51歳の平均年収はいくら?男女別など詳細なデータを紹介

「51歳の平均年収っていくら?」

「自分は51歳の平均年収以上、稼げているの?」

このような疑問を持っている人に向けて、『カテゴリ別の51歳の平均年収』や、『51歳で年収を上げる方法』などをお伝えしていきます!

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を最後まで読めば、51歳の平均年収が分かり、自分の収入が妥当かどうか分かりますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

51歳の平均年収は560万円前後!

転職エージェントの佐々木
佐々木

51歳は、定年退職まで14年ということもあり、老後の資金などが気になり始める年齢です。

また、管理職や役員に就く人も多く平均年収を気になっている人は多いですよ!

結論から言うと、51歳の平均年収は560万円前後です!

大手転職エージェントのdodaが行った調査では、51歳の年収は次のような結果が出ています。

51歳の平均年収
  • 全体:577万円
  • 男性:641万円
  • 女性:423万円

引用:doda

また、国税庁が行っている『民間給与実態統計調査』を見ると、次のような結果が出ています。

50代の平均年収

◎50~54歳

  • 全体:525万円
  • 男性:679万円
  • 女性:320万円

◎55~59歳

  • 全体:518万円
  • 男性:686万円
  • 女性:301万円

引用:民間給与実態統計調査

dodaのデータは、サービスを利用している正社員中心の結果のため年収が高めに出ており、

国税庁の調査は、非正規雇用のデータも含むためやや低めの年収が出ています。

このふたつのデータを合わせて考えると、51歳の平均年収は560万円前後と言えるでしょう!

また、男女の差が出ている理由は職種や学歴が関係しており、男性の方が正社員の割合が高く、給与額が高い職種の人が多いことが影響しています。

51歳の年収の中央値

少し古いデータになりますが、2012年にdodaが行った『平均年収ランキング調査』によると、51歳の年収の中央値は625万円という結果が出ています!

この年の51歳の平均年収は687万円なので、現在の平均年収を考えると年収の中央値は500~510万円と想定されます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

年収の中央値とは、対象者全員の年収を低い人から高い人まで順番に並べ、ちょうど真ん中にくる人の年収なので、

飛びぬけた年収の人の影響を受けず、よりリアルな年収額を知ることが出来ますよ!

51歳の手取り額

手取り額は年収の約8割と考えられるため、年収560万円の人の手取り額は月々37万円程度です。

手取り額とは、額面から社会保険料などの税金を引いた後の実際に手元に来る給与額を指します。

年収にはボーナスやインセンティブなどが含まれているので、月々の手取り額は33~35万円でボーナスがある人もいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
1年間を通して、手取りの合計が440万円程度であれば、51歳の平均はもらっていると言えますよ!

あきら

51歳の年収は560万円くらいなんですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

これからカテゴリー別に51歳の平均年収について見ていくので、あわせて確認してみてくださいね!

【企業規模別】51歳の平均年収

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、企業規模別の50代の平均年収をお伝えします!

企業の規模による差を見ていきましょう!

男性女性
50~54歳55~59歳50~54歳55~59歳
大企業592.2万円576.2万円365.9万円346.9万円
中企業479.3万円483.1万円326.6万円318.2万円
小企業410.2万円407.0万円293.4万円293.6万円

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」(企業規模別)

企業規模で見ると、資金力に余裕があるというイメージ通り、大企業が男女ともに一番平均年収が高くなっています!

大企業と中小企業では、50代前半でかなり差が開いています。

また企業規模、男女に関わらず、50代後半になれば年収は横ばいです。

厚生労働省が行っている「賃金構造基本統計調査」によると、令和元年の企業規模間賃金格差は次のようになっています。

企業規模別の賃金格差

◎中企業

  • 男性:80.9%
  • 女性:89.3%

◎小企業

  • 男性:69.3%
  • 女性:80.2%

※大企業を100とした場合の割合

引用:令和元年賃金構造基本統計調査の概況

このように、企業規模によって年収に差があることが分かり、金額にすると50~150万円の差が生じると考えられます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
51歳の平均年収は大企業で500~540万円、小企業だと370~410万円程度と考えられます!

次に、業界別の51歳の平均年収を見ていきましょう!

【業界別】51歳の平均年収

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、業種別の50代の平均年収をお伝えします!

自分が働いている業種の平均年収を確認してみましょう!

男性女性
50~54歳55~59歳50~54歳55~59歳
建設業521.8万円508.3万円329.9万円348.2万円
製造業487.0万円492.2万円283.2万円270.4万円
情報通信業614.5万円615.5万円476.4万円465.4万円
運輸業・郵便業374.3万円376.9万円275.6万円253.1万円
卸売業・小売業523.1万円529.4万円317.8万円294.5万円
金融業・保険業744.1万円628.0万円380.6万円373.3万円
研究・専門業623.6万円639.7万円437.3万円405.6万円
宿泊・飲食業399.4万円393.8万円259.2万円247.2万円
生活関連サービス業439.4万円402.7万円288.6万円269.9万円
教育・学習支援業653.4万円673.7万円472.7万円501.4万円
医療・福祉526.3万円538.9万円339.0万円335.7万円
その他386.3万円387.0万円291.8万円270.2万円

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」(産業別)

男性の場合は「金融業・保険業」、女性の場合は「情報通信業」が一番平均年収が高いことが分かりました!

成果次第で得られるインセンティブ制度が導入されていたり、ボーナスが充実している企業が多いことも、年収が高い理由と関係しています。

また反対に、男性は「運輸・郵便業」女性は「宿泊・飲食業」が一番平均年収が低くなっています。

どちらの業界も高卒で入社できる会社が多かったり、正社員として働いていない人が多いことなどが、平均年収が低い原因と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

このデータを見ると、51歳の平均年収が560万円を超えている業界は少ないと考えられます!

次の章では、学歴別に51歳の平均年収をお伝えします!

【学歴別】51歳の平均年収

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、学歴別の50代の平均年収についてお伝えします!

ここでも男女それぞれのデータを見ていきましょう!

男性女性
50~54歳55~59歳50~54歳55~59歳
大学・大学院卒642.2万円627.5万円479.0万円449.4万円
高専・短大卒478.8万円480.0万円349.8万円348.0万円
高校卒417.7万円418.9万円277.6万円274.1万円

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」(学歴別)

男女ともに大学・大学院卒の人が、最も年収が高くなっています!

給与が良い大企業や専門職では大卒以上の人のみを採用していることもあり、大卒以上の人が年収が高いというデータが出ています。

また、大卒以上の人の方が専門知識を学んでいるため、昇給のスピードが早いことも学歴で年収に差がつく理由です。

しかしながら、高卒でも大卒以上の人と同等の年収を稼いでいる人がいるのも事実です!

転職エージェントの佐々木
佐々木

このデータを見ると、大卒の51歳の年収は530~570万円、高卒の51歳の年収は360~390万円と考えられます!

全体を見れば大卒以上の人が一番稼いでいますが、高卒の人の方が社会人歴は長いので大卒以上に稼ぐこともできますよ!

次の章では、雇用形態別の51歳の平均年収をお伝えします!

【雇用形態別】51歳の平均年収

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、雇用形態別の50代の平均年収をお伝えします!

正社員と非正規社員では、次のような差がありました!

男性女性
50~54歳55~59歳50~54歳55~59歳
正社員523.6万円520.3万円367.1万円359.4万円
非正規社員289.0万円286.4万円228.4万円222.0万円

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」(雇用形態別)

50代の正社員と非正規社員では、男女とも140〜230万円の差があります。

正社員には月給+ボーナスまた企業によってインセンティブがあり、非正規社員は時給のみというのが差がつく要因です。

給与面以外でも、正社員の方が福利厚生が充実している場合が多く、収入や生活面が安定していると言えます。

実際、正社員として長く働けば年々給与が上がっていきますが、

非正規社員の場合は、業務量や勤務時間も限られてくるので、なかなか時給が上がりづらいのが現状です。

転職エージェントの佐々木
佐々木

このデータから51歳の平均年収を考えると、正社員は450~480万円、非正規社員は260~280万円と言えます。

高時給の人でも、基本的には正社員と同じ年収を稼ぐのは難しいです。

次の章では、51歳で平均年収を超える方法をお伝えします!

51歳で年収UP!平均年収を超える方法

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、51歳で平均年収を超える方法を紹介します!

年収を上げる方法を知っておくことで、次にどのような行動をとるのが良いのかが分かりますよ!

平均年収を超える方法
  1. 今の会社で昇給する
  2. 手当のつく資格を取る
  3. 副業を始める
  4. 年収が上がる仕事に転職する

方法1|今の会社で昇給する

一番手っ取り早く年収を上げる方法は、今の会社で昇給することです!

51歳からでも、確かな実績を積み上げて会社に貢献した人は、昇給することができます。

50代前半になればそれなりの経験は積んでいるので、更に実績を積み上げることで、信頼を作っていくことが出来ます。

責任のある役職につくことができれば、重要な仕事を任されることが増えていき、その分年収が上がる可能性は高まりますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

社内で実績を積み上げるには、まずは任されている仕事を全力でこなすことが大切です!

方法2|手当のつく資格を取る

資格を取得することで、年収アップを実現している51歳もたくさんいます!

具体的には、今任されている業務や、会社で重要なポジションに就くために必要な資格の取得を目指すべきです。

実際、会社によっては資格を取得することで資格手当が出ることもありますし、資格の試験費用が支給される場合もあります。

この先の自分のキャリアに必要な資格を取得すれば、今の会社から転職したとしても、決して損にはなりませんよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

資格を取得するときは、企業の評価基準を把握しておくことも大切です!

様々な業界で使える資格について、次の記事でも書いているので参考にしてください!

方法3|副業を始める

隙間時間に副業をして、本業にプラスで収入を得るのも年収を上げる方法の一つです!

近年、働き方改革の一環として副業を解禁する企業が増えているため、自分の持っているスキルを活かして副業を始める人がたくさんいます。

具体的には、Webライティングやアプリ開発などネットを使ったものや、

アクセサリー販売やコーチングなど趣味や今後のキャリアアップに向けた副業をする人もいます!

クラウドソーシングを使うことで、自分が出来そうな副業を見つけることも出来ますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

本業と別に収入源を作っておくことは、本業をリタイアした後の生活においてプラスになることは間違いありません!

ただ50代では、本業の仕事で精一杯になることが多いので、無理せずできる副業から始めることをおすすめします。

方法4|年収が上がる仕事に転職する

今の仕事を辞めて、年収が上がる仕事に転職するのも一つの方法です!

今の会社で昇進のチャンスが薄い、業界の将来性が見えてこないと思っているなら、転職するのもアリです!

業界や職種によって平均年収は異なるため、業界や職種を変えて転職することで年収を上げることが出来ます!

50代向けのハイクラス向け転職サービスも充実していますので、記事の後半でおすすめの転職エージェントを紹介します!

転職エージェントの佐々木
佐々木

今の会社の給与に不満があるなら、もっと自分のことを評価してくれる会社に移ることも検討すべきです!

次の記事では給料が高い仕事ランキングを紹介しているので、転職先を選ぶ際の参考してみてください!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、51歳で平均年収を超える方法を紹介しました!

まとめると次の通りです!

平均年収を超える方法
  1. 今の会社で昇給する
  2. 手当のつく資格を取る
  3. 副業を始める
  4. 年収が上がる仕事に転職する
あきら
こういった方法で、年収を上げられるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

決して簡単なことばかりではありませんが、50代だからといって遅くはありません。

挑戦するすること自体が今後の財産になることは間違いありませんよ!

次に、転職を考える人におすすめな転職エージェントを紹介します!

転職するなら手厚いサポートがある転職エージェントがおすすめ!

佐々木

転職を成功させるためには、手厚いサポートがある転職エージェントの利用をおすすめします!

転職エージェントを活用すれば、これまでのエージェントの経験に基づき自分に向いてる仕事を紹介してくれます!

また、次のように様々なサポートもしてくれるので、転職活動全体において心強い存在になってくれますよ!

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
あきら
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、自分に合う仕事を見つけられるんです!

具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『JACリクルートメント』
    キャリアに自身がある人向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  3. iX転職サービス
    ハイクラスポジションへの転職を狙う人向け
    【公式】https://ix-tenshoku.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『ビズリーチ』
    ハイクラス向けヘッドハンティング型サービス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
あきら

この5社がおすすめなんですね!

でも、どこに登録するか迷ってしまいますね…。

佐々木
そうですよね… 。

転職エージェントは、1社ではなく複数社に登録すべきなので、

迷ったら最低でも「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

転職エージェントを使えば、担当者が付いてサポートを行ってくれますが、

必ずしも相性が合う訳ではないので、複数登録して相性の良さを確かめることをおすすめします。

また、年収UPのために重要な年収交渉などのサポート体制も各転職エージェントで異なるので、サービスの質も複数登録して確認すべきです!

人気の優良求人は早い者勝ち!

複数登録や年収交渉については、次の記事をご覧ください!

転職も視野に入れて51歳の平均年収を超えよう!

転職エージェントの佐々木
佐々木
今回は、51歳の平均年収を知りたい人に向けて、

カテゴリ別の51歳の平均年収や、51歳で年収を上げる方法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 51歳の平均年収は560万円前後!
  • 51歳の平均年収は学歴や業種、企業規模によって差がある
  • 好条件の仕事を探しているなら、転職エージェントを使うべき
あきら
ありがとうございます!

51歳の平均年収についてよく分かりました!

転職エージェントの佐々木
佐々木
それは良かったです!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『JACリクルートメント』
    キャリアに自身がある人向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  3. iX転職サービス
    ハイクラスポジションへの転職を狙う人向け
    【公式】https://ix-tenshoku.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『ビズリーチ』
    ハイクラス向けヘッドハンティング型サービス
    【公式】https://www.bizreach.jp/
転職エージェントの佐々木
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」の2社に登録しましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

あきら
早速、転職エージェントに登録してみます!
転職エージェントの佐々木
佐々木
あなたが、年収UPに成功することを祈っています!