転職の最終面接の合格率は?通過率を上げる方法&一次・二次との違い

転職の最終面接の合格率は?通過率を上げる方法&一次・二次との違い

この記事では、「転職の最終面接の合格率は何%?」と疑問を持っている人に向けて、

『最終面接の合格率・通過率』や、『一次・二次面接との違い』などをお伝えしていきます!

最終面接まで来れば内定獲得まであと一歩です!

しかし、最終面接ならではのポイントがあるので、合格率を上げるためにしっかり確認しておきましょう!

この記事を最後まで読めば、転職の最終面接に関することがすべて分かり、合格率をグッと上げられますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

顔合わせではない!気になる転職の最終面接の合格率・通過率

転職エージェントの佐々木
佐々木

早速ですが、転職の最終面接の合格率・通過率についてお伝えします!

最終面接といっても、決して顔合わせだけではありませんよ!

具体的に、転職の最終面接の合格率・通過率は、約40〜50%ほどと言われています!

最終面接は、一次面接や二次面接と違って、社長や役員クラスの人が担当するケースがほとんどです。

会社の中でも、意思決定権を持つ人が、採用して本当に会社にメリットがあるかどうか、理念に共感して共に成長できるかなどを見極めるのが最終面接です。

そのため、決して顔合わせではなく、むしろ一次・二次面接よりも厳しくチェックされ、約半数の人が最終面接で落とされているのが現状です。

転職希望者のゆり
ゆり
最終面接の合格率は、40〜50%ほどなんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

約過半数の人が最終面接で落ちているので、最終まできても決して安心せず、しっかりと対策と準備をしてから臨む必要があります!

Twitterでは、実際に転職の最終面接で落とされた人の投稿もありました。

転職希望者のゆり
ゆり

実際、最終面接で落ちている人はたくさんいるんですね。

転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

ただの顔合わせだと思い、気を抜いて最終面接に臨むと失敗してしまいます…。

反対に、最終面接だからこそ、気を引き締めるべきですよ!

次の章では、転職の最終面接の合格率・通過率を上げる方法をお伝えします!

転職の最終面接の合格率・通過率を上げる方法

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転職の最終面接の合格率・通過率を上げる方法をお伝えします!

お伝えする方法を実践すれば、内定をもらえる確率がグッと高くなりますよ!

合格率を上げる方法
  1. 質問に対する回答を準備しておく
  2. 改めて企業研究をしっかり行う
  3. 再度自己分析を丁寧に行っておく
  4. 絶対に言ってはいけないワードを頭に入れておく
  5. 転職エージェントに最終面接のポイントを聞いてみる

それぞれの方法についてお伝えします!

方法1:質問に対する回答を準備しておく

質問に対する回答を準備しておけば、スムーズな受け答えができ、非常に印象が良くなります。

反対に、回答を準備しておかないと、その場で考えながら話さないといけないので、上手く自分をアピールできない可能性が高くなります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
具体的に、最終面接でよくある質問は次のようなものです!

質問される意図とともに、確認していきましょう!

最終面接での質問例
  • 志望動機・自己PRを教えてください
    (一次二次面接と一貫性のある回答か確認するため)
  • 転職する理由を教えてください
    (仕事に対する価値観を確認するため)
  • 他に選考が進んでいる会社はありますか
    (内定を出した場合、確実に入社するか確認するため)
  • 入社後どんな仕事をしたいですか
    (入社意欲の高さや自社との相性を確かめるため)
  • 同業他社ではなく、弊社を志望している理由は
    (志望度合いの高さを確認するため)
転職エージェントの佐々木
佐々木

最終面接では、仕事に対する価値観や入社意欲を確認する質問が多くなっています!

面接の場で、バタバタしないためにも事前に回答を準備しておきましょう!

質問に対する回答例に関しては、こちらの記事も参考にしてください!

方法2:改めて企業研究をしっかり行う

最終面接前には、しっかり時間をかけて企業研究を行うべきです。

最終面接を担当するのは、社長や役員など、会社の意思決定を行う人物なので、企業や業界に対する理解度は求められます。

最低限、会社のホームページに記載されている企業理念や今後の方向性は知っておくべきです。

また、業界のトレンドも勉強しておかないと、「仕事のことを何も調べていない=入社意欲が低い人」と評価されてしまいます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
最終面接では、深堀りされる質問が多いので、企業や業界の研究は徹底的に行っておくべきです!

方法3:再度自己分析を丁寧に行っておく

一次二次面接以上に自分をアピールするためにも、再度自己分析を丁寧に行っておきましょう!

自分の強みや性格を理解しておかないと、自分のことを人に上手く伝えることはできません。

また、日々過ごしていく中で、人間の価値観はどんどん変わっていくので、定期的に自己分析は行うべきです。

最終面接前に自己分析を行っておけば、より今の自分の強みが分かり、的確に面接官に自分の魅力をアピールできますよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木
忙しい人は、サクッとリクナビNEXTの「グッドポイント診断」を行ってみましょう!

グッドポイント診断については、次の記事で詳しく説明しています!

方法4:絶対に言ってはいけないワードを頭に入れておく

最終面接では、NGワードと言われる絶対に言ってはいけない言葉がいくつかあります。

具体的には、次のワードは言わないように頭に入れておきましょう!

面接でのNGワード
  • 年収はいくらもらえますか
  • 御社の課題はここだと思っています
  • 転職の決め手は年収です
  • なぜ御社はここを改善しないんですか
  • 毎日早く帰れますか
転職エージェントの佐々木
佐々木
あまりこういう言葉を発する人はいないと思いますが、印象が悪くなるので絶対に言わないよう気をつけましょう。

方法5:転職エージェントに最終面接のポイントを聞いてみる

最終面接に関して、少しでも不安があるなら転職エージェントに相談するのもおすすめです!

転職エージェントは、これまでの経験をもとに転職のプロとしてあらゆる相談に乗ってくれます。

最終面接だからこそのポイントも理解しているので、相談すれば今持っている不安を解消でき、自信を持って面接に臨めますよ!

また、業界ごとの最新情報を入手しているので、あなたが狙っている企業に合う形の模擬面接なども行ってくれます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

転職成功者の多くは、転職エージェントを利用しています!

無料で利用できるので、少しでも不安なら相談してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木

もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントのサポート内容や複数登録に関しては、次の記事でも詳しく説明しています!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、最終面接の合格率を上げる方法です!
合格率を上げる方法
  1. 質問に対する回答を準備しておく
  2. 改めて企業研究をしっかり行う
  3. 再度自己分析を丁寧に行っておく
  4. 絶対に言ってはいけないワードを頭に入れておく
  5. 転職エージェントに最終面接のポイントを聞いてみる
転職希望者のゆり
ゆり
これらのことを行った上で、最終面接に臨むのが良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

はい!

油断せずしっかりと準備をしていけば、合格率も上がりますよ!

次の記事でも最終面接の合格率の上げ方を紹介しているので、あわせて参考にしてください!

次の章では、転職の最終面接でチェックされることをお伝えします!

一次・二次とは違う?転職の最終面接でチェックされること

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転職の最終面接でチェックされることをお伝えします!

社長や役員の人はどのような考えで、採用か不採用かを判断しているのか確認しておきましょう。

最終面接でチェックされること
  1. 会社のビジョンや社風とマッチしているか
  2. 仕事を長く続ける覚悟は決まっているか
  3. 配属するポジションに相応しいスキルと人間性があるか
  4. 他の候補者と比べて採用する価値があるか
  5. 数年後に自社の核となる人材に成長できるか

それぞれについてお伝えします!

チェック1:会社のビジョンや社風とマッチしているか

最終面接だからこそ、本当に会社のビジョンや社風と合っているかは、重点的に見極められます。

会社が目指している方向に必要な人材であるかどうか、志向性や人間性などの観点から判断されます。

また、今働いている社員と協調していくために、社風と人柄や価値観が合っているかも重要なポイントです。

たとえビジョンをしっかりと理解していても、社風と合わない場合は、不採用にされることが多いです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
過去の経歴や持っているスキルも合格するためには大事ですが、

会社のビジョンへの理解度や社風とのマッチング精度も重要ですよ!

チェック2:仕事を長く続ける覚悟は決まっているか

長く仕事を続けられるかどうか、転職することに対する覚悟も見られるポイントです。

どの会社も、できる限り長く働けて、事業に大きく貢献してくれる人材を求めています。

実際、最終面接を行う中で、「厳しい仕事でも逃げずに取り組めるか」ということに関する質問をされることもあります。

特に昨今は、1年もたずに仕事を辞めて転職を繰り返す人が増えているので、覚悟があるかどうかは、厳しくチェックされるポイントになっています。

転職エージェントの佐々木
佐々木
絶対に入社したい思いがあるなら、転職することに対する強い覚悟を見せる必要があります。

チェック3:配属するポジションに相応しいスキルと人間性があるか

最終面接では、配属するポジションに相応しいスキルや人間性を備えているかも確認されます。

一次面接や二次面接を通して、ある程度人柄が分かってきているので、

最終面接の時点では、どの部署に配属先するかの候補を決めている会社もあります。

実際に、入社後そのポジションで活躍できるかどうかを、社長や経営陣の目線で判断されるのです。

転職エージェントの佐々木
佐々木
スキル不足や人間性が合わないと思われないためにも、しっかりと自分の良さ全てをアピールする必要がありますよ!

チェック4:他の候補者と比べて採用する価値があるか

ほとんどの場合、最終面接まで進んでいるのは、自分一人だけでなく、他の候補者もいます。

実際、1ポジション1名採用予定の場合は、同時に最終面接に進んでいる候補者数名と、あらゆることを比較して見られます。

過去の経歴や実績はもちろん、人柄、ビジョンに合うかどうか、コミュニケーション能力など、細かい部分まで比較されるのです。

場合によっては、いくらスキルが高く人柄が良くても、それ以上の候補者がいれば、不採用になるケースもあります。

転職エージェントの佐々木
佐々木
常に競争相手がいると思っておき、自分を全力でアピールする意識を持っておきましょう!

チェック5:数年後に自社の核となる人材に成長できるか

どんな会社でも、採用活動は今だけでなく、将来を見据えて行っています。

そのため、数年後自社の核となる人材になれるかどうかも、最終面接でチェックされるポイントです。

もちろん、会社が思うように順調に成長していくとは限りませんが、

面接の時点で会社に貢献している将来が想像できなければ、採用されることはありません。

自分が成長することはもちろん、いかに会社に貢献できるかをしっかりと伝えることが大切です。

転職エージェントの佐々木
佐々木
将来がしっかり見えていることを伝えるために、5年後、10年後のビジョンを言語化しておくのも大切です!

転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職の最終面接でチェックされることです!
最終面接でチェックされること
  1. 会社のビジョンや社風とマッチしているか
  2. 仕事を長く続ける覚悟は決まっているか
  3. 配属するポジションに相応しいスキルと人間性があるか
  4. 他の候補者と比べて採用する価値があるか
  5. 数年後に自社の核となる人材に成長できるか
転職希望者のゆり
ゆり
最終面接では、こういったポイントをチェックされるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

一次面接や二次面接でも、同じようなことがチェックされる場合もありますが、

最終面接だからこそより厳しく確認されますよ!

次の章では、転職の最終面接の合格率が下がるパターンをお伝えします!

要注意!転職の最終面接の合格率が下がるパターン

転職エージェントの佐々木
佐々木

ここから、転職の最終面接の合格率が下がるパターンをお伝えします!

次のようなことがあれば、最終面接で落ちる可能性が高くなりますよ。

合格率が下がるパターン
  1. 質問の受け答えがスムーズにできない
  2. 予定時間よりも早く切り上げられる

それぞれのパターンについてお伝えします!

パターン1:質問の受け答えがスムーズにできない

最終面接で、質問に対して上手く受け答えができないと、落とされてしまう可能性が高くなります。

スムーズに受け答えができないと、しっかりとした準備ができていないと見なされ、入社意欲が低く感じられてしまうのです。

たとえ今までの面接で上手く受け答えができていても、最終面接が上手くいかないと全て水の泡になります…。

いつも以上の力を出そうと力むのでは無く、平常心で自分をアピールするのが大切と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
最終面接特有の緊張感もあると思いますが、リラックスして的確に受け答えをするのが大事になりますよ!

パターン2:予定時間よりも早く切り上げられる

予定時間よりも大幅に面接時間が短縮され、打ち切られてしまった場合、不合格になる可能性が高いです。

各企業によって対応は異なりますが、実際に面接の途中で採用しない方が良いと判断された場合は、たとえ短時間でも打ち切りになることがあります。

最終面接を行う社長や役員クラスの人は、忙しい仕事を抱えているので、採用価値がない人と面接しても、非生産的な時間と考えるのです…。

具体的には、30分程度予定されていた面接が、5分や10分で終わった場合は危険と言えます。

転職エージェントの佐々木
佐々木

面接があまりにも早く終わることは、決してラッキーなことではありませんよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職の最終面接の合格率が下がるパターンです!
合格率が下がるパターン
  1. 質問の受け答えがスムーズにできない
  2. 予定時間よりも早く切り上げられる
転職希望者のゆり
ゆり
こういったパターンは、合格率が下がるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです。

手応えがないと感じれば、たとえ最終面接でもすぐに打ち切る企業もありますよ。

次の章では、転職の最終面接での上手な逆質問の仕方を紹介します!

合格率UP!転職の最終面接での上手な逆質問の仕方

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、転職の最終面接での上手な逆質問の仕方を紹介します!

最終面接を通過するためには、逆質問を有効活用すべきですよ!

最終面接では、必ず終盤に「何か質問はありますか?」と逆質問の機会を与えられます。

逆質問された時に「特にありません」と答えるのはNGです!

なぜなら逆質問は、「志望度合いの高さ」「仕事に対する価値観」「転職後のビジョンの明確さ」など…

企業側があらゆることをチェックするために行うものだからです。

そのため、より高い評価を受けるためにも、逆質問を事前に考えて用意しておきましょう!

転職希望者のゆり
ゆり
逆質問は、絶対にした方が良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

ここでは、具体的に上手な逆質問の例を紹介しておきます!

上手な逆質問の例
  • できるだけ早く貢献したいですが、何をどれくらいできるようになれば良いなどの目安はありますか?
  • 企業理念ができるまでの背景を教えていただけますか?
  • 現在活躍されている社員さんに共通している特徴はありますか?
  • もし入社できたら、どの部署が向いていると思われますか?

こういった逆質問をすれば、志望度合いの高さをアピールできたり、将来性がある人材として評価してもらうことが可能です!

転職エージェントの佐々木
佐々木

逆質問は、自分をアピールするためのチャンスです!

事前に質問を用意しておき、的確な逆質問をするようにしましょう!

なお、次のような逆質問は、評価を下げることになるので聞かないようにしましょう。

評価が下がる逆質問
  • ホームページを見れば分かること
  • 福利厚生や給与など待遇に関すること
転職エージェントの佐々木
佐々木
このような逆質問をすれば、企業研究不足な人や待遇が最優先の人と思われてしまうので要注意です!

次の章では、転職の最終面接に合格できた人の事例を紹介します!

しっかり準備をして転職の最終面接に合格できた人の事例

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、しっかり準備をして最終面接に臨んだ人の事例を紹介します!

これから最終面接に臨む人は、合格した人の事例を参考にしてください!

転職希望者のゆり
ゆり
しっかりと準備をして、転職の最終面接に臨んで合格している人が多いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

最終面接を担当する社長や役員クラスになれば、準備不足はすぐに見抜かれます。

準備不足がバレると、入社意欲が低いと思われてしまうので、徹底的に準備を行うことが大切ですよ!

次の章では、最終面接の合否連絡についてお伝えします!

結果はどれくらいで分かる?最終面接の合否連絡について

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは、最終面接の合否連絡についてお伝えします!

結果がどれくらいで分かるのか、確認しておきましょう!

具体的に、最終面接の合否連絡は、1週間〜2週間以内に連絡が入るものです。

転職希望者が多ければ多いほど、選考に時間がかかりますし、社長や役員クラスの人は、ほかの業務もたくさん抱えていて忙しいので、1,2週間は時間がかかります。

また、企業規模によって連絡が来るまでの期間が異なることも把握しておきましょう!

結果連絡までの目安
  • 大手の場合
    →1週間以上かかることもある
  • 中小・ベンチャー企業の場合
    →早ければ3日以内で連絡が来ることもある

大手の場合は、選考を受ける人も多いのでその分、連絡が来るまで時間がかかることがあります。

中小企業やベンチャー企業の場合は、状況によっては面接後3日以内に連絡が入る場合もあるので、メールや電話はこまめにチェックするようにしましょう!

転職希望者のゆり
ゆり
基本的には、1.2週間以内に連絡が入るけど、企業の規模感によっても連絡までの時間が変わるんですね。
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうなんです!

ただ万が一、1,2週間経っても合否連絡が来ない場合は、企業に連絡しても構いません。

可能性は少ないのですが、採用担当者の連絡が行き違いになっている場合もありますよ。

基本的に、最終面接の時に「結果の連絡は◯日までにします」などと口頭で伝えられることが多いです。

そのため、指定された期日までは待ち、期日が過ぎたら連絡してみるようにしましょう!

次の章では、転職の最終面接で合格できなかった後の対処法をお伝えします!

転職の最終面接で合格できなかった後の対処法

転職エージェントの佐々木
佐々木

それでは最後に、転職の最終面接で合格できなかった後の対処法をお伝えします!

対処法に関しては、転職活動の進め方によって変わってきますよ!

最終面接で落ちた後の対処法
  1. 転職エージェントを使っていた場合
  2. 自力で転職活動していた場合

それぞれの場合の対処法をお伝えします!

対処法1:転職エージェントを使っていた場合

転職エージェントを使っていた場合は、不採用の連絡が入った後、キャリアアドバイザーからフィードバックを貰いましょう!

「なぜ内定が貰えなかったのか」「どこに問題があったのか」などを考えることで、次の転職活動につなげられます。

自分一人では振り返りを行うことは難しいので、転職のプロをしっかりと頼って、的確なアドバイスをもらうようにしましょう!

他に選考が進んでいる企業がない場合は、新たに求人を紹介してもらい、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントの佐々木
佐々木

なお、数社既に落ちている場合は、転職エージェントとの相性が合っていない可能性もあります。

そのため、ほかの転職エージェントへの登録も視野に入れてくださいね!

対処法2:自力で転職活動していた場合

自力で転職活動をしていた人も、何も考えずに次の選考を進めるのではなく、しっかりと振り返りを行うべきです。

何が原因で落ちたのかを突き詰めないと、同じ失敗を繰り返してしまうことになります。

自分で全て判断するのは難しいですが、最終面接だからこそチェックされることを振り返り、ダメだった点を考えてみましょう。

また、転職エージェントに相談して、対策をしっかりするのも一つの方法ですよ!

転職エージェントの佐々木
佐々木

なかなか面接を通過できないのであれば、一度転職エージェントに相談してみましょう!

おすすめの転職エージェント

人気の優良求人は早い者勝ち!


転職エージェントの佐々木
佐々木
以上が、転職の最終面接で合格できなかった後の対処法です!
最終面接で落ちた後の対処法
  1. 転職エージェントを使っていた場合
  2. 自力で転職活動していた場合
転職希望者のゆり
ゆり
転職の仕方によって対処法は異なりますが、いずれも振り返りを行うのが大切なんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木

そうですね!

同じ失敗を繰り返さないためにも、何がダメだったのか自分で理解できないといけませんよ!

チャンスを逃さないために、正しい準備をして最終面接に臨むべき!

佐々木

今回は、転職の最終面接の合格率について疑問を持っている人に向けて、

最終面接の合格率・通過率や、一次・二次面接との違いをお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 転職の最終面接の合格率・通過率は、約40〜50%ほど
  • しっかりと対策を準備をすることが、合格率を上げるポイント
  • 転職の最終面接だからこそチェックされることを確認しておくべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
  5. 『ワークポート』
    IT業界に強みを持つ!
    【公式】https://www.workport.co.jp/
佐々木
もし登録する転職エージェントに迷ったら…

最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、最終面接に向けて準備を始めます!

佐々木
あなたが最終面接を通過できるよう応援しています!