転職エージェントおすすめランキング13選

調理師の仕事辞めたい…転職理由と辞めた後の例&調理師からの転職先一覧

調理師の仕事辞めたい…転職理由と辞めた後の例&調理師からの転職先一覧

この記事でお伝えすること
  • 調理師が仕事を辞める理由10選
  • 調理師や料理人におすすめの転職先
  • 調理師からの転職で失敗を最小限する方法
  • 調理師からの転職の成功事例
  • 調理師の理想の辞め方・タイミング
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『調理師を辞めたいけど、別の職種に転職できるの?』

『調理師はどんな理由で仕事を辞めているの?』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

調理師として働いていますが、仕事がきつく辞めようかなと悩んでいます…

ただ、調理師の仕事しかしたことがないですし、未経験から転職できる業界なんてあるんですか?

佐々木

結論からお伝えすると、調理師から未経験の業界に転職するのは可能です!

ただ経験がない分、転職の難易度は少々高くなるので、転職活動を戦略的に行う必要がありますよ。

そこで、まずは調理師のブラックな実情からお伝えしていきます!

記事を読み進める前に…

仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。

転職エージェントでは働き方に関する悩みを完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

調理師の仕事を辞めたい…料理人から異業種に転職できる?

佐々木
調理師は、外食産業・飲食業の代表格であるレストランを筆頭に、ホテル、学校、病院、介護施設など、様々な職場で活躍しています。

しかし、労働条件の悪い環境も多く、離職率が非常に高い職業と言われています…

フランス料理やイタリア料理などの洋食レストラン、昔ながらの和食料理店、旅館やホテルなど職場環境にもよりますが、開店前の仕込みから閉店後の締め作業まで、長時間労働が当たり前になっている調理師もたくさんいます。

また、想像以上の肉体労働でもあるため、特に調理師専門学校を卒業したばかりの若者は、理想と現実のギャップに戸惑い、短期間で退職するケースも少なくありません。

ゆり
確かに、長時間労働や肉体的な辛さに悩んでいる調理師はたくさんいますね…
佐々木

そうですよね…せっかく調理師になることを夢見て、勉強に励んだにも関わらず、

すぐに辞めちゃう事例がたくさんあるのは、非常に勿体無いことです…

しかし、辞めたいという気持ちを我慢して、無理に調理師の仕事を続けることは、もっと危険なことです!

我慢しながら仕事を続けていると、心や身体にはかなり負担がかかってきます。

そのため、最初のうちは平気でも、知らず知らずのうちに追い込まれていき、最悪の場合『うつ病』『自律神経失調症』を発症してしまう可能性もあります…

ゆり

そうですよね…世の中にはたくさん仕事がありますし、無理してまで調理師を続ける必要はないと思います。

ただ、他の業種への転職って簡単にできるんですか?

佐々木

調理師から異業種への転職は、若干ですが難易度が高くなっています。

そのため転職に失敗しないためにも、転職活動は戦略的に行う必要があります!

転職に失敗しないためには、『転職エージェント』を活用することは必須です!

転職エージェントを使えば、あなたに合ったおすすめの業界や求人を教えてくれたり、面接対策、提出書類の添削を行ってくれるので、転職に成功できる確率がグッと高まります。

佐々木

実際に転職に成功している人のほとんどが、転職エージェントを活用しています!

転職のプロを上手く頼ることで、あなたの理想の転職を実現できるでしょう。

ゆり

確かに、サポートを行ってくれるなら安心できそうですね!

どの業界が自分に合っているかも知りたいので、話を聞いてみたいです!

佐々木

そうですね!転職エージェントは無料で登録できるのも嬉しいポイントです!

なので気軽に登録して、求人を紹介してもらったり、自己分析に関する相談をしてみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/
佐々木

エージェントに登録しても、必ず転職しないといけないわけではありません。

話を聞くだけといった気持ちで構いませんので、あなたの可能性を確かめるために登録してみましょう!

なぜ調理師・料理人を辞めるの?転職理由10選

佐々木
それでは次に、調理師や辞める主な理由を確認していきましょう。
調理師の転職理由
  1. 身体的・体力的に辛い
  2. 精神的に辛い
  3. 給料が他の職種に比べて低い
  4. 家族を養うため
  5. 結婚・出産のタイミング
  6. 労働時間が長すぎる
  7. 休日や不規則、連休がとれない
  8. 年功序列・体育会ノリで、上司や先輩が怖い
  9. 調理師免許が役に立たない
  10. 自分が料理人に向いていないと気付いた

それぞれの理由について、詳しく確認していきましょう。

転職理由1:身体的・体力的に辛い

調理師の仕事は、身体が資本であるため、身体が強くないと続けられません。

長時間の立ち仕事に加え、集中力が必要な細かい調理によって、首や腰を痛めたり、体力的な限界を感じて辞める調理師もたくさんいます。

忙しい職場であれば座っている時間もほとんどありません。

ランチタイムやディナーのピーク時には、キッチン内もとても蒸し暑くなり、体調を崩す人がたくさんいます…

転職理由2:精神的に辛い

調理師は、体力面だけでなく、精神的にも辛いことが多々あります。

1日のほぼ半分を職場で過ごしているので、かなりの料理好きで技術を身につけたい気持ちがなければ、精神的にも不満が溜まってくるでしょう。

なかには店長や料理長に怒られながら調理を行う人もいて、料理に対する意欲が高くなければ、長続きはしません。

転職理由3:給料が他の職種に比べて低い

調理師の給料が、決して高いとは言えません。

何年も調理師として働いているベテラン、個人店のオーナー、ホテルのシェフなどは、それなりの給料をもらえますが、若手や中堅の調理師は、なんとか生活が成り立つ程度の給料です。

ただ、学校給食や病院食、介護職などの作る調理師は、業界の中では給料が恵まれていると言われています。

そのため、結婚や出産、家族の問題を抱えた調理師が、飲食店を退職し、施設の調理師になるのはよくあることです。

転職理由4:家族を養うため

先ほどもお伝えした通り、給与面に不満を感じ、飲食店から調理施設に転職する人はたくさんいます。

給料を増やして、家族を養いたいというのが主な本音です。

また調理師の場合、結婚をきっかけに退職や転職をするのが、女性だけでなく、男性も多いのが特徴です。

不安定な調理師の仕事を辞めて、一般の会社にサラリーマンとして就職すれば、土日が休みになり家族との時間も作れるというメリットがあります。

転職理由5:結婚・出産のタイミング

結婚や妊娠・出産という人生の節目となるタイミングで、調理師の仕事を辞める人もたくさんいます。

体力仕事である調理師は、妊娠中も仕事を続けることが難しいと言われています。

また、産休や育休制度がきちんと整っていない飲食店が数多くあるのも事実です…

結婚や出産が近くなれば、やむを得ず飲食店を退職し、その後別の業種で社会復帰を果たす調理師もたくさんいます。

転職理由6:労働時間が長すぎる

調理師として働く前の専門学校時代から、仕事時間については何度も話を聞かされるため、なんとなくイメージが付いていますが…

実際に調理師として働いてみると、想像以上の労働時間の長さに耐えられない人もたくさんいます。

最初のうちは、仕事を覚えるために、他の調理師よりも早めに出勤することを指示する職場もあります。

ましてや、「これだけ長く働いているのだから、給料はそれなりにあるだろう」と思っていても、決して高くはありません…

だんだんと絶望感を感じ、調理師を辞める人もたくさんいます。

転職理由7:休日や不規則、連休がとれない

土日や世間が連休の時は、飲食店は稼ぎ時です。

そのため、普段よりもお店が忙しくなるので、仕事を休めない調理師がたくさんいます。

また、調理師の数が少ない職場であれば、休日日数が少ないことはもちろん、連休をとることは難しくなっています。

平日が休みになることも多いので、なかなか家族との時間も作ることができません。

決まった曜日に休んだり、土日や連休を作るために異業種に転職する調理師もたくさんいます。

転職理由8:年功序列・体育会ノリで、上司や先輩が怖い

調理師の世界には、まだまだ年功序列や体育会ノリといった風習が残っている職場がたくさんあります。

先輩や上司によっては、「自分も昔はそういった環境で育てられたから」という理不尽な理由から、平気で暴力を振るってくる人もいます…

また、悪い労働環境では調理の技術もなかなか身につきませんし、問題のある先輩や上司がいれば、出世にはかなり時間がかかります。

年功序列や体育会の悪いノリについていけず、別の飲食店で働いたり、異業種への転職を目指す人はたくさんいます。

転職理由9:調理師免許が役に立たない

調理師免許は、調理師の専門学校を卒業すれば取得できますが、実際飲食店で働くとなれば、それほど役には立ちません。

調理師免許を取得する方法は、専門学校で出るだけでなく、独学でも十分取得できますし、通信講座でも短期間で取得できます。

比較的簡単に取れる資格でもあるので、持っていなくても飲食店で働く上では、それほど問題はないのです。

むしろ、資格があるかどうかより、実際の調理技術が問われるので、専門学校を卒業し、自信を持って調理師になった人が料理に難しさに出鼻をくじかれ、自信をなくすケースはよくあります。

転職理由10:自分が料理人に向いていないと気付いた

料理が好きでも、調理師の仕事に向いているかどうかは別問題です。

調理師は、お客様に提供する料理を作る仕事なので、家で料理をするのとは全く違います。

常にクオリティーの高い料理を提供する必要がありますし、衛生面も細心の注意が必要です。

実際に毎日同じメニューを作り続け、料理は好きでも調理師には向いていないと判断する調理師もたくさんいます。


佐々木
以上が、調理師から転職する主な理由です。
調理師の転職理由
  1. 身体的・体力的に辛い
  2. 精神的に辛い
  3. 給料が他の職種に比べて低い
  4. 家族を養うため
  5. 結婚・出産のタイミング
  6. 労働時間が長すぎる
  7. 休日や不規則、連休がとれない
  8. 年功序列・体育会ノリで、上司や先輩が怖い
  9. 調理師免許が役に立たない
  10. 自分が料理人に向いていないと気付いた
ゆり

調理師を辞める理由はたくさんあるんですね…

実際に現場で働いてみて、肉体的にも精神的にもきつい仕事だと日々感じています…

佐々木

そうですね…今悩んでいることが大きな問題になる前に、早めに行動することは大切です。

少しでも辞めたいと思っているなら、転職エージェントに相談してみましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/

調理師・料理人からおすすめの転職先|未経験から異業種も

佐々木
それでは次に、調理師からおすすめの転職先を紹介していきます。
調理師からおすすめの転職先
  1. Web・IT業界
  2. 食品メーカー
  3. 事務職
  4. 営業職
  5. 販売員
  6. 介護職

調理師からは幅広い業界に転職可能ですが、特におすすめなのは上記の6つです。

それぞれの仕事内容や平均年収などを確認していきましょう。

おすすめの転職先1:Web・IT業界

一見関連性が無さそうですが、WebやIT業界はおすすめの転職先です。

なかでも、飲食関連のサービス、食に関するWebメディアを運営しているIT系の企業は、これまで飲食店で培ってきた経験や知識を大いに活かせる職場です。

未経験からIT業界に飛び込むことに不安を感じる人もいますが、未経験者を積極的に採用しているITベンチャー企業では、教育体制も充実しています。

そのため、未経験からエンジニアやWebライターとして活躍している元調理師はたくさんいます。

Web・IT業界の平均年収
  • サーバーエンジニア:465万円
  • システムエンジニア・プログラマー:443万円
  • システムコンサルタント:610万円

引用元:doda

佐々木
Webの仕事に挑戦したい方は、IT業界に特化した『ワークポート』に登録することをおすすめします!

おすすめの転職先2:食品メーカー

人々の生活にとって食品は欠かせないであり、食品メーカーは「劇的な成長は難しいが、業績の急降下は少ない」と言われています。

そのため、調理師から安定性を求めて転職する人は、食品メーカーはおすすめの転職先です。

実際、メーカーで働けば自分が開発に携わった商品が、スーパーの店頭に並ぶこともあり、非常にやりがいを感じる場面が多々あるでしょう。

また、需要が伸びるアジア圏に進出している食品メーカーも多く、働き方によっては大きなキャリアを構築できる可能性もあります。

食品メーカーの平均年収
  • 食品メーカー:439万円

引用元:doda

おすすめの転職先3:事務職

特に女性の調理師は、事務職への転職がおすすめです。

事務職は、基本的にデスクワークなので、調理師とは違って身体への負担はかかりません。

また、事務職は人と接することが多い職種なので、調理師で培ってきたコミュニケーション能力が活かせるでしょう。

土日祝が休み、GW・夏休み・年末年始がたっぷり取れる職場が多いのも嬉しいポイントです。

事務職の平均年収
  • 一般事務:328万円
  • 営業事務:323万円
  • 秘書/受付:337万円

引用元:doda

ただし、事務職は非常に人気のある職種なので倍率が高く、未経験から転職するのは少し厳しい職種です。

そのため、事務職への転職を目指すのであれば、『リクルートエージェント』など転職エージェントのサポートを受けながら、戦略的に転職活動を進めることが重要です!

おすすめの転職先4:営業職

営業職は、特に男性の調理師におすすめの職種です。

調理師として現場経験があれば、「空気を読む」「相手の意図を汲み取る」など、営業職に必要な感覚が自然と身についています。

そのため、未経験から営業職に転職しても、さほど苦労はしないでしょう。

また、給料と労働時間のバランスが取れるのも、営業職の魅力です。

「今より収入を上げたい」という理由で、営業職に転職する人もたくさんいます。

営業職の平均年収
  • 法人営業:452万円
  • 個人営業:425万円

引用元:doda

しかし、営業職の求人を出しているブラック企業があるのも事実です…

ブラック企業に転職しないためにも、エージェントに相談してホワイト企業を紹介してもらいましょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/

おすすめの転職先5:販売員

販売員は、未経験からでも転職しやすい職種です。

これまでの経験よりも、人柄重視で販売員を採用する企業が多く、中には店長クラスの求人でも、未経験歓迎の場合があります。

「人と話すことが好き」「誰かの役に立ちたい」「お客様に喜ばれたい」など、ホスピタリティやサービス精神をアピールすれば、販売員への転職に成功できるでしょう。

しかし、販売員とひとことで言っても、社風や働きやすさは企業によって変わってきます。

自分にあった職場を見つけるためにも、『マイナビエージェント』『doda』などを活用し、数多くの求人を見てみましょう。

販売員の平均年収
  • 店長・販売スタッフ・店舗管理:353万円

引用元:doda

おすすめの転職先6:介護職

介護職は、深刻な人手不足の問題を抱えている職種で、未経験からの採用も積極的に行っています。

そのため、介護士の資格がなくても、介護スタッフとして働ける職場もたくさんあります。

また、働きながら資格取得を目指すことも可能なので、経験を積んでいけば年収をアップさせることも可能です。

介護の仕事は、福祉施設や老人ホームが職場になりますが、調理師として得た食に関する知識は、利用者とのコミュニケーションでも十分活かせるでしょう。

介護職の平均年収
  • 介護福祉士の平均年収:318万円
  • ケアマネージャーの平均年収:358万円
  • 理学療法士(PT)の平均年収:396万円

引用元:doda

佐々木
介護職への転職を希望しているなら、幅広い業界の求人を保有している『リクルートエージェント』を活用しましょう!

佐々木
以上が、調理師からの転職におすすめの職種です。
調理師からおすすめの転職先
  1. Web・IT業界
  2. 食品メーカー
  3. 事務職
  4. 営業職
  5. 販売員
  6. 介護職
ゆり
様々な職種に転職できるんですね!
佐々木

はい!ただ、様々な職種に転職できる分、

自分に合った転職先を見つけるために、慎重に転職活動を行う必要がありますよ。

上記で紹介した転職先以外にも、調理師から転職を目指せる職種や業界はたくさんあります。

もし、まだやりたい仕事が見つかっていない人は、転職エージェントにプロの目線で、あなたに合う職種を教えてもらうのがいいでしょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/

調理師・料理人からの転職を失敗させないための、唯一の方法

佐々木
それでは、実際に調理師から転職を成功させる方法をお伝えします。

転職活動で、ハローワークや転職サイトを使う人もいますが、忙しい販売職の仕事を続けながら、一人で転職活動を進めるのは危険です。

一人で転職活動を行うと、かなりの労力が必要ですし、スムーズな転職活動が行えず、焦って転職先選びに失敗してしまう可能性があります…

ゆり

確かに、仕事が終わるのも遅い時間ですし、土日もなかなか休めないので、

転職活動の全てを一人でやるのは大変そうですね…

佐々木

そうですね…実際に転職活動を始めると、思っている以上にやることがたくさんあって、

体力的にしんどくなり、今の仕事を休みがちになってしまう人もいますからね…

また、調理師からの転職では、応募先がどんなことを求めているかを把握することが大切です。

これはどの業界に転職する場合でも言えますが、企業の期待値を理解していなければ、内定をもらうことはできません。

佐々木

ただ、求人やホームページを見ても、求めていることを把握するのは難しいので、

「転職エージェント」を頼ることが、転職を成功させる第一歩です!

転職エージェントでは、企業の求人情報をもとに、あなたに合った転職先を紹介してくれるので、あなたが持っているスキルと企業の期待値に大きな差が生まれません。

また、調理師として在職中であっても様々なサポートを行ってくれるので、忙しい仕事を続けながらでも効率よく転職活動が進められます。

佐々木

実際に、転職の成功者はほとんどが転職エージェントを活用しています。

そのため、まず登録して転職の相談をしてみることから始めましょう!

ゆり
転職エージェントって、具体的にどんなサポートを行ってくれるんですか?
佐々木
はい!転職エージェントのサポート内容は次のようなものがあります!
エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
こんなにもサポートがあるんですね!
佐々木

そうなんです!

なので転職エージェントを使えば、失敗の原因を未然に防ぐことが出来ますよ!

実際、転職エージェントを活用すれば、「休みが多い」「給料が高い」など、あなたが求める条件を考慮した上で、数ある求人の中から優良企業を探してもらえます。

また、調理師の経験をもとに、異業種への志望動機や自己PRを転職のプロが一緒に考えてくれるので、スムーズな転職が期待できます。

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ゆり
エージェントがいいのは分かったんですが、転職サイトとどこが大きく違うんですか?

これまで就職活動とかで転職サイトは活用したので、使い慣れてるんですけど…

佐々木
転職サイトと転職エージェントの違いは、担当者がつくかつかないか、という点にあるんです!

転職エージェントでは、転職に関するアドバイス・ノウハウ提供・面接対策のほか、『応募→面接日程調整→交渉』などを担当のキャリアコンサルタントがすべてしてくれます。

一方、転職サイトの場合は、転職者本人が応募や交渉まですべて自分一人で行うことになります。

よって、転職サイトよりも転職エージェントのほうがすべての面で圧倒的に優れていると言えます。

しかし転職エージェントでは、年齢やキャリアを理由にサポートを断られてしまうことも…。

そのため、まずは転職エージェントと転職サイトの両方にできる限り多く登録して転職活動を進めるのが成功の秘訣です。

ゆり
なるほど…。転職エージェントを利用したほうが転職を有利に進められるということですね!
佐々木
はい!
一人で転職活動をするよりも、転職エージェントに任せたほうが圧倒的に失敗が少ないですよ。

調理師・料理人におすすめの転職エージェント・転職サイト

ゆり
実際、どの転職エージェントに登録すべきなんですか?
佐々木
はい!私のおすすめは次の転職エージェントです!
おすすめの転職エージェント

◎全ての調理師におすすめのエージェント

◎20代・30代の調理師におすすめのエージェント

◎エージェントと合わせて転職サイトも併用したいなら

ゆり

このエージェントがおすすめなんですね!

ただ、どれも良さそうで迷ってしまいます。

佐々木
もし迷ったら、『リクルートエージェント』『マイナビエージェント』『doda』の3社に登録しておけば間違いありませんよ!
佐々木

優良企業を見つけるコツは、3社以上のエージェントに登録して、より多くの求人と出会うことです。

実際に、転職成功者の9割は平均3社以上に登録しています!

転職エージェントに登録しても、転職活動をすぐに開始する必要はありません。

相談するだけでも問題ないので、悩んでいるなら気軽に登録してみましょう!

調理師・料理人から転職!体験談&2ch・Twitterの事例

佐々木
それでは次に、調理師から転職した人の体験談を紹介します。

老人ホームの調理師を辞めた後、他業種に転職

楽な仕事に就けた

調理師→事務職

老人ホームの調理師を辞めて、事務職に転職。

給料はそれほど変わりませんが、何より勤務時間が短くなったのは嬉しいこと。

100人ほどのご飯を作っていたときと比べて、今の仕事はすごく楽なので、空いた時間も寝るだけじゃなく、遊べるようになりました。

(26歳・ 女性・年収300万円)出典:転職相談

保育園調理師を辞めてよかった!

病院の調理師が辛すぎて転職を決意

学校、病院等、女性ばかりの職場です。
また報酬についても資格職でありながら、男性が働くには十分とは言えません。
知人は数年病院で勤務し、のちに公務員に転職しました。
男性だと片身が狭いようです。
家族を養うためにやむを得ずの転職だったそうです。

出典:Yahoo!知恵袋

給料が増えた

調理師→販売員

総合病院に調理師として勤務していましたが、転職し今は百貨店で販売員をやっています。

調理師時代は、とにかく激務でした…
長時間労働は当たり前でしたし、人手不足で業務量も多かったです…

それに給料が安かったのも苦しかったですね。

転職先は、リクルートエージェントに紹介してもらいました。

今は以前より給料を多くもらえているので、生活には苦労しなくなりました。

(26歳・ 女性・年収300万円)出典:転職相談

ゆり
様々な悩みがありますが、調理師から転職できた人がたくさんいるんですね。
佐々木

はい!転職してこれまでの悩みを解決するためにも、

上記で説明した通り、正しい方法で転職活動を進めることをおすすめします!

理想の職場に転職するためのポイントと調理師の辞め方

佐々木
それでは最後に、理想の職場に転職するためのポイントと調理師の辞め方をお伝えします。

転職先に求める条件を明確にしておく

転職活動で最も大切なことは、転職先に求める条件を明確にすることです。

求人に応募する前に、下記のことを明確に決めておきましょう。

転職先を選ぶ条件
  • 「給与」「勤務地」「勤務時間」「休日日数」などの待遇面
    →募集要項をよく確認する
  • 社風や人間関係など職場の雰囲気
    →職場見学や面接で確認、エージェントに教えてもらう
  • 仕事内容や任される業務の範囲
    →募集要項をよく確認する、エージェントに教えてもらう

転職エージェントは、紹介してくれる企業の社風や職場の雰囲気など、独自のデータを持っています。

転職してから「イメージと違った…」と悩まないためにも、あらかじめ転職先に求める条件を整理し、気になることはエージェントに相談してみましょう。

転職エージェントに相談して、転職ノウハウを手に入れる

何度もお伝えしていますが、優良企業に転職したいのであれば、必ず転職エージェントを活用すべきです。

エージェントを使えば、現職を続けながら効率よく転職活動が行えるので、転職に失敗するリスクが低くなります。

また、1つのエージェントに頼らずに複数のエージェントを活用することもおすすめです。

複数のエージェントに登録すれば、より多くの求人を見られるので、優良企業に出会える確率が非常に高くなります。

佐々木

実際に転職の成功者のほとんどは、3社以上のエージェントに登録しています。

あなたに合った求人をいち早く見つけるためにも、複数登録をおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/

辞める手続きの準備をする

転職先が決まれば、今の会社を辞める必要があります。

円満に今の会社を辞めるためにも、退職手続きの準備を行っておきましょう。

退職手続きの流れ
  1. 直属の上司に退職の旨を伝える
  2. 退職届・退職願を会社に提出する
  3. 書面の手続きをする

退職手続きは、転職活動を始めてから行っても遅くはありません。

焦らず、決まった段階をしっかりと踏んで、気持ちよく退職しましょう。

また、会社に返却すべき物、そして受け取るべき物は、以下の通りです。

会社に返却すべき物
  • 健康保険証
  • 社員証明書
  • 制服や備品など
会社から受け取るべき物
  • 源泉徴収票
    →転職先での申告や年末調整に必要
  • 雇用保険被保険者証
    →雇用保険を受け取る際に必要。1年以内に転職すれば雇用期間が通算になる。
  • 年金手帳
    14日以内に新しい職場に勤務する場合:転職先で年金加入手続きに必要。
    まだ転職先が決まっていない場合:国民年金の加入手続きに必要(退職後14日以内に要手続き)
  • 離職票
    →失業給付やハローワークに提出する場合に必要。(一般的には退社後に送付される)

退職の手続きは、少々複雑な仕組みになっています。

そのため、もし不安な方は転職エージェントに相談してみましょう。

佐々木
転職エージェントでは、退職のサポートも行っているので、困った時は頼ってみましょう!

調理師を辞める理想のタイミングとは

佐々木
調理師を辞めるタイミングは、転職先が決まってからで問題ありません。

今の仕事を辞めれば、時間にも余裕があるので、より集中して転職活動が行えます。

しかし、なかなか転職先が決まらなかったり、転職先の給与体系が翌々月末払いなどであれば、一定期間収入がない生活になってしまいます。

そのため、現職と新しい転職先で働き始める期間を、できる限り期間を開けないことが理想です。

ゆり

なるほど!

期間を開けないためにも、スムーズな転職が実現できる転職エージェントを活用すべきなんですね!

佐々木

その通りです!現職を辞めることは、決して焦る必要はありません。

まずは、在職中にエージェントに登録して、転職先を見つけることが大切です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の転職エージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    特徴:20.30代の若手のサポートが手厚い
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    【公式】https://doda.jp/

おわりに|いま転職しなかったら、一生後悔するかもしれません

今回は、調理師から転職したい方に向けて、調理師が異業種に転職できる可能性や、転職を成功させる方法、実際の転職体験談などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 調理師から異業種への転職や再就職は可能
  • 給与・労働時間・社風など…調理師を辞める理由は様々ある
  • 調理師経験が活かせるおすすめの業種・業界はたくさんある
  • 調理師から転職したいなら、まずは在職中にプロに転職相談するべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
  • 調理師から転職に成功している事例は多数ある
  • エージェントは退職のサポートも行ってくれる
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント

◎全ての調理師におすすめのエージェント

◎20代・30代の調理師におすすめのエージェント

◎エージェントと合わせて転職サイトも併用したいなら

ゆり

このエージェントがおすすめなんですね!

どれも良さそうですが、まず登録すべきなのはどのエージェントですか?

佐々木
とりあえず1社に登録するなら、業界最大手の『リクルートエージェント』に登録しておきましょう!
ゆり
はい!早速登録して、転職活動を始めてみます!
佐々木
はい!調理師からの転職に成功できることを応援しています!