転職エージェントおすすめランキング13選

社会人3年目の転職は有利?仕事辞めたい理由&男性・女性の体験談

社会人3年目の転職は有利?仕事辞めたい理由&男性・女性の体験談

この記事では、「社会人3年目の転職って有利なの…?」という人に向けて、

『転職したくなる理由』や、『転職を成功させる方法』などをお伝えしていきます!

入社3年目というタイミングで、転職することが本当に自分にとって有利なのか、悩んでいる人も多いでしょう。

しかし、3年目の転職市場を知っておけば、十分優良企業に転職できます!

この記事を最後まで読めば、今後どのように行動するべきかが分かり、自信を持って転職活動に取り組めますよ!

この記事がおすすめな人
  • 社会人3年目で転職したいと思っている
  • 入社3年目で今後のキャリアについて悩んでいる
  • 3年目で転職するのは有利なのか知りたい

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

入社3年目で転職したい…3年以内で辞める人の現状

佐々木
それでは早速、3年以内で会社を辞める人の現状についてお伝えしていきます!

社会人は「とりあえず3年」と言われることが多いですが、実際は3年目で転職する人は多いんです!

なぜなら、3年目を一つの区切りとして考えている人が多いので、ここまで退職を我慢してきた人をはじめ、様々な理由で転職する人が多いからです。

実際に、厚生労働省の調査によると「新卒社員の約30%が3年以内に会社を辞めている」と言われています。

また、OpenWorkに寄せられた「新卒入社で3年以内に退職した平成生まれの若手社会人」の口コミからは、次のような退職理由が集まっています。

社会人3年目_退職理由

引用:OpenWork(旧Vorkers) ※タップすると大きくなります

このアンケートからも分かるように、入社3年以内に転職した人は様々な理由で転職を考えています。

特に3年目は、周りが転職し始める時期でもあるため、ここまでがむしゃらに働いてきた人も不安を覚え、転職を考え始めることも多いのです。

佐々木

このように社会人3年目の転職は普通なので…

まずは本当に自分が転職すべきかを考えることをおすすめします!

次に、社会人3年目で転職してくなる理由について紹介します。

社会人3年目で転職したくなる5つの理由

佐々木
ここでは、社会人3年目で転職したくなる理由について紹介します!

お伝えする5つの理由と合わせて、自分がなぜ転職したいと思っているのかを明確にしましょう!

転職したくなる理由
  1. キャリアアップが望めない
  2. 人間関係など今の環境が辛い
  3. 残業など業務量が多い
  4. 仕事の楽しさが分からない
  5. 未経験分野にチャレンジしたい

それでは一つずつ見ていきましょう!

理由1|キャリアアップが望めない

キャリアアップを視野に入れている人は、3年働くことでキャリアアップの望みがないと気付き、転職を考え始めます。

なぜなら、入社して1.2年は初めての業務が多いこともあり、未来への希望を原動力にしていますが、

3年目になると会社の状況や上司の働き方、仕事の全貌が見えてくるため、自分の理想と比較しやすくなるからです。

具体的には、「昇給が遅い」「若手が活躍できる機会がない」「理想とする上司がいない」などの理由が挙げられます。

また、「自分が望むスキルが身に付かない」「部分的作業が多くて将来が不安」という理由で転職活動を始める人もいます。

佐々木
自分の希望に近づける見込みが無い場合、3年目というタイミングを機に転職を視野に入れる人は多いです。

理由2|人間関係など今の環境が辛い

人間関係や環境の悪さは、1.2年目は理由を付けて耐えることが出来ても、3年目になると我慢の限界を迎えて転職に踏み切る人が多いです。

また、「とりあえず3年」という言葉から、3年は続けようと頑張っている人が多いのも事実です。

3年目は一つの節目になるので、このタイミングで転職しようと決めて、今の環境に耐えている人もいるでしょう。

一部の環境だけに問題があるなら、必要以上に関わらないように心がけ、異動なども視野に入れてみまてください!

佐々木
会社の社風が合わなかったり、慢性的な人間関係の悪さがある場合は、

早めに転職することをオススメします!

理由3|残業など業務量が多い

残業時間や業務量は働いているうちに多くなっていき、3年目になると自社の残業状況や他社の状況も分かってくるため…

不満を抱いて転職する人が多いです。

入社当初は会社の方針に納得していても、働いているうちに自分の労働条件に疑問を抱くこともあるでしょう。

会社全体の労働条件に不満があるならば転職を考えたほうが良いですが、

自分を含む一部の人だけ不利な待遇を受けている場合は、まず上司や人事部に相談してみましょう。

佐々木
相談するときは、あくまでも仕事を続けたいという姿勢で話をすることをおすすめします!

理由4|仕事の楽しさが分からない

何となく入社した人や、入社前後で仕事に対してギャップがあった人などは、

「どんな工夫をしても仕事の楽しさがわからない…」と転職を決める傾向があります。

入社1.2年目は新しい仕事に追われ、仕事の楽しさを考える余裕が無かった人が多いでしょう。

しかし3年目になると、仕事に慣れてきて振り返る余裕が生まれるので、

「何のために仕事をしてるんだろう?」「やっぱり楽しさが分からない」と感じる人は少なくありません。

今後仕事を楽しめるビジョンが見えない場合は、自分のためにも入社3年目のタイミングで転職を考えるのが良いでしょう!

転職活動を今すぐ始めたい人はこちら

理由5|未経験分野にチャレンジしたい

入社後3年間働いた結果、別の業種にチャレンジしたいと転職する人も多いです。

なぜなら、社会人として3年間働くことで自分の実力や適性が分かる上に、今後のキャリアについても深く考え始めるからです。

実際、「今の仕事が自分に合っていない気がする」「今の仕事はある程度やり切ったから次のステップへ行きたい」と転職する人は多いです。

佐々木
未経験転職で成功出来るかはやる気と適性次第ですが…

今後のキャリアを考えての転職であればチャレンジすることをおすすめします!


佐々木
ここまで、社会人3年目で転職したくなる理由について紹介しました。

まとめると次の通りです!

転職したくなる理由
  1. キャリアアップが望めない
  2. 人間関係など今の環境が辛い
  3. 残業など業務量が多い
  4. 仕事の楽しさが分からない
  5. 未経験分野にチャレンジしたい
ゆり
社会人3年目で転職する人は、様々な理由があるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

3年目が一区切りと考えている人が多いため、ここまで耐えようと仕事を続けている人も多いです。

無理をして仕事を続けるのは、自分のためにも会社のためにもよくないことですよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

次は、3年目の転職がチャンスと言える理由について紹介します!

3年目は転職のチャンス!有利になる4つの理由

佐々木
実は、3年目は転職のチャンスと言われることが多いんです!

お伝えする4つの理由を把握することで、自分の望むキャリアを歩みやすくなりますよ!

3年目の転職が有利になる理由
  1. 第二新卒として転職が可能
  2. スキルや経験を武器に中途採用での転職も可能
  3. 継続力を評価してもらえる
  4. 未経験職種にも挑戦しやすい

1つずつ説明していきます!

理由1|第二新卒として転職が可能

入社3年目での転職では、第二新卒としての転職が可能です!

一般的に入社3年目までが第二新卒と呼ばれており、企業としても第二新卒は魅力的なので積極的に採用している会社も多いです。

なぜなら、新入社員と比べて社会人としての基礎出来ている上に、やる気やバイタリティが高く、会社にも馴染みやすいからです。

実際、マイナビジョブ20’sが行った調査からも、企業の4割が積極的に第二新卒の採用を行っていることが分かります。

佐々木
企業側の採用意欲が高いことからも、

第二新卒として転職可能な3年目は転職成功のチャンスが多いと言えるので…

非常に転職しやすいんです!

理由2|スキルや経験を武器に中途採用での転職も可能

スキルアップ、キャリアアップを目指している人は、3年間で培ったスキルや経験を武器に、中途採用として転職することも可能です!

なぜなら、社会人3年目はポテンシャルがあり、3年間で出した成果を上手くアピール出来れば評価が上がりやすいからです。

入社から今までで、どれだけ主体的に動いて成果を出してきたかどんな考えで行動してきたかが3年の行動に良く表れているはずです。

成果を評価されれば、キャリアアップのための大きな一歩を踏み出せるでしょう!

佐々木

新卒・第二新卒の採用では学歴や職歴が重視されがちですが、

3年で大きな成果を出していれば、学歴や職歴に自信が無くても逆転するチャンスがありますよ!

理由3|継続力を評価してもらえる

入社3年目での転職は、1.2年目に転職した人に比べて継続力を評価してもらいやすいです!

なぜなら、入社1.2年目で転職した人に「またすぐに辞めてしまうのでは?」といった不安感を覚える採用担当者が多いからです。

入社1.2年目では仕事の一部分しか知らない場合も多いので、転職に対して根性がない・自分勝手といった印象を持たれることもあります。

しかし3年働くと、幅広く仕事を行っていたり全体像が見えた上での転職になるので、不安感は緩和されます!

佐々木
伝え方次第では、厳しい環境でも3年耐えたという良い評価に繋がる場合もありますよ!

理由4|未経験職種にも挑戦しやすい

3年目の転職で最もメリットと言えるのは、第二新卒として未経験分野にチャレンジ出来ることです!

第二新卒は一般的に入社3年目までを指すので、4年目以降だと中途採用となり第二新卒よりも採用のハードルが上がります

4年目以降でも未経験者の採用はありますが、どうしても経験者が有利になる上に、給与をはじめとした待遇が落ちる可能性があります。

一方、第二新卒の中で3年目は有利になりやすく、待遇が大きく下がる心配もありません!

第二新卒の採用は、もとから未経験者を前提としている会社も多いため、ポテンシャルが重視されます!

佐々木

このような背景もあり、未経験の業界や職種に転職できる可能性が高いので…

3年目は転職のチャンスと言われているんです!


佐々木
ここまで、入社3年目が転職に有利と言われる理由についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

有利になる理由
  1. 第二新卒として転職が可能
  2. スキルや経験を武器に中途採用での転職も可能
  3. 継続力を評価してもらえる
  4. 未経験職種にも挑戦しやすい
ゆり
入社3年目は、幅広く転職が出来るチャンスがあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

3年目は、第二新卒や未経験転職として一から始めることも、

中途採用でキャリアアップすることも出来るので、自分の理想のキャリアに沿って転職可能です!

次に、3年目で転職する前に考えるべきことについてお伝えします!

3年目で転職する前に考えるべき2つのこと

佐々木
3年目の転職前には、2つのことを把握しておく必要があります!

これからお伝えする「3年目で転職するデメリット」と「転職をオススメしないケース」を頭に入れると、

本当に転職すべきか判断しやすくなりますよ!

それでは1つ目から説明していきます!

3年目で転職するデメリット

佐々木
考えるべきことの1つ目は、3年目で転職するデメリットについてです。

先ほど3年目は転職のチャンスとお伝えしましたが、もちろんデメリットもあるので頭に入れておきましょう。

3年目で転職するデメリットは、次の3点です!

3年目で転職するデメリット
  1. 社会人の基礎が身に付いていることが前提
  2. 自分の好きな仕事に就ける可能性は低い
  3. 年収が下がる可能性がある

1つずつ詳しく説明していきます!

デメリット1|社会人の基礎が身に付いていることが前提

3年目での転職は、基本的なビジネスマナーや仕事の進め方は身に付いていることが前提になっています。

そのため、第二新卒採用でも最低限の研修のみ行い、基礎知識は自分で身に付けてもらう方針の会社が多いです。

基本的なマナーが分からないと、転職後に苦労する可能性があるので、事前に復習するなど知識を身に付けておきましょう!

また、基本的な知識が無いことが原因で業務に支障が出る場合は、人事評価に影響する可能性もあるので注意しましょう。

佐々木
基本が身に付いていないと感じる場合は、社内の人に相談したり外部のアドバイザーを頼るなど、

自分なりに対策をして身に付けていくことをオススメします!

デメリット2|自分の好きな仕事に就ける可能性は低い

第二新卒として転職した場合は、すぐに自分の好きな仕事に就ける可能性は低いです。

なぜなら、第二新卒はほぼ新卒として扱われることが多く、基礎的な業務から行うことになる可能性が高いからです。

特に未経験業種へ転職した場合は、自分の好きな仕事を行うまでに時間を要することが多いです。

そのため、自分の裁量で仕事を行ってきた環境から新卒に戻ったような環境に戸惑い、転職自体を後悔してしまう人もいます…。

佐々木

自分の好きな仕事を行うまでには、必要なキャリアを積む必要があるので、

安易に転職すれば好きな仕事が出来ると考えないように注意しましょう!

デメリット3|年収が下がる可能性がある

転職前の会社で昇給していた場合、転職後に年収が下がる可能性があります。

なぜなら、転職前は3年間の成長を評価されていますが、転職後は新卒とほぼ同じ扱いになるからです。

特に未経験分野へ転職した場合は、年収が下がることを視野に入れておきましょう。

一方、同業種への転職で知識やスキルが評価された場合は、少額ですが年収アップの可能性もあります!

佐々木
3年目はスキルが評価されることは少ないので、

年収アップを目指すなら4年目以降の転職をオススメします。


以上が、3年目の転職のデメリットです。

まとめると次の通りです!

3年目で転職するデメリット
  1. 社会人の基礎が身に付いていることが前提
  2. 自分の好きな仕事に就ける可能性は低い
  3. 年収が下がる可能性がある
ゆり
このようなことがデメリットになるんですね…!
佐々木
そうなんです!

これらのことを踏まえたうえで、自分が今転職すべきかを考えてみてくださいね!

次に、転職をおすすめしないケースについて紹介します!

転職をおすすめしないケース

佐々木
デメリットの次は、転職をおすすめしないケースについてお伝えします。

3年目は転職のチャンスではありますが、やみくもに転職するのはオススメしません!

なぜなら、転職することで状況が悪化したり転職癖がつく可能性があるからです!

転職を考え始めたら、まずは「何のために転職するのか」を明確にしましょう。

明確な理由がある人は転職をオススメしますが、なんとなく転職したいという場合は次の2点について考えてみてください。

転職前に考えるべきこと
  1. 部署異動で不満は解消されないか
  2. 自分の理想の働き方や生活はどのようなものか

それぞれ見ていきましょう!

考えるべきこと1|部署異動で不満は解消されないか

今の仕事内容や部署の環境に不満がある場合は、まず部署異動が出来ないか頼んでみましょう。

なぜなら、昇給や退職金、今後のキャリアのことを考えると、1つの会社に長く所属した方がメリットが大きいからです。

部署を変えることで、今までの不満や悩みが解決できるケースがありますよ!

佐々木

部署異動をお願いする場合は、「辞めたい」ということは言わずに前向きな理由を伝えましょう!

異動が出来ない場合は、転職を考えることをオススメします!

考えるべきこと2|自分の理想の働き方や生活はどのようなものか

自分の理想の働き方や生活が明確になっていない場合は、転職をオススメしません!

なぜなら、なんとなくで転職してしまうことは、転職の失敗に繋がる可能性が高いからです。

目的無く転職活動を始めてしまうと、面接で苦労するだけでなく会社選びでも失敗してしまい、転職後に後悔することも…。

転職活動では退職理由は必ず聞かれますし、転職回数を重ねてしまうとその後のキャリアに影響が出るので気を付けましょう。

転職後に後悔しないためにも、まずは今の不満点や理想の働き方を洗い出すとともに、自己分析を行うことが大切です!

佐々木

自分で行うことが難しい場合は、転職エージェントを利用してアドバイザーとともに、

今後のキャリアについて整理するのもおすすめです!


佐々木
ここまで、3年目での転職をおすすめしないケースをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職前に考えるべきこと
  1. 部署異動で不満は解消されないか
  2. 自分の理想の働き方や生活はどのようなものか
ゆり
ありがとうございます!

3年目だから転職に有利というわけでは無いんですね…!

よく考えてから行動しないと!

佐々木
おっしゃる通りです!

転職のデメリットや転職をオススメしないケースもあるので、まずは自分の状況と気持ちの整理し、

それでも転職したい場合は、早めに行動することをオススメします!

次に、3年目での転職成功率を上げる方法についてお伝えします!

3年目での転職成功率をアップさせる方法

佐々木
それでは、3年目での転職成功率を上げる方法をお伝えします!

次の4つの方法を行うことで、転職の目的が明確になりスムーズに転職活動を進められますよ!

転職成功率を上げる方法
  1. 第二新卒に強い転職エージェントを使う
  2. 自己分析を行う
  3. 面接時のポイントを確認する
  4. 在職中から転職活動を始める

1つずつ見ていきます!

方法1|第二新卒に強い転職エージェントを使う

入社3年目の人が転職を成功させるためには、第二新卒に強い転職エージェントの利用がおすすめです!

なぜなら、第二新卒に特化しているため、普通の転職エージェントよりも第二新卒の転職市場やノウハウを持っているからです!

転職エージェントでは、完全無料で次のサポートを全て受けることが出来ます!

転職エージェントの流れ

ひとりでは得づらい情報も手に入れやすいので、転職を有利に進められます!

佐々木
私がおすすめする第二新卒に強い転職エージェントは、次の通りです!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビジョブ20’s』
    20代のための転職支援サービス
    【公式】https://mynavi-job20s.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  3. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
  4. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
  5. 『就職Shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  6. 『リクらく』
    未経験者の転職に強く、20代の内定率94%
    【公式】https://www.rikuraku.net/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でもマイナビジョブ20’sDYM就職の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントや複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

方法2|自己分析を行う

転職を成功させるためには、自己分析を行うことが大切です!

なぜなら、転職は数多くの企業から自分に合った会社を決める活動のため、やりたいことを具体的に見つけることが大切だからです。

また、転職したい会社が見つかっても「自分の強み」が分からないと、選考の通過率が下がります。

佐々木
転職のゴールは内定ではなく、転職後に気持ちよく働けることです!

転職後に後悔したり、転職活動を繰り返すことが無いように、自分に正直に自己分析を行いましょう!

客観的に自分の能力を見つけるためには、自己分析ツールを利用する方法もあります!

グッドポイント診断は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「自分の強み」を分析してくれますよ!

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、面接時に自分自身のことをスムーズに伝えられるようになります!

佐々木

面接の合格率を上げて内定を取るためにも、自己分析はしっかりと行いましょう。

スキルの棚卸しや自己分析について詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください!

方法3|面接時のポイントを確認する

選考の中でも最も大切なのは面接なので、事前にしっかりと対策をすることが大切です!

なぜなら、面接でポテンシャルが見られる上に、書類ではわからない部分も確認されるからです。

面接では典型的な質問が多く、事前に対策できる部分が多いのでしっかり準備をしておきましょう!

転職エージェントを利用すると、模擬面接を含めて面接の対策をサポートしてくれるので、面接に自信の無い人は利用してみましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面接について詳しく知りたい人は、次の記事を参考に対策してみてくださいね!

方法4|在職中から転職活動を始める

転職活動は在職中に進めておくことが非常に大切です!

なぜなら、空白期間ができると企業からの印象が悪くなるだけでなく、

退職後に転職活動を行うと、金銭的にも精神的にも余裕がなくなることが多いからです。

転職活動に時間がかかった場合、会社選びに焦って条件の悪いところに決めて後悔することも…。

佐々木

転職活動の理想は、次の職場が決まってから現職を退職することです!

「精神的にこれ以上無理」など事情が無い人は、今の仕事と並行して転職活動を行い、

内定が決まってから退職するようにしましょう!


佐々木
ここまで、3年目の転職成功率を上げる方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職成功率を上げる方法
  1. 第二新卒に強い転職エージェントを使う
  2. 自己分析を行う
  3. 面接時のポイントを確認する
  4. 在職中から転職活動を始める
ゆり
転職する際は、この4つの方法を行うと転職成功率が上がるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

転職すること自体に悩みがある人は、自己分析から始めて自分の気持ちを整理してみましょう!

一人では不安な時は、転職エージェントの利用がおすすめですよ!

次に、入社3年目で転職した人の実体験を紹介します!

入社3年目で転職した人の成功例・失敗例

佐々木
ここでは、入社3年目で転職した人の実体験を紹介します!

実際の事例を見て、自分の転職の参考にしてみてください!

ゆり
転職に成功した人も失敗した人もいるんですね…!
佐々木
おっしゃる通りです!

中には、3年目で転職しなかったことを後悔している人もいます。

第二新卒のカードって結構使えると思うんだけど、入社3年目の時って転職する気サラサラ無かったんだよなぁ。転職するなら、あの時がベストだったのではと若干後悔してる。が、しかし、そんなことを言っても仕方がない。僕には今しかないのだよ。やるべき事をやるしかない。

— わだっしー (@crazy_wada) April 1, 2019

佐々木
4年目以降に後悔することの無いように、今のうちから将来について考えてみましょう!

次は、入社3年目の転職に関するよくある質問について回答します!

【Q&A】入社3年目の転職に関するよくある質問

佐々木
最後に、入社3年目の転職に関するよくある質問にお答えしますね!

質問1|社会人3年目の転職は、2年目・4年目の転職と何か違うの?

社会人2年目と3年目を比較した場合、どちらも第二新卒に当てはまるため大きな差はありません。

しかし、社会人3年目の方がスキルや社会人としてのマナーが備わっていると考えられるので、少し有利になるでしょう!

一方、3年目と4年目を比較した場合、4年目の転職難易度は一気に上がります。

なぜなら、社会人4年目からは中途採用となるので求められるスキルが上がり、

ポテンシャルよりも実績や即戦力になるかという点を中心に判断されるからです。

そのため、ライバルは自分よりも年上でスキルがある人が多いので、実質不利になる場合も多いです。

佐々木
第二新卒として転職したい、未経験分野にチャレンジしたいという場合は、3年目での転職をオススメします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

質問2|入社3年目で転職した後の年収って変わる?

基本的には、転職後の年収は下がることが多いです。

なぜなら、転職1年目は実績が少ないうえに、業務に教育の時間も多く含まれているからです。

そのため、年収が気になる場合は福利厚生の手厚さや、昇給や手当の有無について確認し、長期的な目で会社を選ぶことをオススメします!

また、前職と同じ職種でスキルや実績が認められた場合は、年収が上がる可能性もあるので自分のスキルを磨くことも大切です!

佐々木

自分の市場価値を知りたい人は、ミイダスなどのサービスを利用してみましょう!

転職前後の年収が妥当なのか判断しやすくなりますよ!

転職サービス

質問3|女性は社会人3年目の転職で不利になったりする?

20代のうちであれば、男性も女性も転職に大きな差はありません。

しかし、将来のことを考えると今のうちから女性の働き方に理解のある会社を選んでおくことをオススメします!

なぜなら、30代に近づくにつれ、企業側が「結婚や育児ですぐに退職しないか」と心配し始め、採用が厳しくなるからです。

また、結婚や出産のタイミングで退職してブランクが空くと、再就職が難しくなる場合も多いです。

佐々木
このような理由から、20代のうちに出来るだけ働きやすい職場を選んでおくことをオススメします!

質問4|社会人3年目の転職で失敗してしまう人の特徴ってある?

社会人3年目の転職はチャンスであるとお話しましたが、なかなか内定がもらえない人がいるのも事実です。

転職を失敗してしまう人には、次のような特徴があります。

転職を失敗してしまう人の特徴
  • 自己分析が出来ていない
  • 前職の退職理由を分かりやすく伝えられない
  • 会社を辞めることしか考えていないので転職意欲が低い

少しでも当てはまると感じた人は、一度立ち止まり自分の考えを整理してみましょう!

質問5|高卒でも転職は可能?

高卒でも転職は可能です!

転職する場合は、今まで働いてきた経験を踏まえて今後のキャリアを考えることが大切です。

このタイミングなら未経験分野への転職も可能なので、よく考えて転職活動を行いましょう!

転職活動が不安な人は、転職エージェントを活用することで転職成功に近づきますよ!

年間2万人の就職支援実績!


佐々木

社会人3年目は、どのような人にとっても転職が有利にできる時期です!

このチャンスを最大限に活かしてくださいね!

3年目で仕事を辞めたいなら、まずはプロに転職相談をしよう

佐々木
今回は、3年目の転職を成功させる方法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 入社3年目は転職に有利な時期
  • 転職エージェントを使うことで転職成功率が上がる
  • 転職する際はしっかり準備することが大切
ゆり
ありがとうございます!

すぐに転職に向けて行動したいと思います!

佐々木
そうですね!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビジョブ20’s』
    20代のための転職支援サービス
    【公式】https://mynavi-job20s.jp/
  2. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  3. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
  4. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
  5. 『就職Shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  6. 『リクらく』
    未経験者の転職に強く、20代の内定率94%
    【公式】https://www.rikuraku.net/
ゆり
でもどれも良さそうで、迷うなぁ…。
佐々木
そうですよね… 。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら…

最低でもマイナビジョブ20’sDYM就職の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
皆さんの転職が上手くいくことを願っています!