転職エージェントおすすめランキング13選

転職のやり方を完全解説|6ステップで分かる成功する転職活動の進め方

この記事でお伝えすること
  • 転職のやり方と流れ
  • 転職成功に繋がるポイント
  • おすすめの転職エージェント
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「転職活動ってどうやって進めると良いの?

「転職のやり方が分からない!」

…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、転職を検討している人に向けて、転職のやり方の流れおすすめの転職エージェントなどを紹介します!

この記事を読めば、転職に関する悩みがなくなり、安心して転職活動を進められますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

正しい転職活動のやり方|準備〜入社までの流れと注意点

佐々木
それでは早速、正しい転職活動のやり方を紹介していきます!

まずは、準備〜入社までの流れと注意点をお伝えします!

準備〜入社までの流れは次の通りです!

各流れを説明する前に、注意点を2つをお伝えしておきますね。

注意点1|転職先が決まるまで現職を辞めない

転職する場合は、転職先が決まってから退職するようにしましょう!

なぜなら、現職を退職してから転職活動を行うと、一定期間収入がない状態になり、貯金を切り詰めて生活していく必要があるからです。

もし転職先がすぐに決まられなければ、金銭的に余裕がなくなり、「どこでもいいから早く働きたい!」と焦りが生まれてしまいます。

その結果、転職先選びに失敗し、転職を繰り返してしまう人も実際にいます…。

精神的に余裕がない場合や、仕事が忙しすぎて転職活動が出来ない場合などは無理に会社に残る必要はないので、自分の状況と相談しましょう。

実際リクナビNEXTが行ったアンケートを見ると、転職活動時に必要だった資金の平均は54万円という結果が出ています。

上記の結果を見ても分かる通り、転職活動にはお金がかかります。

しかも、ほとんどは転職活動に使った交通費や雑費ではなく、生活費や家賃に貯金を使っています。

佐々木
金銭的な余裕がなければ、精神的にもどんどん追い詰められます。

希望通りの転職を実現するために、現職はすぐに辞めず、余裕を持って転職活動を行いましょう!

注意点2|初めて転職する人は一人で進めない

初めて転職活動を行う場合は、転職に詳しい人に話を聞きながら進めることをオススメします。

なぜなら、転職活動では様々な手続きや対策を行う必要があるため、サポートしてくれる人がいるだけで効率が上がるからです。

具体的には、次のような方法があります。

転職活動の方法
  1. 転職エージェントを使う
    →転職サポートが受けられるので効率良く進められる
  2. 転職サイトを使う
    →自分のペースで進められる
  3. ヘッドハンティング型の転職サイトを使う
    →ハイキャリア・高収入の求人が多いが時間がかかる
  4. その他のやり方で進める
    →知人からの紹介、ハローワーク、大学のキャリアセンター、直接応募など

この中でも、特におすすめの方法が転職エージェントを使うことです!

転職エージェントは無料で利用できるサービスで、転職活動の多くを手厚くサポートしてくれます!

一人で転職活動を行うと、やり方や対策方法が分からず、転職が失敗してしまうことも…。

転職を成功させるためにも、転職エージェントなどサポートしてくれる人と転職を進めていきましょう!

佐々木
転職エージェントでは、キャリアの相談から面接などの対策まで、幅広くサポートしてくれるため…

転職成功に大きく近づきますよ!

私がオススメの転職エージェントは、次の2社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
勢いだけで転職活動を進めてしまうと、転職活動が失敗する可能性が高いです…。

そのため、注意点を把握したうえで余裕をもって転職活動を進めていきましょう!

次から、各ステップごとにやり方を紹介していきます!

転職のやり方ステップ1|事前準備を入念に行う

転職のやり方ステップ1「事前準備」
佐々木
転職のやり方のステップ1は「事前準備を入念に行う」です!

事前準備をどれだけ出来るかで転職成功率が変わるので、次の4つの方法をしっかり確認しましょう!

事前準備の方法
  1. 時間をかけて自己分析を徹底的に行う
  2. 自分の市場価値を正しく見極める
  3. 誰もが納得できる転職理由を用意する
  4. 狙っている業界や職種について調べる

1つずつ詳しく見ていきましょう!

事前準備1|時間をかけて自己分析を徹底的に行う

転職活動を始める前には、時間をかけて自己分析を徹底的に行いましょう!

なぜなら、自己分析が出来ていないと自分の軸がぶれたり、客観視出来ないことが原因で、転職に失敗する確率が高まるからです。

具体的には、「自分が出来ること」「今までの経験やスキル」「転職先の企業へ貢献できること」などを考えておきましょう!

自己分析がしっかりできていると、自分のことをしっかり伝えられるようになるため、転職成功へ近づきます!

また、自己分析をすることで、次の場面で活かされます。

自己分析が活きる場面

◎求人選び

  • 自分のスキルや経験に合った企業を選べる

◎面接時

  • 自分の能力や経験を具体的なエピソードを交えて伝えられる
  • 根拠を持った志望動機を伝えられる

転職は新卒入社の就職活動とは違い、いかに即戦力となって活躍してくれるかが採用の鍵となります!

採用担当者に「即戦力として活躍してくれそう!」と思ってもらうためにも、これまでのエピソードを含めて具体的に自己分析をしましょう。

佐々木
転職エージェントを利用すると、担当者と一緒に自己分析を進められるので、

不安がある人は利用してみましょう!

自己分析について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

事前準備2|自分の市場価値を正しく見極める

自己分析にも通じますが、転職先を選ぶ際は自分の市場価値を正しく把握しておくことが大切です!

なぜなら、自分の実力以上の仕事ばかり応募してしまうと、転職後についていけないなど転職失敗に繋がるからです。

いざ転職するとなると、「年収は○○円欲しい」「○○の役職に就きたい」など高望みをしてしまいます。

しかし、その結果内定がなかなか出なかったり、転職後に挫折してしまうことも多いです…。

どんなにいい資格を持っていたり実力があったとしても、自分を客観視して、等身大の姿で転職活動に臨むことが大切です。

佐々木
自分の市場価値を客観的に知りたい場合は、「ミイダス」などの転職サービスを利用するのもオススメですよ!
転職サービス

事前準備3|誰もが納得できる転職理由を用意する

転職理由は、出来る限りポジティブな内容で伝えられるように用意しておきましょう。

なぜなら、ネガティブな内容の転職理由を伝えると、企業側の印象が悪くなるため、内定が遠のいてしまうからです。

転職理由以外にも、自己分析をするとネガティブなものが出ることがあると思いますが、ポジティブな内容にしておきましょう。

具体的には、次の通りです。

転職理由の書き方

× :個人の営業ノルマがキツイ

◯:チームで成果を上げる環境の方が活躍できる

嘘をつく必要はありませんが、ポジティブな内容に出来ないかという視点で考えてみましょう!

事前準備4|狙っている業界や職種について調べる

未経験の業界・職種へ転職する人は特に、転職準備の段階で希望業界への理解を深めておきましょう!

情報収集が出来ていないと、選考時に専門的な質問に答えられなかったり、自分に合わない業界へ転職してしまう可能性があります。

業界への知識を事前に押さえておくことで、自分にあった企業を選ぶことが出来て、満足のいく転職が出来るようになりますよ!

業界を調べる場合は、ネットで検索するほか「業界地図」や「会社四季報」といった書籍で調べるのもオススメです。

佐々木

もっと手軽に調べたい人は「スマート業界地図」などのサービスを利用してみましょう!

無料の会員登録が必要ですが、業界の基本情報や最新トピックを知ることが出来ますよ!

業界を調べる

佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ1についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りです!

ステップ1の流れ
  1. 時間をかけて自己分析を徹底的に行う
  2. 自分の市場価値を正しく見極める
  3. 誰もが納得できる転職理由を用意する
  4. 狙っている業界や職種について調べる
ゆり
事前準備って大切なんですね!

知らなかった…。

佐々木
そうなんです!

事前準備の段階で、自分と業界や企業についてしっかり分析しましょう!

先ほどの4つのポイントをなるべく深堀しておくと自分の軸が定まり、転職成功率が上がりますよ!

次に、転職のやり方のステップ2について紹介します!

転職のやり方ステップ2|選考に必要な応募書類を作成する

転職のやり方ステップ2|選考に必要な応募書類を作成する
佐々木
転職のやり方のステップ2は「選考に必要な応募書類を作成する」です!

次の2つのポイントを知っておくと書類選考の通過率が上がるので、確認して実践してみましょう!

1つずつ詳しく説明していきます!

応募書類1|職務経歴書の作成の仕方

テクニックを知っているかどうかで大きく差がつくのが「職務経歴書」です。

なぜなら、職務経歴書は書類選考の合否を大幅に左右するものでもあるため、きちんと対策する必要があるからです。

履歴書は内定後に人事情報を保管するために確認する面もあるのに対し、職務経歴書は書類選考時に使う面が大きいです。

そのため、応募企業に合わせて自己PRの内容や、これまでの経験の内容を考えることが、書類選考の通過に大きく近づく方法の一つです!

特に多くの人が躓きやすいポイントをまとめたので、チェックしてみましょう!

ポイント1|企業・ポジションに合わせた自己PRをする

職務経歴書には自己PRを書きますが、企業のニーズに合わない内容だと書類選考が通りづらくなります。

例えば、営業で応募する人が、前職の事務職で鍛えたPCスキルをアピールするなど、アピールポイントがずれている応募者が意外と多いです。

自己PRを書く場合は、次の流れで書くと採用担当者に響きやすくなりますよ!

自己PRの書き方
  • PRタイトル
  • 仕事内容
  • 結果・成果
  • 得た強み
  • 企業に貢献できる事

ポイント2|企業・ポジションに合わせた志望動機を

志望動機は企業のHPなどを確認したうえで、次の要素を含んだ内容で作りましょう。

志望動機に含める要素
  • 応募企業に惹かれている理由
  • 事業・ポジションに惹かれている理由
  • 応募企業・事業・ポジションに貢献できる根拠

一人で考えるのが難しい場合は、転職エージェントを利用するとアドバイザーと一緒に内容を考えられますよ!

職務経歴書の書き方について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

応募書類2|履歴書の作成の仕方

基本的に履歴書は本人確認の書類・人事情報として利用されるので、選考への影響度は職務経歴書より低いです。

しかし、顔写真や職歴など、応募社の第一印象が履歴書で決まる場合もあるので、手は抜かずに作成しましょう。

転職エージェントの書類添削サービスを利用すると、担当のアドバイザーに添削を行ってもらえます。

転職エージェントでは、会社ごとの選考の傾向や重視するポイントを把握していることも多いので…

より効率的に書類を作成することが出来ますよ!

佐々木
最低限のマナーを守り、マイナスの印象を与えないように、丁寧に、正確に作成しましょう。

履歴書の書き方について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ2「選考に必要な応募書類を作成する」についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

必要書類を作成する方法
  • 職務経歴書の作成の仕方
    ・企業・ポジションに合わせた自己PRをする
    ・企業・ポジションに合わせた志望動機を考える
  • 履歴書の作成の仕方
    ・顔写真や職歴など、応募社の第一印象になるので丁寧に作成する
ゆり
ありがとうございます!

企業やポジションに合わせて内容を変える必要があるんですね!

佐々木
そうなんです!

なぜその企業を選んだのかその企業に入りたい理由が明確になると、気持ちが伝わりやすいですよ!

次に、転職のやり方のステップ3について説明します!

転職のやり方ステップ3|求人を検索して応募する

転職のやり方ステップ3|求人を検索して応募する
佐々木
転職のやり方のステップ3は「求人を検索して応募する」です!

次の2つのポイントを知っておくと求人に応募すべき理由が分かるので、

転職をスムーズに進める方法が分かりますよ!

1つずつ詳しく説明していきます!

方法1|なるべく多くの求人に応募する

自分に合った企業に出会うためにも、興味のある求人にはどんどん応募することをオススメします。

リクナビNEXTが行ったアンケート結果を見ると、約半数の人が10社以上応募しており、5社以上の面接を経て転職が決まっています。

特に未経験転職や30歳以降の転職は、ライバルが多いわりに求人が少ないため倍率が高く、

100社以上選考を受けても内定が出ない場合もあります…。

このような状況を避けるためにも、気になる求人には積極的に応募して、選考を進めていきましょう!

応募数を増やすためには、多くの媒体を使って求人をチェックすることと、譲れるポイントと譲れないポイントを明確にしておくことが大切です。

佐々木
自分に合う求人を紹介してもらいたい場合は転職エージェントを利用し、

自分で求人を探したい人は転職サイトを利用しましょう!

方法2|自分のスキルにマッチした求人に応募する

ステップ1でお伝えした自己分析なども踏まえ、自分に合った求人に応募するようにしましょう。

なぜなら、自分の経験やスキルに合った求人に応募できないと、書類選考すら通らないことが多くなるからです。

逆に、求人内容に比べてハイスペックすぎる人が応募すると、何か裏があるのではと思われて落とされる場合もあります。

自分に合った求人を見つけるためには、企業が求めている人物自分が活躍している場面をイメージすることが大切です。

また、自分の固定概念だけで業界などを絞らず、視野を広げて自分が活躍・成長できる環境を探していくことをオススメします!

佐々木
転職をスムーズに進め、入社後に即戦力として活躍するためにも、自分のレベルに合った求人に応募しましょう!

佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ3「求人を検索して応募する」についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

求人に応募するポイント
  • なるべく多くの求人に応募する
  • 自分のスキルにマッチした求人に応募する
ゆり
ありがとうございます!

この2つのポイントが大切なんですね!

佐々木
そうなんです!

自分のスキルに合っていて、気になる求人にはどんどん応募して、転職活動を進めていきましょう!

次に、転職のやり方のステップ4について説明します!

転職のやり方ステップ4|面接を突破するための対策をする

転職のやり方ステップ4|面接を突破するための対策をする
佐々木
転職のやり方のステップ4は「面接を突破するための対策をする」です!

次の3つのポイントを押さえた面接の対策が出来ると、面接の突破率が大幅に上がりますよ!

1つずつ詳しく説明していきます!

面接の対策方法
  1. 基本的な面接のマナーを理解しておく
  2. 予想できる質問の回答を準備しておく
  3. 不合格でも毎回振り返りを行う

1つずつ詳しく説明していきます!

対策方法1|基本的な面接のマナーを理解しておく

中途採用の場合は、即戦力が求められていることもあり、面接では社会人としてのマナーにも着目されます。

転職エージェントを活用すると、模擬面接などの面接対策を行ってくれるため、マナー面でも改善すべき点を教えてくれます。

自分で対策する場合は、次のマナーを確認したうえで面接に臨みましょう!

面接前~面接後のマナー

※タップすると大きくなります

対策方法2|予想できる質問の回答を準備しておく

企業は「応募者が本当に自分の会社で活躍してくれる人か」を確認するために、様々な質問を投げかけてきます。

そのため、事前に質問されそうな内容や、内容の意図を考えて、スムーズに回答できるように対策しておきましょう!

また、面接では自分の口で想いをしっかりと伝えられることが大切なため、不安な人は何度も音読するなど練習をしておきましょう!

対策方法3|不合格でも毎回振り返りを行う

転職活動では1社目から内定が出る可能性は低いので、

不合格でも落ち込まずに悪かった点を振り返り、次に活かせるポイントを考えましょう!

面接の直後に反省すべきポイントや聞かれた質問をまとめておき、他社の面接の前などに読み返すと同じ失敗をしにくくなります。

転職エージェント利用していると、応募社の面接後に担当アドバイザーが企業の採用担当者とやり取りを行うため…

何が原因で落ちたのかなど、実際の面接のフィードバックをもらえることもありますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ4についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

面接の対策方法
  1. 基本的な面接のマナーを理解しておく
  2. 予想できる質問の回答を準備しておく
  3. 不合格でも毎回振り返りを行う
ゆり
面接の対策には、マナーや振り返りも大切になるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

面接では、話の内容だけでなく自分の会社に合う人柄か、社会人の基礎力があるかという点も見られています!

そのため、マナーや振り返りが大切になるんです!

次に、転職のやり方のステップ5について説明します!

転職のやり方ステップ5|内定を承諾するかどうか決める

転職のやり方ステップ5|内定を承諾するかどうか決める
佐々木
転職のやり方のステップ5は「内定を承諾するかどうか決める」です!

内定承諾のための判断基準が明確になることで、自分の望む転職先を選ぶことが出来ますよ!

内定承諾時の確認事項
  1. 会社の社風が自分に合うか確認する
  2. 細かい条件を確認し必要に応じて交渉する
  3. 迷った場合は譲れないポイントで比較する

1つずつ詳しく説明していきます!

確認事項1|会社の社風が自分に合うか確認する

入社後に後悔しないように、事前に会社の社風などを調べ自分に合った環境なのか見極めましょう。

社風や内部状況を調べずに入社すると、「軍隊みたいな社風」「サービス残業まみれ」といった会社に入社してしてしまう可能性があります。

このような状況を防ぐために、転職口コミサイトなどを活用して、事前に内情を確認しておきましょう!

口コミサイトには、現職社員や元社員の生の声が書かれているので、次のような内情も知れるかもしれません。

口コミサイトで知れる情報
  • 会社の雰囲気や労働環境
  • 昇給のスピード感
  • 残業・サービス残業の有無
  • 福利厚生の利用度
  • 有休の取りやすさ など

このように幅広い情報を知ることが出来るので、応募したい企業が絞れてきた段階で確認しておくことをオススメします!

佐々木
次の口コミサイトがオススメですよ!
口コミサイト
  1. 『OpenWork』(旧:Vorkers)
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/

確認事項2|細かい条件を確認し必要に応じて交渉する

内定をもらったら、採用通知書などで必ず細かい情報を確認しておきましょう。

なぜなら、ブラック企業だと求人情報と仕事内容が異なったり事前に伝えられていた給与と違うという問題が起こる可能性があるからです。

特に給与に関しては、「残業を含むのか」「残業を含む場合上限はあるか」など細かい部分まで確認し、納得したら内定を承諾しましょう。

また、入社日も合わせて確認しておきましょう。

入社日があいまいだと、退職日を決めづらくなったり、入社前後の手続きで困ってしまう場合があります。

佐々木
転職エージェントを利用していれば、給与交渉など自分では交渉しづらいことも代わりに行ってくれます!

内定後のサポートに興味がある人は、是非一度利用してみてください!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界トップクラス
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

確認事項3|迷った場合は譲れないポイントで比較する

本当にその会社に転職すべきか悩んだ場合は、譲れないポイントを整理することをオススメします。

なぜなら、内定に迷っている場合は自分の転職に求める条件に優先順位が付けられていない場合が多いからです。

自分の時間を確保するために転職活動を始めたはずなのに、

給与額に惹かれて休日が少ない会社に転職してしまうなど、入社後に後悔する可能性も大いにあります。

このように入社後に後悔しないためにも、会社選びで譲れないポイントを整理し、自分に合った会社を見つけましょう!

譲れないポイントを見つける方法は次の通りです!

譲れないポイントを見つける方法
  1. 会社選びで重視するポイントを書き出す
  2. 書き出したポイントに「◎、〇、△」や点数をつけて重要度を明確化する
  3. その結果を用いて、企業を評価する

このように一度書き出してみることで、客観的に自分が求めている条件や企業を浮き彫りに出来ますよ!

佐々木
譲れないポイントを整理した結果、今の会社が一番良いということもあります!

転職に後悔しないためにも、自分が求める条件を見極めて判断してくださいね!


佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ5についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

内定承諾時の確認事項
  1. 会社の社風が自分に合うか確認する
  2. 細かい条件を確認し必要に応じて交渉する
  3. 迷った場合は譲れないポイントで比較する
ゆり
内定を承諾するときも、自分との相性や契約内容を確認することが大切なんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

選考が通ったことに満足せず、最後までよく確認して自分の理想の働き方を実現させてくださいね!

次に、転職のやり方のステップ6について説明します!

転職のやり方ステップ6|現職を円満に退職する

転職のやり方ステップ6|現職を円満に退職する
佐々木
転職のやり方のステップ6は「現職を円満に退職する」です!

次の4つのポイントを確認することで円満退職でき、退職~転職までスムーズに進められますよ!

円満退職するための確認事項
  1. 退職を切り出す時のポイント
  2. 退職交渉の際のコツ
  3. 退職届け・退職願いの出し方
  4. 1日でもブランクがある場合に必要な手続き

1つずつ詳しく見ていきましょう!

確認事項1|退職を切り出す時のポイント

退職を切り出す時は、正しい手順を踏むことで退職交渉の行方が大きく変わります

なぜなら、手順を間違ったことで人間関係がおかしくなったり、退職交渉でトラブルが起きてきまう場合があるからです。

退職を切り出す際のポイントは次の通りです!

退職を切り出す際のポイント
  1. 退職の1~2か月前に退職の意思を伝える
  2. 一番最初に直属の上司に話をする
  3. 理由は個人的なものにする
  4. 引き留められても意思を変えないこと

退職の意思を伝えた後も仕事は続くので、円満退社するためにも上記のポイントをおさえて行動しましょう!

退職の切り出し方について詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

確認事項2|退職交渉の際のコツ

退職交渉は会社と対立し上手くいかないことが多いので、スケジュールを立てて交渉する必要があります。

なぜなら、会社は社員を辞めさせたくない意思があるので引き留めようとするからです。

スムーズに転職交渉するためにも、次のポイントを意識しましょう!

退職交渉のポイント
  1. 誠意を見せつつも、退職日を妥協しない
  2. 退職日までの感を意識する
  3. 引き留められた場合の反論を考えておく
  4. 何があっても退職の意思を変えないこと

基本的に「2か月後に辞めますが、引継ぎは全力で行います!」といった誠意を見せつつ希望を通すことで、交渉が上手くいくことが多いです。

退職について就業規則に記載されている会社も多いので、事前に確認してスケジュール立てておきましょう!

佐々木
退職までに有休を消化することも大切です!

有休が無くならないように、スケジュールや交渉を進めていきましょう!

退職の交渉について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

確認事項3|退職届け・退職願いの出し方

退職届・退職願は、退職希望者の「辞めたい」という意思表示を会社として保管しておきたいという理由で提出を求められる傾向にあります。

交渉が難航した際の最終手段でない限り、いきなり退職届を突きつけることは常識外れにあたるため、

会社から提出の指示があった場合に提出するようにしましょう。

退職届について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

確認事項4|1日でもブランクがある場合に必要な手続き

退職から転職先への入社まで1日でも日数が空く場合は、「年金」や「健康保険」の手続きが必要になります。

退職日の翌日に転職先へ入社する場合は、転職先の会社が全て手続きを行ってくれるため必要ありません。

手続きは自分で行うと時間がかかるため、理由がない限りは入社日の前日付けで退職することをオススメします!

佐々木
手続きの期間が限られているものや、自分のメリットになるものもあるので、

事前によく確認して必要書類などを集めておきましょう!

手続きについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!


佐々木
ここまで、転職のやり方のステップ6についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

円満退職するための確認事項
  1. 退職を切り出す時のポイント
  2. 退職交渉の際のコツ
  3. 退職届け・退職願いの出し方
  4. 1日でもブランクがある場合に必要な手続き
佐々木
円満退職するためにも、ポイントがあるんですね!

この4つに気を付けます!

ゆり
そうですね!

立場や状況によっては、強く引き止められたり、会社とトラブルになる可能性もあるので、

これらのポイントに気を付けて円満退職できるようにしましょう!

次に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

正しい転職のやり方で進められるおすすめ転職エージェント

佐々木
正しい転職のやり方で、スムーズに転職活動を進めたい人は、

転職エージェントのサポートを上手く活用することをおすすめします!

転職エージェントは、次のようなサポートを行ってくれますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントのサポート内容は、次の通りです!
転職エージェントの流れ

このように、各ステップごとにサポートを受けられるので、効率よく転職活動を進められます!

正しい判断をしたり、手間を減らすためにも登録をオススメします!

おすすめの転職エージェント

佐々木
私がおすすめする転職エージェントを紹介します!

次の転職エージェントは、手厚いサポートがあることはもちろん、

優良企業の求人を数多く保有しており、多くの転職者から高い評判を得ているんです!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることが大切なんです!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『マイナビエージェント』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
ゆり
わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木
そうですね!

実際、転職に成功している人の9割は転職エージェントを利用しているので、

転職を考えているなら、まずは登録して相談してみるのが良いでしょう!

転職エージェントや複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

次に、転職に成功した人の実例を見ていきましょう!

成功事例から学ぶ20代・30代・40代の転職のやり方まとめ

佐々木
転職に成功した人の、転職のやり方は次の通りです!

自分の転職活動の参考にしてみてくださいね!

ゆり
皆さん、転職に成功した理由があるんですね!
佐々木
そうですね!

先ほどお伝えした内容に被ることも多いので、ステップ1~6を丁寧に行えば転職成功に繋がりますよ!

【Q&A】転職のやり方・進め方に関するよくある質問

佐々木
最後に、転職のやり方・進め方に関するよくある質問にお答えします!

質問1|転職エージェントは登録後どうすればいいの?

転職エージェントのHPから登録した後は、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が来ます。

スムーズに手続きを進めるために、電話で連絡してくる会社が多いです。

特に準備をする必要はありませんが、下記のような内容を聞かれます。

登録後の連絡で聞かれること
  • 転職希望時期
  • 希望業界や職種
  • 希望年収
  • 面談日程

このような連絡があったあとは、下記の流れでサポートを受けられます。

転職エージェントの流れ
佐々木
転職エージェントは自己分析や転職情報を知るためにも活用できます。

質問の内容が決まっていなかったり、一緒に考えてほしいと思っている場合は、

その旨を素直に伝えましょう!

質問2|転職エージェントを使う以外で転職の仕方あるの?

転職エージェント以外には、次のような方法で転職活動を進めることが出来ます!

転職方法
  1. 転職サイト
    →最もメジャー。自分のペースで情報収集~転職活動を進められる
  2. 企業HPからの直接応募
    →中小企業や採用人数が多い求人を探している人におすすめ
  3. ハローワーク
    →経験が浅い人、正社員未経験の人におすすめ
  4. リファラル採用
    →ハイキャリア向け。行きたい企業が実施していればおすすめ
  5. ヘッドハンティング
    →ハイキャリア向け。転職に時間がかかる
  6. SNSで採用担当者に接触
    →Web・IT業界を志望する人におすすめ

このように様々な方法で転職を進めることが出来ますが、

上記の方法はサポートが薄いので、転職エージェントをメインで使うことがおすすめです。

合わせて、多くの求人を見たい場合は転職サイトを活用すると良いでしょう!

佐々木
最近ではTwitterやFacebookで「bosyu」や「Wantedly」というサービスをよく見ます!

スタートアップやベンチャー企業を志望している人は、こういうサービスも利用してみましょう!

質問3|転職活動にかかる平均的な期間はどれくらい?

転職活動にかかる期間は、3~6か月程度と言われています。

簡単な転職活動の全体像は、次のようなイメージです。

転職活動の全体像
  1. 準備期間:1〜2ヶ月
    自己分析や情報収集など、転職活動の準備
  2. 選考期間:1〜2ヶ月
    応募や選考、早ければこの期間に内定がもらえる
  3. 退職準備:1.5〜2ヶ月
    内定をもらってから現職の退職準備および転職先の入社準備

準備と選考を同時進行で行えばスピードも上がりますが、退職を伝えてからもある程度時間がかかるので注意が必要です。

佐々木
必要なタイミングで正しい行動を取れるように、転職活動の全体像は理解しておきましょう!

質問4|転職活動で企業の評判を調べる方法はあるの?

企業の評判を調べるためには、口コミサイトの利用をおすすめします!

口コミサイトでは、求人票には載っていない情報を集めることが出来るため、企業の社風や詳しい業務内容、人間関係などの様子を確認してみましょう!

応募したい企業が絞れてきた段階で確認しておくことが、転職失敗を防ぐための一つの手ですよ!

口コミサイト
  1. 『OpenWork』(旧:Vorkers)
    【公式】https://www.vorkers.com/
  2. 『転職会議』
    【公式】https://jobtalk.jp/

佐々木
転職活動をスムーズに進めるためには、転職エージェントや転職サービスを上手く使うことが大切です!

本当に幸せになれる転職のやり方を理解して失敗を防ごう!

佐々木

今回は、転職を検討している人に向けて、

転職のやり方の流れおすすめの転職エージェントなどを紹介します!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 転職活動は6つのステップ分けて行うことが大切
  • 事前調査と対策を行うことが転職成功の鍵
  • 転職エージェントを使うと転職活動がスムーズに行える
ゆり
ありがとうございます!

転職活動のやり方について、よくわかりました!

佐々木
よかったです!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントを紹介しておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    キャリアアップしたいハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり
この転職エージェントがおすすめなんですね!

でも、たくさんあって迷うなぁ…。

佐々木
転職エージェントを利用する場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることが大切なんです!

佐々木
本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも『リクルートエージェント』と『マイナビエージェント』の2社には登録しておきましょう!

迷ったら登録すべき2社
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
ゆり
わかりました!

最低でもこの2社に登録しておけば良いんですね!

佐々木
そうですね!

実際、転職に成功している人の9割は転職エージェントを利用しているので、

転職を考えているなら、まずは登録してみるのが良いでしょう!