転職エージェントおすすめランキング13選

転職活動の時期は何月がおすすめ?辞めるベストなタイミング&退職方法

転職活動の時期は何月がおすすめ?辞めるベストなタイミング&退職方法

この記事では、「転職活動を何月からするか悩んでいるという人に向けて、

『転職活動のベストなタイミング』や、『転職しやすいスケジュールの決め方』などをお伝えしていきます!

せっかく転職するのであれば、誰しもベストなタイミングで退職や入社をしたいのは当然のことです。

採用が厳しい時期に転職して後悔しないためにも、有利に転職できる時期について学んでいきましょう!

この記事を最後まで読めば、転職すべき時期が分かり、スムーズに転職活動に取り組めますよ!

この記事がおすすめな人
  • 何月に転職するのが良いか知りたい
  • 求人が増える月や時期を知りたい
  • 転職活動のスケジュール感を知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

転職活動でおすすめな時期があるって本当?ベストなタイミングを解説!

佐々木

それでは、転職活動を始めるおすすめの時期についてお伝えします!

結論からお伝えすると、転職活動で有利な時期は実際にあります!

具体的に、転職活動で有利な時期は2〜3月と8〜9月です!

理由としては、この時期は求人数が増加するためです。

2〜3月は新年度に控えて、新体制を再構築したり、現状の体制を強化する企業も多く、1年間の中でも比較的求人数が増える時期です。

また、8〜9月も同じように下半期に向けて体制を整える企業が多いので、優良企業の求人も多いと言われています。

ゆり
2〜3月と8〜9月がおすすめなんですね!
佐々木

そうなんです!

多くの優良企業が求人を出す時期でもあるので、この2つの時期は狙い目ですよ!

しかし、求人数が増えるというメリットの反面、転職希望者も増える時期であるため、ライバルが多く競争率が上がることも事実です。

そのため、転職しやすい時期ではありますが、転職を成功させるためにはしっかり準備を行うことも大切です!

しっかり準備して良かった!

去年の2月に転職しましたが、面接は集団面接でしたし多くの人が転職を目指している雰囲気はありました。

自分はなんとか転職に成功できましたが、安易に考えず、しっかり面接の準備や企業について調査していて良かったです。

複数の応募者の中から自分が採用されたという話も後から聞きましたし、転職したい人は後悔しないためにも、しっかり準備をすることをおすすめします!

転職相談:27歳・男性・年収400万円台

ゆり

なるほど!

たとえ転職しやすい時期でも、しっかり準備をしてから転職活動に臨むことが大切なんですね!

佐々木

はい!準備は大切です!

スピーディーに人材を補充したいと思って求人を出している企業も多いので、

しっかり準備をしておけば、転職活動がスムーズに進められるかもしれませんよ!

次の章では、転職活動の必要な期間と流れについてお伝えします!

転職活動に必要な期間&求人応募から入社までの流れ

佐々木

それでは、転職活動に必要な期間や応募から入社までの流れをお伝えします!

急いで動けば短期間での入社も可能ですが、まずは一般的な期間や流れを把握し、イメージを沸かせましょう!

転職活動にかかる期間は最低で3ヵ月

求人への応募から入社まで、転職活動全体にかかる期間は一般的に「最低でも3ヶ月」と言われています。

なかには、求人情報に「応募から採用決定まで2〜3週間程度の予定」などと書かれている場合もありますが、

実際は、1社だけでなく複数社の選考を受ける転職者がほとんどなので、結果的に3ヶ月程度はかかるでしょう。

人によっては、半年程度かかる場合や1年以上時間をかける人もいます。

佐々木
転職活動にかかる期間としては、順調に進んで3ヶ月程度と考えておくのが良いでしょう!

転職活動の期間が長引く要因

説明した通り、順調にいけば3ヶ月程度で転職活動は終わりますが、期間が長引く人も数多くいます。

転職活動の期間が長引く要因としては、次のようなことが考えられます。

転職活動が長引く要因
  • 1社の選考の結果が出てから、次の求人の応募している
  • 応募者が多く書類選考に時間がかかる求人に応募した
  • 現職が忙しく面接の日程を決めるのに時間がかかった
  • そもそも前職の引き継ぎ業務の時間が3ヶ月程度かかった
  • 上司に強く引き止められ、退職手続きに時間がかかった

このように、面接以前の応募や書類選考に時間がかかったり、現職の退職手続きに苦戦し、転職活動が長引くことはよくあります…。

自分一人で出来る応募や書類作成は、なるべく迅速に済ませ、

人が関わる面接や退職手続きに関しては、余裕を持って早め早めに行動することをおすすめします!

佐々木

あらかじめ情報を少しでも知っておけば、スムーズに手続きを進められる可能性は高くなります!

面接や退職手続きに関しては詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください!

事前に転職活動の流れを把握することが重要

転職活動をスタートさせる前に、大まかな流れとそれぞれに想定される期間を把握しておくことも大切です。

一般的な流れや期間に関しては、次のようになっています。

転職活動の流れや期間
  1. 転職活動スタート期
    (転職準備や応募書類の作成)
    1〜3週間
  2. 情報収集・応募先の検討期
    (転職サイトへの登録や求人情報の収集)
    3〜4週間
  3. 応募・面接期
    (求人への応募や企業との面接)
    4〜5週間
  4. 退社・入社準備期
    (現職の退社手続きや転職先への入社手続き)
    4〜5週間

こういった流れで転職活動は進んでいきますが、あくまでも順調に進んだ場合の期間を書いています。

実際、選考に落ちると転職活動スタート期から応募・面接期までの間を1からやり直しになるので、この期間よりも長引くことは多々あります。

佐々木

少しでも効率よく転職活動を進めるために、複数社の選考を併用して進めることが大切なので、

特に情報収集・応募先の検討期は、しっかり時間をかけることが重要になってきます!

ゆり
転職活動は、順調に進んで3ヶ月程度かかると考えておくのが良いんですね!
佐々木

そうですね!

3ヶ月で転職活動を終わらせたいなら、効率よく進めていけるかどうかが重要になってきます。

最低限でも、転職活動の期間や入社までの流れを把握しておけば、スムーズに転職できる可能性は高まりますよ!

次の章では、転職時期を決めるポイントとスケジュールの決め方をお伝えします!

転職時期を決めるポイント&転職しやすいスケジュールの決め方

佐々木

それでは、転職時期を決めるポイントとスケジュールの決め方をお伝えします!

転職の失敗を防ぐためには、次の3つの時期を定めることが重要です!

転職時期を決めるポイント
  1. 転職先に入社したい時期を決める
  2. 現職を退職できる時期を確認する
  3. 入社時期から逆算し転職活動の準備期間を決める

それぞれ詳しくお伝えします!

ポイント1:転職先に入社したい時期を決める

まずは、転職先で仕事を始めたい時期を決めるのが大切です。

「4月から働きたい」といったように明確でなくても良いので、「大体このくらいから」という目安を決めましょう。

先に入社したい時期を決める理由は、転職活動が長期化するのを防ぐためです。

どうしても目安の期間がないと、いつの間にか半年、1年と過ぎ、最悪の場合は転職を諦める可能性も出てきます。

佐々木
入社したい時期を決め、それに向けての準備を進めていくのが、転職のスケジュールを立てる基本となります!

ポイント2:現職を退職できる時期を確認する

転職先への入社時期の目安を決めたら、次は現職の退職可能な時期を確認します。

具体的な方法としては、直属の上司に退職の旨を切り出し、話し合った上で退職日を決めることになります。

法令上は退職日の2週間前に申し出ることで雇用契約を解除できるようになっていますが、

円満退社するためにも、余裕を持って最低1ヶ月前には退職の旨を伝えることをおすすめします。

退職手続きの一般的な流れは、次のような形になっています。

退職手続きの流れ
  1. 転職先から内定の連絡を受ける
  2. 現職の上司に退職の意思を伝える
  3. 退職日を決めて、退職願を提出する
  4. 入社可能日を決め、転職先に連絡する
  5. 退職日までの期間で業務の引き継ぎを行う

こういった流れで進むので、基本的に正式な入社日を決定できるのは、退職日が確定してからです。

佐々木

実際、転職活動を始めて早く内定を貰えても、すぐに働けるのではなく、

退職の旨を伝えてから引き継ぎを行うので、1ヶ月程度は入社時期が遅れるケースが多くなっています。

退職日を上手に決めるためにも、次の記事で退職交渉について理解を深めておきましょう!

ポイント3:入社時期から逆算し転職活動の準備期間を決める

入社時期の目安と退職日の確認ができれば、そこから逆算して転職活動の準備期間を決めます。

準備期間は、求人に応募する前の段階で、転職サイトを使っての情報収集や企業研究をする期間を指します。

転職活動の準備期間としては、最低でも2週間は確保しておくべきと言われています。

ここまで説明した形で、転職活動のスケジュールを組んでみると、一例として次のようなイメージになります!

スケジュールの一例
  1. 転職準備期間:2週間
  2. 転職活動:3ヶ月
  3. 退職までの期間:1ヶ月

転職先への入社時期から逆算すれば、いつから動き始めるべきかが見えてきます!

佐々木

しっかりスケジュールを組んでおけば、予定より進んでいるのか遅れているのか、進捗を確認しやすくなりますよ!

転職活動の準備に関しては、こちらの記事もあわせてご覧ください!


佐々木
以上が、転職時期を決めるポイントとスケジュールの決め方です!
転職時期を決めるポイント
  1. 転職先に入社したい時期を決める
  2. 現職を退職できる時期を確認する
  3. 入社時期から逆算し転職活動の準備期間を決める
ゆり
まず入社したい時期を自分で決めて、退職できる時期を上司に確認する必要があるんですね!
佐々木

そうですね!

入社日や退職日の目安が分かれば、それに合わせてスケジュールを組んでいけるので、

なるべく早めに確認することをおすすめします!

次の章では、年齢別に転職のおすすめの時期と必要なスキルについてお伝えします!

【年齢別】転職活動を始めるおすすめタイミングと必要なスキル

佐々木

それでは、各年齢ごとに転職活動のおすすめのタイミングと必要なスキルをお伝えします!

年齢ごとにポイントが変わってくるので、自分の年齢の項目をよく確認しておきましょう!

ここでは、次の年齢に分けてお伝えします!

それぞれ詳しくお伝えします!

1.20代前半・第二新卒での転職

20代前半や社会人経験3年未満の第二新卒の転職では、それほど専門的なスキルは要求されないでしょう。

しかしながら、入社して間もない時期に転職すると、「我慢強さに欠けるかも」「長続きしないタイプ」など、マイナスイメージを持たれる可能性があります。

もちろん転職先によって受け取り方は変わってきますが、最低でも1年は同じ会社で働いてから転職する方が良いかもしれません。

佐々木
1年働けば、ひとまずはマイナスイメージを持たれずに転職先を見つけられるでしょう!

20代前半の転職に関する情報は、次の記事でもまとめているので参考にしてください!

2.20代後半での転職

ある程度社会人経験を積んだ20代後半になると…

「自分に向いている仕事が見つかった」「新しいことにチャレンジしたい」など、様々な気づきが出てきます。

実際、25〜29歳で転職する人は非常に多くなっています。

ただ、自分の市場価値を高め、確実に転職に成功したいのであれば、現職で何か1つ実績を出してから転職することをおすすめします!

現職での実績は、入社後の活躍を期待させる大きなポイントになるので、実績を残せば、強いアピールになりますよ。

佐々木
20代後半であれば、未経験の職種にも転職できるので、

まだまだ専門的なスキルよりも人柄が重視されるケースが多いですよ!

20代後半での転職に関する情報は、次の記事でも紹介しているのであわせてご覧ください!

3.30代前半での転職

30代前半で転職すべきか迷っている人は、できるだけ早く動き始めることをおすすめします!

理由としては、30代になると中堅扱いになってくるので、年齢が上がれば上がるほど、求められるスキルが高くなるためです。

具体的には、30代の転職では「マネジメント経験」「役職に就いているか」などを確認されます。

すでに管理職に就いている人は焦る必要はありませんが、役職に就いていない人は、できるだけ早くキャリアアップできる職場を探した方が良いでしょう。

佐々木

30代前半であれば、まだまだチャンスはたくさんあります!

迷っているなら、なるべく早めに動き出しましょう!

30代前半での転職に関する情報は、次の記事でもまとめているのでご覧ください!

4.30代後半での転職

30代後半で転職する場合も、マネジメント経験がない人や役職に就いていない人は、できる限り早めに転職すべきです!

企業側としても、年齢が上がるほど年収を高く提示するケースが増え、その年収に見合うスキルを持っているかどうか、選考の目が厳しくなります。

もちろん、「現職で部長職に就いている」「30人のチームをマネジメントした経験がある」といった方は、年齢を問わず内定を勝ち取れる可能性があるでしょう。

佐々木
30代後半になれば、高いスキルが求められるので、現職での経験を活かせる転職先を探すことをおすすめします!

30代後半での転職に関する情報は、次の記事でもまとめているので参考にしてください!

5.40代以降での転職

40代以降の転職は、管理職から管理職への転職が中心になってきます。

転職サイトで求人を探しても、応募できる求人の数は30代までと比べてガクっと減るでしょう。

もちろん、業界や職種によって求められるスキルは異なりますが、どの転職先でもマネジメント経験は必須になってきます。

なかなか内定がもらえず、転職活動が長引く可能性もあるので、なるべく早く動き始めることをおすすめします!

佐々木

40代以降になれば、いかに効率よく転職先を見つけられるかも重要になってきます!

転職活動が長引くのを防ぐためにも、まずは転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

40代以降での転職に関する情報は、次の記事でも紹介しているのでご覧ください!


佐々木
以上が、年代別のおすすめのタイミングと必要なスキルです!
ゆり
年齢によっておすすめのタイミングと必要なスキルが異なるんですね!
佐々木

そうなんです!

転職を成功させるためにも、おすすめのタイミングと必要なスキルはしっかり把握しておくべきですよ!

次の章では、ライフプラン別の転職のベストな時期をお伝えします!

【ライフプラン別】今がチャンス?転職活動のベストな時期

佐々木

ここから、ライフプラン別に転職活動のベストな時期をお伝えします!

仕事のことだけでなく、自分の人生の大きな転機が近づいている人は参考にしてください!

ここでは、次のライフプラン別に説明していきます。

ライフプラン別ベストな転職時期
  1. 自宅を購入するなら転職前がおすすめ
  2. 結婚を考えている時の男女別ベストな転職時期
  3. 出産が近づいている時期の転職のタイミング
  4. ボーナスで損をしない転職のタイミング

それぞれ詳しくお伝えします!

1.自宅を購入するなら転職前がおすすめ

家を購入する際は、ほとんどの人が住宅ローンを組むでしょう。

住宅ローンの審査に通過するためには、最低でも1〜2年以上勤続していることが条件になるケースが多いので、

転職直後や失業中に、家を購入することは難しくなります。

そのため、家や土地の購入を考えているなら、現職を続けている間にローンを組み、その後転職活動を始めることをおすすめします!

住宅ローンを組んでから転職しても、返済さえきちんと行えれば問題はありません。

佐々木

ただし、転職先が見つかるまでに時間がかかる場合もあるので、

滞納せずに返済できるように、余裕を持って転職活動をすることをおすすめします!

2.結婚を考えている時の男女別ベストな転職時期

結婚を考えている場合のおすすめの転職時期は、男女によって異なります。

具体的には、女性は結婚する1年前、男性は住宅ローンを組んでからがおすすめです!

女性の場合、結婚後に転職活動をすると「すぐに産休や育休に入るかも」と懸念される可能性があります。

また、結婚を機に新居に住む人も多いので、男性は先ほど説明した通り、住宅ローンを組んでからの転職が良いでしょう。

佐々木

結婚するとなれば、両親への挨拶や結婚式など、様々な行事ごとについても考える必要があります。

バタバタした中で転職先を決めないためにも、余裕を持っておくことをおすすめします!

3.出産が近づいている時期の転職のタイミング

転職直後でも、出産のための休暇を取ることは可能です。

しかし、育児休暇になれば話は別です。

育児休暇は、男女どちらでも取得できる制度ですが、次のような条件を満たす必要があります。

育児休暇を取得するための条件
  • 同じ事業所で1年以上継続して雇用されている
  • 子が1歳6ヶ月に達するまで労働契約の継続が見込まれている

※労使協定が規定である企業の場合

このような条件から、1年以上在職していて、育休後も同じ職場で働くことが前提であるので、転職後するに育児休暇を取得することはできません。

女性の場合、「産休だけを取ってすぐに仕事復帰する」と考える人もいますが、産後の状態は予測できないので厳しいでしょう。

佐々木

実際、子育てをしながら転職活動するのはなかなか大変です。

早めに転職して1年以上勤続し、仕事の基盤を作ってから出産を迎える方がスムーズと言えるでしょう。

4.ボーナスで損をしない転職のタイミング

せっかく転職するなら、現職でも転職先でも出来るだけ多くのボーナスを貰いたいのは当然のことです。

実際、ボーナスを出来るだけ多く貰うには、まず現職のボーナス規定を確認する必要があります。

一般的には、6月と12月の年2回ボーナスが出る企業が多くなっており、この場合ボーナス支給前の半年間が賞与算定期間になります。

年2回ボーナスが出る場合、損をしない理想的な転職スケジュールは次のようになります。

損しない転職スケジュール
  1. 6月(または12月)にボーナスが支給されてから退職届を出す
  2. 業務の引き継ぎを行う
  3. 7月(または1月)に退職する
  4. 8月(または2月)に転職先に入社する
  5. 12月(または6月)に転職先でボーナスを貰う
佐々木
ボーナスの支給時期や算定期間は会社によって異なるので、まずは現職のボーナス規定を確認しましょう。

佐々木
以上が、ライフプラン別のベストな転職時期です!
ライフプラン別ベストな転職時期
  1. 自宅を購入するなら転職前がおすすめ
  2. 結婚を考えている時の男女別ベストな転職時期
  3. 出産が近づいている時期の転職のタイミング
  4. ボーナスで損をしない転職のタイミング
ゆり
住宅ローンを組むなら転職前、結婚を考えているなら女性は結婚する1年前に転職すべきなんですね!
佐々木

そうですね!

一人ひとりの置かれている状況によっても異なりますが、基本的にはお伝えした時期を参考にしてください!

次の章では、転職活動を始めるべきではない時期についてお伝えします!

現職の状況次第では転職活動を始めるべきではない時期もある!

佐々木

それでは、転職活動を始めるべきではない時期についてお伝えします!

現職の状況次第では、転職すべきではない場合もあるので、よく確認しておきましょう!

具体的に次の時期に当てはまる人は、転職すべきではないでしょう。

転職すべきではない時期
  1. 現職で昇進しそうな時期
  2. 資格取得を考えている時期
  3. 現職の勤続年数がまだ短い時期
  4. 勤続年数が10年または20年を超える時期

それぞれ詳しくお伝えします!

1.現職で昇進しそうな時期

現職でもうすぐ昇進出来そうだったり、役職に就ける可能性がある場合は、あまり転職をおすすめしません。

理由としては、昇進してから転職した方が有利になるからです。

もちろん、昇進してすぐに転職するのもNGです。

昇進後、少なくとも1〜2年働き、実績を上げてから転職すればより高い評価を得られるでしょう。

佐々木

もちろん1〜2年も待てないという人は、昇進前に転職するのもありです。

ただ、昇進後よりも条件的に不利になることを頭に入れておきましょう。

2.資格取得を考えている時期

より高い収入を得たり、難しい仕事を任せてもらうために、資格取得を目指す人はたくさんいます。

転職か資格取得が先か悩んでいるのであれば、先に資格取得を目指すべきです!

資格はスキルを表す分かりやすい指標なので、資格を取得すれば、転職先からの評価も高まります。

実際、資格を持っているだけで採用される場合もあるので、転職活動前に資格取得を目指すべきです。

佐々木

また、資格取得のために現職を退職する人もいますが、これはあまりおすすめしません。

退職すればその期間はブランク期間になるので、転職先からの評価が下がる要因になってしまいます。

3.現職の勤続年数がまだ短い時期

勤続年数が短いにもかかわらず、転職活動をしている人に対して、採用担当者は「またすぐ辞めるのでは」と不信感を抱きがちです。

1度ならまだしも、特に2度3度と転職を繰り返している人は、どんどん評価が下がってくるので気をつけましょう。

在職期間が短くても転職は可能ですが、応募書類や面接で誰もが納得できる退職理由を用意する必要があります。

佐々木
転職活動が厳しくなる可能性もあるので、ひとまず現職を続けながら転職先を探すか、

現職で1〜2年働いて実績を作ることをおすすめします!

4.勤続年数が10年または20年を超える時期

勤続年数が10年や20年と長い人は、転職活動そのものと直接関係ないですが、失業給付のタイミングも考えるべきです。

失業手当の給付日数は、在職期間によって次のように変わってきます。

被保険者期間失業手当の給付日数
1年未満支給されない
1年以上10年未満90日
10年以上20年未満120日
20年以上150日

このように、在職期間が10年または20年を超えるかどうかで、給付日数が30日も変わってきます。

佐々木
あと少しで被保険者期間が10年または20年になる場合は、それを待ってから退職した方が、

金銭面的に余裕を持って転職活動が行える可能性があります。


佐々木
以上が、転職活動を始めるべきではない時期です!
転職すべきではない時期
  1. 現職で昇進しそうな時期
  2. 資格取得を考えている時期
  3. 現職の勤続年数がまだ短い時期
  4. 勤続年数が10年または20年を超える時期
ゆり

昇進してから転職したり、資格取得してから転職するなど、

場合によっては、転職活動を始めるのを待つべき時期があるんですね!

佐々木

そうなんです!

もちろん、どのタイミングでも転職活動を開始することは可能ですが、

有利・不利の面を考えると、お伝えした時期を参考にすべきです!

次の章では、ベストな時期に転職するために相談すべき転職エージェントについてお伝えします!

ベストな時期で転職を始めるなら、転職のプロに相談するべき

佐々木

それでは、ベストな時期に転職するために相談すべき転職エージェントについてお伝えします!

まずは転職エージェントのサポートについて確認しておきましょう!

転職エージェントのサポートについて

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。

具体的には、次の6点をサポートしてくれます。

エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、ベストな時期に転職するためには、

転職エージェントを活用するのがおすすめなんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木

それでは具体的に、おすすめの転職エージェントを紹介します!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次の章では、実際に転職した人の体験談を紹介します!

【転職活動の時期別】転職成功者・失敗者の体験談

佐々木

それでは、転職活動の時期別で転職者の体験談を紹介します!

時期別に分けて紹介するので、参考にしてください!

2〜3月・8〜9月のおすすめの時期に転職した人の体験談

佐々木
まずは、おすすめの時期に転職した人の体験談です!
それほど苦労しなかった

転職時期:2月

転職に成功しました。私は12月ごろから動き始め、1月半ばに内定をもらい2月から新しい職場で働くことになりました。

割と求人も多い時期だったのか、それほど転職先探しには苦労しなかった印象です。余裕があったので、面接対策や書類作成に時間を費やせたのも、早く転職先が見つけられた要因かもしれません。

転職相談:28歳・女性・年収400万円台

ゆり
おすすめの時期に転職先を見つけている人がたくさんいるんですね!
佐々木

そうなんです!

2〜3月と8〜9月は求人が多いので自分に合う仕事も見つけやすく、転職の成功率が高い時期になってますよ!

おすすめの時期以外に転職した人の体験談

佐々木
反対に、おすすめの時期以外に転職した人の体験談を見ていきましょう。
求人が少なかった...

転職時期:11月

時期が悪かったので転職先の候補が少なく、あまり良い転職ができたとは言えません…。

具体的に転職活動をしたのは11月からです。求人を検索したのですが自分の狙っている業界の企業は少なく、5つの転職サイトに登録しようやく応募しようと思った感じです。なんとか転職先は見つかったのですが、今になってもう一度転職サイトを見ると、良い求人がたくさんありました…。

とりあえず少し働いて厳しいと思ったら、また転職しようかと思っています。

転職相談:26歳・男性・年収300万円台

ゆり

転職に失敗して後悔するのは避けたいですね…。

時期も考えて慎重に取り組まないと…!

佐々木

そうですよね…。

失敗しないためにも、勢いで転職する時期を決めたりすることは危険です!

慎重に転職活動を進めるためには、「転職エージェント」に相談してみるのも一つの手段ですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/

人気の優良求人は早い者勝ち!

ベストな時期に転職活動を始めて、転職を成功させよう!

佐々木

今回は、転職活動の時期についてお伝えしてきました!

まとめると次の通りになります。

まとめ
  • 転職活動は、2〜3月と8〜9月が求人が多くおすすめの時期
  • 転職活動にかかる期間は、最低でも3ヶ月は想定しておくべき
  • ベストな時期に転職したいなら、転職エージェントに相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いんですね!

佐々木

はい!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  3. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「doda」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!