給料が安すぎる!平均給与の基準&収入を上げるための対策を徹底解説

給料が安すぎる!平均給与の基準&収入を上げるための対策を徹底解説

この記事では、「給料が安すぎる…と悩んでいる人に向けて、

『知っておくべき給与の基準』や、『高収入を実現できる仕事』などをお伝えしていきます!

同僚や友達と話していると「私の給料は安すぎる…」と感じてしまうこともあるでしょう。

真面目に働いて、ノルマを達成したり、残業もしているのに、周りの人と比べて給料が低いと、モチベーションも上がらないでしょう。

ただ自分自身の感覚だけでなく、本当に給料が安いかどうか、平均や基準を知っておかないと、正しい対策を取ることも出来ません。

この記事を最後まで読めば、自分の給料が安いのかが分かり、高収入を実現するための正しい対策ができるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 自分の給料が本当に安すぎるのか知りたい
  • なぜ自分の給料は安すぎるのか知りたい
  • どんな仕事をすれば給料が上がるか知りたい
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態を一旦ゼロにしましょう。

限界が来る前に、まずはプロのキャリアアドバイザーに無料相談をしておきましょう。次の選択肢を探しておくことが保険になります。

特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。

過去30日間の登録者数671人!

※現在は電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

本当に自分の給与は安すぎる?知っておくべき給料の基準

佐々木

早速ですが、各状況別の給料の基準についてお伝えします!

基準を知っておけば、自分の給料が本当に安すぎるのかどうかが分かりますよ!

それぞれ詳しくお伝えします!

1:【男女別】平均給料の基準

佐々木

まずは、男女別に平均給料の基準をお伝えします!

正社員の場合の年収を紹介するので、参考にしてください!

男性女性
20代369万円319万円
30代481万円375万円
40代567万円401万円
50代以上671万円428万円

男性と女性では、初任給の時点で既に差があり、20代の頃から徐々に差が広がっています。

また、女性は出産や育児期間に働けなくなることもあり、その分昇給が難しいのが現状です。

佐々木
20代前半や後半など、職歴や経験の差もありますが、

自分の年代の基準よりも低すぎる場合、給料が安すぎると考えても良いでしょう。

2:【職種別】平均給料の基準

佐々木
次に、職種別の平均給料の基準をお伝えします!
男性女性
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)614万円485万円
企画/管理系562万円436万円
技術系(IT/通信)476万円393万円
技術系(電気/電子/機械)476万円382万円
営業系465万円377万円
技術系(建築/土木)440万円361万円
金融系専門職573万円348万円
技術系(メディカル/化学/食品)444万円365万円
クリエイティブ系416万円344万円
事務/アシスタント系386万円314万円
販売/サービス系356万円297万円

男女ともに、専門職の平均年収が最も高い職種であることが分かりました。

課題解決のための戦略策定やプロジェクト支援を行うなど、高い専門性を活かした職種でもあり、高収入を実現している人がたくさんいます。

佐々木
コンサルタントやアドバイザーと呼ばれる仕事をしている人は、

専門知識が必要なこともあり、平均年収の水準も高くなっています!

3:【業種別】平均給料の基準

佐々木
次に、業種別の平均給料の基準をお伝えします!
男性女性
総合商社498万円372万円
メーカー492万円366万円
IT/通信475万円383万円
金融527万円364万円
メディカル509万円356万円
建築/プラント/不動産450万円347万円
インターネット/広告/メディア448万円361万円
専門商社438万円341万円
サービス403万円326万円
小売/外食386万円308万円

男性の場合は、金融やメディカル関連の業種が最も給料が高くなっています。

また女性は、IT/通信と総合商社の給与基準が高いことが分かりました。

佐々木
給料基準が高い業種は、昇給のスピードが早い傾向もあり、

成績次第では、入社から短期間で平均給与を超えられるケースもあるようです!

4:【地域別】平均給料の基準

佐々木

次に、地域別の平均給料の基準をお伝えします!

自分の住んでいる地域の給与基準を確認してみましょう!

男性女性
北海道・東北402万円307万円
北信越415万円312万円
関東476万円363万円
東海443万円326万円
関西436万円326万円
中国・四国420万円311万円
九州・沖縄406万円310万円

最も平均基準が高かったのは、男女ともに関東エリアになっています。

男性の場合、最も基準が低い北海道・東北エリアでは、関東と比べて74万円も差があります。

佐々木
住んでいる地域によって、給与の平均基準が大きく変わってくるので、

全国平均ではなく、自分の地域と平均と比較するのが大切ですよ!


佐々木
以上が、各状況別の給料の基準です!
ゆり
この平均給料の基準をもとに、自分の給料が安すぎるかどうか判断すれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

会社の規模によっても給料は変わるので、平均より低いからといって一概に会社が悪いとも言い切れません。

しかし、状況によってはこれ以上給料を上げられない場合もあるので、平均基準を知っておくことは大切ですよ!

平均給料額の出典
平均給料について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください!

doda『平均年収ランキング 最新版』

次の章では、給料が安いと感じる理由についてお伝えします!

給料が安すぎる…多くの人が安いと感じる4つの理由

佐々木

それでは、給料が安すぎると感じてしまう理由をお伝えします!

頑張っているのに給料が安いと感じてしまうのは、次の4つの理由があるからと考えられます。

給料が安いと感じる理由
  1. 仕事内容と給料が見合っていない
  2. 時給換算すると平均より大幅に低い
  3. 業界全体の給与水準が低い
  4. みなし残業が設けられている

それぞれの理由についてお伝えします!

理由1:仕事内容と給料が見合っていない

仕事内容や量の多さに対して、給料が見合っていないと感じている人は少なくありません。

毎日のように残業が続いたり、一人で捌き切れないほど仕事をしているのに給料が上がっていかないと、不満も溜まっていくでしょう。

どんなに頑張っても給料に反映されない職場で働き続けても、自分の努力が報われる可能性は低いと言えます。

給料を追い求めて仕事をするのであれば、頑張りが報われる環境に転職した方が良いと言えるでしょう。

佐々木
仕事量をこなしても給料が上がらないのであれば、その会社には見切りをつけるのも一つの選択肢ですよ。

理由2:時給換算すると平均より大幅に低い

月給で給料を貰っているのに、時給に換算するとアルバイトの方が高かったという事はよくあります。

正社員として働いていると、保険や年金など、給与から引かれる額が大きいため、実際の手取りが少なく感じてしまう人もいるでしょう。

実際に、働けば働くほど稼げるということで、正社員を辞めて、アルバイトとして勤務する人もいます。

給料が安すぎると感じているなら、一度月給を時給換算し、どの程度貰っているのか確認してみましょう。

佐々木

時給換算してあまりにも低い場合は、一度上司に給料交渉をしてみるのも良いかもしれません。

理由3:業界全体の給与水準が低い

業界全体の給与水準が低ければ、なかなか給料を上げることは難しいでしょう。

業界によっては、元々給料を低めに設定している会社があるのも事実です。

また、会社が儲かっていれば、給料に反映されると思いがちですが、備品や機械への投資を優先している場合は、給料は低くなる傾向にあります。

特に、会社の費用が多いと言われている、製造業や建設業、運輸業などは、給与水準が低めでなかなか上がりにくと言われています。

佐々木
給料水準が低い業界で、給料を上げることは難しいので、給料水準の高い業界への転職も考えるべきですよ!

理由4:みなし残業が設けられている

会社によっては、みなし残業が設けられていることもあります。

みなし残業は、残業代を手当として給料に含み、その範囲内であれば残業代はつかないという制度です。

しかしながら、みなし残業の範囲を超えているにも関わらず、残業代が支払われない会社があるのも事実です。

会社によっては、定時でタイムカードを打刻させ、その後も当たり前のように仕事をさせる場合もあるので、

おかしいと感じている人は、自分の出退勤時間を記録に残しておきましょう。

佐々木

みなし残業の範囲外の残業で、残業代がつかないことは違法です!

少しでもおかしいと思っているなら、上司に話をしてみましょう。


佐々木
以上が、給料が安すぎると感じてしまう理由です!
給料が安いと感じる理由
  1. 仕事内容と給料が見合っていない
  2. 時給換算すると平均より大幅に低い
  3. 業界全体の給与水準が低い
  4. みなし残業が設けられている
ゆり
仕事量が見合っていなかったり、時給換算すると平均から低いことで、給料が安すぎると感じてしまうんですね。
佐々木

そうなんです。

自分にも当てはまる理由があったという人も多いでしょう。

給料が安すぎると感じているなら、不満を改善するためにも正しい対策をとるべきですよ!

給料に不満があるなら、一度「転職エージェント」に相談してみることをおすすめします!

各業界に関して詳しい知識を持っているので、本当に給料が安すぎるかどうか判断し、適切なアドバイスをしてもらえますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、給料が安すぎる人がやるべき対策をお伝えします!

今からでも間に合う!給料が安すぎる人がやるべき対策とは

佐々木

ここから、給料が安すぎる人がやるべき対策をお伝えします!

お伝えすることを実践すれば、給料が上がるかもしれませんよ!

やるべき対策
  1. 資格を取得する
  2. 上司に給与交渉をする
  3. 副業を始める
  4. 無駄な出費を減らす
  5. 転職活動を始める

それぞれの対策についてお伝えします!

対策1:資格を取得する

今の仕事や今後のキャリアに役立ちそうな資格を取ることはおすすめです!

会社によっては、資格手当が付く場合もあり、資格があればステップアップして、別の部署で仕事を任される可能性もあるでしょう。

また、資格を取ることで今よりも条件の良い会社に転職できる場合もあります!

将来的なことも考えて、今だけではなく、幅広く活用できる資格の取得を目指してみましょう。

佐々木
おすすめの資格に関しては、次の記事で紹介しているので参考にしてください!

対策2:上司に給与交渉をする

周りの人と比べて、あまりにも給料が安すぎるなら、上司に給与交渉をしてみるのも良いでしょう。

ただし、給与交渉をする場合は、自分が会社に貢献しているという実績が必要になってきます。

そのため、直近数ヶ月でしっかりと成績を残し、自信を持って交渉できる材料を手にした状態で、給与交渉をするようにしましょう。

佐々木
まずは直属の上司に交渉して、粘り強く給与アップのアピールを続けることが大切です!

対策3:副業を始める

仕事後の夜の時間や、休日を利用して副業を始めるのも、収入を上げるための方法です。

副業を始めるには、まず会社が副業を禁止していないか確認しておきましょう。

後から発覚して問題になる可能性もあるので、注意が必要です。

副業は、簡単に稼げるものから、ある程度知識やスキルが必要なものまで、幅広くあります。

佐々木
一例として、次のような副業が今人気になっています!
人気のある副業
  • アンケートモニター
  • 転売
  • イベントスタッフ
  • データ入力
  • Webライティング

スマホやパソコンがあれば出来るものや、初期投資が必要なものなど、様々な分野で副業はできます。

佐々木
本業よりも稼いでしまうと、税務署に申告する必要が出てくるので、

事前に稼ぎたい額を考えた上で、副業に取り組んでみましょう!

対策4:無駄な出費を減らす

すぐに給料が増える見込みがないのであれば、節約して無駄な出費を減らすことも大切です。

食費や雑費など、日々出ていくお金について考え直すことで、節約方法が身に付き、それほど給料を上げなくても満足感は得られるでしょう。

また、携帯代や保険代、家賃など、固定費を見直すこともおすすめです。

佐々木
手取り額によって生活費の内訳の目安が変わってくるので、

次の記事を参考に、自分の無駄な出費を減らす努力をしてみましょう!

対策5:転職活動を始める

今の仕事を続けても、給料が上がる見込みがない人や、給与交渉を受け入れてもらえなかった人は、転職を考えた方が良いでしょう。

今の会社には、早めに見切りをつけて、今よりも給与の高い会社への転職を目指しましょう。

実際、会社によって雇用条件が違うので、今と同じような仕事内容でも、もっと高い給料を貰っている人はいます。

待遇の良い会社に転職することは、働く人の権利でもあるので、決して悪いことではありません!

佐々木

転職活動を始めるなら、まずは転職エージェントに登録してみましょう!

転職のプロとして、求めている条件に合う求人を紹介してくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!


佐々木
以上が、給料が安すぎる人がやるべき対策です!
やるべき対策
  1. 資格を取得する
  2. 上司に給与交渉をする
  3. 副業を始める
  4. 無駄な出費を減らす
  5. 転職活動を始める
ゆり

これらの対策を実践すれば、給料を上げられる可能性があるですね!

佐々木

はい!

まずは自分でできる対策を試してみましょう!

せっかくの人生、お金に悩む毎日はもったいないですよ!

次の章では、高収入を目指す人が利用すべき、転職エージェントについてお伝えします!

給料が安すぎると嘆く前に!高収入を目指すなら転職エージェントがおすすめ

佐々木

それでは、高収入を目指す人が利用すべき転職エージェントについてお伝えします!

転職エージェントを上手く活用すれば、一気に給料を上げることも可能ですよ!

給料アップはもちろん、転職の失敗を防ぐためには、転職エージェントを上手く活用すべきです!

転職エージェントを活用すれば、これまでの経験をもとに、最適なアドバイスをしてくれるので、

給料が上がるだけでなく、安心して働ける職場を紹介してもらえます!

また、様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、給料アップを実現できる仕事が見つけられるんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、給料を上げて高収入を実現した人の体験談を紹介します!

安すぎる給料から高収入を実現した人の体験談

佐々木

それでは、給料を上げて高収入を実現した人の体験談を紹介します!

給料アップを実現したい人は、参考にしてください!


ゆり
給料アップを実現している人がたくさんいるんですね!
佐々木

そうなんです!

人それぞれ方法は違いますが、給料が上がって不満を解消できている人はたくさんいますよ!

次の章では、給料が上がる可能性が高い仕事を紹介します!

給料が上がる可能性が高いおすすめの仕事7選

佐々木

最後に、給料が上がる可能性が高いおすすめの仕事を紹介します!

転職先選びで迷っているなら、ここで紹介する仕事を候補に入れてみるのも良いでしょう!

おすすめの仕事
  1. 医療事務
  2. 学校の事務員
  3. 営業職
  4. プログラマー
  5. webデザイナー
  6. 秘書
  7. 通訳・翻訳家

それぞれ詳しくお伝えします!

おすすめ1:医療事務

医療事務は、医療機関に勤務して事務作業を行う仕事です。

受付で患者の対応をしたり、会計や診療報酬の請求書類の作成などを行います。

国家資格ではありませんが、医療事務の資格を取れば、基本的な知識が得られるだけでなく、資格手当ても手に入れることができます。

佐々木
パソコンのスキルも必要ですが、コミュニケーション能力も求められる仕事を言えるでしょう。
年収約284万円
おすすめ
ポイント
  • 資格を取れば手当がつく
  • 医療機関が増えているので求人が多い

おすすめ2:学校の事務員

学校の事務員は、小中学校から大学、専門学校などの教育機関で、施設管理、総務、経理などを担当するのが仕事になります。

施設によって業務内容は多岐にわたり、事務処理だけでなく、会計に関する知識も身に付けられるでしょう。

未経験からでも働けますが、パソコンを使った業務が多いので、基本的なパソコンスキルや簿記の資格があると転職で有利になります!

佐々木
学校の事務員の求人は、各都道府県のホームページで見つけられますよ!
年収約544万円
おすすめ
ポイント
  • 幅広い業務での経験を積める
  • 定時で帰れる環境が多い

おすすめ3:営業職

コミュニケーション能力に自信がある人は、営業職への転職もおすすめです。

営業職は、どれほどテクノロジーが発達しても、必要とされる仕事の一つです。

高い買い物をするときは、担当者と直接話をしたいと思う人がほとんどなので、購入者をサポートするやりがいのある仕事と言えるでしょう。

佐々木
しっかり成績を上げれば、給料もどんどん上がっていくので、努力次第では早い段階で高収入を実現できますよ!
年収約440万円
おすすめ
ポイント
  • コミュニケーション能力を活かせる
  • 自分の成績次第で給料が上がる

おすすめ4:プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を使ってプログラムを組み、システムやソフトを作る仕事です。

分かりやすく言うと、Webサイトやスマートフォンのアプリを作るのが、プログラマーの仕事の一つです。

専門学校やプログラミング教室で、知識やスキルを得る方法もありますが、未経験で会社に入り、現場で勉強しながら働いている人もいます。

佐々木
自分でサイトやアプリを作れるようになれば、フリーランスとしても活躍できますよ!
年収約422万円
おすすめ
ポイント
  • 高収入企業が多いIT業界で働ける
  • フリーランスを目指すこともできる

おすすめ5:Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインや構築を行って、実際にサイトを作る仕事です。

ディレクターやエンジニアと相談しながら、顧客が求めているサイトを作り、動作確認なども行います。

専門機関でデザイナーの知識やスキルを学んでいれば、即戦力として採用されることも多いでしょう。

佐々木
Webデザインを武器にして、将来的にプロデューサーやディレクターになれば、大幅な年収アップも可能ですよ!
年収約347万円
おすすめ
ポイント
  • 知識があれば即戦力として採用される
  • デザイン力を武器に大幅な年収アップを狙える

おすすめ6:秘書

秘書は、会社の社長や役員、弁護士、大学教授など、多忙を極めている人に付き、スケジュール管理や交渉、接客などをサポートする仕事です。

自分が所属している会社に関する知識やビジネスマナーなど、実務経験が求められるので、事務職や経理職から異動する形が多くなっています。

ただし、秘書技能検定や国際秘書など、資格を持っている場合は、採用される確率がグッと高くなります。

佐々木
秘書は専門性の高い仕事で、付いている相手の役職によって年収が変わってきますよ!
年収約333万円
おすすめ
ポイント
  • 高収入の人のそばで仕事ができる
  • 資格を取得すれば採用される可能性が高い

おすすめ7:通訳・翻訳家

通訳・翻訳家は、海外の言語を日本語に訳したり、仕事で海外の人と交渉する時に立ち会って、会話をサポートする仕事です。

グローバル社会が進んでいる現在において、外国語が話せる人材の需要は増加しています。

海外の人とビジネスでやりとりを行うには、高度な語学力だけでなく、その国の文化も理解しておく必要があるでしょう。

佐々木
高い語学力を持っていれば、どんな会社でも長く活躍することができますよ!
年収約350万円
おすすめ
ポイント
  • 語学力を活かして仕事ができる
  • 仕事で世界中を飛び回れる

佐々木
以上が、給料が上がる可能性が高いおすすめの仕事です!
おすすめの仕事
  1. 医療事務
  2. 学校の事務員
  3. 営業職
  4. プログラマー
  5. webデザイナー
  6. 秘書
  7. 通訳・翻訳家
ゆり
これらの仕事に転職すれば、給料が上がる可能性が高いんですね!
佐々木

はい!

将来的にも安定が見込まれている仕事ばかりなので、転職先選びの参考にしてください!

他にもおすすめの仕事の情報が欲しい方は、「転職エージェント」に相談してみることをおすすめします!

あなたが希望する条件を理解した上で、最適な提案をしてくれるので、効率よく給料が上がる仕事を見つけられますよ!

無料で登録できるので、まずは登録して転職相談をしてみるのが良いでしょう。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

給料が安すぎる人は、正しい方法で改善を目指すべき!

佐々木

今回は、給料が安すぎて悩んでいる方に向けて、

知っておくべき給与の基準や、高収入を実現できる仕事をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 状況別の給与基準を知っておけば、給料が安すぎるかどうか分かる
  • 資格を取ったり、給与交渉することで給料が上がることもある
  • 高収入を目指すなら転職エージェントに相談するのがおすすめ
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職して、給料が上がるよう応援しています!