転職エージェントおすすめランキング13選

24歳は転職のチャンス!高卒・未経験でも失敗しない転職方法と成功例

この記事でお伝えできること
  • 24歳の転職が有利な理由
  • 24歳ならではの弱み
  • 24歳の転職活動を失敗・後悔なく進める方法
  • 【男女別】24歳の転職した成功例・失敗例
  • 24歳の転職を成功させる方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を読んでいる人の中には…

『今24歳だけど、転職したい…』

『現状の仕事に満足していない。もっとステップアップしたい!』

と悩んでいる人がいるのではないでしょうか。

ゆり
現状の職場環境が悪くて、休みも不定期だし、

加えて、結婚とか将来を考えた時に育休や産休等の待遇面もとても不安なんです。

ただ、まだ24歳で会社に入ったばかりだし…

りょう
僕は今の仕事内容に満足していなくて、もっと自分のやりたいことでチャレンジができる会社で働きたいのですが…

ただ、そのやりたいことが未経験の職種なんですよね…

佐々木
私がキャリア相談にのっている中でも、実は24歳の方でお二人のような悩みを抱えた方はすごく多いです。

男性、女性によっても悩みが異なるので、男女別に今回は悩みを解決できるようにしていきますね。

そこで今回は、主に下記の点をお伝えしていきます。

あなたの年収、適正な額ですか?

『マイナビエージェント』では、20代の転職者のおよそ7割が年収アップに成功しています。

優良企業の求人は、人気なので早い者勝ちです。登録はお早めに!

参考記事:20代におすすめの転職エージェント12選

24歳は転職のチャンス!理想の人生のために早めの準備を

佐々木
実は、24歳は第二新卒にあたるため有利に転職を進められるので、転職するにはチャンスです。

その中でもここでは、未経験の異業種に挑戦したいという方、高卒の方も同様にチャンスになりますので、その理由を書いていきますね。

未経験から異業種に転職できる最後のチャンス

24歳が、未経験で異業種に転職するなら最後のチャンスになります。

最後のチャンスである理由は次の通りになります。

24歳が最後のチャンスである理由
  • 年齢が上がるにつれて、経験がついてくるため、素直に勉強できる方が少ない傾向にあるため、企業側もマネジメントしづらくなる。
  • ポテンシャル採用のため、若ければ若いほど企業にとっても成長して活躍してくれる期間が長いというメリットがある。
  • 若い人ほど、体力面でも重宝されやすい。
  • ライフイベント(結婚や出産)が重ならない。

つまり、若ければ若いほど伸び代もあり、企業側としては若いうちから働いて欲しいからです。

ゆり

たしかに、これらを考えると…

これからどんどん未経験の求人には転職がしづらくなりそう…

佐々木

そうなんです!

というのも、企業側は長期的に成長してくれて、且つ、活躍してくれる人を採用したいからです。

ゆり
なるほど!だからこそ、24歳での転職が有利になるんですね。
佐々木

おっしゃる通りです!

そのため、24歳が最後のチャンスと考えて転職活動をすると良いかもしれません!

また、高卒の場合も有利になるので次はその点をご紹介していきますね。

高卒の24歳は大卒よりも有利になる場合も

佐々木

場合によっては、同じ24歳でも高卒の方が有利になることがあります

なぜなら、即戦力になりやすいからです。

もう少し具体的に言うと…

高卒は大卒と比べて、早い段階で社会に出ているため、社会人経験が豊富という点がメリットなんです。

なので、高卒の人も不利だと考えずに有利な点を積極的にアピールしていきましょう。

りょう
なるほど、高卒でもポジティブに考えられるんですね!

それなら、未経験業種への転職にもチャンレンジできそう!

佐々木

おっしゃる通り、高卒の場合も24歳であれば有利に転職できますよ!

ただ、24歳ならではの不利な点もあるのは事実なんです…

なので、次は有利な点も踏まえつつ、24歳の転職の弱みを企業側の採用目線で説明していくので、一緒に対策を立てていきましょう!

24歳の転職が有利な理由と、24歳ならではの弱み

佐々木
では、24歳の転職で有利な点、不利な点をお伝えしていきますね!

ここでポイントになってくるのは、不利な点もしっかり把握した上で、対策を立てることです。

まずは、24歳での転職が有利な理由を企業側の採用目線に立って見ていきましょう。

24歳の転職が有利と言われる理由|特に大卒は第二新卒枠として

24歳の転職が有利と言われる理由は3つあります。

24歳が転職で有利な理由
  • 社会人としての最低限のマナーが身についている
  • 年齢が若いので伸びしろやポテンシャルがある
  • 20代後半〜30代よりも採用コスト/費用が低い

それでは一つずつ説明していきますね。

有利な理由1|社会人としての最低限のマナーが身についている

佐々木
最初の24歳での転職が有利な理由は、社会人としての最低限のマナーが身についているということです。

新入社員と比べて、約2年間社会人として働いているため、礼儀等のマナーが身についているからです。

例えば、名刺交換や電話対応などが挙げられます。

マナーが最低限備わっていると、他社と会う機会があってもリスクが無いので安心です。

有利な理由2|年齢が若いので伸びしろやポテンシャルがある

佐々木
2つ目は、伸び代やポテンシャルがあるということです。

まだ若いため、新しい仕事でも早く覚えようと必死になってくれるだろうと企業は考えます。

社会人経験があまり無いからこそ、純粋に物事を受け入れられるというのが、強みになります。

有利な理由3|20代後半〜30代よりも採用コスト/費用が低い

佐々木
最後に、お金の話になりますが、まだ新人に近いので、お給料が少なくて済むということです。

20代後半からは、年齢、スキルが伴ってくるので、最初からお給料を高めに設定しなくてはならない事が多いです。

そのため、若いほど採用コストがかかりません。


有利になる理由については、以上となります。

もう一度ふりかえってみると…

24歳が転職で有利な理由
  • 社会人としての最低限のマナーが身についている
  • 年齢が若いので伸びしろやポテンシャルがある
  • 20代後半〜30代よりも採用コスト/費用が低い
ゆり
なるほど!

企業側にしても、若い人を雇う事でリスクを抑え、将来にも期待ができるという事ですね!

佐々木
その通りです!

なので、24歳での転職は有利なんです!

実は、有利な点ばかりではなく、24歳ならではの弱みもあります。

しかし、弱みは対策をすれば全く問題ないので、その理由を詳しく説明していきますね。

24歳で転職する際の弱み

24歳で転職する際の弱みは2つあります。
弱みを知って、しっかりと対策をしてから転職に臨みましょう。

弱み1|早期退職による不信感が企業側にある。

前職が長続きしていないという事実が、企業側にとっては不安な点となります。

また早く辞めてしまうのかも…と思ってしまうからです。

飽き性、サボり癖があるなどの印象を与えてしまう可能性があります。

よって、企業側はそのリスクを避けるため、確実にあなたの辞めた理由を聞くでしょう。

弱み2|24歳で転職経験が複数回あると、企業側から早期退職の点が懸念される

24歳の時点で転職経験が2回、3回あるとなると…、

入社後すぐに辞めてしまうのではないかという企業側の不信感はさらに強くなります。

転職回数が多ければ多いほど、入社後もまた繰り返してしまうのではないかと思われる傾向があるからです。

佐々木
はじめて転職する人と比べると、印象が変わってきてしまうんですよね…

そのため、早期退職を懸念して採用を見送る企業が多いんです。


24歳ならではの弱みは以上になります。

内容をおさらいすると…

24歳ならではの弱み
  • 早期退職による不信感
  • 転職回数が多いことによる不安

の2つになります。

りょう
なるほど!たしかに早く辞めているという印象はついてしまいますよね。
佐々木
弱みを対策できる方法があるので、次に早速見ていきましょう!

24歳ならではの弱みの対策方法は?|ポジティブな退職理由を伝える

結論から言うと、「ポジティブな退職理由を伝える」のが有効な対策になります。

ポジティブな退職理由をしっかりと企業側に伝える事ができれば、逆に印象は良くなるので、堂々と伝えられるようにしましょう。

例えば、「前職での経験を活かして、御社の〇〇事業に挑戦したいと思ったから」

など、ステップアップするために転職をしているということを伝えられるようにしましょう。

ゆり

なるほど!

準備をしっかりとして対策を立てれば、弱みをアピールにもできると言うことですね!

でも、1人で対策立ててもそれが正しいかわからないのですが…

佐々木
すごく良い視点ですね!

1人だけでやると、過信や情報不足によって結果が伴わない事が多いです。

では、次は満足のいく結果を出すための方法を紹介していきますね。

24歳の転職活動を失敗・後悔なく進めるポイント

佐々木
ここからは、24歳の転職活動を失敗・後悔なく進めるポイントをお伝えしていきます。

まず、24歳で転職を考えているなら、これまでの社会人経験を踏まえて、自分が向いている職種や将来やりたいことについてじっくり考えてみましょう。

向いている職種・将来やりたいことの自己分析を行う

佐々木
なぜ自己分析を最初にするべきかというと、

ただ闇雲に目先の給与や待遇条件や周りの意見だけに流されて、転職をするべきではなく、24歳は納得感のある転職をするべきということです。

大きなキャリアチェンジや未経験の業種職種にチャレンジしやすいのは24歳が有利と言われているからです。

ゆり
そうですよね…

ちなみに『24歳は納得感のある転職をするべき』という点をもう少し詳しく教えていただけませんか?

佐々木
良い質問ですね!

もう少し詳しく見ると下の3つのステップに分けられ、それぞれのステップで考えるべきポイントも違います!

  • STEP.1
    あなた自身のことを整理する
    • 今までのキャリア/経歴で強みになるものは何か?
    • なぜ?そのキャリアを選択してきたのか?
    • これからどうしていきたいのか?(10年後、5年後、3年後は?)
    • そのためにどんなことをするべきなのか?
  • STEP.2
    可能な限りの選択肢を全て洗い出す
    • 今までのキャリアを活かせる仕事は何か?
    • 今の状況でもチャレンジできる求人は何か?
    • 転職以外の方法もあるのではないか?
      →社内異動、副業、起業など
  • STEP.3
    その選択肢の中から比較検討をして決める
    • それぞれのメリット・デメリットを考える
    • 24歳の今だからこそ選択できるものなのか?30代になってからでも選択できるものなのか?
    • それぞれの選択をした後の3年後、5年後、10年後はどうなっていそうか?
ゆり
ありがとうございます!

これらを1つずつ考えていけば良いということですね!

佐々木
おっしゃる通りです!

納得感のある転職を実現させるためには、“あなた”の全ての選択肢を比較検討することが一番重要だからです。

転職エージェントを活用して就職活動することが成功の秘訣

ゆり
自己分析をしっかりした後は、実際の就職活動はどうやって行えばいいんですか?
佐々木
はい!まず就職先を探す方法としては、次のようなことが考えられます。
就職方法
  1. 転職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 転職フェアやイベントに参加する
  4. ハローワークを利用する
  5. 転職エージェントを利用する
ゆり
こうして見てみると、5つもあるんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ、チャンスの多い24歳の今だからこそ転職エージェントを利用すべきです。

ゆり
えっ!そうなんですね!
佐々木
はい!特に転職サイトよりも転職エージェントの利用が多い理由としては…

就職や転職のプロとして、様々なサポートを行ってもらえるからです。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら24歳で初めての転職でも、安心して転職活動ができそう!

佐々木
おっしゃる通りです!

逆に考えると、転職エージェントを利用しなければこれらを全部自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!

実際に転職エージェント以外の、就職イベントへの参加などの転職方法でも良いのですが…

ゆり
それだと現職を続けながらや、自分の知識だけでは就職活動に苦労してしまう可能性がある!
佐々木
はい!そうなんです…

ここではサクッとおすすめの転職エージェントをご紹介しておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『ハタラクティブ』
    特徴:既卒・第二新卒など若年層向け
    【公式】https://hataractive.jp/
ゆり
なるほど!これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、何に登録すべきか迷いますね…

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし転職エージェントに迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

エージェント選びに迷ったら...
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

また第二新卒に特化した転職エージェントや選び方について、もっと知りたいという人は次のページも確認してみてくださいね。

佐々木
ここまで準備や対策について述べてきましたが…

次は目標を定めるために、男女別に成功例や失敗例を紹介するのと、実際の転職活動の実践方法を紹介していきます!

【男女別】24歳の転職成功例と失敗例|大手企業に転職した人も…!

佐々木
それでは次に、24歳に近い年齢で実際に転職した人の事例を見ていきましょう。

24歳の転職成功例

4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/26(日)11:05:54 ID :TsF
転職成功したよ
前職は月150時間残業だったけど残業代込みの年収に50万上乗せした年収で転職できた
仕事しながらの転職活動、しかも良いとこ見つかるまで2年くらいかかったけど
活動中は色々面接して雰囲気や給料とかの条件合わないところ全部断ってた
出典:2ch
ゆり
24歳で一歩踏み出せた人は、希望の職業に就き楽しく働いているんですね!
佐々木

そうですね!

ただ正しい方法で転職しなければ、失敗することもあります…

24歳の転職失敗例

24歳 転職活動中の女性

転職できずにいる24歳です。
私は洋菓子店で二年半働きましたが、失敗続きなのとケーキを考えたりするのが苦手だったり、不器用だったりでやめました!!

ただ抜け出したくてやめたので、二年半仕事をさがし続けていますが、やる気が出なかったり人が怖かったり、履歴書を書くのがダメだったり、車を持っていなくて一度もめんせつとかしていません!
どうしたら就職できますか? あるいはやりたい仕事が見つかりますか?

引用:yahoo知恵袋

24歳 転職希望の男性
転職しようと考えています。

2年目の24歳です。

理由は、
思っていた仕事と違ったこと
仕事が多すぎること
給料が安すぎるため、将来を考えられないこと
上司の激務ぶりを見ると、家庭を持っても何もしてあげられないこと

が主な理由です。

しかし、社会人経験が浅いことや、次の仕事をしてもまたやめてしまうのではないか、ただ逃げているだけじゃないか、今以上に厳しい生活になるのではないかと思ってしまい、なかなか踏み切れません。

自分が何をしたいのかもわからず、とりあえず、この現実から脱出したいだけなのではないかとも思ってしまっています。

この状況で転職すべきでしょうか?

引用:yahoo知恵袋

24歳 転職活動中の女性
転職活動 病み

24歳 女 はじめての転職活動中

ただいま、転職活動まっただなかてす。
私は、もともとメチャクチャおしゃべりで話さないだけでもストレスがたまります。
そのため、ひとりでの転職活動がしんどいです。
ずーと、ハロワいく以外はひとりぼっちで考えことばかり。
やんできて、履歴書にもてがつかないときもあります。
解決方法教えてください

引用:yahoo知恵袋

ゆり
転職に失敗する人もいるんですね…20代後半になると転職の難易度も高くなるし、絶対に失敗は避けたいです。
佐々木
そうですよね。
でも安心してください!正しい方法で転職活動をすれば、転職の成功率はグッと高まります!
ゆり
では、転職の成功率が上がる方法を具体的に教えてください!
佐々木
わかりました!次は、失敗しないために具体的な方法をご紹介していきますね。

失敗しないために、まずは希望条件を明確にしてみよう

実際に会社を選んでいく際に重要になるのが、自分の求める条件をハッキリと
させることです。

思いつく限りの条件を箇条書きで良いので書いてみましょう。

希望条件の例
  • 残業が少ない
  • 完全週休2日制
  • 有休消化率が良い
  • 自分が好きな業界で働きたい

など、希望する条件を書き込んでいきましょう。

次に、書き込んだ条件に優先順位をつけていきましょう。

希望条件が明確になっていないと、

目移りしやすくなり、志望理由が曖昧に
なったり、ブラック企業に就職してしまったりと、リスクが伴います。

なので、必ず自分の中で希望条件は明確にしておきましょう。

佐々木
さて、希望条件を明確にしたら、次は実践です。

実践で使えるポイントをご紹介していきます。

24歳の転職を成功の鍵は、自分の市場価値を知ること

佐々木
まずは、転職を成功させるために、自分の市場価値を知ることが大切になります。

成功させるために重要なこと

転職を成功させるためのポイントをまとめました。

成功のポイント
  • 自分の市場価値を把握する
  • 自分のアピールポイントを考える
  • 応募先企業が求める人物像を考える

この3つは最低限重要なことです。

これらを知ることが、自分の市場価値を知ることでは必須になります。

例えば、自分のアピールポイントは応募先の企業が求める人物像を知った上で考えると、印象の良いアピールポイントになります。

自分本位ではなく、あくまで周りから見たものが市場価値になりますので、意識しながら考えるようにしてください。

佐々木
転職を成功させるポイントをおさえた上で、次は成功のための実践テクニックをご紹介していきます。

成功のための実践テクニック

それでは次に、転職活動で必ず通るべき面接を通過するテクニックを紹介します。

第二新卒の年齢層に入る24歳だからこそ、企業の採用担当者は以下のポイントを面接で重視しています。

面接で重視するポイント
  • 熱意や意欲があるかどうか
  • これまでの経験を踏まえて志望しているか
  • 社会人としての基礎力が備わっているか

では、それぞれのポイントを確認していきましょう。

面接ポイント1:熱意や意欲があるかどうか

24歳の転職では、将来性や伸び率が他の年齢層と比べると、非常に高い評価対象になっています。

そのため、新しい仕事への情熱、成長したいという意欲をしっかりアピールすることは大切です。

特に次のようなことに気をつければ、熱意や意欲が面接官に伝わるでしょう。

熱意、意欲を面接官に伝える方法
  • 熱意や意欲を伝える方法
  • 面接を受ける会社の情報を事前に調べておく
  • 質問を求められたら会社に合わせた質問をする
  • なるべくハキハキと元気よく受け答えする

以上のポイントを意識してみましょう。

企業の情報を調べるには、会社のホームページを見ることはもちろん、業界研究を行っておくこともおすすめです!

面接ポイント2:これまでの経験を踏まえて志望しているか

これまでの社会人経験を踏まえて志望しているかは、24歳の転職では重要です。

熱意や意欲だけで突っ走ってしまうと、新卒採用を目指す学生と同じレベルに見られがちです…

志望動機の中に、社会人としての挫折や苦労を味わった経験があれば重みが増すこと間違いありません。

なので、これまでの経験を踏まえて、新しい会社でどんな仕事ができるのかを話せるように準備しておきましょう。

面接ポイント3:社会人としての基礎力が備わっているか

社会人経験がある24歳は、どんなにスキルに自信がなくても社会人としての基礎力(ビジネスマナー)は、評価されるポイントです。

特に以下のような行為が出来なければ、面接の通過率は大きく低下します…

通過率が低下するポイント
【受付・控え室での立ち振る舞い】
→言葉遣いや座っている姿勢、スマホばかりいじっていないかなど

【入室時や退室時の行動】
→すぐに取引先や営業周りに行かせても恥ずかしくない行動を取っているか

【面接での言葉遣い】
→友人と話すようなタメ口ではなく、正しい敬語が使えるかどうか

面接においては、上記のような基本的なビジネスマナーも要チェックポイントです。

些細なミスでいい転職先を逃してしまわないように注意しましょう。


佐々木

以上が24歳が転職を成功させるための面接テクニックです。
面接で重視するポイントをおさらいすると…

面接で重視するポイント
  • 熱意や意欲があるかどうか
  • これまでの経験を踏まえて志望しているか
  • 社会人としての基礎力が備わっているか
ゆり
面接って思ってるよりも緊張しちゃうんですよね。

だからこそ、今回教えていただいたようなことをしっかり話せる準備が大事ですね!

佐々木
そうですね!また先ほどお伝えした転職エージェントは、面接対策も行っています。

業界別の面接対策や模擬面接を行ってくれるエージェントもあるので、ぜひ活用しましょう。

また、転職面接でよくある質問として、

転職面接の質問内容
  • なぜ前職を辞めたのか
  • 前職でどんな能力を得たのか、どんな経験をしたのか。
  • なぜ弊社で活躍ができると思ったか
  • 具体的には、どのように弊社に貢献できるのか。

上記の4つは最低限答えを準備してから面接に望むようにしましょう。

佐々木
さて、転職をする上で一番気になる点として、退職があると思います。

円満退社ができるようにする方法や、退職の際のスムーズな流れなどをお教えします。

賢い退職方法と手順

ゆり

転職活動の方法は分かりましたが、退職も経験がないんですよね…

辞めるときにもめたくはないので、円満退社する方法を教えてほしいです。

佐々木

確かに退職も初めての経験ですもんね。

実は、転職エージェントは退職のサポートも行ってくれるんですよ!

転職エージェントは、退職する上で何をどうすべきなのか、またどうやって退職の交渉を行うべきかのアドバイスも実施しています。

基本的なことは転職エージェントに相談すれば問題ないですが、転職・退職するときに注意すべきポイントを2つお伝えしておきます。

転職先の内定が出てから退職を進める

現職を一度退職してから転職活動を行えば、新しい仕事が決まるまで収入面で苦労しがちです。

また、24歳であればまだまだ貯金に余裕がない人が多く、生活が苦しくなると精神的に追い詰められることもあります…

その結果、「早く転職先を決めないと!」と焦ってしまい、転職に失敗してしまう可能性が高くなります。

金銭面はもちろん、精神的にも余裕を持って転職活動を行うために、現職は続けたままで、転職先が決まってから退職の手続きを行いましょう。

どんなに仲が良くても社内の人には転職の話をしない

どんなに仲が良くても、上司よりも先に同期に退職や転職の話をするのは絶対に避けてください。

実際に転職活動中に、仲のいい同期に退職の話をして大変なことになった事例もあります…

退職時の注意

現在、在職中でありながら転職を考えている24歳3年目です。

先日、つい仲の良い同期に、「自分は来年度に転職を狙う」という事を話してしまっていたのです。

その話が上司にバレてしまい、ごまかせず、その上司も自分の部下が最近多数辞めている事から、これ以上自分の部下に辞められると困る。という事で、人事部に私を飛ばす様に申し出られ、結果的に関連会社へ在籍出向となりました。

(24歳・男性・年収270万円)出典:転職相談

こういった失敗をしないためにも、退職を決意した場合はまず上司に伝えましょう。

どんなに仲がいい同期がいても、上司より前に退職の話をしてはいけません。

また、具体的に転職先が決まったら転職エージェントに、退職手続きについて相談するのが一番です。

ゆり
なるほど!エージェントがサポートしてくれるなら、初めての退職も安心ですね!
佐々木

そうですね!

正しい方法を知っておけば、円満退社でき気持ちよく転職先に移動できるでしょう!

まとめ|まずはプロに相談して、失敗のないスタートを切ろう!

今回は、24歳で転職を考えている方に向けて、転職活動で失敗しないためのポイントや面接でのテクニックなどをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 24歳は転職のラストチャンスである
  • 焦って転職活動をすると失敗する可能性が高い
  • 転職に失敗しないためにもエージェントを使うべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 円満退社のためにも現職は転職先が決まってから退職する
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    【公式】https://www.r-agent.com/
  4. 『ハタラクティブ』
    特徴:既卒・第二新卒など若年層向け
    【公式】https://hataractive.jp/
ゆり
なるほど!これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、何に登録すべきか迷いますね…

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし転職エージェントに迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

エージェント選びに迷ったら...
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
佐々木
24歳のあなたが転職に成功できることを願っています!