年収(女性)】

年齢大卒・院卒高専・短大卒高卒
20〜24歳22.3万円20.6万円18.4万円
25〜29歳24.7万円22.5万円19.7万円
30〜34歳27.4万円24.0万円20.3万円
35〜39歳30.1万円25.3万円20.8万円
40〜44歳33.2万円26.7万円21.9万円

参考:国税庁|平成30年分民間給与実態統計調査結果

学歴で比べてみると、初任給でまず差が出ていることが分かります。

そのため、昇給してもその差が縮まることは無いに等しいです。

また、男女別で見ると女性は昇給の幅が狭く、それほど給料が上がっていないことが分かります。

このような現状に加え、役職手当などが付くと、男女間の給料の差はさらに開いていくでしょう。

判断基準3|地域別の平均給料

全国の平均月収は30.6万円であり、この平均より上回っているのは、東京・神奈川・愛知・大阪の4都府県のみです。

ここでは、地域別平均月収のトップ5とワースト5を、それぞれ表にまとめています。

【地域別平均月収トップ5】

都道府県名平均月収
1位東京38.0万円
2位神奈川33.9万円
3位大阪32.9万円
4位愛知32.2万円
5位北海道30.6万円

【地域別平均月収ワースト5】

都道府県名平均月収
43位沖縄24.6万円
44位山形24.4万円
45位青森24.1万円
46位秋田24.0万円
47位宮崎23.5万円

参考:国税庁|平成30年分民間給与実態統計調査結果

1位の東京と最下位の宮崎では、約14万円の差があることが分かります。

また、首都である東京の平均月収はずば抜けており、月収からも東京の経済力が大きいことが分かります。

給料を時給換算をして、最低賃金よりも低いかどうかを確認することも大切です。

厚生労働省の「各都道府県の最低賃金表」を見ると、最低賃金は最も高い東京都で985円、一番低い鹿児島県で761円となっています。

判断基準4|業種別の平均給料

業界・業種によっても給与水準が違うため、自分がいる業界の平均給料と比較することも大切です。

業界ごとに給料に大きな差が出るのには、ビジネスモデルの違いが関係しています。

教育・学習支援系は生活に関わっているため、不景気でも一定の収益を確保できます。

しかし、宿泊・飲食業は利益率が低いうえに、外的要因に左右されやすいため、収益を確保しづらいのです。

今回は次の5つの業種について紹介します!

平均年収を紹介する業種
  • 一番平均給料が高い金融・保険業
  • 生活に関わっている教育・学習支援業
  • 近年業界が伸びている情報通信業
  • 高齢化などで需要が高まっている医療・福祉業
  • 一番平均給料が低い宿泊業・飲食サービス業

参考:国税庁|平成30年分民間給与実態統計調査結果

【金融業・保険業】

年齢男性女性
20〜24歳22.8万円21.0万円
25〜29歳28.1万円23.6万円
30〜34歳38.4万円26.3万円
35〜39歳48.3万円28.4万円
40〜44歳54.4万円30.0万円

【教育・学習支援業】

年齢男性女性
20〜24歳21.9万円21.0万円
25〜29歳26.4万円23.8万円
30〜34歳32.8万円26.8万円
35〜39歳38.5万円30.2万円
40〜44歳44.4万円34.0万円

【情報通信業】

年齢男性女性
20〜24歳23.7万円23.1万円
25〜29歳27.2万円25.7万円
30〜34歳32.3万円29.4万円
35〜39歳37.2万円30.6万円
40〜44歳43.0万円32.9万円

【医療・福祉業】

年齢男性女性
20〜24歳21.6万円21.8万円
25〜29歳25.4万円24.1万円
30〜34歳29.0万円25.1万円
35〜39歳32.7万円26.2万円
40〜44歳34.4万円27.2万円

【宿泊業・飲食サービス業】

年齢男性女性
20〜24歳19.6万円18.7万円
25〜29歳22.8万円20.4万円
30〜34歳25.8万円21.6万円
35〜39歳28.2万円22.4万円
40〜44歳30.5万円21.4万円

このように、業種によって給料や給料の上り幅が違うことが分かります。

一番平均年収が高い金融業界と、一番平均年収が低い宿泊業・飲食サービス業では、同じ年代でも最大20万円ほど給料が違います。

このことから、自分の業界だけで見ると平均的な年収も、別の業種と比べたら圧倒的に給料が安いということも多いのです。


佐々木
ここまで、めんどくさい転職活動を少しでも楽に行う方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

安い給料の判断基準
  1. 男女別の平均給料
  2. 学歴別の平均給料
  3. 地域別の平均給料
  4. 業種別の平均給料
ゆり
なるほど!

様々な平均給料と自分の給料を比較して、自分の給料が安いかを判断すればよいんですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

自分のこれまでの状況や働いている環境によって平均給料は変わるので、

自分の環境に合った金額と比較してみることが大切です!

次に、給料が安いと言う人にありがちな原因について紹介します!

給料が安いと言う人にありがちな原因4つ

佐々木
それでは、給料が安いという人にありがちな原因をお伝えします!

給料が安いという人の原因が分かれば、自分の状況を客観的に判断できるようになりますよ!

給料が安い人にありがちな原因
  1. 給料に対して仕事内容が重い
  2. 時給換算すると平均値より低い
  3. 職業によって給料の水準が違う
  4. 残業代がつかない

1つずつ説明していきます!

原因1|給料に対して仕事内容が重い

仕事量や業務内容に対して給料が見合っていない場合、給料が安いと感じるでしょう。

なぜなら、仕事量が多いと残業が続くなど、日常生活に影響したり、精神的負担が大きくなるからです。

実際、「こんなに頑張っているのに評価されない」「どんなに頑張っても昇給する兆しが無い」と感じている人は多いです。

どんなに会社のために頑張っても、給料に反映されないのであれば、自分の努力が報われる可能性は低く、時間を無駄にしたと後悔する可能性もあります。

これ以上時間を無駄にしないためにも、自分の頑張りが報われる仕事を見つけ、転職することをおすすめします。

原因2|時給換算すると平均値より低い

正社員の場合、保険や年金など差し引かれるお金が多いため、額面上の金額と手取りの金額が異なり、給料が低いと感じることが多いです。

そのため、時給に換算するとアルバイトやパートの人の方が高いということも…。

税金を払っているからとは言え、地域の最低賃金と比べた時に、あまりにも時給が低い場合は給料が低いと言えるでしょう。

このような場合は、まずは上司に給料アップの申し出をしてみることをおすすめします!

原因3|職業によって給料の水準が違う

業界や業種によって給料の水準が違うため、他業種の知人の給料と比較して、給料が少ないと感じることも多いです。

業界によって給料の水準が違う理由には、業界ごとのビジネスモデルが関係しています。

製造業や建設業、運送業の場合、備品や機械が仕事に直結するため、設備への投資が優先されるので給料が安くなる傾向があります。

また、多くの人が関わるビジネスは利益が多く出ていても、分ける人数が多くなるため自然と給料が低くなります。

逆に、医療や金融業界など人数が少なくても利益が出る仕事は、その分専門性が高く付加価値も付くことから、給料が高くなります。

自分の業界の給料水準が低い場合は、転職をしても給料が上がらない可能性があるので、水準が高い業界に転職することをおすすめします。

原因4|残業代がつかない

残業ばかりなのに残業代が付かないことで、給料が安いと感じる人も多いでしょう。

会社によっては、一定時間分の残業代が手当として給料に含む「みなし残業」を設けています

そのため、タイムカードを押した後も残業を続ける会社が多いのも事実です。

また、残業をしているのにもかかわらず、残業代が出ないことや、実際の労働時間分の残業代がつかないことも…。

残業代がおかしいと思った場合は、自分の残業時間を記録しておき、給料明細の金額と照らし合わせてみることをおすすめします。


佐々木
ここまで、給料が安いという人にありがちな原因をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

給料が安い人にありがちな原因
  1. 給料に対して仕事内容が重い
  2. 時給換算すると平均値より低い
  3. 職業によって給料の水準が違う
  4. 残業代がつかない
ゆり
このような理由から、給料が安いと思うようになることが多いんですね…!
佐々木
そうなんです。

これらの原因は、会社単位で生じている問題であるため、当たり前の状況として認識されてしまいます。

そのため、どこに問題があるのか、給料が安い原因が何なのか、分からなくなっている人が多いんです…!

次に、給料が安い・少ない人が行うべき対策方法について紹介します!

給料が安い・少ない人が行うべき対策方法5選

佐々木
それでは、給料が安い・少ない人が行うべき対策方法を紹介します!

この対策を知ることで、自分に合った対策方法が分かり、給料を上げやすくなりますよ!

給料が少ない人が行うべき対策方法
  1. スキルを付ける
  2. 会社に給与の交渉をする
  3. 副業を始める
  4. 自分の出費を見直す
  5. 転職をする

1つずつ見ていきましょう!

対策方法1|スキルを付ける

給料を上げるために一番確実な方法は、スキルを付けることです。

なぜなら、スキルを付けると仕事の能力が上がり、より難しい仕事や専門性のある業務を行うことが出来るようになるからです。

資格やスキルの内容では手当がつく会社もありますし、専門性が高いほど貴重な存在として評価されるので、給料が上がりやすくなります!

しかし、資格を持っていれば良いという話ではないので、幅広く活用できる資格やスキルを選んで取得することが大切です!

会社では資格よりも実務経験が重視されることが多いので、在職中に仕事と並行してスキルアップを目指しましょう!

佐々木
スキルアップ出来れば、昇給だけでなく…

今の会社よりも待遇の良い会社への転職や、起業という選択肢も出てきますよ!

対策方法2|会社に給与の交渉をする

同じ業種の人や同じ年齢の人と比べて極端に給料が安い場合は、会社に給料アップの交渉をすることをおすすめします。

なぜなら、本当なら今以上に給料をもらえる実力があるのに、会社内で正当な評価がされていない場合があるからです。

会社内に組合がある場合はそちらに、無い場合は直属の上司に相談してみましょう。

ただし、給料の交渉をする場合は、自分が会社に貢献している実績や成果が無いと、昇給は認めてもらえないので注意しましょう。

また、場合によっては交渉後に不当な扱いを受ける可能性もあるので、覚悟を持ち事前準備をしっかりと行うことが大切ですよ!

佐々木
いきなり交渉に挑まず、交渉の明確な理由を用意したうえで、

年間の給与査定など適切なタイミングで上司や人事に伝えることがポイントです!

対策方法3|副業を始める

給料が安くても、自分の時間がしっかり確保できる場合は、仕事後の時間や休日を利用して副業を始めることも1つの手です!

なぜなら、今の仕事を続けながら収入源を増やすことが出来るので、リスクを最小限にして給料を上げることが出来るからです。

副業には、スキルが不要な簡単なものから。知識やスキルを活かせるものまで幅広くあります!

具体的には、次のような副業があげられます!

副業の種類
  • アンケート、覆面調査員、商品モニター
  • スマホ画面のシール貼り、封筒の宛名貼り
  • データ入力、テープ起こし
  • ハンドメイド作品の販売
  • デザイン、イラスト
  • 記事制作、校正、編集
  • プログラム、Webサイト作成

ここで紹介したものはごく一部なので、クラウドソージングサービスなどで自分に合った副業があるか探してみることをおすすめします!

ただし、会社によっては副業が禁止されていたり、規約が定められている場合があるので、よく確認してから行いましょう。

佐々木
副業はあくまで2本目の柱なので、本業がおろそかにならないように、計画的に行うことが大切です!

対策方法4|自分の出費を見直す

すぐに給料が上がる見込みが無い場合は、自分の出費を見直すことも大切です。

なぜなら、給料が少ないと思っていたら、不要な支出や、使っていないサービスに加入し続けているなど、出費が多いことが原因の場合があるからです。

具体的には、携帯電話や保険などの「固定費」を見直すことで、大きな出費を減らすことができます!

また、コンビニですぐ買い物をしてしまう人や、洋服や化粧品を集めがちな人は、必要以上に買い物をしていないか見直すことも大切でしょう。

一度生活水準を上げてしまうと落とすのが難しく、自分の身の丈に合った生活に戻すことが難しくなってしまいます。

佐々木

普段の生活水準は低めに保ちつつ、特別な日に贅沢をするというスタイルを目指すことで…

出費を押さえやすくなりますよ!

対策方法5|転職をする

今の仕事で給料が上がる見込みがない場合は、転職を視野に入れることをおすすめします!

なぜなら、昇給の条件が分からない場合、いつまで経っても給料が安いままであることに加え、

自分の評価も正しく行ってもらえない可能性が高いからです。

給料が高いことや評価を正しく行ってもらえることは、自分のモチベーションにも繋がるので、スキルや実績を上げやすくなるのも事実です。

転職を行う場合は、転職エージェントを利用することで、効率よく転職活動を進めることができます!

転職エージェントは無料で利用できるだけでなく、自分の今の能力や転職で活かせるスキルを客観的に教えてもらえたり、

給料アップに繋がる転職先の紹介や面接対策など、幅広いサポートを受けることができます!

佐々木
登録から入社まで一貫してサポートしてもらえるため…

初めて転職活動を行う人でも、安心して利用できますよ!


佐々木
ここまで、給料が少ない人が行うべき4つの対策方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

給料が少ない人が行うべき対策方法
  1. スキルを付ける
  2. 会社に給与の交渉をする
  3. 副業を始める
  4. 自分の出費を見直す
  5. 転職をする
ゆり
このような対策をすれば、給料を上げられるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

自分の状況を把握したうえで、適切な対策方法を実践することが大切です!

すぐに結果が出るものは少ないので、じっくり行っていきましょう!

次に、給料が安い会社から転職をするときにおすすめの転職エージェントを紹介します!

給料が安い会社から転職をするなら転職エージェントがおすすめ

佐々木
給料が安く会社を辞めたいと思っているなら、失敗を最小限に抑えて転職活動を行える…

転職エージェントの利用がおすすめです!

転職エージェントがおすすめな理由
転職エージェントを活用すれば、採用されやすい書類の作成方法、面接テクニック、企業の見極めポイントなどを教えてもらえます!

転職エージェント以外にも求人を探す方法はありますが、

ハローワークはブラック案件が多く混ざっていたり、求人サイトは1人で就活を進める必要があるのでブラック企業を見極めにくかったりします。

転職エージェントについて

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

ゆり
なるほど、こんなにたくさんものサポートが受けられるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

具体的に転職エージェントを活用するメリットは次の通りです!

転職エージェントのメリット
  • 転職相談にのってくれる
  • 採用されやすい書類の作成方法の伝授
  • 企業の見極めポイントを紹介してくれる
  • 自分に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  • 面接日程を調整してくれる
  • 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもメリットがあるんですね!
佐々木
そうなんです!

転職エージェントを活用すると…

採用されやすい書類の作成方法や面接テクニック、企業の見極めポイントなども教えてもらえます!

おすすめ転職エージェント5選

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

複数登録や転職エージェントについて知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、給料が少なくて、仕事を辞めた人の体験談を紹介します!

給料が少なくて、仕事を辞めた人の体験談

佐々木
実際に、給料が少なくて、仕事を辞めたいと思っている人の体験談を紹介します!

実例を見ることで、転職をイメージをしやすくなるはずです!

ゆり
転職に成功している人もいれば、基本給給料は良くてもボーナスが少なかったり、

休みが少ないということもあるんですね…!

佐々木
そうなんです…!

自己分析や情報収集が出来ていない状況で転職してしまうと、このような状況が起きやすいです。

後悔しない転職をするためにも、転職エージェントを使うなど、対策を練ってから行動しましょう!

次に、年収アップが期待できる職業について紹介します!

給料が安い人におすすめ!年収アップが期待できる職業

佐々木
最後に、給料が安い人におすすめの年収アップが期待できる職業をお伝えします!

どのような職業が年収アップに繋がるのかを知っておくことで、転職先を選びやすくなりますよ!

年収アップが期待できる職業
  1. プログラマー
  2. WEBデザイナー
  3. 秘書
  4. 医療事務
  5. 学校事務
  6. 法務
  7. 会計士

1つずつ見ていきましょう!

職業1|プログラマー

IT業界が発展しているため需要が高くなっており、その中でもプログラマーはスキルが必要な仕事なので重宝される仕事です。

求められる技術力は高いですが、今なら未経験転職を積極的に受け入れている企業も多いですし、フリーランスとしても働くことも可能です。

現在、どの業界においてもIT技術が必要とされており、今後も成長することを考えればプログラマーの需要は各分野で高まるでしょう。

一度スキルを身に付ければ、食いっぱぐれない仕事になるでしょう!

職業2|WEBデザイナー

近年、IT業界が成長していることから、Webデザイナーの需要が高まっています。

その他にも、デザイナーには様々な分野の仕事があり、チラシや名刺などの印刷物や企業ロゴのデザインなどがあります。

応募条件が厳しい場合も多いですが、未経験転職が可能な企業やWebデザインのスクールも増えているので、十分転職出来る仕事です。

知識があれはフリーランスとして働くことも出来るので、食いっぱぐれる心配は少ないです。

職業3|秘書

秘書は、会社の役員や政治家といった多忙な人に付き、スケジュール管理や交渉、接客などのサポートを行います。

会社に対しての知識やビジネスマナーなど経験が求められるため、新卒で秘書として採用されることは少ないです。

秘書技能検定や国際秘書検定の資格を持っている場合や秘書の経験者は、採用されやすくなります

秘書は専門性の高い仕事であり、付いている相手の役職により年収が異なります。

正社員秘書の平均年収は300万円ほどですが、社長秘書の場合は年収500万円を超えることもあります。

職業4|医療事務

医療事務の仕事は、医療機関に出勤して、診察券の確認や予約確認、診療報酬の点数計算、カルテ管理、窓口業務などです。

勤務時間は、病院が稼働している昼間で、土日は休みの場合が多いでしょう。

また、正月やゴールデンウィーク、お盆も確実に休みです。

病院の顔として、患者さんと接する機会もあり、コミュニケーション能力の高い人は向いていると言えるでしょう。

平均年収は250万円から350万円ですが、地域や病院の規模によってはさらに年収が高くなることもあります!

職業5|学校事務

学校事務の仕事は、小中高校、大学、専門学校など教育機関で施設管理、総務、経理などを行うことです。

施設によって業務内容は幅広く、事務処理だけでなく会計の知識なども必要になります。

未経験で学校事務として働くことも出来ますが、パソコンを使った業務が多いので、基本的なパソコンスキルや簿記の資格があると有利になります。

学校事務の年収は、公立学校の場合と私立学校の場合でも変わってきます!

公立の場合は年収は300万円から600万円程度ですが、人気の私立校の場合は1,000万円を超えることもあります。

職業6|法務

法務は、会社に関わる法律関係の仕事に携わり、様々な業務を行います。

専門的な知識が必要なため、簡単な仕事ではありませんが、その分年収は高いです。

実務に関わるのであれば、「ビジネス実務法務検定1級」や「行政書士」の資格があると有利になります。

また「司法書士」の資格があれば、会社を代表して手続きを行えるため、会社における地位も高くなり年収もアップするでしょう。

法務の年収は、会社規模にもよって違いがありますが350万円から750万円、専門性が高い人の場合には800万円を超えることもあります。

職業7|会計士

公認会計士とは、企業の監査と会計を専門分野する国家資格を持ち、会社の監査業務やコンサルティング業務、税務業務に関わる仕事です。

合格率が10%前後と非常に厳しい試験であり、ここ数年の公認会計士の受験者が減っているなど複数の要因から、現在の公認会計士は人材不足となっています

そのため、各企業が公認会計士の有資格者を求め、良い労働条件での採用を行っている点もおすすめのポイントです!

また、会計士の資格があれば、「企業内会計士」として相手企業の財務状況を調査するといった働き方も可能です。

会計士は財務や税務などに携わる仕事で、有資格者にしかできない仕事もあるので、給料も高く安定した仕事と言えます!

年収は会社や事務所の規模によって違いがありますが、平均して年収800万円から1,000万円です。


佐々木
ここまで、給料が安い人におすすめの年収アップが期待できる職業についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

年収アップが期待できる職業
  1. プログラマー
  2. WEBデザイナー
  3. 秘書
  4. 医療事務
  5. 学校事務
  6. 法務
  7. 会計士
ゆり
これらの職業は、年収アップが期待できるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

どの仕事も、スキルがあるほど年収は高くなるので、自分の能力次第で年収を上げやすいですよ!

給料が少なくて悩んでいるなら、まずは転職エージェントに相談しよう!

佐々木
この記事では、給料が安い基準などをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 給料が安いか判断するには自分に合った指標と比べることが大切
  • じっくり対策を行うことで年収アップが見込める
  • 転職エージェントを利用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね…。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり
ありがとうございます!

早速、登録してみたいと思います!

佐々木
そうですね!

皆さんの転職が成功することを祈っています!