3年目の転職の実情は?失敗しない判断基準&成功のコツを徹底解説!

社会人3年目の転職は有利?仕事辞めたい理由&男性・女性の体験談

「入社3年目になるけど、このまま働き続けた方が良い…?」

「転職はとりあえず3年働いてから?」

「辞めたいけど転職に失敗もしたくない…」

これらの悩みを解決するために、転職アドバイザーの佐々木が入社3年目の転職の実情や失敗しない判断基準をお伝えしていきます。

転職エージェントの佐々木
佐々木
この記事を読めば、3年目で転職するべきかどうかが明確になり、自信を持って次の行動に進められるようになりますよ!
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

入社3年目は転職を考える人が多いタイミング!その実情とは?

佐々木
それでは早速、入社3年目に転職を考える人の実情についてお伝えしていきます!

社会人は「とりあえず3年」と言われることが多いですが、実際は3年未満で転職を考え始める人は多いんです!

まず実際の数値とデータで見ていきましょう。

日本能率協会が2019年に行った調査では、3年未満の若手社員48.8%が転職を検討・活動中であることがわかっています。

さらに、厚生労働省の調査でも「新卒社員の約30%が3年以内に会社を辞めている」と言われています。

また実際にTwitterなどのSNSでは次のような書き込みも多くみられます。

転職希望者のゆり
ゆり
調査結果やSNSでの書き込みからも、入社3年目で転職を考える人は多いんですね…!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです…!

特に3年目は、まわりが転職し始める時期でもあるため、

ここまでがむしゃらに働いてきた人も不安を覚え、転職を考え始めることも多いです。

ここからは実際にどんな理由で転職を考え始めるのかを見ていきましょう!

3年目で転職を考える社会人が多い理由は?

まず、OpenWorkに寄せられた「新卒入社で3年以内に退職した平成生まれの若手社会人」の退職理由を見てみましょう。

社会人3年目_退職理由

引用:OpenWork(旧Vorkers) ※タップすると大きくなります

転職希望者のゆり
ゆり
転職を考えている理由ってこんなに多いんですね…!
佐々木
そうなんです!

この調査結果と、今まで私が受けてきた転職相談の内容をまとめると、

入社3年目では特に次のような理由で転職を考えている人が多いです!

3年目が転職したくなる理由
  1. キャリアアップが望めない
  2. 人間関係など今の環境が辛い
  3. パワハラやセクハラを受けた
  4. 残業など業務量が多い
  5. 仕事の楽しさや、やりがいがない
佐々木
また、4番目の理由にも関わってくるのですが、特に最近の傾向だと…

どれだけプライベートの時間を確保できるかが重要な人も増えてきていますね。

実際にリクルートキャリアの調査では次のような結果が出ています!

転職でプライベートを重視する人が多い

引用:2020年の転職市場の動向データ(リクルートキャリア) ※タップすると大きくなります

ゆり
お給料が高いことよりも、プライベートの時間を重視する人が増えてきているんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

このように、以前と比べると価値観の多様性も広がってきているので、

3年目で転職について悩む人は本当に多くなってきていますよ!

ここまで、3年目で転職について悩む人が多いことをお伝えしてきたので、次は実際に3年目で転職ってどうなの?といった点について説明していきますね!

3年目の転職はアリ!実は有利な場合も…!

佐々木
結論からお話すると、3年目の転職はアリです!

なぜなら、入社3年目のタイミングでの転職は有利になる場合も多いからです。

よく短期離職だと転職に不利だと言われたりしますが、実際に数値を見てみると20代であれば入社1年未満の人でも採用実績がある企業が多いです。

転職希望者のゆり
ゆり
実際に80%以上の会社が入社1年未満の人も採用しているんですね…!
佐々木
そうなんです!

そのため「短期離職だから」という理由だけで転職が難しくなる訳ではないですし…

入社3年目の場合は、より経験を積んでいるので有利と言われています!

そこで、今までの私の転職サポート経験から3年目の転職が有利な理由を3つに絞ってお伝えしていきますね!

3年目の転職が有利になる理由
  1. 第二新卒として採用したい企業がある
  2. 若さや仕事への熱量が評価のポイントになる
  3. 職種や業種を変えて未経験の領域にチャレンジできる

それでは1つずつ説明していきます!

理由1|第二新卒として採用したい企業がある

3年目での転職が有利な理由は、20代であれば第二新卒として採用したい企業が多いからです!

なぜなら、新入社員と比べて社会人としての基礎が出来ている上に、やる気やバイタリティが高く、会社にも馴染みやすいからです。

また、リクルートキャリアが行った調査では、第二新卒と定義される年齢が幅広くなってきているのも特徴的です。

佐々木
このことからも、入社3年目でも20代であれば第二新卒として転職成功のチャンスが多いと言えます!

理由2|若さや仕事へのやる気が評価のポイントになる

「転職ではスキルや経験が大事!」とよく言われるので、見落とされがちですが…

「若さ」や「仕事へのやる気」「企業理念への共感度」を重視する企業が多いのも事実です。

なぜなら、企業は長期的に働いて活躍してくれる人を求めているからです。

具体的には、年齢が若いと、会社文化に馴染みやすかったり、吸収力があり成長幅が大きかったりする点などが挙げられます。

またスキルや経験があっても、良好な人間関係を築けなかったり会社の文化と合わなかったりすれば、活躍することはできません。

だからこそ、スキルや経験より「やる気」や「企業理念への共感」が評価される場合があります。

佐々木

「やる気」や「企業理念への共感」も評価されるので、3年目の転職も有利になるチャンスは十分にあります!

実際にTwitterでも20代の若さに着目する人は多いのでご紹介しておきますね。

理由3|職種や業種を変えて未経験の領域にチャレンジできる

3年目の転職で最もメリットと言えるのは、第二新卒として未経験分野にチャレンジ出来ることです!

第二新卒は一般的に入社3年目までを指すので、4年目以降だと中途採用となり第二新卒よりも採用のハードルが上がります

4年目以降でも未経験者の採用はありますが、どうしても経験者が有利になる上に、給与をはじめとした待遇が落ちる可能性があります。

一方、第二新卒の中で3年目は有利になりやすく、待遇が大きく下がる心配もありません!

第二新卒の採用は、もとから未経験者を前提としている会社も多いため、ポテンシャルが重視されます!

佐々木

このような背景もあり、未経験の業界や職種に転職できる可能性が高いので…

3年目は転職のチャンスと言われているんです!


佐々木
ここまで、入社3年目が転職に有利と言われる理由についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

3年目の転職が有利になる理由
  1. 第二新卒として採用したい企業がある
  2. 若さや仕事への熱量が評価のポイントになる
  3. 職種や業種を変えて未経験の領域にチャレンジできる
ゆり
入社3年目は、幅広く転職が出来るチャンスがあるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

3年目は、第二新卒や未経験転職として一から始めることも、

中途採用でキャリアアップすることも出来るので、自分の理想のキャリアに沿って転職可能です!

転職活動を今すぐ始めたい人はこちら

次に、3年目で転職する前に考えるべきことについてお伝えします!

3年目で転職する前に考えるべき2つのこと

佐々木
3年目の転職が有利ということを理解してもらえたら、

次は「3年目で転職するデメリット」と「転職をオススメしないケース」の2つのことを頭に入れてもらいたいです!

なぜ、この2つをお伝えするかというと…

3年目の転職は有利な点がありつつも「転職してもすぐに辞めてしまう人なのでは?」と思われてしまうリスクもあるからです。

少し厳しい内容となりますが、実際に下記のような意見があるのも事実です。

3年目の転職についての意見

>入社3年目で転職って世間的にどう思いますか?

採用側の立場からだと、よほどの訳ありか、そうでなければ堪え性が無いのかなと思います。中途採用としての3年のキャリアが認められれば即戦力として期待します。異業種でのゼロスタートだったとすると、新卒を採った方がいいかなと考えます。3年で転職した実績があるより、今後転職するか未知数の新卒の方がまだましかなと考えます。

引用:Yahoo知恵袋

そうしたリスクも理解したうえで「自分自身が転職するべきかどうか」を判断することが大切なので、

3年目で転職するデメリット」と「転職をオススメしないケース」の2つをお伝えしていきますね。

3年目で転職するデメリット

佐々木
考えるべきことの1つ目は、3年目で転職するデメリットについてです。

先ほど3年目は転職のチャンスとお伝えしましたが、もちろんデメリットもあるので頭に入れておきましょう。

3年目で転職するデメリットは、次の3点です!

3年目で転職するデメリット
  1. 社会人の基礎が身に付いていることが前提
  2. 自分の好きな仕事に就ける可能性は低い
  3. 年収が下がる可能性がある

1つずつ詳しく説明していきます!

デメリット1|社会人の基礎が身に付いていることが前提

3年目での転職は、基本的なビジネスマナーや仕事の進め方は身に付いていることが前提になっています。

そのため、第二新卒採用でも最低限の研修のみ行い、基礎知識は自分で身に付けてもらう方針の会社が多いです。

基本的なマナーが分からないと、転職後に苦労する可能性があるので、事前に復習するなど知識を身に付けておきましょう!

また、基本的な知識が無いことが原因で業務に支障が出る場合は、人事評価に影響する可能性もあるので注意しましょう。

佐々木
基本が身に付いていないと感じる場合は、社内の人に相談したり外部のアドバイザーを頼るなど、

自分なりに対策をして身に付けていくことをオススメします!

デメリット2|自分の好きな仕事に就ける可能性は低い

第二新卒として転職した場合は、すぐに自分の好きな仕事に就ける可能性は低いです。

なぜなら、第二新卒はほぼ新卒として扱われることが多く、基礎的な業務から行うことになる可能性が高いからです。

特に未経験業種へ転職した場合は、自分の好きな仕事を行うまでに時間を要することが多いです。

そのため、自分の裁量で仕事を行ってきた環境から新卒に戻ったような環境に戸惑い、転職自体を後悔してしまう人もいます…。

佐々木

自分の好きな仕事を行うまでには、必要なキャリアを積む必要があるので、

安易に転職すれば好きな仕事が出来ると考えないように注意しましょう!

デメリット3|年収が下がる可能性がある

転職前の会社で昇給していた場合、転職後に年収が下がる可能性があります。

なぜなら、転職前は3年間の成長を評価されていますが、転職後は新卒とほぼ同じ扱いになるからです。

特に未経験分野へ転職した場合は、年収が下がることを視野に入れておきましょう。

一方、同業種への転職で知識やスキルが評価された場合は、少額ですが年収アップの可能性もあります!

佐々木
3年目はスキルが評価されることは少ないので、

年収アップを目指すなら4年目以降の転職をオススメします。


以上が、3年目の転職のデメリットです。

まとめると次の通りです!

3年目で転職するデメリット
  1. 社会人の基礎が身に付いていることが前提
  2. 自分の好きな仕事に就ける可能性は低い
  3. 年収が下がる可能性がある
ゆり
このようなことがデメリットになるんですね…!
佐々木
そうなんです!

これらのことを踏まえたうえで、自分が今転職すべきかを考えてみてくださいね!

次に、転職をおすすめしないケースについて紹介します!

転職をおすすめしないケース

佐々木
デメリットの次は、転職をおすすめしないケースについてお伝えします。

3年目は転職のチャンスではありますが、やみくもに転職するのはオススメしません!

なぜなら、転職をする必要がないのに転職をしてしまい状況が悪化したり、転職癖がついたりする可能性があるからです!

そのため転職を考え始めたら、まずは次の転職をおすすめしないケースを知っておきましょう!

転職をおすすめしないケース
  1. 部署異動で不満が解消される場合
  2. 自分の理想の働き方や生活が明確ではない場合
佐々木
これらのおすすめしないケースを知ったうえで、3年目で転職をすべきかを考えましょう!

それぞれ2つのケースを紹介していきますね!

ケース1|部署異動で不満が解消される場合

部署異動や配属を変えてもらうことで、今までの不満や悩みが解決できるケースがあります。

なぜなら、同じ会社内でもまわりの人間関係や仕事内容を変えることも効果的だからです。

また、昇給や退職金、今後のキャリアのことを考えても、1つの会社に長く所属した方がメリットが大きい場合もあります。

そのため、今の仕事内容や部署の環境に不満がある場合は、まず部署異動が出来ないか頼んでみましょう。

佐々木

部署異動をお願いする場合は、「辞めたい」ということは言わずに前向きな理由を伝えましょう!

異動が出来ない場合は、転職を考えることをオススメします!

ケース2|自分の理想の働き方や生活が明確ではない場合

自分の理想の働き方や生活が明確でないと転職後に後悔してしまう可能性が高いです。

なぜなら、自分の理想が不明確でなんとなくで転職してしまうと、そもそも理想的な転職ができないですし…

転職先でも似たような理由やなんとなくという理由で辞めてしまう人が多いからです。

転職活動では退職理由は必ず聞かれますし、転職回数を重ねてしまうとその後のキャリアに影響が出てしまいます。

だからこそ自分の理想の働き方や生活が明確になっていない場合は、転職をオススメしません!

佐々木

そこで、まずは今の不満点や理想の働き方を洗い出すとともに、自己分析を行うことが大切です!

自分で行うことが難しい場合は、転職のプロの転職エージェントとともに、

今後のキャリアについて整理するのもおすすめです!


佐々木
ここまで、3年目での転職をおすすめしないケースをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職をおすすめしないケース
  1. 部署異動で不満が解消される場合
  2. 自分の理想の働き方や生活が明確ではない場合
ゆり
ありがとうございます!

3年目だから転職がオススメというわけでは無いんですね…!

よく考えてから行動しないと!

佐々木
おっしゃる通りです!

転職のデメリットや転職をオススメしないケースもあるので、まずは自分の状況と気持ちの整理し、

それでも転職したい場合は、早めに行動することをオススメします!

転職活動を今すぐ始めたい人はこちら

ここまで、転職3年目の実情、有利な理由、デメリット、おすすめしないケースをご紹介してきましたが…

まだまだ「他の入社3年目の人はどんな感じなんだろう?」と気になる人向けに、たくさんの事例を紹介していきますね。

自分が転職したときのことをイメージしやすくなりますよ!

入社3年目で転職した人の成功例・失敗例

佐々木
ここでは、入社3年目で転職した人の実体験を紹介します!

実際の事例を見て、自分の転職の参考にしてみてください!

成功例やポジティブな声

失敗例やネガティブな声

第二新卒のカードって結構使えると思うんだけど、入社3年目の時って転職する気サラサラ無かったんだよなぁ。転職するなら、あの時がベストだったのではと若干後悔してる。が、しかし、そんなことを言っても仕方がない。僕には今しかないのだよ。やるべき事をやるしかない。

— わだっしー (@crazy_wada) April 1, 2019

ゆり
転職に成功した人も失敗した人もいるんですね…!
佐々木
そうなんです!

4年目以降に後悔することの無いように、今のうちから将来について考えてみましょう!

次は実際に転職を考える人向けに、転職成功させる方法についてお伝えしていきますね!

3年目での転職成功率をアップさせる方法

佐々木
それでは、3年目での転職成功率を上げる方法をお伝えします!

次の4つの方法を行うことで、転職の目的が明確になりスムーズに転職活動を進められますよ!

転職成功率を上げる方法
  1. 転職プロである転職エージェントに相談する
  2. 自己分析を行う
  3. 面接時のポイントを確認する
  4. 在職中から転職活動を始める

1つずつ見ていきます!

方法1|転職プロである転職エージェントに相談する

入社3年目の人が転職を成功させるためには、転職のプロである転職エージェントへ相談することがおすすめです!

なぜなら、転職エージェントでは、完全無料で次のサポートを全て受けることが出来るからです!

転職エージェントの流れ

ひとりでは得づらい情報も手に入れやすいので、転職を有利に進められます!

佐々木
私がオススメする転職エージェントは、次の通りです!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    第二新卒や20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『就職Shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  4. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
ゆり
ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら、

最低でもリクルートエージェントマイナビエージェントの2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

転職エージェントや複数登録について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

方法2|自己分析を行う

転職を成功させるためには自己分析を行うことが大切です!

なぜなら、転職は数多くの企業から自分に合った会社を決める活動のため、やりたいことを具体的に見つけることが大切だからです。

また、転職したい会社が見つかっても「自分の強み」が分からないと、選考の通過率が下がります。

佐々木
転職のゴールは内定ではなく、転職後に気持ちよく働けることです!

転職後に後悔したり、転職活動を繰り返すことが無いように、自分に正直に自己分析を行いましょう!

客観的に自分の能力を見つけるためには、自己分析ツールを利用する方法もあります!

グッドポイント診断は、リクナビNEXTが提供する無料の自己分析ツールで、30分程度の本格的な診断から「自分の強み」を分析してくれますよ!

グッドポイント診断の分析

自分の強みを客観的に把握できるので、面接時に自分自身のことをスムーズに伝えられるようになります!

佐々木

面接の合格率を上げて内定を取るためにも、自己分析はしっかりと行いましょう。

スキルの棚卸しや自己分析について詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください!

方法3|面接時のポイントを確認する

選考の中でも最も大切なのは面接なので、事前にしっかりと対策をすることが大切です!

なぜなら、面接でポテンシャルが見られる上に、書類ではわからない部分も確認されるからです。

面接では典型的な質問が多く、事前に対策できる部分が多いのでしっかり準備をしておきましょう!

転職エージェントを利用すると、模擬面接を含めて面接の対策をサポートしてくれるので、面接に自信の無い人は利用してみましょう!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面接について詳しく知りたい人は、次の記事を参考に対策してみてくださいね!

方法4|在職中から転職活動を始める

転職活動は在職中に進めておくことが非常に大切です!

なぜなら、空白期間ができると企業からの印象が悪くなるだけでなく、

退職後に転職活動を行うと、金銭的にも精神的にも余裕がなくなることが多いからです。

転職活動に時間がかかった場合、会社選びに焦って条件の悪いところに決めて後悔することも…。

佐々木

転職活動の理想は、次の職場が決まってから現職を退職することです!

「精神的にこれ以上無理」など事情が無い人は、今の仕事と並行して転職活動を行い、

内定が決まってから退職するようにしましょう!


佐々木
ここまで、3年目の転職成功率を上げる方法についてお伝えしました!

まとめると次の通りです!

転職成功率を上げる方法
  1. 転職プロである転職エージェントに相談する
  2. 自己分析を行う
  3. 面接時のポイントを確認する
  4. 在職中から転職活動を始める
ゆり
転職する際は、この4つの方法を行うと転職成功率が上がるんですね!
佐々木
おっしゃる通りです!

転職すること自体に悩みがある人は、自己分析から始めて自分の気持ちを整理してみましょう!

一人では不安な時は、転職エージェントの利用がおすすめですよ!

おすすめの2社

【Q&A】入社3年目の転職に関するよくある質問

佐々木
最後に、入社3年目の転職に関するよくある質問にお答えしますね!

質問1|社会人3年目の転職は、2年目・4年目の転職と何か違うの?

社会人2年目と3年目を比較した場合、どちらも第二新卒に当てはまるため大きな差はありません。

しかし、社会人3年目の方がスキルや社会人としてのマナーが備わっていると考えられるので、少し有利になるでしょう!

一方、3年目と4年目を比較した場合、4年目の転職難易度は一気に上がります。

なぜなら、社会人4年目からは中途採用となるので求められるスキルが上がり、

ポテンシャルよりも実績や即戦力になるかという点を中心に判断されるからです。

そのため、ライバルは自分よりも年上でスキルがある人が多いので、実質不利になる場合も多いです。

佐々木
第二新卒として転職したい、未経験分野にチャレンジしたいという場合は、3年目での転職をオススメします!

人気の優良求人は早い者勝ち!

質問2|入社3年目で転職した後の年収や給料って変わる?

基本的には、転職後の年収は下がることが多いです。

なぜなら、転職1年目は実績が少ないうえに、業務に教育の時間も多く含まれているからです。

そのため、年収が気になる場合は福利厚生の手厚さや、昇給や手当の有無について確認し、長期的な目で会社を選ぶことをオススメします!

また、前職と同じ職種でスキルや実績が認められた場合は、年収が上がる可能性もあるので自分のスキルを磨くことも大切です!

もし自分の市場価値を知りたい人は、ミイダスという転職サービスを利用してみましょう!

年収が診断できる転職サービス
佐々木

また、3年目で転職した時の退職金についてもご相談を頂くことが多いですが、

退職金は法律で決められているわけではないので、企業によって退職金の有無が変わってきます!

そのため退職金に関しては企業に確認してみると良いでしょう!

質問3|3年目で転職するタイミングや時期のオススメは?

基本的には求人や募集が多い時期=おすすめの転職の時期で、具体的には下記の2パターンとなります。

おすすめの時期
  • 4月に転職
    2月〜3月に転職活動をスタート
  • 10月に転職
    8月〜9月に転職活動をスタート
佐々木

特に2月〜3月が、4月の新年度に向けて一番求人が多く転職しやすい時期です!

また、2月〜3月以外では、7月〜9月も秋入社に向けて比較的に求人が多くなるタイミングです。

こうした転職活動のタイミングも意識すると、より自分に合った求人が見つけやすくなりますよ!

質問4|女性は社会人3年目の転職で不利になったりする?

20代のうちであれば、男性も女性も転職に大きな差はありません。

しかし、将来のことを考えると今のうちから女性の働き方に理解のある会社を選んでおくことをオススメします!

なぜなら、30代に近づくにつれ、企業側が「結婚や育児ですぐに退職しないか」と心配し始め、採用が厳しくなるからです。

また、結婚や出産のタイミングで退職してブランクが空くと、再就職が難しくなる場合も多いです。

佐々木
このような理由から、20代のうちに出来るだけ働きやすい職場を選んでおくことをオススメします!

質問5|社会人3年目の転職で失敗してしまう人の特徴ってある?

社会人3年目の転職はチャンスであるとお話しましたが、なかなか内定がもらえない人がいるのも事実です。

転職を失敗してしまう人には、次のような特徴があります。

転職を失敗してしまう人の特徴
  • 自己分析が出来ていない
  • 前職の退職理由を分かりやすく伝えられない
  • 会社を辞めることしか考えていないので転職意欲が低い

少しでも当てはまると感じた人は、一度立ち止まり自分の考えを整理してみましょう!

質問6|高卒でも転職は可能?

高卒でも転職は可能です!

転職する場合は、今まで働いてきた経験を踏まえて今後のキャリアを考えることが大切です。

このタイミングなら未経験分野への転職も可能なので、よく考えて転職活動を行いましょう!

転職活動が不安な人は、転職エージェントを活用することで転職成功に近づきますよ!


佐々木

入社3年目の転職に関するよくある質問については以上になります!

3年目は、多くの人にとって転職が有利にできる時期なので、このチャンスを最大限に活かしてくださいね!

3年目で転職したいなら、まずはプロに相談をしよう

佐々木
今回は、3年目の転職を成功させる方法をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 入社3年目で悩んでいる人は多い
  • 入社3年目の転職はメリットもあるがデメリットもある
  • 第二新卒の転職には有利な時期
  • 転職エージェントを使うことで転職成功率が上がる
  • 転職する際はしっかり準備することが大切
ゆり
ありがとうございます!

入社3年目の転職について多くのことがわかったので、自分なりにもう少し整理してみようと思います!

佐々木
良いですね!

もし少しでも迷っているなら、無料で活用できる転職のプロに相談するのも良いですね!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    第二新卒や20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『就職Shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  4. 『ハタラクティブ』
    書類審査通過率91.4%、内定率80.4%
    【公式】https://hataractive.jp/
  5. 『ウズキャリ第二新卒』
    1人あたりの平均サポート時間が20時間
    【公式】https://daini2.co.jp/
ゆり
でもどれも良さそうで、迷うなぁ…。
佐々木
そうですよね… 。

目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、 それでも選ぶのに迷ったら…

最低でもリクルートエージェントマイナビエージェントの2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい
佐々木
面倒かもしれませんが、最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
皆さんの転職が上手くいくことを願っています!