転職エージェントおすすめランキング13選

転職に資格は有利?取得が簡単&役立つおすすめ資格ランキング【業界別】

転職に資格は有利?取得が簡単&役立つおすすめ資格ランキング【業界別】

この記事でお伝えすること
  • 転職に役立つ業界別のおすすめ資格ランキング
  • 未経験でも転職で有利になるおすすめの資格
  • 働きながら効率よく資格を取得するコツ
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です!

この記事を読んでいる人の中には…

「転職をする上で、有利になる資格ってあるの?

「転職活動をしながらでも、資格は取得できるの?」

…と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、転職のために資格取得を目指している方に向けて、

業界別の転職に役立つ資格ランキング効率よく資格を取得するコツなどを紹介します!

この記事を読めば、あなたが取るべき資格が分かり、今すぐ行動できるようになりますよ!

当サイトで人気の転職サイト・エージェントTOP3

13ヶ月連続人気1位!過去30日間の登録数:671
約87%の人が満足のいく転職を実現させています。

転職者のおよそ7割が年収UPに成功!20代~30代の転職実績が豊富です

DYM就職

フリーター・ニートの就職率96%!書類選考がないため、職歴なしでも相性次第で優良企業に!

資格の取得は転職活動に有利って本当?

佐々木

そもそも、資格を取得すれば転職に有利になるかどうかですが…

転職したい職種や業種によって有利かどうか変わってきます!

具体的には、就きたい職種に関する知識や技術が客観的に評価できる資格は、転職で有利になる可能性が高いです。

しかし、ただ資格をたくさん持っていても、転職先の業務内容と関係ない資格ばかりであれば、何の意味も果たさない場合もあります。

ゆり

ただ資格があれば有利というわけではなく、転職先の業務に関係あるかどうかが重要なんですね!

佐々木

そうなんです!

業種や業界を問わず様々な資格を持っていることで、「何でこの職種に応募したの?」と突っ込まれたり、

持っている資格によっては、希望していない部署に配属されることもあるようです。

ゆり

必死で勉強して資格を取得しても、転職で活かせなければ意味がありませんね…。

佐々木

そうですね…。

転職においては、とりあえず資格があれば有利とは決めつけられません。

まず転職したい職種や業界を決めた上で、評価される資格取得を目指すべきです!

次の章では、業界別に転職に役立つおすすめの資格を紹介していきます!

【業界別】転職に役立つおすすめ資格ランキングまとめ

佐々木

それでは、業界別に転職に役立つおすすめの資格をお伝えしていきます!

自分が狙っている業界では、どんな資格が役立つのか確認していきましょう!

それでは1つずつ見ていきましょう!

1.全ての業界で転職を目指す人におすすめの資格

佐々木
業界を問わず、転職を目指す全ての人におすすめなのは「TOEIC・TOEFL」です!

おすすめの資格1:TOEIC・TOEFL

TOEICとTOEFLは、資格ではありませんが、英語力を図るために重要視されるテストです。

特に外資系企業に転職を考えている場合には、受けていればアピールポイントになるでしょう。

日本企業でも、海外進出や外国人労働者の雇用が進んでいるので、英語力があれば大きなアピールにつながる可能性はあります。

具体的に、転職で評価される点数のラインとしては、TOEICは600〜800点以上、TOEFLは213点以上と言われています。

佐々木
英語力を活かして働きたいと考えている方は、受けてみることをおすすめします!
全ての業界でおすすめの資格
  • TOEIC・TOEFL

2.経理職への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

経理職への転職を目指している方におすすめの資格は、

「日商簿記検定2級」「BATIC」です!

おすすめの資格1:日商簿記検定2級

日商簿記検定2級は、簿記に関する知識を持っていることを証明できる資格です。

具体的に2級だと、株式会社の経営管理に役立つレベルの知識を持っていることを証明できます。

そのため、財務諸表の読み方が分かるなど、数字に強いことをアピールできるでしょう。

合格率は70%以上となっており、比較的取得しやすい資格としても有名です!

佐々木
しっかりと勉強すれば数ヶ月で取得できるので、短期間で資格を取りたい場合にもおすすめです!

おすすめの資格2:BATIC

BATICは、英文会計に関する業務で力を発揮できる資格です。

知名度はそれほど高くないですが、英語の素養があること、国際会計基準に関する知識を持っていることをアピールできる資格です。

BATICの試験は英語で行われ、日本の会計基準ではなく、国際会計基準がベースになっています。

大企業や海外と取引を行っている企業では、「海外子会社の経理担当とコミュニケーションが取れる人材がほしい!」と

ニーズが高まっているので、BATICを取得すれば大きなアピールポイントになります。

佐々木
BATICと経理の実務経験をアピールできれば、他者と大きな差別化を図れるでしょう!
経理職でおすすめの資格
  • 日商簿記検定2級
  • BATIC

3.事務職への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

事務職への転職を目指している方におすすめの資格は、

「MOS」「文書情報管理士」です!

おすすめの資格1:MOS(Microsoft Office Specialist)

MOSは、Word、ExcelなどMicrosoft Officeのスキルを証明するための資格です。

Officeソフトを使っての業務が多い事務職にとっては、大きなアピール材料になる資格です。

実際、企業によっては事務職の募集要項にWord、Excelが使える人と条件を出している場合は多々あります。

MOSでは、Word、Excelに加え、PowerPoint、Accessなどソフトごとに試験が用意されています。

一般的には、Word、Excel、PowerPointの3つの資格を持っておけば、十分アピールポイントになるでしょう!

佐々木
バージョンによっても試験内容が異なるので、

すぐに業務で活かせるように、最新バージョンで取得を目指すことをおすすめします!

おすすめの資格2:文書情報管理士

文書情報管理士は、書類の電子化や個人情報保護の強化に伴い、注目度が高まっている資格です。

主に職場で取り扱う文書類、帳票類、伝票類、資料、図面などの紙文書をコンピューターで見れるようにスキャンしたり、

大量の書類を効率よく長期保管するための法律や規律に関する知識の証明になります。

書類の最適な電子保存方法を理解していれば、転職先で事務職のエキスパートとして活躍できる可能性もあります!

佐々木
特に若手や新入社員の方には、一般常識を学ぶため上でも取得をおすすめできる資格です!
事務職でおすすめの資格
  • MOS(Microsoft Office Specialist)
  • 文書情報管理士

4.飲食・サービス業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

飲食やサービス業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「調理師」「登録販売者」です!

おすすめの資格1:調理師

調理師は、調理に関する知識、衛生法、栄養に関する知識を持っていることを証明できる資格です。

飲食業界でも最も知られている資格であり、調理師の資格がないと、そもそも働けない店舗もたくさんあります。

調理師の資格を持っていれば、飲食店以外にも、介護施設や企業の食堂など、飲食に関わる幅広い環境への転職でアピールできます!

佐々木
調理師は、専門学校に通わないと取得できないと思われがちですが、

飲食店などで2年以上の実務経験があれば、試験は受けられますよ!

おすすめの資格2:登録販売者

登録販売者は、2009年の改正薬事法によって新設された国家資格です。

登録販売者の資格を持っていれば、医薬品の販売が行えます。

販売できる医薬品の範囲は、「第二類医薬品」と「第三類医薬品」に分類されるもののみですが、

薬剤師不足に悩んでいるドラックストアや調剤薬局、また医薬品を取り扱うコンビニ、ホームセンターなどでも活躍できるでしょう。

佐々木

医薬品関連の資格なので、難易度が高いように思えますが、

実務経験や年齢制限など、受験資格はなく誰でも取得を目指せる資格です!

飲食・サービス業界でおすすめの資格
  • 調理師
  • 登録販売者

5.医療・介護業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

医療や介護業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「介護初任者研修」「アロマセラピスト」です!

おすすめの資格1:介護初任者研修

介護初任者研修は、介護に関する必要な基本知識を持っていることを証明できる資格です。

以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護士にとっては欠かせない資格の1つです。

実際に、介護初任者研修の取得を転職や就職の条件にしている介護施設も多くなっています。

佐々木

転職して介護業界でのキャリアを形成したいのであれば、必ず取得しておくべき資格です!

おすすめの資格2:アロマセラピスト

アロマセラピストは、精油に関する正しい知識を持ち、ブレンドしたオイルを使って、施術を施せる資格です。

一見、美容や健康のための趣味の資格に思われがちですが、最近ではアロマセラピストが医療や介護の現場で活躍することも増えています。

具体的には、医療や介護の現場で、心のケアや緩和ケアとしてアロマセラピストが活躍しています。

高齢化問題はもちろん、ストレス環境の多い現在社会では幅広い環境で活躍できる可能性を秘めている資格と言えるでしょう!

佐々木
リラクゼーションや癒しに関わりたいなら、取得を目指すべき資格です!
医療・介護業界でおすすめの資格
  • 介護初任者研修
  • アロマセラピスト

6.金融・不動産・保険業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

金融や不動産、保険業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「ファイナンシャルプランナー」「証券アナリスト」です!

おすすめの資格1:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、ライフプラン設計、資産運用、不動産や相続など、

お金に関する知識を持っていることを証明できる資格です。

男女を問わずおすすめできる資格で、多くの方の夢や目標を達成するためのアドバイスを行えるようになります。

具体的には、相談者の立場やライフイベントを考慮し、長期的かつ総合的な視点でアドバイスをして、資産設計やキャリアを支援します。

3級から1級までランクがありますが、1級を持っていれば、起業できるレベルの知識を持っていることが証明できます!

佐々木
ファイナンシャルプランナーは、未経験でも取得でき、キャリアアップに大きく活躍できる資格です!

おすすめの資格2:証券アナリスト

証券アナリストは、金融市場を評価し分析するための必要な資格です。

金融市場といえば、株式市場がイメージできると思いますが、実際には債券や商品市場、景気動向や経済情勢などの分析・調査も行います。

実際、証券アナリストの資格を取得すれば、証券会社や投信会社への転職で有利になります!

佐々木
合格率は25%程度と難しい資格ですが、受験資格は特にないので、誰でも挑戦できる点は魅力です!
金融・不動産・保険業界でおすすめの資格
  • ファイナンシャルプランナー
  • 証券アナリスト

7.メーカー・建築業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

メーカーや建築業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「インテリアコーディネーター」「電気工事士」です!

おすすめの資格1:インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリア関連のプロフェッショナルとして業務で活躍できる資格です。

具体的には、内装から住宅設備、照明やファブリックなど、住宅に関する幅広い知識を持っていることを証明できます。

住宅メーカーや家具メーカー、デザイン事務所への転職で有利になる資格で、通信講座でも取得可能です。

佐々木
資格取得者の多くは女性ですが、合格率が20%と低いため、

男性でも十分転職時のアピールポイントになる資格です!

おすすめの資格2:電気工事士

電気工事士は、住宅や店舗、工場など、電気工事に従事する技術者が持っている資格です。

どんな時代でも工事に関する需要は高いため、取得すれば建設業界で活躍できる資格と言えるでしょう。

配線設備工事やメンテナンスなど、建設に関わる多くの業種で活躍できるため、非常にニーズの高い資格です!

佐々木

受験資格は特にありません!

筆記と作業用工具を使った技能試験をクリアすれば、電気工事士の資格が取得できます。

メーカー・建築業界でおすすめの資格
  • インテリアコーディネーター
  • 電気工事士

8.旅行・観光業界への転職を目指す人におすすめ

佐々木

旅行や観光業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「通訳案内士」「旅行業務取扱管理者」です!

おすすめの資格1:通訳案内士

通訳案内士は、外国人観光客に対して、外国語で日本の文化や歴史を紹介できることを証明する資格です。

以前は、通訳ガイドと呼ばれていました。

通訳案内士の資格取得者は増えていますが、外国人観光客の数は年々増加しているので、今後も需要が期待できる資格です!

旅行会社はもちろん、フリーランスで通訳案内士として活躍している人も数多くいます。

佐々木
選択した語学に関する筆記試験を受け、通過すれば面接を行いその後に資格が取得できます!

おすすめの資格2:旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は、旅行会社の営業所の必ず1人以上置くことが法律で定められている資格です。

取得すれば、旅行に関する実務知識を備えた即戦力であることが証明できるので、旅行会社への転職に有利になります。

国内旅行のみを取り扱う「国内旅行業務取扱管理者」と、海外旅行にも対応できる「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

佐々木
旅行会社はもちろん、旅行に関連するホテルやレジャー産業でも活躍できるでしょう!
旅行・観光業界でおすすめの資格
  • 通訳案内士
  • 旅行業務取扱管理者

佐々木
以上が、業界別に転職でおすすめの資格ランキングです!
ゆり

これらの資格を取得すれば、転職で有利になるんですね!

佐々木

はい!

どれも転職で大きなアピールポイントになる資格ばかりですよ!

次の章では、未経験でも転職で有利になるおすすめの資格を紹介します!

未経験でも転職で有利になるおすすめの資格11選

佐々木

次に、各職種・業界に未経験から転職を目指す人におすすめの資格を紹介します!

未経験でも紹介する資格を取得すれば、大きなアピールポイントになりますよ!

未経験の職種や業界への転職を考えているのであれば、資格取得を積極的に目指すことをおすすめします!

資格を取得すれば、面接でアピールできるだけでなく、事前に知識やスキルが身につき、スムーズに業務に入れる可能性が高まります!

佐々木
未経験で資格取得を目指せば、具体的に次のようなメリットがあります。
未経験で資格取得を目指すメリット
  • スキルや知識が身につく
  • 転職する職種の幅が広がる
  • スキルや知識の証明になる
  • 収入・キャリアアップにつながる
ゆり
未経験だからこそ、スキルや知識を身につけるために資格取得を目指すべきなんですね!
佐々木

そうですね!

それではここから、各職種や業界に置いて、未経験でも取得できるおすすめの資格を紹介しています!

それぞれの資格に関して紹介していきます!

1.経理職・事務職への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験から経理職や事務職への転職を目指している方におすすめの資格は、

「秘書検定です!

おすすめの資格1:秘書検定

秘書検定は、秘書として必要になる知識やビジネスマナー、技能を証明できる検定です。

ビジネスシーン全般で使えるスキルを網羅した検定になっているので、秘書の仕事だけでなく、経理や事務でも大いに活用できます。

履歴書に書きたいなら、2級の取得を目指すのが良いでしょう。

将来的に秘書を目指したいなら、準1級、1級と難易度が高い検定も視野に入れておくべきです!

佐々木
秘書検定は女性の資格のイメージがありますが、

ビジネススキルを証明するために取得を目指す男性も増えています!

経理職・事務職でおすすめの資格
  • 秘書検定

2.飲食・サービス業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験から飲食やサービス業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「サービス接遇検定「販売士」です!

おすすめの資格1:サービス接遇検定

サービス接遇検定は、文科省が後援しているビジネス系検定の1つです。

ビジネスシーンにおいての言葉遣いや態度、振る舞いはもちろん、

サービスに関する考え方、対人心理など接客の細かいスキルを証明できる検定となっています。

サービス業への転職を目指す人にはおすすめで、百貨店や銀行、鉄道や航空、ホテルなど、

お客様を直接接客する仕事においては、大きなアピールポイントになるでしょう!

佐々木
接客力のスキルアップを図りたいなら、サービス接遇検定はおすすめです!

おすすめの資格2:販売士

販売士は、スーパーや百貨店、量販店などの売り場の販売員に必要な知識があることを証明できる資格です。

直接販売に関することだけでなく、店舗運営の仕組みや販促企画の打ち方、マーケティングや経営計画に関する知識も身につけられます。

流通・小売業界の公的資格としては、唯一の資格なので、取得しておいて損はないでしょう。

佐々木
3級から1級まで難易度が違う検定が用意されており、

1級まで取得すると店長クラスの知識があることを証明できますよ!

飲食・サービス業界でおすすめの資格
  • サービス接遇検定
  • 販売士

3.医療・介護業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験から医療や介護業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「医療事務「歯科助手」です!

おすすめの資格1:医療事務

医療事務は、レセプト業務や医療従事者のサポート、カルテの管理など、

医療機関で働くために必要な知識を持っていることが証明できる資格です。

医療事務の仕事に就くためには、必ず資格が必要というわけではありません。

しかし、業務内容が専門的であるため、資格の取得や勉強をしておけば、転職後の業務をスムーズにこなせるでしょう。

また医療事務の資格には、いくつかの種類があるので、目指している職場環境に合わせて種類を選ぶべきです。

佐々木

医療事務の資格があれば、病院だけでなく、

検診センターや損害保険会社、健康保険組合などでも活躍できますよ!

おすすめの資格2:歯科助手

歯科助手は、歯科医の助手として受付から診察まで、幅広い業務に対応できることを証明できる資格です。

現在、歯科医は全国的に増加傾向にあるため、歯科助手の資格を取得すれば、転職先に困りにくいという点も魅力と言えます。

未経験から取得を目指す人が多い資格でもあり、通信講座でも十分取得可能な点もおすすめできるポイントです。

佐々木
子育て後の働き口を探している女性にもおすすめの資格です!
医療・介護業界でおすすめの資格
  • 医療事務
  • 歯科助手

4.金融・不動産・保険業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験から金融や不動産、保険業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「宅地建物取引士「証券外務員資格」「管理業務主任者」です!

おすすめの資格1:宅地建物取引士

宅地建物取引士は、「宅建」とも呼ばれる資格で、宅地の売買や取引などを行うために必要な資格です。

宅地建物取引士の資格を持つ人しか携われない業務もあるので、不動産業界への転職を目指すならおすすめの資格です!

知識を要する業務に携われるため、資格手当が用意されている企業もあります。

佐々木

宅地建物取引士を取得すれば、一定水準以上の知識があることを証明できるため、

将来的な独立開業やキャリアアップも狙えます!

おすすめの資格2:証券外務員資格

証券外務員資格は、有価証券の売買など、金融商品の勧誘業務において必要とされている資格です。

金融に関することだけでなく、財務や経済の知識を身につけられるので、幅広い業務で活用できることがポイントです。

証券外務員資格の試験は、一種と二種がありますが、未経験で金融業界を目指すなら二種があれば十分でしょう。

佐々木
金融業界は比較的収入も高いので、年収アップやキャリアアップを目指したい方にもおすすめの資格です!

おすすめの資格3:管理業務主任者

管理業務主任者は、マンションの管理委託契約に関する説明や、管理事務報告を行う際に必要な資格です。

管理組合ではカバーしきれない、マンション管理のマネージメント業務に携わることができます。

マンション管理業者には、一定数の管理業務主任者が必要ということもあり、取得を目指す人が多い資格の1つです。

佐々木

不動産業界で実績を積めば、マンション管理のコンサルタントとして独立もできるので、

将来的なキャリアアップを目指している人にもおすすめの資格です!

金融・不動産・保険業界でおすすめの資格
  • 宅地建物取引士
  • 証券外務員資格
  • 管理業務主任者

5.メーカー・建築業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験からメーカーや建築業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「CAD利用者技術者試験「危険物取扱者」です!

おすすめの資格1:CAD利用者技術者試験

CAD利用者技術者試験は、設計支援ツール「CAD」を使って、設計図の作成ができることを証明するための試験です。

CADはメーカーや建築業界はもちろん、自動車や電子機器関連の企業など、

幅広い現場で使用されているので、試験に合格すれば未経験でも転職の幅が大きく広がります。

メーカーや建築業界は、個人のスキルが重視される傾向にあるので、資格を取得すれば大きなアピールポイントになるでしょう!

佐々木

男女を問わず、手に職をつけたい方にはおすすめの資格です!

おすすめの資格2:危険物取扱者

危険物取扱者は、ガソリンや石油、化学薬品などの危険物を取り扱えることが証明できる資格です。

ガソリンスタンドや工事現場、工場など、資格取得者が一人必ず必要な現場への転職に活かすことができます!

危険物取扱者の資格が活かせる環境の特性から、特に男性が取得を目指す場合が多い資格となっています。

佐々木
甲種、乙種、丙種の三種類に分かれているため、目指している転職先に応じた資格取得を狙いましょう!
メーカー・建築業界でおすすめの資格
  • CAD利用者技術者試験
  • 危険物取扱者

6.旅行・観光業界への転職を目指す人におすすめの資格

佐々木

未経験から旅行や観光業界への転職を目指している方におすすめの資格は、

「旅程管理主任者です!

おすすめの資格1:旅程管理主任者

旅程管理主任者は、企画旅行の主任添乗員として働くために必要な資格です。

具体的な業務としては、バスの団体旅行で案内を担当するバスガイドがイメージしやすいでしょう。

ツアーに同行して、旅行計画に従って交通機関や各種施設との調整を行ったり、

観光地の案内はもちろん、場を盛り上げるスキルも求められます。

国内旅程管理と総合旅程管理の2種類があり、総合旅程管理主任者を取得すれば、海外添乗にも携われます。

佐々木

旅程管理主任者は、女性の取得者が多いことも特徴です!

旅行・観光業界でおすすめの資格
  • 旅程管理主任者

佐々木
以上が、未経験からの転職を目指している人におすすめの資格です!
ゆり
これらの資格を取得すれば、未経験でも大きなアピールができるんですね!
佐々木

はい!

資格を取得しスキルや知識を身につければ、未経験でもすぐに活躍できる可能性がありますよ!

次の章では、転職時に必ず資格が必要な職業や職種についてお伝えします!

転職時に必ず資格が必要な職業・職種一覧

佐々木
資格が転職で有利になることもあれば、資格がないと転職できない職業もあります!

特に専門的な業務が多い職業は、必ず資格が必要になる場合も多いので、転職活動をする前に確認しておくべきです!

世の中には専門的なスキルがないと就職や転職ができない仕事がたくさんあるので、ここで一例を紹介しておきます!

資格がないと転職できない仕事

◎人の命に関わる仕事

  • 薬剤師
  • 看護師
  • 放射線技師

◎建物を作る仕事

  • 建築士
  • 施工管理

◎食に関わる仕事

  • 管理栄養士

◎士業と呼ばれる仕事

  • 弁護士
  • 税理士
  • 社会保険労務士

◎情報を伝える仕事

  • 天気予報士
ゆり

聞いたことのある職業がたくさん…!

これらの仕事に就きたいなら、必ず資格を取得する必要があるんですね!

佐々木

そうですね!

資格の取得方法は様々ですが、学校に通ったり、通信講座で勉強したり、

時間も費用もかかることを把握しておきましょう!

次の章では、働きながら効率よく資格を取得するコツをお伝えします!

働きながら効率よく資格を取り転職を成功させるコツ

佐々木

それでは、働きながら効率よく資格を取るコツをお伝えします!

お伝えするコツを実践すれば、いち早く資格を活かして転職できる可能性が高まりますよ!

効率よく資格を取得するコツ
  1. テキストを購入し過去問題を解く
  2. 期限を決めて資格取得を目指す
  3. 本当に必要な資格だけを取得する
  4. 資格取得を目標にしない

それぞれのコツに関して詳しくお伝えします!

コツ1:テキストを購入し過去問題を解く

ほとんどの資格には、試験に向けての対策ができるテキストが用意されています。

なかでも、より効率よく知識を身につけるためには、最新の試験の傾向に合わせた内容のテキストを選ぶことが大切です!

古いテキストであれば、試験対策として内容がそぐわないものもあるので、最新のテキストを選びましょう。

書店に行けば、最新のテキストが売っているので、購入して過去問題を解いてみることをおすすめします。

佐々木
過去問題からは様々なヒントが得られるので、試験前に必ず解いておくべきです!

コツ2:期限を決めて資格取得を目指す

転職活動自体を長引かせないためにも、期限を決めて資格取得を目指すべきです!

期限を決めずに資格の勉強すると、資格の取得が遅くなる分、転職活動も長期化する可能性があります。

自分に合う企業に転職するチャンスを逃す可能性もあるので、自分の中で資格取得の期限は決めておきましょう。

佐々木

期限を決めて資格取得を目指せば、転職活動自体にもメリハリが生まれますよ!

コツ3:本当に必要な資格だけを取得する

転職するために資格を取るのであれば、まず転職する業種や業界を決め、本当に必要なものだけを取得しましょう。

手当たり次第資格を取っても、「全く必要なかった」「かけた時間が無駄だった」なんてことになる可能性もあります…。

資格を取るためには、時間もお金もかかります。

転職に有利にならない資格を取っても、転職活動が長引くだけで、チャンスを逃す可能性もあるでしょう。

佐々木

複数の資格取得を目指している方は、希望している転職先で本当に必要かどうか、

今一度考えてみることをおすすめします!

コツ4:資格取得を目標にしない

資格を取ることは、転職活動で有利になるための武器を得ることです。

武器を得ることを目的にしてしまうと、根本の目的である転職活動がおろそかになる可能性があります…。

資格が必ず必要になる専門職への転職でない限り、資格はあくまでも1つの武器です。

資格だけに着目するのではなく、現場での経験や実績も転職活動では求められることを理解しておきましょう!

佐々木

資格取得は、あくまでも転職活動で活用できる武器を得ることです。

最終的な目的を忘れることなく、資格取得を目指しましょう!


佐々木
以上が、働きながら効率よく資格を取得するコツです!
効率よく資格を取得するコツ
  1. テキストを購入し過去問題を解く
  2. 期限を決めて資格取得を目指す
  3. 本当に必要な資格だけを取得する
  4. 資格取得を目標にしない
ゆり
これらを意識しておけば、仕事を続けながら資格取得を目指せるんですね!
佐々木

はい!

忙しい仕事を続けながら資格を取るには、いかに効率よくスキルや知識を得られるかが大切ですよ!

次の章では、資格なしでも自分の市場価値を高める方法をお伝えします!

資格なしでも自分の市場価値を高める4つの方法

佐々木

自分の市場価値を高める方法は、資格を取得するだけではありません!

実際に多くの人が資格なしでも転職に成功しているので、次の方法で市場価値を高めてみましょう!

資格なしでも市場価値を高める方法
  1. 転職エージェントに登録してキャリア相談をする
  2. 現職で高い実績を積み上げる
  3. 副業を始めてスキルを磨く
  4. メンターを見つけて勉強させてもらう

それぞれの方法について詳しくお伝えします!

方法1:転職エージェントに登録してキャリア相談をする

転職エージェントに登録することは、転職を目指す全ての人におすすめできます。

そもそも市場価値を高める以前に、自分の市場価値が理解できていない人もいるでしょう。

転職エージェントは、転職のプロであり、専門家の目線であなたに取って本当に必要なアドバイスをしてくれます。

応募可能な案件を紹介してくれたり、妥当な年収も教えてもらえるので、自分の市場価値を把握するためにはぴったりです!

佐々木
どのような資格やスキルがあれば、市場価値が上がるかも具体的に教えてくれますよ!
おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

方法2:現職で高い実績を積み上げる

現職の仕事の中でも、十分に市場価値を高めることは可能です。

実際に、資格よりも現場での実績や経験を重視して転職者を見極めている企業はたくさんあります。

基本的にはどの企業も中途採用で求めているのは、即戦力になる転職者です。

現職で高い実績があれば、即戦力になれる人材として判断される可能性も高くなるでしょう!

佐々木
今いる職場で実績を積み上げることも、転職を成功させる大きな要因になりますよ!

方法3:副業を始めてスキルを磨く

現職が副業OKであれば、副業でスキルを磨き、転職に活かすこともおすすめです!

現職で一定の収入があれば、空いた時間を使って、目指している転職先で必要なスキルを磨くべきです。

副業で大きな収入を得られなくても、費やした時間と費用の分、知識やスキルは身についてくるでしょう。

佐々木
副業を始める場合は、必ず自社の就業規則を見て、

副業がOKか確認することを忘れないようにしましょう。

方法4:メンターを見つけて勉強させてもらう

市場価値を高めるためには、スキルや知識を磨く必要があります。

そのためには、メンターと呼ばれる尊敬できる上司や指導者を見つけて、親しくなることをおすすめします!

メンターは同じ会社で見つけても良いし、社外で親しくなった社長や役人の人でも良いです。

大切なのは、自分よりも質の高い仕事をしている人と親しくなることです。

メンターと親しくなり、仕事に対する姿勢や経営などについて勉強していけば、あなたの市場価値は大きく変わってくるでしょう!

佐々木

自分の力だけで市場価値を高めることは難しいと判断した場合、

メンターの力を借りて、ビジネスにおける様々な視点を身につけましょう!


佐々木
以上が、資格なしでも自分の転職市場を高める方法です!
資格なしでも市場価値を高める方法
  1. 転職エージェントに登録してキャリア相談をする
  2. 現職で高い実績を積み上げる
  3. 副業を始めてスキルを磨く
  4. メンターを見つけて勉強させてもらう
ゆり
資格がなくても、市場価値を高める方法はあるんですね!
佐々木

はい!

どの方法もすぐに取り組めるので、市場価値を高めたいと思っているならなるべく早く実践すべきです!

お伝えしたおすすめの転職エージェントについて、再度紹介しておきますね!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

次の章では、資格取得を支援してくれる求人がある転職サイトについてお伝えします!

資格取得を支援してくれる求人がある転職サイト

佐々木

それでは、資格取得を支援してくれる求人を、掲載している転職サイトについてお伝えします!

転職先で資格取得を目指したい方には、おすすめの転職サイトになっていますよ!

そもそも資格取得支援求人とは、転職先で働きながら計画的に資格取得を手助けしてくれる求人のことを指します。

転職する際には資格の必要はなく、現場でスキルや知識を得ながら、資格取得を目指せるので今すぐ転職したい方には特におすすめです!

ゆり
資格がなくても転職できて、働きながら資格取得を目指せるなんて良いですね!
佐々木

そうですね!

試験を受ける費用を一部負担してくれる企業もあるので、ぜひ活用すべきです!

実際に、資格取得支援求人が掲載されている転職サイトは次の4つがあります。

資格取得支援求人があるサイト
ゆり
これらのサイトを活用すれば、資格取得支援求人を見つけられるんですね!
佐々木

おっしゃる通りです!

なかでも、『リクナビNEXT』は求人数No. 1の転職サイトで、

資格取得支援求人も数多く保有しているのでおすすめですよ!

おすすめの転職サイト

次の章では、転職時の資格に関してよくある質問を紹介します。

【Q&A】転職時の資格に関してよくある質問まとめ

佐々木

それでは、転職時の資格に関してよくある質問と回答を紹介していきます!

質問1:職務経歴書での資格の書き方を教えてほしい

職務経歴書の資格欄には、資格の正式名称を書きましょう。

たとえば、宅建は「宅地建物取引士」、英検は「実用英語検定」と書きます。

もちろん、級がある資格は級数の記載も忘れてはいけません。

また複数資格を持っている場合は、転職先の仕事に役立つ資格を優先的に書きましょう。

記入できる資格がない場合は、「資格なし」と記載しておきましょう。

佐々木

職務経歴書の資格欄は、何でも資格を書けば良いものではありません。

どのようなスキルや知識を持っているか、採用担当者にアピールするための欄です!

質問2:女性と男性でおすすめの資格は違うのか

基本的に、女性と男性でおすすめの資格が変わることはありません。

男女というよりも、狙っている転職先によっておすすめの資格が変わってきます。

しかし女性の場合は、結婚や出産などのライフスタイルの変化によって、転職を考えるケースがあります。

状況によっては、一度仕事から離れることもあるでしょう。

その場合、専門的な資格を持っていれば、仕事に対する意欲の証明にもなるので、転職活動に苦労しない可能性があります。

ここでいう専門的な資格は、医療事務、秘書検定、保育士などが考えられます!

佐々木

男女ともにですが、今だけを見るのではなく、将来を見据えて資格取得を目指すことをおすすめします!

質問3:資格証明書はいつ必要になるのか

資格証明書は、転職活動で履歴書や職務経歴書と合わせて提出を求められる場合があります。

面接で資格に関する話をする際に求められることもあるでしょう。

提出を求められた時にすぐに対応できるよう、あらかじめ証明書や免許などは準備しておくことをおすすめします!

佐々木
紛失した場合は再発行手続きをして、手元に準備しておきましょう!

佐々木

以上が、転職時の資格に関してよくある質問と回答です!

資格に関して疑問を持っている方は、「転職エージェント」に相談してみるのもおすすめですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

資格を上手く活かして転職を成功させよう!

佐々木

今回は、転職のために資格取得を目指している方に向けて…

転職に役立つ資格ランキングや効率よく資格を取得するコツなどをお伝えしました!

まとめると次の通りです!

まとめ
  • 就きたい職種に関する知識や技術が証明できる資格を取るべき
  • 未経験でも資格を取得すれば転職に有利になる可能性もある
  • 自分の市場価値を高めるために「転職エージェント」に相談すべき
ゆり

ありがとうございます!

資格取得と転職の成功を目指して、早速行動してみようと思います!

佐々木

はい!

理想の転職先で働くために、資格取得を目指しましょう!

最後にもう一度おすすめの転職エージェントをまとめておきますね。

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/
ゆり

この2社がおすすめなんですね!

どちらに登録するか迷うなぁ…。

佐々木
迷った場合は、1社ではなく複数登録することをおすすめします!

転職エージェントは担当者がつくので、自分と相性が合う担当者と出会えるかが重要です。

そのため、複数登録してより多くの担当者に転職相談をして、相性を確かめることをおすすめします!

ゆり
わかりました!早速登録してみます!
佐々木
あなたが転職に成功できることを願っています!