転職エージェントおすすめランキング13選

転職エージェントの面談を成功させる全知識|担当者を本気にさせた例

この記事でお伝えすること
  • 転職エージェントとの面談ですべき事前準備
  • 転職エージェントとの面談の当日の流れ・内容
  • 転職エージェントとの面談でやってはいけない5つの注意事項
  • 転職エージェントとの面談をうまく活用する方法
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『転職エージェントとの面談は何を話すの…?』

『面談当日までに準備する物はある…?』

と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ゆり
近々、転職エージェントとの面談があるのですが、具体的に何をするのかイメージできなくて
佐々木
たしかに、転職エージェントとの面談は何をするのかイメージしにくいですよね!

そこで、今回の記事では転職エージェントとの面談ついて詳しく説明していきますね!

【2019年5月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

転職エージェントの面談に必要な事前準備

ゆり
今回、転職エージェントとの面談があるのですが、

初めてなので不安です…

何か面談の前に準備をした方が良いのでしょうか?

佐々木
結論から言うと、転職エージェントとの面談前に事前準備はしておいた方が良いです!

なぜなら、面談での印象は転職活動の結果に大きく関わってくるからです。

そこで、この章では転職エージェントとの面談前に必要な事前準備について紹介します!

面談前に準備して欲しいことは次の3点です

面談前に準備すること
  1. 用意すべきものを確認
  2. 整理しておくべきことの確認
  3. 服装についての確認

それでは、1つずつ見ていきましょう!

事前に用意すべきものを確認

転職エージェントの面談には「履歴書」「職務経歴書」の2点を用意しておくと良いです!

基本的に持ち物の指定はないのですが、履歴書や職務経歴書を持っていくと転職活動に対しての熱意をアピールすることができます。

面談に持っていく物
  1. 履歴書
  2. 職務経歴書
佐々木
履歴書・職務経歴書は下書きレベルのもので良いので面談の際に持っていくようにしましょう!

事前に整理しておくべきことの確認

面談時に転職エージェントに自分をうまくアピールするためにも、事前に伝える内容を整理しておきましょう!

整理しておきたいこと
  1. 自分のスキルや経歴、自己PRポイント
  2. 明確な転職理由
  3. 志望する業種業界

また、事前にスキルや転職理由をきちんと伝えておくことで良い推薦文を書いてもらえます

良い推薦文があるとかなり有利に転職活動を進められるので、事前に伝えたい内容はまとめておきましょう!

佐々木
自己PRや転職理由がきちんとまとまっていると、転職エージェントに好印象を与えることができ、転職活動を有利に進められます!

次の文は実際の推薦文の例となります!

良い推薦文の場合

良い推薦文

ITコンサル業で3年間従事。入社1年時に新卒営業ランキングでトップになっており、営業スキルは非常に高いです。

高校、大学と野球部に所属していたこともあり、精神面、体力面共にタフさもあります。

部業界知識のあるIT系企業対象であれば1年以内に期待通りの成果をあげると考えられます。

また、こちらで実施した適正テストの結果によると、営業職以外にも企画職にも適正があり、広い分野での活躍を期待できます。

 

佐々木
事前に自分のスキルやPRをきちんと話しておくと、実際の実績や所属していた部活などを詳しく推薦文に記入してもらえます!

悪い推薦文の場合

悪い推薦文

大学時代にスポーツをしていたため、コミュニケーション能力が高い印象を受けました。

前職では営業職を担当しており、基礎営業力は問題ありません。

また、こちらで実施した適正テストの結果によると、営業職以外にも企画職にも適正があり、広い分野での活躍を期待できます。

 

佐々木
自分のスキルやPRが事前に出来ていないと、全体的に内容が薄い推薦文になってしまいます。

面談当日の服装についての確認

転職エージェントとの面談は、男女ともに服装の決まりはありません

なぜなら、面談では服装よりも、あなた自身をチェックしているからです。

もちろん、スーツでも構いませんが、かしこまり過ぎず清潔感のある服装がベストです。

佐々木
ただし、あまりにも派手すぎる格好はNGとなります!

服装について詳しく知りたい人は次の記事をご覧ください!

【男性・女性別】転職エージェントとの面談における正しい服装を解説

まとめると、次の通りです!

面談前に準備すること
  1. 用意すべきものを確認
  2. 整理しておくべきことの確認
  3. 服装についての確認
ゆり
面談を成功させるためには、事前準備が大事なんですね!
佐々木
はい、おっしゃる通りです!

転職活動を成功させるためにも、面談の事前準備はしておきましょう!

次の章では、面談当日の流れを説明します!

転職エージェントの面談の当日の流れ・内容

佐々木
転職エージェントとの面談の流れは6つのステップに分かれます!
面談の流れ
  1. 挨拶や自己紹介
  2. 転職活動状況や転職理由のヒアリング
  3. 職歴やスキルなどのヒアリング
  4. 希望職種や年収など条件のヒアリング
  5. 条件に合う求人情報の提示
  6. 今後の転職活動に関する相談

それでは、1つずつ見ていきましょう!

ステップ1:挨拶や自己紹介

転職エージェントとの面談は担当の人との挨拶と自己紹介から始まるケースが多いです。

転職エージェント側は主に会社の概要や強みを説明してくれます。

そのあとに、自分の自己紹介をする時間が設けられます。

佐々木
面談中は履歴書を見ながら面談を行う場合があるので、

履歴書を元に簡単な自己紹介文を考えておくことをおすすめします!

ステップ2:転職活動状況や転職理由のヒアリング

挨拶・自己紹介が終わった後は、「転職活動状況」「転職理由」のヒアリングを行います。

現在の転職活動の報告は、内容によって提供するサポート内容が変わってくる可能性があるので、嘘をつくことなく正直に状況を説明しましょう。

また、その際に他社の転職エージェントの利用の有無を聞かれる場合もありますが、実際に他の転職エージェントを利用している場合は利用状況を伝えて大丈夫です!

転職理由は転職活動に対しての熱意を見ているので、自分の本気度をしっかりアピールするようにしましょう。

佐々木
「すぐに転職できる」と言う意思を伝えると転職成功率はグッと上がります!

ステップ3:職歴やスキルなどのヒアリング

転職状況・理由のヒアリングの後には職歴についての質問をされます。

その際に職歴やスキルについての嘘をつかないように注意しましょう。

職歴やスキルに対しての嘘は信用を失ってしまう行為なので絶対にしないでください。

佐々木
仮にその場はうまくごまかせても、入社後に職歴・スキルの嘘はすぐにバレてしまいます。

ステップ4:希望職種や年収など条件のヒアリング

職歴・スキルのヒアリングの後には希望する職種・年収について質問されます。

この段階ではあまり具体的なことは言わずに、だいたいの希望を伝え、転職エージェントの人と一緒に細かい点を決めて行くスタンスの方がスムーズに求人を紹介してもらえる傾向にあります。

佐々木
あまりにも理想の高いことを言ってしまうと…

「該当する求人がない」と判断されて転職サポートを後回しにされてしまいます!

ステップ5:条件に合う求人情報の提示

希望職種・年収のヒアリングの後は、実際に自分の希望条件に合う求人情報を提示してくれます。

初回面談では「人気のない求人」を紹介されるケースもあるので、希望条件を満たしていなかった場合は遠慮ぜずに断るようにしましょう。

佐々木
通常10社、多くて50〜100社の求人を紹介されます!

ステップ6:今後の転職活動に関する相談

最後に今後の転職活動に関する相談をして、面談は終了します。

具体的にはスケジュールの確認や選考結果をどういった連絡手段で伝えるかなどの確認をします

佐々木
今後も転職エージェントとは付き合っていくので、きちんとお礼は伝えましょう!

まとめると、次の通りです!

面談の流れ
  1. 挨拶や自己紹介
  2. 転職活動状況や転職理由のヒアリング
  3. 職歴やスキルなどのヒアリング
  4. 希望職種や年収など条件のヒアリング
  5. 条件に合う求人情報の提示
  6. 今後の転職活動に関する相談
ゆり
なるほど、

当日の流れがイメージできました!

佐々木
それはよかったです!

事前に面談内容をきちんと確認した上で、当日を迎えましょう!

次の章では、面談でしてはいけない注意事項についてお伝えします!

面談で絶対にしてはいけない注意事項5つ

佐々木
この章では、面談で絶対にしてはいけない注意事項を5つ紹介します!
面接の際の注意事項
  1. 「話だけ聞きに来ました」と言わない
  2. 経歴やスキルに絶対嘘をつかない
  3. 前向きに転職したい意欲を伝える
  4. 自分の名刺は渡さない
  5. 面談に遅刻しない。遅刻する時は連絡する

それでは、1つずつ見ていきましょう!

注意事項1|「話だけ聞きに来ました」と言わない

転職エージェントは「すぐに転職しようとする意思があり、転職先がすぐに決まる可能性が高い応募者」を優先的にサポートするため…

転職時期が半年後や一年後の場合は、対応が後回しになってしまいます

また、求人紹介が無駄にならないよう、優良案件の紹介がされづらくなります。

佐々木
今すぐ転職を考えていない場合でも…

「具体的に考えており、良い求人があればすぐにでも転職希望です」と答えておきましょう!

注意事項2|経歴やスキルに絶対嘘をつかない

転職エージェントでは、より良い転職サポートをするために…

面談・電話などの一連のやりとりはもちろん、口頭情報や過去の登録内容も情報として残しています!

そのため、登録者の情報が以前と現在で内容が違うという場合が見受けられます。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

佐々木
口頭情報についても、やり取りを想像以上にかなり細かくデータを残しているので、経歴やスキルには嘘はつかないようにしましょう。

注意事項3|前向きに転職したい意欲を伝える

転職エージェントを利用する際は、前向きな転職で次の仕事は長く続けたいという意欲を伝えましょう。

なぜなら、退職理由が「つまらないから」「職場の人間関係」といったネガティブなものであると…

「すぐ辞める人材」として見られてしまう場合があるからです。

転職エージェントは紹介した人にすぐ辞められてしまうと困るため、サポートの優先度が低くなってしまいます

佐々木
正直に気持ちを話すのは大切ですが、より良い転職活動を行うために前向きな姿勢を見せましょう!

注意事項4|自分の名刺は渡さない

初回面談で担当者から名刺をもらいますが、自分の名刺は渡さないでおきましょう

絶対に渡してはダメというわけではありませんが…

名刺は会社支給のものなので業務外で使うとモラルが低いと判断されてしまいます

佐々木
細かいことですが、意外と見られており転職エージェントの社内ではよく話題に上がる内容のひとつです。

注意事項5|面談に遅刻しない、遅刻する時は連絡する

転職エージェントということで軽く考えず、真摯に対応しましょう

なぜなら、転職エージェントの面談に遅刻するということは…

本番の面接にも遅刻する可能性があると見られ、重要な顧客企業には紹介をされなくなる場合があるからです。

佐々木
仕事が忙しくても、面談に遅刻する際はしっかりと連絡するようにしましょう!

まとめると次の通りです!

面談の際の注意事項
  1. 「話だけ聞きに来ました」と言わない
  2. 経歴やスキルに絶対嘘をつかない
  3. 前向きに転職したい意欲を伝える
  4. 自分の名刺は渡さない
  5. 面談に遅刻しない、遅刻する時は連絡する
ゆり
ありがとうございます!

面談だからと気を抜かず、注意事項を参考に行動します!

佐々木
はい!

転職エージェントの面談でも、企業の面接と同じように取り組んでいきましょう!

次の章では、転職エージェントの面談を活用する方法をお伝えします。

転職エージェントの面談を賢く活用する3つのテクニック

佐々木
転職エージェントの面談を賢く活用するテクニックは全部で3つあります!
賢く活用するテクニック
  1. まずは練習のつもりで面談
  2. 短期戦を心がける
  3. 複数のエージェントに登録

それでは、1つずつ紹介しますね!

テクニック1|まずは練習のつもりで転職エージェントと面談する

最初のうちは練習のつもりで転職エージェントと面談をすることをオススメします。

面接がうまくなる1番の近道は場数をこなすことです。

そのため、時間に余裕があるならば意図的に転職エージェントとの面談回数を増やすことをおすすめします。

面談で意識する点
  • 経歴書の改善を頼む
  • 自分に合っている業界を聞く
  • 面接で話す内容を整理してもらう
佐々木
面談慣れしていることは、エージェントに良い印象を与えることができます!

テクニック2|本命の転職エージェントは短期戦を心がける

転職エージェントの登録日と面談の予定日があまりにも開きすぎてしまうと、求人紹介の優先度が下がってしまいます

そのため、できるだけ転職エージェントに登録してからすぐに面談を行うようにしましょう!

佐々木
なるべく、登録日と面談日は離れないようしましょう!

テクニック3|複数の転職エージェントに登録していることを伝える

面談の際に他社の転職エージェントに登録していることを伝えるのは効果的です。

なぜなら、転職エージェントは「転職意欲が高い人」を最優先にサポートします。

そのため、他の転職エージェントにも登録をしている人は意欲が高いと判断されサポートの優先度が上がります。

佐々木
転職エージェント側からしてみれば、他社のエージェントにお客を取られることは避けたいので、サポートが手厚くなる傾向にあります!

まとめると、次の通りです!

賢く活用するテクニック
  1. まずは練習のつもりで面談
  2. 短期戦を心がける
  3. 複数のエージェントに登録
ゆり
転職エージェントとの面談にはコツがあるのですね!
佐々木
はい、おっしゃる通りです!

転職エージェントとの面談を賢く活用し、転職を効率よく成功させましょう!

転職成功例が豊富な、おすすめ転職エージェント5選

佐々木
ここでより職の成功確率を上げるために、おすすめの転職エージェントを紹介しますね!
なぜエージェントを使うと良いのか?
転職エージェントの利用をおすすめする理由はサポートの手厚さにあります。

転職サイトと違い転職エージェントは求人の紹介、企業への応募、面接日程の調整、内定後の条件面の交渉まで、すべて担当者が無料で行ってくれます!

佐々木
私がおすすめする転職サイトは次の5つです!
おすすめの転職エージェント

それでは1つずつ見ていきましょう!

おすすめ1|マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  1. 就職実績No.1
  2. ホワイト企業の優良案件を数多く保有
【公式】https://mynavi-agent.jp/
佐々木
マイナビエージェントでは、大手ホワイト企業の優良案件を数多く保有しています。

新卒採用で多くの人気企業が「マイナビ」を使う背景から、20代や第二新卒の転職実績を急拡大しており…

「マイナビエージェント」でしか募集を出していない最大手人気企業も多数存在します

おすすめ2|パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  1. 女性からの評判が高い
  2. 業界ごとに専門コンサルタントがいる
【公式】https://www.pasonacareer.jp/
佐々木
女性特有の事情について社内で教育されているため、理解があり安心して相談ができますよ!

おすすめ3|リクルートエージェント

リクルートエージェントの総合評判とおすすめポイント
リクルートエージェントの特徴
  1. 規模・実績ともに業界No.1
  2. 求人数21万件以上
  3. 40万人以上の転職成功実績
【公式】https://www.r-agent.com/
佐々木
多くの求人の中から仕事を探したい人におすすめです!

おすすめ4|Spring転職エージェント

Spring転職エージェント(アデコ)の総合評判とおすすめポイント
Spring転職の特徴
  1. 2018年オリコン満足度1位
  2. 希望者全員との面談
【公式】https://www.springjapan.com/
佐々木
丁寧なサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです!

おすすめ5|JACリクルートメント

JACの特徴
  1. 年収600万〜2,000万円のハイクラス向け転職エージェント
  2. 担当者の質が圧倒的に高い
  3. 外資系企業や海外転職も強い
【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
佐々木
ワンランク上の転職活動をしたい人におすすめです!

まとめると、次の通りです!

おすすめの転職エージェント
ゆり
転職エージェントによってそれぞれ強みが変わってくるんですね!
佐々木
はい、おっしゃる通りです!

基本的にはこの5社のどれかを登録しておけば問題ないですが…

就職エージェントは複数登録して、多くの求人情報を得ることが、正社員就職の近道になります!

そのため、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」に登録しておきましょう!

最低でも登録しておきたい2社

転職エージェントについてより詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください!

転職エージェントおすすめ13選|評判比較ランキング転職エージェントおすすめランキング13選|成功例の評判・口コミを比較【2019年最新版】

転職エージェントと面談を行う目的

ゆり
そもそも、転職エージェントと面談は何のために行われるのでしょうか?
佐々木
たしかに、その点は気になりますよね!

実は、面談を行う目的は、転職希望者と転職エージェントがお互いの理解を深め合うためなんです!

ゆり
理解を深め合うためですか…?
佐々木
はい、そうなんです!

転職エージェントにとって転職希望者との理解を深めることはとても重要なことなんです!

なぜ、理解を深めることが重要なの?
転職エージェントとしては、転職希望者のことを理解することで、最適な求人の紹介や求めているサポートを行い、転職の成功への導くために面談を行っています。

また、転職者側も自分を転職エージェントに理解してもらうことが、転職成功への第一歩になることを理解しておきましょう!

実際に転職エージェントとの面談を通じて、転職に対する視野が広がり、満足のいく転職ができた事例がたくさんあります!

ゆり
転職エージェントとの面談は満足いく転職活動に繋がるんですね!
佐々木
はい、そうなんです!

転職業界に精通したキャリアアドバイザーが面談を行ってくれるので、自分の新たな可能性を切り開くきっかけにもなりますよ!

次の章では、転職エージェントの面談に関する質問について回答していきます。

【Q&A】転職エージェントの面談に関するよくある質問

佐々木
ここでは、転職エージェントの面談に関するよくある質問について回答していきます

Q1|面談でキャリアアドバイスは必ずしてくれるの?

もちろん、キャリアアドバイスはしてくれます!

ただし、転職エージェントによってそれぞれサポート内容に違いはあるので、自分に合ったサポートを提供してくれる転職エージェントを利用するようにしましょう!

Q2|どれくらいの求人数を紹介してくれるの?

一般的には約10社ほど、多い場合だと50社~100社ほど紹介される場合もあります!

こちらも利用する転職エージェントによって内容が変わってきます!

Q3|面談では本音で話すべき?

基本的に面談では本音で話すべきです。

ただし、「会社がつまらないから辞めたい」などのネガティブな発言はマイナスな印象を与えてしまう可能性があります!

Q4|書類の添削や模擬面接はいつやるの?

面談後、別日を設けて行う場合が多いです!

Q5|電話面談と対面面談で内容は違うの?

電話面談と対面面談とでは、紹介してもらえる求人やエージェントからのレスポンスの速さなどが変わってきます!

詳しくは次の記事を参考にしてみてください!

電話のみで転職可能?転職エージェントの電話面談を成功させる全知識電話のみで転職可能?転職エージェントの電話面談を成功させる全知識

転職エージェントの面談を成功させるのが転職成功への第一歩!

佐々木
今回は、転職エージェントとの面談ついてお伝えしてきました。

要点をまとめると次の通りです。

まとめ
  • 面談の前に事前準備をするべき
  • 面談の流れは6つのステップに分かれている
  • 面談の際の注意事項は6つある
  • 面談を賢く活用することで転職成功率が上がる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いというわけですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
これらのエージェントがおすすめなんですね!

なんだか転職活動がうまく行きそう!

佐々木
はい!あなたが転職に成功できることを応援しています!