次の仕事が決まってないけど辞めるのは危険?対策&注意点を徹底解説!

次の仕事が決まってないけど辞めるのは危険?対策&注意点を徹底解説!

この記事では、「次の仕事が決まってないけど辞めるのは危険?」と疑問を持っている人に向けて、

次の仕事が決まってないけど辞めるときのメリット&デメリット』や、『仕事を決めるポイント』などをお伝えしていきます!

転職を考えているものの、今の仕事の状況などから次の仕事を決めずに退職することを考えている人は多いです。

「次の仕事が決まっていないけど辞めるのは危険」と耳にし、不安を抱えている人もいるでしょう。

この記事を最後まで読めば、次の仕事が決まっていないけど辞めることの危険性が分かり、自分に合った方法で転職活動が進められますよ!

この記事がおすすめの人
  • 現職を続けながら転職活動をするのが難しい
  • 次の仕事が決まってないけど辞めても大丈夫か不安
  • 辞めてから後悔したくない
この記事の監修者
転職nendo編集チーム

株式会社Jizai キャリア事業部

転職nendo編集チーム

Nendo Editer Team

チーム情報

元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。
転職nendo編集チームメンバーページ

次の仕事が決まってないけど辞めるのは危険?

転職エージェントの佐々木
佐々木
早速、次の仕事が決まっていないけど辞めることの危険性についてお伝えしていきます!

結論から言うと、次の仕事が決まってないのに仕事を辞めるのは、一概に危険とは言い切れません!

なぜなら、現職が忙しい人は仕事を続けながらだと、転職活動を進められない可能性が高いからです。

実際、仕事が決まっていなくても、会社を辞めたことで時間を確保でき、計画的に転職活動を進められた人もいます!

次の仕事が決まっていない状態で辞めることはリスクもあるので、この記事でお伝えするポイントを押さえて行動に移しましょう!

次の章から、次の仕事が決まってないけど辞める時のメリットとデメリットを紹介していきます!

次の仕事が決まってないけど辞める時のメリット&デメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、次の仕事が決まってないけど辞める時のメリットとデメリットをお伝えします!

メリットとデメリットを知ることで、リスクを最小限に抑えやすくなりますよ!

メリット&デメリット

◎メリット

  1. 転職活動に十分な時間を使える
  2. 面接日程を調整しやすい
  3. 面接で自分の本気度が伝わりやすい

◎デメリット

  1. 経済的に厳しくなる
  2. 空白期間が長くなると転職が不利になる
  3. 希望の求人が見つからない可能性がある
  4. 焦りから転職先を妥協してしまう

メリットから1つずつ紹介します!

メリット1|転職活動に十分な時間を使える

転職エージェントの佐々木
佐々木
メリットの1つ目は、転職活動に十分な時間を使えることです!

在職中は残業や休日出勤が多かったり、精神的に辛いなど、転職活動に使える時間が限られてきます。

転職は、自己分析や対策に時間をかけるほど成功率が上がるので、転職活動に十分な時間を使えることは大きなメリットです!

仕事を辞めることで、体力的にも精神的にも回復しやすくなるので、在職中より効率的に転職活動を進められますよ!

メリット2|面接日程を調整しやすい

転職エージェントの佐々木
佐々木
メリットの2つ目は、面接日程を調整しやすいことです!

在職中は仕事を休めないなど、面接日程を調整できずに転職活動が先延ばしになってしまうことが多いです。

しかし、仕事を辞めることで自分の時間が増えるため、すぐに面接の日程を組めるようになります!

また、複数社の選考を並行して進めやすくなるので、短期間で効率的に転職活動を行えるでしょう!

メリット3|面接で自分の本気度が伝わりやすい

転職エージェントの佐々木
佐々木
メリットの3つ目は、面接で自分の本気度が伝わりやすいことです!

仕事を辞めることで、万全の状態で面接に臨めるので、自分の気持ちをしっかりと伝えられます!

また、面接では自分の精神状態が反映されやすいので、しっかりと準備をすることで本気度が姿勢からも伝わりやすくなります!


ここまで、次の仕事が決まってないけど辞める時のメリットについてお伝えしました!

次に、デメリットについてお伝えします!

デメリット1|経済的に厳しくなる

転職エージェントの佐々木
佐々木
デメリットの1つ目は、経済的に厳しくなることです。

仕事を辞めると収入が無くなるので、今までの貯金で生活していく必要があります。

それに加え、今まで会社がある程度負担してくれていた国民年金・健康保険や、住民税を全額自分で払うことになります。

転職活動を始めると、書類の郵送代や交通費など、細かな出費も増えていくので、出費が多くなる可能性もありますよ。

デメリット2|空白期間が長くなると転職が不利になる

転職エージェントの佐々木
佐々木
デメリットの2つ目は、空白期間が長くなると転職が不利になることです。

空白期間が長くなると、採用担当者から「無計画な人」「問題がありそう」という印象を持たれる可能性があるため、

スキルアップの勉強をしていたなど、正当な理由が無い場合は不利になります。

実際、仕事を辞めてからの転職活動は、時間がありすぎてモチベーションが下がり、転職活動の期間がズルズルと長引くことも多いです。

デメリット3|希望の求人が見つからない可能性がある

転職エージェントの佐々木
佐々木
デメリットの3つ目は、希望の求人が見つからない可能性があることです。

求人にはタイミングがあるため、希望の求人がなかなか出ない場合もあります。

柔軟に転職先を広げられれば問題ありませんが、希望の企業や求人が少ない職種を狙っている人は要注意です。

また、転職市場を知らずに辞めてしまうと、求人数自体が減っており、倍率が高くなって内定に繋がらない場合もあるので注意しましょう!

デメリット4|焦りから転職先を妥協してしまう

転職エージェントの佐々木
佐々木
デメリットの4つ目は、焦りから転職先を妥協してしまうことです。

空白期間が長くなることで、働いていないことに焦りを感じたり、経済的に苦しくなることは多いです。

このように焦りが生じると、自分が希望する働き方をするよりも、早く働くことに重点を置いてしまいます。

その結果、転職先を妥協してしまい、転職を後悔したり転職を繰り返すリスクが高まります。


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、次の仕事が決まってないけど辞める時のメリットとデメリットをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

メリット&デメリット

◎メリット

  1. 転職活動に十分な時間を使える
  2. 面接日程を調整しやすい
  3. 面接で自分の本気度が伝わりやすい

◎デメリット

  1. 経済的に厳しくなる
  2. 空白期間が長くなると転職が不利になる
  3. 希望の求人が見つからない可能性がある
  4. 焦りから転職先を妥協してしまう
転職希望者のゆり
ゆり
次の仕事が決まってないけど辞める時には、メリットとデメリットがどちらもあるんですね…!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

何も考えずに仕事を辞めてしまうと、デメリットになりやすく後悔する可能性が高まります。

納得のいく転職活動を行うためにも、在職中に転職活動を行うメリットとデメリットも知っておきましょう!

次に、在職中に転職活動を行うメリットとデメリットを紹介します!

在職中に転職活動を行うメリット&デメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、在職中に転職活動を行うメリットとデメリットを紹介します!

在職中に転職活動についても知っておくことで、

自分に合った自分に合った転職活動の方法を選択しやすくなりますよ!

在職中に転職活動を行うメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木
まずは、在職中に転職活動を行うメリットをお伝えします!

メリットは次の通りです!

在職中に転職活動を行うメリット
  • 資金に余裕をもって転職活動ができる
  • モチベーションを保ったまま転職活動ができる
  • 採用担当から悪い先入観を持たれない
  • 納得するまで転職活動が続けられる

在職中であれば、毎月給料がもらえますし、空白期間が出来ることもありません。

そのため、不安を最小限に抑えて転職活動を進められるので、納得するまで転職活動を行いやすいです!

在職中に転職活動を行うデメリット

転職エージェントの佐々木
佐々木

次に、在職中に転職活動を行うデメリットを紹介します。

デメリットは次の通りです!

在職中に転職活動を行うデメリット
  • 選考対策が満足にできない
  • 面接日程の調整が長引く
  • 疲労で転職活動が後回しになる

在職中は、1日の半分以上が仕事の時間であり、自分の時間が確保しづらいため、選考対策が満足にできない可能性が高いです。

また、疲労などから転職活動が後回しになり、長期化したりモチベーションが下がってしまうことも多いです。


ここまで、在職中に転職活動を行うメリットとデメリットを紹介しました。

転職希望者のゆり
ゆり
在職中の転職活動にも、メリットとデメリットがあるんですね…!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうなんです!

自分の状況によって、在職中の転職が不利になることもあるんです。

今の仕事の忙しさや自分の精神的な余裕を考慮して、転職活動の方法を決めることをオススメします!

次に、仕事を決めるために押さえるべきポイントを状況別に紹介します!

【状況別】次の仕事を決めるために押さえるべきポイント

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、次の仕事を決めるために押さえるべきポイントを説明していきます!

押さえるべきポイントを知っておくことで、スムーズに転職活動を進めやすくなりますよ!

【状況別】次の仕事を決めるポイント
  1. 次の仕事が決まっていないけど辞める時のポイント
  2. 在職中に転職活動を行う時のポイント

それでは1つずつ見ていきましょう!

状況1|次の仕事が決まっていないけど辞める時のポイント

次の仕事が決まっていない場合は、なるべく早く次の仕事を見つけることが転職成功の鍵になります!

次の仕事が決まってないけど辞める時に、押さえるべきポイントは次の通りです!

押さえるべきポイント
  • 在職中に自己分析など、出来る範囲で転職活動を進めておく
  • 面接で聞かれる内容を整理しておく
  • 興味のある求人は積極的に応募する

そのため、次の仕事が決まっていなくても、在職中に出来る範囲で転職活動を進め、退職後にすぐ動けるように準備をすることが大切です!

面接では転職理由や自己PRなど、基本的に聞かれる内容があるので、内容を整理しておくとスムーズに選考に進めるでしょう!

また、退職後は時間が出来るため、気になった求人には積極的に応募し、複数社の企業の選考を同時に進めることをおすすめします!

状況2|在職中に転職活動を行う時のポイント

在職中に転職活動を行う場合は、仕事と転職活動を両立することが大切です!

在職中に転職活動を行う時に押さえるべきポイントは、次の通りです!

押さえるべきポイント
  • 具体的な期間を定め、転職活動のスケジュールを立てる
  • 空き時間を活用し、企業分析や求人の情報収集を行う
  • 自己分析を行い、転職の軸や希望条件を明確にする

在職中はいつまでも転職活動を続けられますが、長期的に続けてもモチベーションが下がったり中だるみしがちです。

そのため、転職活動の期間を設定し、その期間内に全力で転職活動を行うことをおすすめします!

仕事をしていると1日で転職活動に使える時間は限られているので、3ヶ月~半年くらいのスパンでメリハリを付けて臨むと良いですよ!


転職エージェントの佐々木
佐々木
ここまで、次の仕事を決めるために押さえるべきポイントを説明しました!

まとめると次の通りです!

【状況別】次の仕事を決めるポイント
  1. 次の仕事が決まっていないけど辞める時のポイント
    →在職中に出来る範囲で転職活動を進め、退職後はどんどん求人に応募する
  2. 在職中に転職活動を行う時のポイント
    →具体的な転職期間を決め、メリハリをつけて効率的に転職活動をする
転職希望者のゆり
ゆり
仕事を見つけるためには、状況に合わせてこれらのポイントを押さえると良いんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

退職後と在職中では転職活動の進め方が違うので、自分の状況に合わせてポイントを押さえることが大切です!

次に、転職活動を効率よく進めるためにオススメの転職のプロについて紹介します!

転職活動を効率的に進めるにはプロへの相談がおすすめ!

佐々木

転職活動を効率よく進めるためには、「転職エージェント」の利用をオススメします!

転職エージェントを利用すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーが、これまでの職歴やあなたの希望に合う最適な転職先を紹介してくれます!

場合によっては、年収交渉のサポートも行ってくれるので、非常に心強い存在になってくれますよ!

転職エージェントのサポート内容

佐々木
転職エージェントは、具体的に次のようなサポートを行ってくれます!
エージェントのサポート内容
  1. キャリアについての相談
  2. 希望に合う求人案件の紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接対策・業界情報の共有
  5. 企業との面接日程の調整
  6. 給与など条件面の交渉
ゆり
えっ!こんなにもサポートしてくれるんですか!
佐々木

そうなんです!

こういったサポートがあるからこそ、転職する時に活用すべきサービスなんですよ!

おすすめの転職エージェント

佐々木
具体的におすすめの転職エージェントは次の5社です!
おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  4. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

佐々木
面倒かもしれませんが、

最初から数社同時に登録して、様々な担当者・求人を比較検討することで、

転職成功率がグッと上がりますよ!

転職エージェントや複数登録に関して、詳しくは次の記事をご覧ください。

次に、実際に次の仕事が決まってないけど辞める判断をした人の体験談を紹介します!

次の仕事が決まってないけど辞める判断をした人の体験談

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、次の仕事が決まってないけど辞める判断をした人の体験談を見ていきましょう!

体験談を知ることで、自分がどのように判断すべきか想像しやすくなりますよ!

転職希望者のゆり
ゆり
ありがとうございます!

次の仕事が決まってないけど辞める判断をした人は多いんですね!

転職エージェントの佐々木
佐々木
そうですね!

方向性を定めて転職活動を進めることで、しっかりと転職先を決めることが出来ますよ!

次に、次仕事が決まる前に会社を辞めるべきか判断する方法を紹介します!

次の仕事が決まる前に会社を辞めるべきか判断する3つの方法

転職エージェントの佐々木
佐々木
それでは、次の仕事が決まる前に会社を辞めるべきか判断する3つの方法を説明します!

仕事を辞めるか悩んでいる人は、次の方法を参考に考えてみましょう!

会社を辞めるべきか判断する方法
  1. 転職したい理由や不満を考えてみる
  2. 頼れる相談相手に相談してみる
  3. 自分が辞めても会社は回ると考える

1つずつ見ていきましょう!

方法1|転職したい理由や不満を考えてみる

転職する目的が明確でない場合は、転職したい理由や今抱えている不満を考えてみましょう!

漠然とした気持ちのままでは、今の仕事を続けるとしても良い状況とは言えません。

スキルアップをしたいのか、今の職場に問題があるのか、転職後の働き方に不安があるのか、原因によって次の行動が変わります。

自分の気持ちをノートに書き出して整理することで、退職しなくても改善する問題や転職先に求める条件が分かることもありますよ!

方法2|頼れる相談相手に相談してみる

1人で悶々としている場合は、頼れる相手に相談してみることをおすすめします!

なぜなら、転職活動で大切なのは、自分を客観的に見つめることだからです!

一人で悩み続けてしまうと、視野が狭くなったり客観的に考えられなくなるため、第三者の意見を聞くことは重要です。

相談する相手は誰でも良いわけでは無く、客観的な意見をいってくれる人転職活動に詳しい人をおすすめします。

近くに話せる人がいない場合は、転職エージェントに相談することで、幅広い悩みに対して客観的な意見をもらえますよ!

方法3|自分が辞めても会社は回ると考える

自分が辞めることで周囲に迷惑がかかると考え、退職に踏み切れない人は『自分が辞めても会社は回る』と思いましょう!

退職することで周囲に負担がかかる部分は少なからずありますが、それは一時的な状況に過ぎません。

周りに負担がかかったり、業務が滞ることに罪悪感を覚える人も多いと思いますが、過剰に心配する必要はありません。

欠員を補充したり、仕事の穴を埋めるために動くのは会社の仕事です。

職場に迷惑をかけたくない場合は、なるべく早めに退職の意向を伝え、引継ぎを丁寧に行えば問題ありませんよ!


ここまで、次の仕事が決まる前に会社を辞めるべきか判断する3つの方法を説明しました!

まとめると次の通りです!

会社を辞めるべきか判断する方法
  1. 転職したい理由や不満を考えてみる
  2. 頼れる相談相手に相談してみる
  3. 自分が辞めても会社は回ると考える
転職希望者のゆり
ゆり
辞めるかどうか漠然と悩んでいたので、これらを参考にもう一度考えてみます!
転職エージェントの佐々木
佐々木
そうですね!

自分の気持ちを整理することで、辞めたい本当の原因が見えてくることもありますよ!

次に、今の仕事を円満退職する方法を紹介します!

今の仕事を円満退職する方法|伝え方&退職までの流れ

佐々木
実際、仕事を辞めると決めたあとは、今の会社を退職しなくてはなりません。

退職する際は、その意思を伝える必要がありますが、

実際に退職の意思を伝えたところ、次のような引きとめにあった人もいます。

引きとめられるパターン
  • いきなり辞めずに、有給や休暇制度を利用するのはどうか
  • 忙しい時期だけとりあえず続けてほしい

上司はできるだけ退職者を出したくないため、このような引き留めはよくあるパターンなのです。

そのため、人によって引きとめが凄まじい上司もいるので、退職を決意したなら強い意思を持って行動する必要があります。

佐々木

スムーズに退職をするためには、次の3点を意識しましょう!

この3点を意識することで、スムーズに会社を辞めることができますよ!

スムーズに仕事を辞める方法
  1. 退職予定の1~2か月前に退職の意思を伝える
  2. 上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない
  3. 直接言うのが辛い時は、退職届や退職代行サービスを使う

1つずつ紹介していきます!

方法1|退職予定の1~2か月前に退職の意思を伝える

退職予定日の1~2か月前に、退職の意思を伝えるようにしましょう!

なぜなら、退職が決まれば人員の補充や引継ぎなど、辞めるための手続きが様々あるからです。

そのため、早めに伝えることで企業側も余裕をもって採用活動に当たれるので、円満退職がしやすくなります!

転職エージェントの佐々木
佐々木
法律上は2週間前に申し出れば退職できますが、会社の規約がある場合もありますし、

周囲のことも考えて退職を申し出るのが良いでしょう!

方法2|上司に退職を伝える前に、同僚や部下に伝えない

上司に退職の意思を伝える前に、同僚や部下に話することは絶対にやめましょう。

職場の人間関係にもよりますが、退職すると決めた人は「裏切り者」と見なされ、冷たく当たられるかもしれません…

また、退職することが別の人から上司の耳に入ってしまうと「そんな話聞いてない!」と、これまで積み上げてきた信頼関係など全てがぶち壊しになります。

佐々木
いくら仲のいい同僚がいても、上司に話をする前に退職の意思を伝えるのは絶対にやめましょう。

方法3|直接言うのが辛い時は退職届や退職代行サービスを使う

佐々木
直接退職の意思を伝えることがどうしても出来ないという場合は、

退職届を送付して、会社を退職するといった方法もあります。

退職届を送付する上での注意点

退職届を送付して退職するなら、日付は2週間後の日付で、退職理由は「一身上の都合」で構いません。

マニュアルや資料も横領になる可能性があるので、自宅にあるなら必ず一緒に送ってください。

加えて添え書きとして、次のことをまとめて書いておきましょう。

添え書きとして書くべきこと
  • 労働基準法に則り、退職の意思を示すこと
  • 書面以外のやりとりは一切拒否すること
  • 退職成立後に必要なものを速やかに送ってもらう依頼の一文

また注意すべきこととして、人によっては退職届を捨てたり、離職票などを発行しないなんてこともあります…

それを防ぐためにも、退職届は必要に応じて内容証明で送りましょう。

内容証明に関しては、下記の日本郵便のページをご覧ください。

佐々木
さらに、あなたに変わって退職に必要な手続きを行ってくれる「退職代行サービス」もあります!

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。

退職する旨の連絡を始め、その後の退職に関する連絡の中継を行ってくれます。

正社員の場合3〜5万円がサービスを利用する相場といったところです。

ストレスなく退職できるというメリットはありますが、まずは円満に退社することが第一なので、

もし本当に苦しくて自分からは上司に話せないという状況の場合に限って利用することをおすすめします。


ゆり
上司に退職を伝えるだけじゃなく、他にも辞められる方法があるんですね!
佐々木

はい!ただ基本的には円満退職がベストなので、

退職届を送付したり、退職代行サービスはどうしても辛い時に限って活用することをおすすめします。

人気の優良求人は早い者勝ち!

次に、次の仕事が決まっていないけど辞める人が活用できる制度を紹介します!

次の仕事が決まっていないけど辞める人が活用できる制度

転職エージェントの佐々木
佐々木
最後に、次の仕事が決まっていないけど辞める人が活用できる制度をお伝えします!

金銭的に余裕をもって転職活動を行うためにも、活用できる制度は知っておきましょう!

活用できる制度
  1. ハローワークで失業給付金を受給する
  2. うつ病など病気が原因の場合は傷病手当を受給する

1つずつ紹介します!

制度1|ハローワークで失業給付金を受給する

在職期間が1年以上ある場合は、退職後にハローワークに申請することで失業保険を受け取れます!

会社都合の場合は即日、自己都合の場合は3か月後から給付金が支払われます!

給料の60%程度の金額を受け取ることが出来るので、3か月以上フリーな状況になる可能性がある人は申請しておきましょう!

自己都合退職や失業保険について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください!

制度2|うつ病など病気が原因の場合は傷病手当を受給する

会社が原因でうつ病や精神疾患などの症状が生じて休業をした場合、会社都合で退職することが可能です。

さらに、この時条件を満たしていれば傷病手当を受け取ることが出来ます!

傷病手当には細かい条件があるので、当てはまるのか確認して計画的に出勤や休業を行うことが大切です!

詳しくは、全国健康保険協会の下記のページをご覧ください!

傷病手当について

ここまで、次の仕事が決まっていないけど辞める人が活用できる制度をお伝えしました!

まとめると次の通りです!

活用できる制度
  1. ハローワークで失業給付金を受給する
  2. うつ病など病気が原因の場合は傷病手当を受給する
転職希望者のゆり
ゆり
会社を辞めても活用できる制度があるんですね!
転職エージェントの佐々木
佐々木
おっしゃる通りです!

日本には様々な制度があるので、自分が使える制度が無いか知っておくことは重要ですよ!

退職時には様々な手続きも必要になるので、あわせて確認してみましょう!

対策すれば、次の仕事がきまってないけど辞めるのもアリ!

佐々木

今回は、次の仕事が決まってないけど辞めるのは危険なのか疑問を持っているに向けて、

次の仕事が決まってないけど辞める時の危険性や、仕事を決めるために押さえるべきポイントなどをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 次の仕事が決まってないけど辞めることは、状況によってメリットにもデメリットにもなる
  • 転職方法を事前に定めておけば、次の仕事が決まってなくても問題ない
  • 効率よく転職活動を行うためには、転職エージェントを活用すべき
ゆり

ありがとうございます!

次の仕事が決まってないけど辞める時の危険性について、いろいろ考えることが出来ました!

佐々木

それは良かったです!

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントをお伝えしておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  3. 『doda』
    求人数やサポート体制共に安定!
    【公式】https://doda.jp/
  4. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  5. 『JACリクルートメント』
    年収アップを目指すハイキャリア向け
    【公式】http://www.jac-recruitment.jp/
ゆり

ありがとうございます!

でもどれも良さそうなので、迷いますね…。

佐々木
そうですよね… 目的別に転職エージェントを選ぶことが大切ですが、

迷ったら、最低でも「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の2社に登録しましょう!

迷ったら2社に登録すべき

複数に登録すべき理由

  1. 優秀で相性の良い担当者と出会いやすい
  2. より良い求人案件を見つけやすい

人気の優良求人は早い者勝ち!

ゆり

わかりました!

早速登録して、転職の相談をしてみます!

佐々木
あなたが転職に成功できるよう応援しています!