評判を比較!転職エージェントおすすめランキング

仕事が辛い時の全知識|うつになる前に相談を。「辞めたい」は甘えじゃない

仕事辛い人の転職方法

佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『仕事が辛くて毎日家で泣いてばかり…限界がくる前に辞めようかな…』

『仕事が辛いけど相談できる人が誰もいないし、どうすればいいんだろう…』

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゆり

最新仕事でミスを繰り返してしまい、私は向いてないのかな?って辛くなる時があるんです…

辞めたいと思うけど、周りの人には甘えとも言われるしどうすればいいのか悩んでいます…

佐々木

仕事に関しての悩みは尽きないものですね…

まず仕事が辛いと悩んでいる人に知っておいてほしいことは「辞めたい」は甘えじゃないということです。

そこで今回は、主に下記の点をお伝えしていきます。

この記事でお伝えすること
  • 仕事が辛い原因や理由
  • 仕事が辛い時の対処法
  • 仕事が辛いと思いながら続けるリスク
  • 仕事が辛いと感じたらうつ病になる前にやるべきこと
  • 今の会社を穏便に辞める方法
  • 辛い仕事からホワイト企業に転職した事例
記事を読み進める前に…

仕事が辛いなら環境をリセットして、マイナス状態をゼロにしましょう。

マイナス→プラスより、ゼロ→プラスの方が簡単です。

限界が来る前に、プロのアドバイザーに転職の無料相談をして、次の選択肢を探しておくことがあなたの保険になります。

この一歩が、きっと未来のあなたを救います。

仕事が辛い・辞めたいと思うことは「甘え」じゃない

佐々木
結論から言うと、仕事が辛くて辞めたいと思うことは甘えではなく、自分を守ろうとしているサインです。

周りの人に仕事が辛いと相談して、甘えだと言われた経験がある人もいるでしょう。

しかし、「甘えだから頑張らないと」と無理をしてしまうと身体や心の病気になってしまう可能性もあります。

実際にうつ病を発症してしまい、仕事に復帰するまで長期間を要したり、職場に戻ることができないようになるなど、「仕事が辛い」という理由から人生が大きく狂った人もいます…

また、仕事に対して辛いというストレスを感じているのは、決してあなただけではありません。

下記の図をご覧ください。

上記の図を見ても分かる通り、これだけの人が仕事に対してストレスを感じており、レベルは違えど辛いと感じているのです。

ゆり
みんな仕事に対してストレスを抱えていて、辛いながらも頑張っているんですね…
佐々木

そうですね。

ただ辛いという気持ちが限界に近いのであれば、転職して一回気持ちをリセットするのも一つの方法です。

今の会社で頑張り続けるのも一つの選択肢ですが、世の中には優良企業がたくさんあります。

なので、辛くて限界なら一度転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職エージェント

泣くほど仕事が辛い理由・原因

佐々木
ではなぜ多くの人が仕事が辛いと思っているのでしょうか?その理由や原因を説明していきます。

これまで数多くの方の転職をサポートしてきた経験から、仕事が辛い理由や原因は以下のようなことが考えられます。

仕事が辛い理由・原因
  • 仕事ができない自分に対しての苛立ち
  • 職場の人との人間関係が合わない
  • 企業の社風が自分とは合わない
  • 労働時間が長く体力的に辛い
  • 給料が低く生活が苦しい
  • 膨大なノルマがあり仕事がきつい
  • 自分のやりたいことができない
  • パワハラ・セクハラやいじめを受けている
佐々木
上記のような理由や原因から多くの人が仕事が辛いと考えています。
ゆり
原因が自分だけでなく、職場の環境や仕事内容にあって、自分ではどうしようも出来ないこともありますね…
佐々木

そうですよね…

次にそれぞれの原因の解決方法をお伝えするので参考にしてみてください。

【原因別】泣くほど仕事が辛い時の対処法・克服法

佐々木
まず一時的に乗り越えるのではなく、仕事が辛い原因の根本から解決する必要があります。

なぜ根本から原因を解決しなくてはならないのは、次のような点から考えられます。

根本から解決すべき理由
  • 一時的に問題が解決したところで、根本を変えなければまた辛くなってしまう
  • 一時的に問題を乗り越えるのは個人差があり、人によっては全く原因の解決にならない
佐々木

これらの理由から、仕事が辛い原因の根本から解決すべきと考えられています。

また、様々な原因で仕事が辛いと悩んでいる人がいますが、いずれの原因も根本から解決するためには、転職活動を始めてみるのもおすすめです。

その理由としては…

転職活動を始めるべき理由
  • 「働く場所は他にもある」とリラックスした状態で仕事と向き合える
  • もしかすると自分の強みを発揮できる会社が見つかるかもしれない

上記のような理由から、転職活動をとりあえず始めてみることはおすすめです。

といっても、現職を続けながら転職活動を行うのは、時間的にも体力的にも厳しいので、ひとまず転職エージェントに登録することをおすすめします。

とりあえず転職エージェントに登録しておけば、ほぼ毎日更新される求人情報を見て、「働く場所はいくらでもある」と気持ちに余裕が生まれます。

気持ちに余裕が生まれると…

営業職の場合・・・1件に対するプレッシャーが弱まり、成約率の向上につながる
事務職の場合・・・多少のミスが気にならなくなり、仕事のスピードも上がる

などのメリットが見込めるでしょう。

おすすめの転職エージェント

それでは、原因別の対処法・克服法をお伝えしていきます。

原因1:仕事ができない自分に対しての苛立ち

自分に対しての苛立ちがある人は…

・営業ノルマが達成できない月が続いている
・事務作業が遅く、周りの足を引っ張ってしまう

上記のような理由から、自分に対しての苛立ちを覚え、仕事が辛いと感じている人はたくさんいます。

こういった人は、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:全力でコミットできているか振り返ってみる

今の仕事で成果を出すために、全力でコミットできているか振り返ってみましょう。

多くの社会人は、仕事で思うような成果を出せず葛藤しています。

成果が出ないことに対してストレスを感じている人は…

「自分だけ成果が出ず焦っている」
「周りの人はすごい人ばかり」

など、自分一人だけ悩んでいると思いがちです。

実際、上司や先輩も成果が出なくて悩んだ経験を持っていますし、同じように悩む部下をたくさん見てきているでしょう。

なので、上司や先輩に一度相談してみて、自分が全力でコミットできているか振り返ってみましょう。

対処法2:職種を変えられないか確認してみる

社内で職種を変えてみることも一つの対処法です。

辛いと感じたまま働くことを決してあなたのためにはなりません。

反対に、もっと成果を出せて、あなたのことを評価してもらえる環境で働けば、今よりも幸せになれるでしょう。

また、社内で職種を変える異動を試みるのであれば、今の不満ではなく、将来への希望を持って上司に交渉すべきです。

その理由としては、以下の点が考えられます。

希望を持って上司に交渉すべき理由
  • 今の仕事の不満を伝えるのは、上司に対して印象が悪い
  • もし異動できなかった時に、働くのが気まずくなる
  • 退職することも視野に入れていると腫れ物扱いされる

上記のような理由から、異動を希望するなら前向きな理由を持って交渉しましょう。

原因2:職場の人との人間関係が合わない

人間関係が合わないと悩んでいる人は…

・上司にいつも理不尽な説教をされる
・同僚の中で仲間はずれにされている
・部下が言うことを聞いてくれない

といったことで悩んでいます。

職場は1日の大半を過ごす場所でもあるので、人間関係が悪ければ仕事も辛くなるでしょう。

こういった人は、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:自分のせいで人間関係の問題が発生していないか振り返る

まずは、自分に問題がなかったか振り返ってみましょう。

振り返るべきポイント
  • 自分が理不尽と捉えていただけで、上司は正論で叱っていなかったか
  • ミスをした時に、謝らなくてはいけない人にちゃんと謝っていたか
  • 部下への指示だしで、正しく分かりやすく伝えられていたか

もし、自分に原因があったと感じる人がいれば、自分自身の変えないと、環境を変えても同じ問題で悩んでしまうでしょう。

対処法2:部署を変えられないか確認してみる

社内で部署を変えてみることも一つの対処法です。

部署を変えて一緒に働くメンバーが変われば、人間関係の問題は解決する可能性があります。

また、社内で部署を変える異動を試みるのであれば、今の不満ではなく、将来への希望を持って上司に交渉すべきです。

その理由としては、以下の点が考えられます。

希望を持って上司に交渉すべき理由
  • 今の仕事の不満を伝えるのは、上司に対して印象が悪い
  • もし異動できなかった時に、働くのが気まずくなる
  • 退職することも視野に入れていると腫れ物扱いされる

上記のような理由から、異動を希望するなら前向きな理由を持って交渉しましょう。

原因3:企業の社風が自分とは合わない

社風が合わないと悩んでいる人は…

・体育会すぎる社風は自分には苦手で合わない
・現場のことを気にしない経営方針に不安を感じる

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:社風や経営方針のどこに不満があるのかじっくり考える

まず、会社に対してどこに不満があるのかを書き出してみましょう。

そして、どうなれば不満なく働くことができるか整理することが大切です。

もし、今の会社に対する不満を明確にしておかなければ、転職しても同じように社風や経営方針で苦しむ恐れがあります…

・仕事が辛いわけ
・どうすれば解消できるか
・今の部署で問題を解消できるか
・今の会社で問題を解消できるか

これらを書き出してみて、現状の不満と未来への希望を整理しましょう。

原因4:労働時間が長く体力的に辛い

労働時間が長いことに悩んでいる人は…

・毎日終電ギリギリまで残業があり、体力がもたない
・休日出勤が多く、家族と過ごせる時間が少ない

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:どんな条件なら働きやすいか整理する

まず、長時間労働で体力的に辛いなら、どんな条件なら満足して働けるか整理しましょう。

条件によって、今の会社で部署を異動すべきか、それとも転職すべきかなどの最適な手段は変わってきます。

また、転職して環境を変えるにも、先に自分の満足いく条件を整理しておかなければ、同じように辛い仕事を選んでしまう可能性もあるでしょう。

・勤務時間は何時から何時までがいいか
・通勤時間は何分までなら平気か
・残業は月何時間までなら平気か
・土日祝日の勤務は月何回までなら平気か

これらを書き出してみて、自分の満足のいく条件を整理しましょう。

原因5:給料が低く生活が苦しい

給料が低いことに悩んでいる人は…

・同世代を比較してもかなり給料が低い
・ボーナスもないし生活が苦しく毎月かつかつ

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:どんな給料なら満足できるか整理する

給料に不満のある人は、まず給料の目標値を設定してみましょう。

給料の目標値を設定する理由は…

目標値を設定する理由
  • 転職しなくても社内で出世すれば達成できる可能性があるから
  • 転職するなら、目指すべき職種や業種を明確にできるから
  • 焦って転職しても今と同じように給料で悩む可能性があるから
  • 人生の長期的なビジョンを組みやすくなるから

上記のようなことから、まず給料の目標値を設定することをおすすめします。

またその場合は、「30歳で◯◯万円、35歳で◯◯万円、40歳で…」と具体的に設定することが大切です。

対処法2:社内で目標値を達成できないか考える

目標値を設定すれば、社内で達成できないかまず考えてみましょう。

例えば…

・仕事の成果が給料に反映されやすい営業職に異動願いを出す
・次の昇給で、目標値に到達できるかどうか

社内で目標を達成すれば、自然と高いスキルが身についてきますし、これまでの経験も大きな人生の糧となります。

なので、社内で部署の異動も含めて、給料の目標値が達成できるかどうか考えてみましょう。

原因6:膨大なノルマがあり仕事が辛い

膨大なノルマを抱えて仕事が辛いと悩んでいる人は…

・営業のノルマが厳しすぎて辛い
・顧客との折衝が精神的に辛い

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対象法1:今の仕事の考え方ややり方を変えてみる

例えば、飛び込み営業をやっていて辛いと感じているのでれば、「仕方なく」「嫌々」といった気持ちで仕事をやっていませんか?

ただ膨大なノルマを見て「無理」「しんどい」などのネガティブな感情を持ってしまえば、仕事の成果も出ずらくなります。

反対に、「こんな経験ができる仕事はない」「今は成長のために頑張る時期」と割り切っている人は、どんなノルマを抱えても、前向きに仕事をこなしています。

また仕事のやり方に関しても、成果の出ている上司や同期に相談してみましょう。

あなたの仕事に対するやり方が大きく変われば、毎月問題なくノルマも達成できるかもしれません。

原因7:自分のやりたいことができない

自分のやりたいことができないと悩んでいる人は…

・スキルが身についている気がしない
・社会貢献が出来ている感じがしない

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対処法1:自分のやりたいことができるのはどんな環境か考える

まずは自分が求めている環境について整理しましょう。

自己実現の気持ちを持っていても、自分の求めている環境について整理せず、焦って環境を探しても今より状況が悪化する可能性もあります。

・今の仕事への不満
・なりたい人物像
・自分が成し遂げたいこと
・自己実現に向けて必要な環境
・今の会社で自己実現が可能かどうか

上記のことを整理してみることをおすすめします。

対処法2:社内で自分のやりたいことが出来ないか考える

社内で部署を変えてみることも一つの対処法です。

部署を変えて業務内容が変われば、あなたのやりたいことが出来る可能性もあります。

また、社内で部署を変える異動を試みるのであれば、今の不満ではなく、将来への希望を持って上司に交渉すべきです。

その理由としては、以下の点が考えられます。

希望を持って上司に交渉すべき理由
  • 今の仕事の不満を伝えるのは、上司に対して印象が悪い
  • もし異動できなかった時に、働くのが気まずくなる
  • 退職することも視野に入れていると腫れ物扱いされる

上記のような理由から、異動を希望するなら前向きな理由を持って交渉しましょう。

原因8:パワハラ・セクハラやいじめを受けている

パワハラやセクハラ悩んでいる人は…

・殴る蹴るは当たり前、顔を見るだけで震えてしまう上司がいる
・部長が冗談のつもりで言ってくる下ネタが本当に無理

といったことに悩んでいます。

そんな方には、次のような対処法をおすすめします。

対象法1:今すぐ相談出来る人に相談する

まず職場でパワハラやセクハラで悩んでいるなら、誰かに相談すべきです。

社内の頼れる人に相談するのが一番ですが、親や友人など腹を割って話せる関係の人に相談するのもいいでしょう。

誰かに話すことで、心が落ち着くこともありますし、一緒に解決するための方法を考えてくれるかもしれません。

またパワハラやセクハラは、見逃してはいけない悪質な行為です。

一人で抱え込まずに、労働局などの相談窓口に連絡してみるのもいいでしょう。

ゆり
仕事が辛いと感じる原因はたくさんありますが、それぞれ対処法は違うんですね。
佐々木

仰るとおりです。

またそれぞれ対処法はありますが、根本を解決するためには転職も視野に入れておきましょう。

加えて、転職するなら同じ原因で悩まないように、自己分析をしっかりしておくことをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

仕事が辛い時に耐え続けると生じる、恐ろしい身体・心の異変

佐々木
次に、仕事が辛い時に耐え続けると生じる、恐ろしい身体や心の異変について説明していきます。

まず、仕事が辛くて身体や心に異変が出てきたら、無理せずきちんと向き合うことが大切です。

仕事が辛いというストレスから生じる身体の異変

実際にストレスから生じる身体や心の異変は、次のようなものが考えられます。

ストレスから生じる異変
  • 心の症状・・・緊張、不安、焦り、憂うつ、イライラ、軽い神経症、うつ病など
  • 身体の症状・・・頭痛、めまい、肩こり、疲労、食欲低下、神経性胃炎など
  • 行動の異常・・・会社に行けない、声が出ない、喧嘩をよくする、黙り込む、酒やタバコの量が増えるなど

上記のような症状が出ている人は、すでに危険な状態です。

仕事が辛い原因を早急に解決するため、転職活動を始めることはもちろん、身体や心の状態が悪化するなら病院に行きましょう。

「うつ病」の疑いがあれば、すぐに病院に行くべき

もしうつ病かもしれないと悩んでいるなら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

典型的なうつ病の症状としては、次のようなことを挙げられます。

典型的なうつ病の症状
  • 気分が沈んでいる(抑うつ)
  • 何をしても楽しくない(興味または喜びの喪失)
  • 食欲の低下や増加、体重の増減
  • 寝付けない、夜中に何度も目が覚める(睡眠障害)
  • イライラが止まらず、落ち着きがない(精神運動機能の障害)
  • すぐに疲れる、気分がわかない(易疲労症、気力の減退)
  • 自分に価値がない、申し訳ないと感じる(強い罪悪感)
  • 仕事に集中したり、決断することが出来ない(思考力・集中力の低下)
  • この世から消えてしまいたいと考えてしまう(自殺念慮)

この中で、少しでも当てはまるものがあれば今すぐ病院に行きましょう。

佐々木

実際にうつ病を発症してしまうと、現職を続けることは難しく、仕事復帰までに長期間を要することもあります…

取り返しのつかないことになる前に、早めに病院で検査を受けてください。

仕事が辛い、辞めたいと感じたらうつになる前に転職相談を

佐々木
とにかく仕事が辛いと悩んでいるなら、早めに転職相談をすることをおすすめします。

仕事が辛いと悩む人は、「自分がもっと仕事ができたら」「今辞めると迷惑をかけてしまう」など、真面目な人だからこそ悩んでしまうこともあります。

責任感を持って仕事をすることは大切ですが、無理をしてまで全うすべき仕事なんてありません。

とにかく仕事が辛くて限界を感じているなら、早めに転職相談をすべきです。

本当に限界まで追い込まれると、うつ病はもちろん、最悪の場合自殺してしまう人がいるのも事実です…

ゆり
確かに大手企業で新入社員が自殺したニュースもありましたね…
佐々木

そうなんです…ただ、いざという時自分を守れるのは自分だけです。

今の自分を受け入れて、逃げ道を準備しましょう。

失敗を最小限に抑えて、ホワイト企業へ転職する方法

佐々木
ここからは、失敗を最小限に抑えて、ホワイト企業へ転職する方法をお伝えしていきます。

まず転職を考える際、自分が向いている職種や将来やりたいことについてじっくり考えてみましょう。

向いている職種・将来やりたいことの自己分析を行う

辛い仕事から抜け出し、転職を成功させたいなら自己分析を行うことは重要です。

もし自己分析を行わず、なんとなくで転職してしまうと…

・転職前の仕事より体力的・精神的に辛い
・給与が前職よりも減って生活が苦しい
・転職したが目標が達成できず辞めたい

といったように、転職に失敗してしまうかもしれません。

また焦って転職活動をしてしまうと、ブラック企業に入社してしまうこともあります…

そのため、転職活動をする前に自分にはどんな職種が向いているのか、将来キャリアを築きたいのかしっかりと自己分析をしてみましょう。

自己分析では下記のことを考えてみてください。

自己分析で考えるべきこと
  • 得意なこと・苦手なことは何か
  • 好きなこと・嫌いなことは何か
  • やってみたい仕事・やりたくない仕事は何か
  • 3年後、5年後、10年後にどんな生活をしていたいか

上記のようなことを考えれば、自分の転職すべき職業が自ずと見えてくるはずです。

また、自己分析を行うと自分の強みも見えてくるので、面接や履歴書のアピールポイントにもつながるでしょう。

ゆり
確かに、自分のことを知る上でも自己分析を転職活動前に行うのは大切ですね!
佐々木

そうですね!

就職先を決めるのは、自分の人生にとって大きな問題なので真剣に自分のことを考えてみましょう。

転職エージェントを活用して就職活動することが成功の秘訣

ゆり
実際、就職活動はどうやって行えばいいんですか?
佐々木
はい!まず就職先を探す方法としては、次のようなことが考えられます。
就職方法
  1. 転職サイトや求人雑誌を利用する
  2. 企業のホームページから直接応募する
  3. 転職フェアやイベントに参加する
  4. ハローワークを利用する
  5. 転職エージェントを利用する
ゆり
こうして見てみると、5つもあるんですね!
佐々木
そうなんです!

ただ、5つの中でも転職サイトや転職エージェントを利用している人は多いですね。

ゆり
えっ!そうなんですね!
佐々木
はい!特に転職サイトよりも転職エージェントの利用が多い理由としては…

就職や転職のプロとして、様々なサポートを行ってもらえるからです。

実際に転職エージェントのサポート内容を洗い出してみると…

エージェントのサポート内容
  1. 転職相談にのってくれる
  2. あなたに合ったお仕事を紹介してくれる
  3. 履歴書の添削や面接対策を指導してくれる
  4. 面接日程を調整してくれる
  5. 内定獲得後も給与交渉などをしてくれる
ゆり
なるほど…

たしかに、ここまでサポートしてくれるなら、安心して転職活動ができそう!

佐々木
おっしゃる通りです!

逆に考えると、転職エージェントを利用しなければこれらを全部自分一人でやらなければいけないということも覚えておくべきです!

実際に転職エージェント以外の、就職イベントへの参加などの転職方法でも良いのですが…

ゆり
それだと現職を続けながらや、自分の知識だけでは就職活動に苦労してしまう可能性がある!
佐々木
はい!そうなんです…

ここではサクッとおすすめの転職エージェントをご紹介しておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2019年最新版】

ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木

ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、『doda』も成功率を高めるために登録すべきです!

佐々木
転職のプロと一緒に、焦らず精神的に余裕を持って転職活動を行うことが成功の秘訣です!

いまの仕事を穏便に辞める準備と方法

佐々木

次に、いまの仕事を穏便に辞める方法をお伝えします。

転職したいと思っている方は、今すぐ次の3つのことを確認しましょう。

いまの仕事を穏便に辞める準備について

仕事を穏便に辞める準備
  1. 有給の残日数の確認
  2. 失業保険給付条件の確認
  3. 貯蓄の確認

それぞれ詳しく確認していきましょう。

仕事を穏便に辞める準備1:有給の残日数の確認

自分の有給休暇がどれくらい残っているか把握していますか?

もし10日ほど残っているなら、10日分休むこともできますし、月末の10日前から有給を消化して退社も可能です。

有給は労働者が使える権利ですし、もったいないので必ず残日数を確認して使い切りましょう。

仕事を穏便に辞める準備2:失業保険受給条件の確認

雇用保険に加入して働いている人がほとんどだと思いますが、まず自ら退職を申し出た場合、失業保険が支給されるのは退職した3ヶ月後からです。

またハローワークで手続きをすると思いますが、誰でも必ずもらえるわけではありません。受給するためには下記のような条件を満たしていることが必要です。

失業保険受給の条件
  • 本人に就職する意思と能力がある
  • 積極的に就職活動を行っている
  • 離職日以前の2年間に被保険者期間が12ヶ月以上ある

雇用保険では「退職=失業」ではありません。

働きたいから転職活動をしているのに、なかなか就職が決まらない人だけに失業保険を給付していることを理解しておきましょう。

仕事を穏便に辞める準備3:貯蓄の確認

失業保険が貰えるまでも期間がありますが、すぐに違う仕事に転職しても給料日まで期間があります。

最後の給与からしばらく無収入状態になってしまうので、ある程度の貯蓄は貯めておくべきです。

具体的には、2ヶ月分の家賃や光熱費、食費を払えるくらいは最低でも準備しておく必要があるでしょう。

実家暮らしの人であれば、家族の助けも借りれるかもしれませんが、一人暮らしの人は特に貯蓄を貯めておくことをおすすめします。

また、貯金をするのが難しい人は在職中に転職活動を始めるのも一つの方法です!

働きながら転職活動をするのは、時間や体力的に難しい場合もあるので、ひとまず転職エージェントに登録してサポートを受けながら転職活動を進めましょう。

おすすめの転職エージェント
ゆり

辞めるにもある程度の準備が必要なんですね!

ただ実際退職するときに、ちゃんと辞めたい意思を伝えられるかも不安で…

佐々木

ちゃんと退職できるか不安という声も確かにたくさんあります…

でも安心してください!最悪上司と話をせずに辞める方法もあります!

どうしても辛いときに…一言も話さずに退職する方法

佐々木

実際に仕事が辛くて辞める人の中には、上司ともう話したくない、すでにうつ状態で外に出られない…なんて人もいます。

そういった人は、一言も話さずに退職する方法があるのを知っておきましょう。

退職方法を伝える前に、多くの人が辞める1ヶ月前には退職の意思を伝え、会社の了承を得る必要があると思っているのではないでしょうか。

しかし1ヶ月前に退職の意思を伝えるのは、なんの決まりでもなく、ただの慣習です。

実際に労働基準法では、2週間前に退職する意思を伝えれば、会社が了承しなくても、どんな理由でも自由に辞められます。

ただ一般的に円満に退職するために、1ヶ月前までに伝えましょう。という慣習があるだけです。

ゆり
退職する2週間前でいいんですね!そう思えば、あと1ヶ月働かなくてはいけないというストレスも軽減されますね。
佐々木

そうですね!

また、話をしたくないなら退職届を送付するといった方法もあります。

退職届を送付する上で気をつけること

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

また、社員証や通勤定期、制服などがあれば合わせて送ることをおすすめします。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

しかし会社によっては、離職票を発行しない場合もあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

内容証明に関して:https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。

ゆり

上司に意思を伝えるだけじゃなく、いろんな退職方法があるんですね!

佐々木

そうなんです!もちろん、上司に退職の意思をしっかり伝えることが一番ですが、

状況によっては郵送で退職届を送ったり、退職代行サービスを使うのもいいでしょう。

辛い仕事からホワイト企業へ転職した事例・2chまとめ

佐々木
それでは次に、辛い仕事からホワイト企業への転職に成功した人の事例を紹介します。

ホワイト企業への転職成功事例

22: 名無しさん@引く手あまた 2017/04/19 22:04:41.82 ID:J51FTq2Y0.net
福利厚生が申し分なくピカイチで、お給料もボーナスも中小に比べたら高い方なところで一時期働いてたけど…人間関係、仕事内容が酷すぎて転職。
給料、待遇は落ちたけど…今のところに転職出来て良かったって思える。
また中小でやることが多くて大変だけど、毎日楽しいし人間関係も良好。
お金も大切だけど、私的には人間関係と仕事内容が重要だったなって思ってます。
出典:2ch
ゆり
やっぱりホワイト企業に転職できると、イキイキと自分らしく働けていますね!
佐々木
そうですね!
辛いと思いながら仕事を続けるよりも、自分らしく楽しみながら働けると幸せな日々を過ごせるでしょう。

【要注意】辛い仕事ランキング

佐々木
それでは転職先を選びに失敗しないためにも、辛い仕事ランキングを紹介しておきます。
辛い仕事ランキング
  1. 飲食店の従業員
  2. 介護福祉士
  3. アニメーター
  4. イラストレーター
  5. プログラマー
  6. 看護師
  7. 保育士
  8. 保険の営業
  9. 不動産営業
  10. 金融系の販売営業

それぞれの仕事について簡単に説明しておきます。

辛い仕事ランキング1位:飲食店の従業員

飲食店の従業員は、精神的にも肉体的にも辛い仕事です。

大変さを知っている飲食店のアルバイトスタッフは、正社員になることを打診されても断り続けています。

長時間労働や休日が少ないことは当たり前、スタッフの数が足りず夕方から明け方まで働かされることもあります…

辛い仕事ランキング2位:介護福祉士

介護関係の仕事は、仕事の量と質、そして待遇の悪さで辛いと考えられています。

体力的に辛い仕事や長時間労働もですが、給料の安さも近年介護業界では問題になっています。

いくらやりがいのある介護の仕事と言っても、給料の安さに辛さを感じる人はたくさんいるでしょう。

辛い仕事ランキング3位:アニメーター

アニメーターは、よくやりがい搾取な仕事として取り上げられています。

作業量は多く、労働時間も長い…それで給料も安いので、相当アニメーターの仕事が好きじゃないと続けられません。

最近では、人件費の安いアジアの人材に仕事を流すこともあるので、いくら頑張っても将来的に厳しい仕事かもしれません。

辛い仕事ランキング4位:イラストレーター

アニメーターと似ていますが、イラストレーターも辛い仕事です。

主にデザイナーから割り振られる仕事を黙々とこなしていきますが、作業量も多く、勤務時間も長い業界です。

また最初から正社員ではなく、アルバイトからスタートを基本とし、仕事に慣れてから正社員として採用する会社もあります。

ハードな仕事に耐えないと正社員には慣れませんし、かなりイラストレーターに関する憧れがないと辛い仕事です。

辛い仕事ランキング5位:プログラマー

プログラマーの仕事は何と言っても長時間労働を強いられます。

実際に「月300時間稼働」の会社もあります…

加えて時間だけでなく、納期にも追われ帰りたい日も帰れないこともあるでしょう。

追い込まれたプログラマーが、急に会社に来なくなったり、うつ病で休職する人もいるほどです…

辛い仕事ランキング6位:看護師

看護師は、夜勤もあり体力的に辛い仕事です。

やりがいを目指して看護師になる人もいますが、過酷な現実から辞めていく人も多い仕事です。

精神的な病気を抱えている患者さんを看護する仕事をしているのに、自分がうつ病になることもあるほどです…

また勤務体系が不規則なので、プライベートを充実させることも難しいと言われています。

辛い仕事ランキング7位:保育士

保育士は、子供の命を預かる責任ある仕事でありながら、給料が安いことで有名です。

手取り13万円なんて話も聞きますし、実際に副業をしている保育士もいます。

また、女性の多い職場なので人間関係の問題もよくあります…

子供好きならやっていけますが、ストレスも多く辛い仕事です。

辛い仕事ランキング8位:保険の営業

保険の営業の中でも、歩合制の職場は特に辛いです。

契約が取れた分だけ給料がもらえるので、稼げる人は稼げますが、成果が出ない人は本当に辛いでしょう…

最初は契約が取れても、そこから顧客を広げることに苦労する人が多く、家族や親戚、知人にお願いして契約を取っている人もいます。

辛い仕事ランキング9位:不動産営業

不動産会社の窓口で働く人を見ると、華やかな世界に思いがちですが、実態は泥臭く大変な仕事です。

マンションは、高級品でもありそう簡単に売れるものではありません。

飛び込み営業をすることもあり、嫌な顔をされることも多々あります。

やりがいを求めて不動産業界に飛び込んだものの、ストレスが溜まるばかりで、精神的にも体力的にも辛い仕事です。

辛い仕事ランキング10位:金融系の販売営業

投資信託などの金融商品を販売する仕事は大変です。

時にはお客さんが儲からない商品であっても、自社の利益だけを考えて販売しなければならないこともあります。

また、金融業界は体育会系とも言われており、厳しい営業ノルマを課せられることもあるでしょう。

佐々木
以上が辛い仕事ランキングです。
辛い仕事ランキング
  1. 飲食店の従業員
  2. 介護福祉士
  3. アニメーター
  4. イラストレーター
  5. プログラマー
  6. 看護師
  7. 保育士
  8. 保険の営業
  9. 不動産営業
  10. 金融系の販売営業
ゆり
確かにこのランキングの仕事ってどれも辛いって聞きますね。
佐々木

そうですね。

それぞれの仕事にやりがいはあるんですが、多くの人が辛くて苦しんでいる仕事がランクインしていますね。

次の会社で後悔しないためのチェックポイント

佐々木
最後に、次の会社で後悔しないために転職する上でチェックすべきポイントを説明します。

まず転職するなら、辛い仕事はしたくないので自分の求める条件を整理してみましょう

例えば、
・年間休日120日以上
・従業員数50人以上
・仕事内容をしっかり記載している
・福利厚生が充実している

など、求人情報を見る上で求めるべき条件を整理しておくことは大切です。

条件を整理した上で、後悔しないためにチェックすべきポイントは次の2つです。

後悔しないためのポイント
  1. 会社のホームページをくまなくチェックする
  2. 第三者の目線を取り入れる

それぞれ確認していきましょう。

チェックポイント1:会社のホームページをくまなくチェックする

会社のホームページをチェックして、商品やサービスの情報を知ることは大切です。

また、ホームページを細かくチェックすることで、会社の雰囲気も見えてくるものです。

よくホームページを見ると、誤字脱字が激しかったり、細かいところに気配りが出来ていなければ、規約も適当で労働法を守っていないことも…

企業側からしても、自社のホームページをしっかり見て、商品やサービスについて入社前から知ってくれることは大きな評価ポイントです。

チェックポイント2:第三者の目線を取り入れる

自分一人の考え方では、独りよがりなアピールになってしまいがちです。

第三者の意見を取り入れることで、客観的に自分を見ることができ、転職の成功率がグッと高まるでしょう。

そのためにやはりおすすめなのは、転職エージェントに相談することです。

転職のプロに任されば、模擬面接や履歴書のチェックをしてもらえることはもちろん、ホワイト企業の案件を紹介してもらえます。

自分のキャリアに自信がなくても、あなたにあった転職先を紹介してくれるので安心です。

佐々木
以上が後悔しないためにチェックすべきポイントです。
後悔しないためのポイント
  1. 会社のホームページをくまなくチェックする
  2. 第三者の目線を取り入れる
ゆり
求人情報とかホームページって何気なく見てしまいがちですが、慎重にチェックしないといけませんね。
佐々木

仰るとおりです!

会社の情報を知っておくことは、面接でも有利なので大切です!

おわりに|仕事が辛い時は自分を責めずに逃げ道を準備して

今回は、仕事が辛くて転職を考えている方に向けて、仕事が辛い時の対処法やホワイト企業に転職する方法などをお伝えしてきました。

要点を整理すると…

まとめ
  • 仕事が辛くて辞めたいと思うことは「甘え」じゃない
  • 仕事が辛いと感じる原因によって対処法が違う
  • 仕事が辛いと感じたらうつ病になる前に転職相談すべき
  • 転職に失敗しないためにもエージェントを使うべき
  • 転職に成功する人は平均3社のエージェントに登録している
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すれば良いということですね!

佐々木
はい!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめのエージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    特徴:サポート体制の質が高い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    特徴:業界No.1の求人数
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. 『doda』
    特徴:求人数やサポート体制共に業界トップクラス
    公式HP:https://doda.jp/

参考:転職エージェントおすすめランキング|成功者に人気の23社【2019年最新版】

ゆり
この3社がおすすめなんですね。
佐々木
はい!おっしゃる通りです!

本来なら求人を紹介してもらえる窓口を広げるために3社登録すべきなのですが…

面倒だと感じる方は最低でも『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』だけでも登録をして転職相談を受けるべきです!

佐々木

ただ、優良求人を見つけることは出来るだけ多くのエージェントに登録して、より多くの人と出会うことです。

実際に就職成功者の9割は、平均3社の転職エージェントに登録しているので、『doda』も成功率を高めるために登録すべきです!

佐々木
あなたが辛い仕事から抜け出せることを願っています!