転職したいけどスキルがない…転職時のスキルの必要性&狙うべき業界

転職したいけどスキルがない…転職時のスキルの必要性&狙うべき業界

この記事では、「転職したいけどスキルがない…」と悩んでいる人に向けて、

『転職時のスキルの必要性』や、『ノースキルで転職した人の事例』などをお伝えしていきます!

自慢できるようなスキルが無いと、良い企業に転職できないと思っている人も多いでしょう。

しかしながら、正しい方法で転職活動を行えば、それほどスキルが無くても内定を勝ち取ることは可能です!

実際、ノースキルで転職して、転職先で業務を行いながら自分のスキルを磨いている人もたくさんいます。

この記事を最後まで読めば、スキルがなくても転職できる方法が分かり、自信を持って転職活動に臨めるようになりますよ!

この記事がおすすめな人
  • 転職したいけど自分のスキルに自信がない
  • 年齢的に伴ったスキルがなくて不安を感じている
  • スキルは無いけど今より良い条件で働きたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

景気状況から、今後求人数が減少することが考えられます。少しでも転職を考えているなら、今すぐ登録して優良求人をチェックしておくのがおすすめです!

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

フリーター・ニートの優良企業への就職率No.1!未経験からIT・Web業界への就職にも強い!

※どの転職エージェントも
電話やWebで転職相談が可能です。

この記事を書いた人
転職アドバイザーの佐々木貴史

株式会社Jizai 代表取締役CEO

佐々木 貴史

Sasaki Takashi

プロフィール

学習院大学卒業後、新卒で人材ベンチャーに入社。その後、事業責任者として海外転職事業の立ち上げを行い、転職アドバイザーとして500人以上の転職活動を支援。
2019年に株式会社Jizaiを設立し、今までの経験を活かして転職やキャリアの情報を発信中。
佐々木貴史のプロフィールページ

そもそも転職する時にスキルは絶対に必要なのか?

佐々木

早速ですが、転職時のスキルの必要性についてお伝えします!

結論からお伝えすると、転職する時に必ずスキルが必要という訳ではありません!

転職者の年齢や入社したい転職先によっても異なりますが、スキルが無いと転職できない訳ではありません。

転職先によっては、入社後に業務に必要な知識や技術を学ぶ研修を行っているので、研修でスキルを覚えてくれれば問題ない会社もあります。

特に20代の若手に対しては、スキルよりも人間性ややる気を重視する企業が増えています!

ゆり
転職する時に、必ずスキルが必要という訳ではないんですね!
佐々木

そうなんです!

充実した研修を行っていたり、教育体制が整っている会社も増えていますよ!

入社後すぐに活躍してほしいと思っている企業は別ですが、人手不足を補う意味も込めて

ひとまず採用してからスキルや知識を身につけるために教育するという会社が多くなっています。

実際、Twitterを見るとノースキルで転職している人の事例もたくさんありました!

佐々木

今の時代、多くの企業が人手不足に悩んでいる分、スキルが無くても転職するチャンスはたくさんあります!

そのため、スキルが無いからといって自信を失わず、臆することなく転職活動に臨むべきですよ!

次の章では、スキルがなくても未経験職種に転職できる年齢についてお伝えします!

スキルがなくても未経験職種に転職できる年齢

佐々木

それでは、スキルがなくても未経験職種に転職できる年齢についてお伝えします!

自分の年齢でも無理なく転職できるのか、確認していきましょう!

スキルなしから未経験職種への転職は、20代であれば問題なくできます!

お伝えした通り、入社後にスキルや知識を身に付けられる体制を整えている会社が増えており、

20代の若手の未経験者を積極的に採用している会社がたくさんあります。

しかしながら、30代になってくると未経験職種への転職は難しくなってきます…。

理由としては、30代は20代と違って教育に時間をかけることが出来ないため、即戦力として活躍できるスキルが求められるからです。

ゆり
スキルなしで未経験職種に転職できるのは、20代までなんですね。
佐々木

はい、一般的にはそうなっています。

ただし、余程人手不足な業界では、30代以降の未経験者も採用している場合があるので、

一概に30代になれば無理と決めつけてはいけません。

20代であれば、幅広い業界で未経験からでも採用してもらえる確率は非常に高いです!

また30代も、スキルなしで転職できる確率がゼロという訳ではないので、どうしてもやりたい仕事があるなら、転職活動に挑戦してみるべきです。

佐々木
どの年代の人にも言えることですが、スキルが無い分、より戦略的に転職活動を行っていくことが大切になってきますよ!

次の章では、スキルに自信がない人が転職で狙うべき業界についてお伝えします!

スキルに自信がない人が転職で狙うべき業界

佐々木

ここから、スキルに自信がない人が転職で狙うべき業界についてお伝えします!

今の世の中の現状も含め、どういった業界が狙い目か説明していきます。

転職で狙うべき業界
  1. IT・インターネット業界
  2. 建築・不動産業界
  3. 介護・福祉業界
  4. 飲食・サービス業界

それぞれの業界についてお伝えします!

狙い目1:IT・インターネット業界

IT・インターネット業界は、今急成長している企業も多く、年間数十人単位で、中途採用者を雇用している企業もあります。

IT業界と言われると、インターネットに関する高いスキルが無いと働けないイメージがある人もいると思いますが、決してそうではありません。

営業職や人事、総務、経理、経営企画など、ある程度のインターネットの知識は必要ですが、技術面は求められない職種もたくさんあります。

研修や教育制度が充実している企業も多いので、未経験からIT業界に転職している人もたくさんいますよ!

佐々木
IT業界は高収入な職場もたくさんあるので、おすすめです!

狙い目2:建築・不動産業界

建築・不動産業界は、東京オリンピックに向けて、国内全体で需要が高まっています。

土木や建築、電気関係のスキルや知識が求められるイメージがありますが、営業職や管理部門などはノースキルでも転職可能です。

需要の高まりと同時に、人材を募集している企業が増えているので、やる気がある人にはおすすめです!

特に、長期的に活躍できる20代の採用に積極的な企業がたくさんありますよ。

佐々木
オリンピックが終わっても、一気に成長スピードが減少することは無いので、長期的に働ける環境が多いですよ!

狙い目3:介護・福祉業界

介護・福祉・医療業界は、今最も人手が足りていない業界と言っても良いかもしれません。

少子高齢化が進んでいる今の日本で、介護や福祉の担い手はかなりの数が必要になってきてます。

実際、介護や福祉の現場を見ると、未経験から採用されて働いている人がたくさんいます。

資格取得の支援を行っている企業もたくさんあるので、転職時は無資格でも介護や福祉の仕事ができますよ!

佐々木
日本では、今後も高齢化社会が進むことが予想されており、

介護や福祉のスキルを身につければ、どこでも働く場所があると言えますよ!

狙い目4:飲食・サービス業界

飲食・サービス業界も、人手不足に悩まされている企業が数多くあります。

実際、飲食やサービス業に関しては、特別なスキルや資格が無くても働けることが多く、未経験から活躍しやすいと言えるでしょう。

入社すれば、接客や販売、調理などの仕事を行いますが、基本的に人と接する時間が長いので、やりがいを感じながら働けます。

土日や祝日も仕事になってしまいますが、すぐに転職したい人は、おすすめの業界と言えますよ!

佐々木
飲食やサービス業は、ブラック企業が多いとも言われていますが、一昔前よりはかなり労働環境が改善されていますよ!

佐々木

以上が、スキルに自信がない人が転職で狙うべき業界です!

転職で狙うべき業界
  1. IT・インターネット業界
  2. 建築・不動産業界
  3. 介護・福祉業界
  4. 飲食・サービス業界
ゆり
スキルに自信がない人は、これらの業界が狙い目なんですね!
佐々木

そうですね!

これらは割と転職しやすい業界になっているので、気になる企業があれば積極的に応募してみるべきですよ!

実際、働いてみたい業界がある人は、転職エージェントに相談して求人を紹介してもらいましょう!

経験豊富なキャリアコンサルタントが、あなたの要望に合う求人を複数紹介してくれますよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

次の章では、転職におけるスキルや強みについてお伝えします!

転職におけるスキル・強みとは?

佐々木

それでは、転職におけるスキルや強みについてお伝えします!

どのようなことが評価されたり、強みになるのか確認していきましょう!

知識や技術だけがスキルではない

実際、多くの人が転職で必要なスキルは、各業界特有の知識や技術だと考えているでしょう。

この特定の業務をこなす知識や技術のことは、テクニカルスキルと呼ばれます。

ただし、このテクニカルスキルは、転職でアピールできるスキルの3つのうちの1つにしか過ぎません。

佐々木
具体的に、転職でアピールできる3つのスキルは次の通りです!
転職でアピールできるスキル
  • テクニカルスキル=知識・技術力
  • ヒューマンスキル=人間力
  • コンセプチュアルスキル=工夫力・問題解決力

テクニカルスキル以外の2つは、誰もが何かしら場面でスキルを発揮しながら、これまでの人生を過ごしてきています。

そのため、人間力や工夫力などを上手くアピールできれば、転職活動での大きな売りにできるのです。

佐々木
テクニカルスキルに自信がない人は、他の2つのスキルを売りにして、転職活動を進めるべきですよ!

多くの仕事で重視されるのは人間力

説明した3つのスキルの中でも、多くの業界や職場で重視されるのはヒューマンスキルです。

ヒューマンスキルは、コミュニケーション能力、協調性、人の話を聞く力など、人と接する時に発揮されるスキルです。

簡単に言うと人間力のことであり、特別な知識や技術が無くても磨ける能力と言えるでしょう。

佐々木
具体的には、次のような人が人間力があると言えます。
人間力がある人の特徴
  • 上司や同僚と仲良くなるのが上手い
  • お客様と打ち解けるのが早い
  • 何かと場を明るくすることができる
  • 自然に会話を弾ませられる
  • 周囲に流されることが少ない

人間力がある人は、たとえ未経験でも企業が欲しがる人材になれます!

実際、未経験者の採用に積極的ではない企業でも、ヒューマンスキルが高ければ、採用条件の枠を超えて内定を出す場合もありますよ!

佐々木
テクニカルスキルに自信が無くても、人間力で転職活動は勝負できることを理解しておきましょう!

次の章では、転職活動の準備から退職までの流れをお伝えします!

理解しておくべき!転職活動の準備から退職までの流れ

佐々木

それでは、転職活動の準備から退職までの流れをお伝えします!

効率よく転職活動を進めるためにも、正しい手順を理解しておきましょう!

ここでは、次の3つの手順に沿ってお伝えします!

転職活動の手順
  1. 転職活動の準備
  2. 転職サービスに登録する
  3. 現職の退職準備

※タップすればそれぞれの手順へジャンプします

それぞれについてお伝えします!

手順1:転職活動の準備

佐々木
転職活動を始めるにあたって、まず次の2つのことを準備する必要があります!
転職活動の準備
  1. 転職理由を明確にする
  2. 自己分析・スキルの棚卸しをする

それぞれの準備についてお伝えします!

準備1:転職理由を明確にする

まず始めに、転職したい理由を自分の中で明確にしておきましょう。

「なぜ転職したいのか」「転職してどうなりたいのか」を明確にすることが大切です!

実際、転職する理由が明確でないまま動き出しても、目的が見えないので、失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

お金なのか、仕事内容なのか、勤務地なのか、転職したい理由は人それぞれなので、自分なりの転職理由を考えるべきです。

佐々木

転職理由を明確にすることが、転職活動のスタートです!

時間をかけて良いので、自分なりの転職理由を明確にしておきましょう!

準備2:自己分析・スキルの棚卸しをする

転職理由が明確になったら、次に自己分析を行って、自分が持っているスキルの棚卸しを行いましょう!

すぐに気になる求人に応募したい気持ちも分かりますが、応募は自分のことをよく理解してからするべきです。

実際、面接では「どんな経験をしたきたか」「どんなスキルがあるか」「自分の強みは何か」などを話す必要があります。

しっかりと自己分析を行っておけば、自分のことをよく理解できるので、面接で上手く自分をアピールできるでしょう!

佐々木
自己分析に関しては、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を活用することをおすすめします!

グッドポイント診断とは、いくつかの質問に答えていくだけで、18種類の中から自分の強みが5つ分かる自己分析ツールです。

グッドポイント診断の診断結果

グッドポイント診断を使えば、自分の強みが分かるだけでなく、どんな仕事が向いているかも分かります。

無料で本格的な診断が行えるので、自己分析をやりたい人は、まずグッドポイント診断を使ってみましょう!

佐々木
グッドポイント診断や自己分析に関する情報を知りたい方は、次の記事をご覧ください!

佐々木
以上が、転職活動の準備段階でやるべきことです!
転職活動の準備
  1. 転職理由を明確にする
  2. 自己分析・スキルの棚卸しをする
佐々木
これら2つの準備をしっかり行っておけば、転職活動をスムーズに進められますよ!

手順2:転職サービスに登録する

佐々木

次に、実際に転職サービスに登録を行ってみましょう!

転職サービスへの登録は、次の手順で進めるべきです!

転職サービスへの登録
  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 気になる求人に応募する

それぞれの手順についてお伝えします!

登録1:転職サイトに登録する

転職サイトは、求人情報がたくさん掲載されている掲示板スタイルのサービスです。

転職者が自分の好きなタイミングで求人を探すことができ、24時間求人に応募することが可能です。

実際、新卒の就職活動でも同じようなサービスを活用する人がほとんどなので、使った経験がある人も多いでしょう。

会員登録後、プロフィールや職務経歴の情報を登録すれば、自動で応募先に情報が届くので、気軽に応募作業が進められます!

佐々木

転職サイトは、気軽に使えるのが一番のメリットです!

特に次の2つのサイトは、求人数も多いので、登録しておいて損はないですよ!

おすすめの転職サイト

登録2:転職エージェントに登録する

転職エージェントは、求人の紹介から応募書類の添削、面接対策など、キャリアコンサルタントのサポートが受けられるサービスです。

登録すれば、一人の転職者に対して、一人の担当者が付き、これまでの経験を活かして、転職活動全体をサポートしてもらえます。

実際、転職成功者の9割近くは転職エージェントを利用しているので、必ず登録すべきと言えるでしょう。

転職のプロがあなたに合わせたサポートを行ってくれるので、効率よく転職活動が進められますよ!

佐々木

転職サイトと転職エージェントの違いは、サポートの手厚さです!

どちらにも優良企業の求人があるので、両方登録すべきですが、迷ったらひとまず転職エージェントに登録すべきです!

具体的に、おすすめの転職エージェントは次の5社です!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

登録3:気になる求人に応募する

それぞれの転職サービスへの登録が終われば、実際に気になる求人に応募しましょう!

転職サイトで自分で求人を探したり、転職エージェントで求人を紹介してもらうなど、できるだけたくさんの求人を見ることが大切です。

また、転職エージェントのサポートに依存しすぎるのは危険です。

実際、転職エージェントもビジネスなので、希望よりも少し条件が悪くても、内定が出やすい企業ならおすすめしてくる場合もあります。

しっかりと自分で条件面を確認し、自分に合うかどうかを見極める必要がありますよ!

佐々木
面接時にも、自分に合うか見極められるため、まずは積極的に気になる求人に応募してみることをおすすめします!

佐々木

以上が、転職サービスへの登録段階の正しい手順です!

転職サービスへの登録
  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 気になる求人に応募する
佐々木

少しでも転職活動の効率を上げるために、転職サイトと転職エージェント両方に登録すべきですよ!

手順3:現職の退職準備

佐々木

実際に内定が出たら、現職の退職準備を進めましょう!

お世話になった会社に迷惑をかけないためにも、退職の手順を理解しておくべきです!

現職の退職準備の手順
  1. 退職交渉をする
  2. 退職届を提出する
  3. 業務の引き継ぎを行う

それぞれの手順についてお伝えします!

準備1:退職交渉をする

退職の意思が決まれば、なるべく早く「直属の上司」に退職を切り出して、退職交渉を行いましょう!

退職したい理由、退職を希望する月日をハッキリと自分の口で伝えることが大切です。

上司は、退職してほしくないことがほとんどなので、引き止めてくる場合もありますが、強気に退職交渉を進めるのが重要です!

実際、円満に退職するためにも、次の5つのことを意識しておくのが大切になってきます。

退職交渉で意識すべきこと
  1. 退職理由は個人的で前向きなものにする
  2. 直属の上司になるべく早くに報告する
  3. 相談ではなく、退職の報告というスタンスで
  4. 転職先の社名は言わない
  5. 後任者への引き継ぎの計画を伝える
佐々木

直属の上司といえど、退職の話をするのは緊張してしまうでしょう。

難航せずスムーズに交渉を進めるためにも、次の記事を読んで退職交渉について整理しておくべきです!

準備2:退職届を提出する

退職交渉を行い、退職日と転職先への入社日が決まれば、退職届を作成して提出します。

退職届は、会社に対する誠意を伝えるためにも、手書きで丁寧に作成しましょう。

渡すタイミングは、通常退職日の1ヶ月前までとされています。

退職届を渡すのは直属の上司になるので、間違えないように気をつけましょう!

佐々木

退職届に関しては、会社特有のルールがある場合もあるので、就業規則をあらかじめ確認しておくべきです!

基本的な退職届のルールの関しては、次の記事を読んでおけば間違いありませんよ!

準備3:業務の引き継ぎを行う

退職準備が進んでくれば、部下や後輩など、自分がやっていた業務を担当する人に、引き継ぎを行う必要があります。

業務の引き継ぎが順調に進めば、安心して退職ができるので、計画的に引き継ぎを行うべきです。

反対に、業務の引き継ぎが順調でなければ、会社側からあなたに対する印象が悪くなる可能性もあります…。

たとえ退職する会社でも、これまでお世話になったことは変わりないので、最後までしっかりとやるべき事を行ってから退職すべきですよ!

佐々木
転職先への入社日は決まっていると思うので、スムーズに退職するためにも、しっかり業務の引き継ぎは行いましょう!

佐々木
以上が、現職の退職準備でやるべき事です!
現職の退職準備の手順
  1. 退職交渉をする
  2. 退職届を提出する
  3. 業務の引き継ぎを行う
佐々木
退職準備がスムーズに行えないと、転職先に迷惑をかける可能性もあるので、計画的に行っていきましょう!

佐々木
以上が、転職活動の準備から退職までの流れです!
転職活動の手順
  1. 転職活動の準備
  2. 転職サービスに登録する
  3. 現職の退職準備

※タップすればそれぞれの手順へジャンプします

ゆり
こういった手順で、転職活動を進めれば良いんですね!
佐々木

そうですね!

これらの手順をあらかじめ理解しておけば、効率よく転職活動が進められますよ!

次の章では、年代別にノースキルで転職した人の事例を紹介します!

【年代別】ノースキルから転職した20代30代40代の事例

佐々木

ここから、ノースキルから転職した人の事例を紹介します!

年代別に紹介するので、自分と同じ年代の人の事例を参考にしてください!

ノースキルから転職した20代の事例

佐々木
まずは、ノースキルから転職した20代の事例です!
自分に合う転職先を見つけられた

スキルも知識もない私でも転職できたので、みなさん勇気を持ってほしいです!転職活動は簡単ではなかったものの、転職エージェントのサポートを受けながら活動を進めると、自分に合う転職先を見つけられました。介護の仕事に付けましたが、働きながら資格も取得できるので、将来的にも少し安心しました。

転職相談:26歳・女性

ノースキルから転職した30代の事例

佐々木
次に、ノースキルから転職した30代の事例です!

ノースキルから転職した40代の事例

佐々木
次に、ノースキルから転職した40代の事例を紹介します!
人生のラストチャンス

年齢的に厳しいと思っていましたが、ノースキルでも転職できましたよ!

人生のラストチャンスと思って、転職を決意しこの半年近く本気で動きました。サービス業への転職が決まりましたが、条件的にも悪くないので満足しています!

転職相談:41歳・男性

早く転職先が見つかった

本気になれば何歳になっても目標を叶えられることが分かりました!43歳の私を採用してくれる会社はないと思っていましたが、実際40代でも転職している人はたくさんいるようで、思っているよりも早く転職先が見つかりました。

不動産業界に入り、右も左も分からないので、難しいこともたくさんありますが、早く仕事に慣れらるように頑張りたいと思っています!

転職相談:43歳・女性


佐々木
以上が、年代別のノースキルで転職した人の事例です!
ゆり
たくさんの人が、ノースキルでも転職に成功しているんですね!
佐々木

そうなんです!

正しい方法で転職活動を行えば、人間力や工夫力が認められ、ノースキルでも転職できますよ!

次の章では、スキルがほしい人向けに職業訓練校に関する説明をしておきます!

転職前にスキルがほしい人は職業訓練校を活用すべき!

佐々木

最後に、転職前にスキルがほしい人向けに、職業訓練校に関する説明をしておきます!

スキルを手に入れたい人は、しっかり確認しておいてください!

今すぐ転職するのではなく、スキルを磨いてから転職したい人は、職業訓練校を活用することをおすすめします!

職業訓練校は、地元のハローワークが提供しているサービスで、今の会社を辞めてから利用する必要がありますが、無料で通えてあらゆるスキルや技術が学べるようになっています。

条件次第では、月に20万円近くの給付金を貰いながら、スキルや技術の勉強をできる場合もあるので、生活費に困る心配もないでしょう。

佐々木

さまざまなスキルや技術が学べる職業訓練校がありますが、具体的な例としては次のようなものが学べます!

学べるスキル・技術の例
  • 簿記・会計
  • プログラミング
  • 医療事務の知識
  • 国際ビジネスの知識
  • パソコンスキル
ゆり
さまざまなスキルや技術が学べる職業訓練校があるんですね!
佐々木

そうなんです!

職業訓練校が気になる方は、地元のハローワークに相談しに行ってみましょう!

転職したいけどスキルがない人はプロの力を頼るべき!

佐々木

今回は、転職したいけどスキルがないと悩んでいる方に向けて、

転職時のスキルの必要性や、ノースキルで転職した人の事例をお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 転職する時に必ずスキルが必要という訳ではない
  • 20代であればスキルがなくても未経験職種に転職できる
  • 多くの企業ではスキルよりも人間力が重視される
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談してみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!