転職エージェントおすすめランキング13選

【第二新卒とは】新卒後いつまでの期間?年齢は何歳まで?既卒との違いもプロが解説

【第二新卒とは】新卒後いつまでの期間?年齢は何歳まで?既卒との違いもプロが解説

この記事でお伝えすること
  • 第二新卒の期間や具体的な定義
  • 第二新卒で転職するメリット・デメリット
  • 第二新卒の転職市場での扱い
  • 第二新卒で転職を成功させるコツ
佐々木
こんにちは!転職アドバイザーの佐々木です。

この記事を見ている人の中には…

『第二新卒とは、一体どの世代の人を指しているの?』

『第二新卒は転職しやすい時期って本当?

と疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

ゆり

転職を考えていますが、第二新卒って社会人何年目までのことを言うのですか?

第二新卒を求めている企業が多いと聞きましたが、自分が当てはまるのかよく分からなくて…。

佐々木

第二新卒は、新卒として就職してから数年で転職を希望している若手のことを指します!

第二新卒を求めている企業はたくさんあるので、転職するなら今がチャンスとも言えますよ!

そこで今回は、第二新卒の定義をはじめ、第二新卒の転職市場での扱いなどを詳しくお伝えしていきますね!

この記事を読めば、第二新卒として転職すべきかどうかが分かり、転職への第一歩を踏み出せますよ!

【2019年5月】当サイトで申し込みが多い転職エージェントTOP3
マイナビエージェント』【申込数No.1
20代・30代の転職実績が豊富!転職成功者の93%が登録! 業界最大手で求人数No.1!マイナビエージェント利用者の8割が併用!
DYM就職
フリーター・ニートの就職実績が豊富!職歴なしでも優良企業の正社員に!

第二新卒とは?期間はいつまで?定義を徹底解説

佐々木
それでは、第二新卒の定義に関して具体的に説明していきます!

第二新卒の定義は、次のような人材を指しています!

第二新卒とは
学校を(大学、専門学校、高校など)卒業し、企業に就職してから1〜3年で転職を希望している若手の人材

勤続年数1〜3年の若手が第二新卒に該当しており、大卒の場合、年齢で言うと25歳前後で当てはまる人が多くなっています。

また採用区分で考えると、第二新卒は中途採用に該当します。

しかし、社会人経験が浅いことや、年齢が新卒者に近いことから、多くの企業で中途採用と分けて、第二新卒の採用活動を行っています。

ゆり
なるほど!

新卒で入社して勤続年数3年以内であれば、第二新卒に当てはまるのですね!

佐々木

おっしゃる通りです!

企業によって、第二新卒について異なる定義を持っている場合もありますが、

一般的には、入社後勤続年数1〜3年、年齢25歳前後であれば第二新卒に当てはまります!

第二新卒と新卒・既卒の違いとは

佐々木
次に、第二新卒とよく間違われる「新卒」と「既卒」との違いについて説明します!

第二新卒と新卒の違い

新卒は、該当年度に卒業をして就職をする人を指します。

そのため、新卒と呼ばれる人はまだ社会人経験がありません。

第二新卒の人も社会人経験は浅いですが、同業種への転職を考えているのであれば、社会人経験が全くない新卒よりも有利になります。

第二新卒と新卒の大きな違い
社会人経験の有無

第二新卒と既卒の違い

既卒は、学校を卒業後、正規雇用の職歴がない人のことを指します。

「就職浪人」と呼ばれることもあり、既卒の多くの人は就職活動を学生時代から継続して行っています。

第二新卒との明確な違いは、正規雇用された状態での就業経験の有無です。

既卒の人に対して、企業は「新卒で就職できなかったのは、何か問題があるかも」と疑いの目を持つ傾向もあります。

第二新卒と既卒の大きな違い
正規雇用された状態での就業経験の有無
佐々木

第二新卒と新卒、既卒の定義に関して、よく間違えて覚えている人がいるので、

自分がどれに当てはまるのかを、しっかり理解しておきましょう!

第二新卒で転職するメリット・デメリット

佐々木

それでは次に、第二新卒で転職するメリット・デメリットをお伝えします!

第二新卒で転職するメリット

第二新卒で転職するメリットには、次の3つが考えられます。

第二新卒で転職するメリット
  1. 未経験の業種や職種でも採用してもらえる
  2. 新卒よりも早く実践的なスキルが身につく
  3. やりたい仕事を任せてもらえる

それぞれ詳しく説明します。

メリット1:未経験の業種や職種でも採用してもらえる

第二新卒は、即戦力としての力よりも、将来性(ポテンシャル)を重視して採用されることが多くなっています。

そのため、これまでの社会人経験よりも、仕事に対する熱意や人間性が重要です。

たとえ、未経験の業種や職種への転職でも、志望動機が企業とマッチすれば、採用される可能性は大いにあります。

佐々木

20代後半になれば、即戦力として活躍できる力が必要になってくるため、

未経験の業種や職種への転職は、なるべく早く挑戦すべきです!

メリット2:新卒よりも早く実践的なスキルが身につく

第二新卒の場合、新卒と比べて研修が少ない会社が多くなっています。

特に、大手企業に新卒で入社した人は、充実した研修を受けている場合もあるので、第二新卒の転職ではギャップを感じるかもしれません。

新卒はマナーの研修が多いですが、そもそも第二新卒は最低限のビジネスマナーは既に備わっているものとして考えられています。

そのため、基礎的な研修よりも、実践的なスキルを習得するためのOJTなどを多く用意している企業がたくさんあります。

佐々木

基礎的な研修が少ない分、より早く現場経験を積んだり、成長できるでしょう!

メリット3:やりたい仕事を任せてもらえる

新卒は入社してから研修後に、配属先が決まる場合もありますが、第二新卒は基本的に入社前に配属先が決まっています。

そのため、自分がやりたい仕事ができる部署に、確実に転職できることもメリットです。

また、将来性を見込まれて採用されるため、環境によっては早い段階で様々な経験を積むことが可能です。

佐々木

第二新卒の面接では、新卒と比べてより具体的な仕事の話をされるので、

どんな仕事がやりたいかしっかり伝えるようにしましょう!


佐々木

以上が、第二新卒で転職するメリットです!

第二新卒で転職するメリット
  1. 未経験の業種や職種でも採用してもらえる
  2. 新卒よりも早く実践的なスキルが身につく
  3. やりたい仕事を任せてもらえる
ゆり
未経験の業種や職種に挑戦できるのは嬉しいですね!
佐々木

そうですね!

第二新卒はまだまだ若手の人材なので、

多くの企業で将来性を見込み、未経験でも積極的に採用していますよ!

第二新卒で転職するデメリット

佐々木
それでは反対に、第二新卒で転職するデメリットをお伝えします。
第二新卒で転職するデメリット
  1. 長続きしない人と思われてしまう
  2. 基本的なマナーは備わっていることが前提になる
  3. 昇進や退職金において新卒と差がつく

3つのデメリットについて説明します。

デメリット1:長続きしない人と思われてしまう

勤続年数1〜3年で転職するため、第二新卒は一つの仕事が長続きしない人と思われることもあります。

たしかに、同じ会社で何十年も働いている人から見れば、長続きしない人と思われてしまうでしょう。

特に、第二新卒世代や20代で転職を繰り返してしまうと、30代や40代での転職にも響いてきます…。

佐々木

次の転職で成功できれば問題ないですが、

なかには何度も転職を繰り返すことになる人もいるので、慎重に転職先を選びましょう。

デメリット2:基本的なマナーは備わっていることが前提になる

企業が第二新卒を採用するメリットの一つは「育成コストの削減」です。

企業からすれば、一度社会人経験のある第二新卒は基本的なマナーは、既に備わっている前提で、研修や業務を進めていきます。

最低限のマナーとは、敬語の使い方、電話応対、名刺交換などが当てはまるでしょう。

佐々木

基本的なマナーに自信のない人は、

転職する前に本などを読んで、少し勉強しておいた方が良いかもしれません。

デメリット3:昇進や退職金において新卒と差がつく

退職金制度がある企業では、新卒で定年まで勤める人に比べ、第二新卒で転職すると、勤続年数が少ない分支給額に差が出ます。

また、転職すれば1からのスタートになるため、昇進に差がつくことも考えられるでしょう。

第二新卒としてキャリアアップするために転職するのか、今の会社で働き続ける方が良いか、しっかりと判断することをおすすめします。

佐々木

転職することも一つの選択肢ですが、

今の環境に残ることも、場合によっては正しい選択肢ですよ!


佐々木
以上が、第二新卒で転職するデメリットです。

それではメリットも踏まえた上で、これまでの内容を振り返ってみましょう。

転職するメリット・デメリット
  • 未経験の業種や職種でも採用してもらえる
  • 新卒よりも早く実践的なスキルが身につく
  • やりたい仕事を任せてもらえる
  • 長続きしない人と思われてしまう
  • 基本的なマナーは備わっていることが前提になる
  • 昇進や退職金において新卒と差がつく
佐々木

デメリットもありますが、第二新卒は新卒よりいい会社に入れる可能性も大きいです!

まず転職できるかどうかの可能性を知りたい人は、転職エージェントに登録してみるといいですよ!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

第二新卒で転職を考える人に多い転職理由10選

佐々木

ここまで、第二新卒の定義や転職するメリット・デメリットをお伝えしてきましたが…

ここで第二新卒の人は一体どんな時に転職を考えているのかお伝えします!

今回は、第二新卒で転職を考える人の中でも特に多い転職理由を10個ピックアップしてみました。

第二新卒に多い転職理由
  1. 会社の雰囲気に馴染めなかった
  2. 上司との人間関係が良くない
  3. 入社前に聞いていて仕事内容と違った
  4. 新卒の就活に失敗し、元々短期間で辞めるつもりだった
  5. ノルマに追われることに強いストレスを感じた
  6. 教育体制が整っていない環境だった
  7. 残業が長くプライベートな時間がない
  8. 給与や福利厚生の条件に不満がある
  9. 任されている仕事にやりがいを感じない
  10. セクハラやパワハラを受けている
佐々木

第二新卒の人は、このような理由から転職を考えています。

実際の事例を4つ紹介しておきます。

ゆり
様々な理由から、第二新卒で転職を考える人がいるのですね。
佐々木

そうですね。

転職理由は様々ありますが、悩みを抱えながら今の仕事を続けることは、

精神的にも肉体的にも負担がかかっていますよ…。

負担をかけ続け、限界に達すると...

実際、仕事に関する悩みから「うつ病」「自律神経失調症」を発症してしまう人が近年増えています。

これは第二新卒世代にも言えることで、学生時代からの環境の変化社会人に対するイメージの違いなど…

様々なことが原因で身体を壊してしまう人がたくさんいます。

身体に支障が出てしまうと、転職活動にも何かと苦労してしまいます。

そのため、少しでも悩んでいるなら、できるだけ早く行動を起こしましょう!

佐々木

とくに、第二新卒の人材を求めている企業はたくさんあるので、

今持っている悩みを解決できる環境を探してみることをおすすめします!

次の章では、第二新卒の転職市場での扱いについてお伝えします。

知っておくべき第二新卒の転職市場での扱い

佐々木

第二新卒の方に知っておいてほしいのは…

第二新卒は転職してキャリアアップする「大きなチャンス」だということです!

第二新卒の人は、現在転職市場で非常に注目されている人材です。

実際、マイナビが企業に対して行った、「第二新卒の採用に関するアンケート」では…

企業の約6割が第二新卒の採用に積極的であることが分かっています。

大手企業、中小企業そしてベンチャー企業など、規模を問わず第二新卒を求めている企業がたくさんあります。

佐々木
では、なぜ第二新卒の人材を求めている企業がたくさんあるのか、その理由をお伝えします!

第二新卒を求めている企業がたくさんある理由

佐々木

このように第二新卒の採用が積極的に行われている理由としては…

「早期離職者の補填」が大きく関係しています。

少子高齢化の影響もあり、新卒採用で予定の人数を確保することは、ただでさえ難しくなっていますが…

新卒で入社した人が3年以内に離職する割合は、実に全体の3割以上を占めています。

佐々木

このような状況もあって、若手社員をいち早く補充したいという企業が多く

第二新卒に対する需要が高まっているのです。

ゆり

なるほど!

若手を求めている企業が多くて、第二新卒に対する需要が高まっているのですね!

佐々木

そうですね!

第二新卒は多少の社会人経験はあるため、

新卒よりも教育コストを抑えられるという、企業側にもメリットがあるのもポイントです!

また、20代後半になれば、即戦力であることが求められるので、

専門的な知識やスキルがなければ、簡単に転職することは難しくなります。

佐々木

そのため、転職を考えているのであれば…

転職市場でもニーズが高く、未経験の業種や職種にも転職しやすい第二新卒の今が狙い目です!

次の章では、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します!

第二新卒に強い転職エージェントおすすめ7選

佐々木
第二新卒で転職するなら、次の転職エージェントを使うべきです!
おすすめの転職エージェント

◎第二新卒全員におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

◎経歴やキャリアに自信のない人におすすめ

  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『就職shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり
なるほど!これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、どれに登録すべきか迷いますね…

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

丁寧にサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

転職エージェントの複数登録について、より詳しく知りたい人は次のページを参考にしてください。

それでは次に、第二新卒で転職した人の体験談を紹介します!

第二新卒で転職した人の体験談|新卒の失敗に学び転職成功した例

佐々木
実際に、第二新卒で転職に成功した人の体験談を4つ紹介します!

ゆり
第二新卒ならではの良さを活かして、転職に成功している人がたくさんいるのですね!
佐々木

はい!あくまでも一部の事例ですが、たくさんの人が第二新卒で転職に成功しています!

新卒の就職で失敗しても、正しい方法で転職活動を行えば、第二新卒で理想の環境を手にすることは可能です!

次の章では、第二新卒で転職を成功させるコツをお伝えします!

第二新卒で転職を成功させるコツ

佐々木

最後に、第二新卒で転職を成功させるコツをお伝えします。

次の9つのコツを押さえておけば、第二新卒で転職に成功する確率がグッと高くなりますよ!

転職を成功させるコツ
  1. 転職活動の全体像を理解しておく
  2. 転職したい理由をきちんと整理する
  3. 自己分析を徹底的に行う
  4. 職務経歴書で「できること」を伝える
  5. 自分を過度に高く評価しない
  6. 転職先の社風を確認しておく
  7. 転職先が決まるまで現職は退職しない
  8. 第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する
  9. 複数の転職エージェントに登録する

それぞれ確認していきましょう。

コツ1:転職活動の全体像を理解しておく

第二新卒の方の場合、ほとんどの方が初めての転職活動になるので、全体像が分からないまま転職活動を始める人がたくさんいます。

全体像を理解していなければ、正しいタイミングで退職を切り出せなかったり、希望の時期に新しい職場で働き始められない可能性もあります。

簡単な転職活動の全体像は、次のようなイメージです。

転職活動の全体像
  1. 準備期間:1〜2ヶ月
    自己分析や情報収集など、転職活動の準備
  2. 選考期間:1〜2ヶ月
    応募や選考、早ければこの期間に内定がもらえる
  3. 退職準備:1.5〜2ヶ月
    内定をもらってから現職の退職準備および転職先の入社準備

上記のように、現職を辞めるまでは3〜6ヶ月ほどかかります。

準備と選考を同時進行で行えばスピードも上がりますが、退職を伝えてからもある程度時間がかかるので注意が必要です。

佐々木
必要なタイミングで正しい行動を取れるように、転職活動の全体像は理解しておきましょう!

コツ2:転職したい理由をきちんと整理する

転職理由を整理する必要があるのは、次の3つの理由があるからです。

転職理由を整理すべき理由
  1. 前職での失敗を転職活動で活かせるから
  2. 悩みによっては転職する必要がない可能性があるから
  3. 転職理由を整理することでスッキリできる可能性があるから

しっかり転職理由を整理せず、なんとなくで転職先を決めてしまうと、今と同じような悩みで辞めたくなる恐れがあります…。

そのため、現職の何が嫌なのか、どんな環境であれば働きやすいのかなど、自分が譲れるもの・譲れないものを明確にしておきましょう!

佐々木

第二新卒は選択肢が多い分、転職先選びで失敗してしまうこともあります。

失敗を防ぐためにも、転職理由はしっかり整理してくださいね!

コツ3:自己分析を徹底的に行う

第二新卒は転職しやすいタイミングであるからこそ、自己分析をきちんと行いキャリアプランを考えて、転職先を選ぶべきです!

自己分析が出来ていなければ、自分に合わない転職先を選んでしまい、環境に馴染めなかったり、活躍できない可能性もあります…。

また、第二新卒や20代の同世代のライバルに勝ち内定を取るためには、今までの経験や仕事で得た知識・スキルをアピールする必要があります。

佐々木
自分にはどんな知識やスキルがあるのか、転職先でどう活躍できるのかを徹底的に分析してみましょう!

コツ4:職務経歴書で「できること」を伝える

第二新卒の方は、経験やキャリアが豊富ではないため、職務経歴書が「やりたいこと」中心になってしまう傾向があります。

いくらポテンシャル採用といっても、新卒とは違うので、企業側はある程度の「できること」「やってきたこと」を求めてきます。

短い社会人期間でも、これまでやってきたこと、任されたことを職務経歴書にきちんとまとめる必要があります。

佐々木

職務経歴書で差をつけるためには、「あなたを採用するメリットを伝えること」が重要です!

経験やスキルを踏まえてこれまでの経歴をまとめれば、他の転職者に差をつけることが可能です。

コツ5:自分を過度に高く評価しない

自分を高い評価する人もいますが、転職するなら「本当に自分に力があるのか」を見つめ直すことも大切です。

たとえば、営業成績がトップでも、取り扱っている商品は黙っていても売れるモノだったり、指導してくれた上司がかなり優秀な人だっただけの可能性もあります。

自分を高く評価し過ぎて、意気揚々と転職先に入社しても、思うような活躍ができず辛い思いをする人も実際にいます…。

佐々木

自分のことを客観的に判断するのは難しいので、

転職のプロである転職エージェントに自分の市場価値について相談してみることをおすすめします!

おすすめの転職エージェント
  1. 『マイナビエージェント』
    20代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/

コツ6:転職先の社風を確認しておく

転職活動では、業務内容や給料・福利厚生などの条件面ばかりに目がいき、転職先の社風を見れていない人がたくさんいます。

特に初めて転職する場合、今まで働いてきた会社の社風が当たり前と思ってしまい、文化の違いに困惑してしまう可能性もあります…。

佐々木
転職先の人間関係や社風を確かめるには、『VORKERS』を活用することをおすすめします!

コツ7:転職先が決まるまで現職は退職しない

現職を退職してから転職活動を行うと、一定期間収入がない状態になるので、貯金を切り詰めて生活していく必要があります。

もし転職先がすぐに決まられなければ、金銭的に余裕がなくなり、「どこでもいいから早く働きたい!」と焦りが生まれてしまいます。

その結果、転職先選びに失敗し、転職を繰り返してしまう人も実際にいます…

参考例として、リクナビNEXTが行った、転職活動の間でいくら使ったかを聞いたアンケート結果を紹介します。

上記の結果を見ても分かる通り、平均額は54万円となっており、転職活動にはお金がかかります。

しかも、ほとんどは転職活動に使った交通費や雑費ではなく、生活費や家賃に貯金を使っています。

佐々木

金銭的な余裕がなければ、精神的にもどんどん追い詰められます。

希望通りの転職を実現するために、現職はすぐに辞めず、余裕を持って転職活動を行いましょう!

コツ8:第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する

第二新卒だからこそ、面接で見られるポイントは次の3点です。

第二新卒が面接で見られること
  1. 仕事に対する熱意や意欲はあるか
  2. これまでの経験を踏まえて志望しているか
  3. 社会人としての基盤はできているか

この3つのポイントを意識して、採用担当者に意欲を伝えることは大切です。

そのため、面接を行う企業に関しては、業界研修はもちろん、会社のホームページを隅々までチェックしておきましょう。

その上で転職理由を考えれば、この会社でなければダメな理由と、これまでの経験を踏まえての熱意を伝えられます。

もちろん、基本的なビジネスマナーも大切です。

佐々木
細かいポイントでマイナスの印象を与えないように注意して面接に臨みましょう!

コツ9:複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントは1社ではなく、複数社に登録することをおすすめします。

複数社に登録すれば、相性の合うキャリアアドバイザーに出会える確率が上ることはもちろん、

より多くの求人を見れるので自分に合う転職先に出会える可能性も上がります!

佐々木
実際転職成功者の9割は平均3社以上の転職エージェントに登録していますよ!

佐々木
以上が、第二新卒が転職を成功させるための9つのコツです!
転職を成功させるコツ
  1. 転職活動の全体像を理解しておく
  2. 転職したい理由をきちんと整理する
  3. 自己分析を徹底的に行う
  4. 職務経歴書で「できること」を伝える
  5. 自分を過度に高く評価しない
  6. 転職先の社風を確認しておく
  7. 転職先が決まるまで現職は退職しない
  8. 第二新卒だからこそ見られるポイントを意識する
  9. 複数の転職エージェントに登録する
ゆり
ありがとうございます!

これらを意識すればいいんですね!

佐々木

はい!これらのコツを意識しておけば…

同じように第二新卒で転職を考えているライバルとも差がつき、有利に転職活動を進められますよ!

第二新卒の強みを活かして転職を成功させよう!

佐々木

今回は、第二新卒の人に向けて…

第二新卒の定義や転職市場での扱いなどをお伝えしてきました。

要点をまとめると次の通りです。

まとめ
  • 第二新卒とは就職して数年で転職を希望している人材のこと
  • 第二新卒であれば未経験の業種や職種にも転職できる
  • 第二新卒は転職してキャリアアップする大きなチャンス
  • 約6割の企業が第二新卒の採用に積極的である
  • 第二新卒で転職するなら転職エージェントを使うべき
ゆり

ありがとうございます!

これらを意識すれば良いというわけですね!

佐々木

はい!

最後にもう一度、おすすめの転職エージェントをまとめておきますね!

おすすめの転職エージェント

◎第二新卒全員におすすめ

  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
  3. 『リクルートエージェント』
    求人数が転職業界No. 1
    【公式】https://www.r-agent.com/

◎経歴やキャリアに自信のない人におすすめ

  1. 『DYM就職』
    書類選考なしで正社員採用率が96%
    【公式】https://www.dshu.jp/
  2. 『就職shop』
    書類選考無しで100%面接可能!
    【公式】https://www.ss-shop.jp/

引用:第二新卒向け転職エージェントおすすめ13選|周囲と差がつく全知識&50人の成功事例

ゆり
これらのエージェントがおすすめなんですね!

けど、正直どのエージェントも良さそうなので、何に登録すべきか迷いますね…。

佐々木

本来なら、幅広い求人を紹介してもらうために、3社以上のエージェントに登録すべきなのですが…

もし迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「パソナキャリア」の2社には登録しておきましょう!

丁寧にサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

迷ったら登録すべき2社
  1. 『マイナビエージェント』
    20代/30代の転職実績が豊富!
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
  2. 『パソナキャリア』
    業界No.1のサポート体制
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
ゆり
わかりました!

早速登録して、転職活動を始めてみます!

佐々木
はい!あなたが転職に成功できることを願っています!